| Subcribe via RSS

大工を育てる

7月26日 7:39 未分類

Nakayama
Nakayama

暑い夏がやってきました。

221188159_621712228801506_5509045162756109104_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎年やってくる夏の暑さ。

各現場のベテラン大工さんは各々夏への対策、心構えは出来ているのですが

新人大工さんはなかなか大変です。

体が慣れるまではちょっとしんどそうです。

中山建設の社員大工、8月から6人になります。

 

・技術を身につけたい。・クライアントに嘘をついた家を作りたくない。

・良い家を作りたい。・無垢材に触りたい。

色々な思いを胸に秘めて弊社に就職します。

「クラフトマンシップに嘘をつかない。」

私自身信念があり、それは会社の理念として浸透し始めてきた実感があります。

時には判断にまよい辛い時もあるけれど、絶対に曲げない強い信念

行動指針はチームにとって一番過酷な道を選ぶ事も多々あります。

そんな仕事をしていると

また強い気持ちを持った若者が集まってくるんだな~と最近感じています。

8月から

社員大工+先輩大工さんを合わせて4チームで動き始めます。

スムーズに高品質な建物を作りたいと試行錯誤を繰りしていますが

そんな組織にするためまた暑い夏を頑張っていこうと思います。

暑い夏に熱い話。目がくらむ。。笑

204885568_171262771611157_5979339398025098268_n (1)

 

 

Tags:

現代町家「王禅寺東の家」上棟しました

2月20日 19:19 新築戸建て

haga
haga

はじめまして、入社2年目にしてブログ初投稿、

苦手な教科は国語。設計・施工管理をしています、芳賀(はが)です。

どうぞよろしくお願いいたします!

 

つい先日のこと、

ぷらん・にじゅういち 趙海光さんとのお仕事が始まりました。

前日の雨からは一転、天候にも恵まれとても良い上棟日和になりました。

軸組の姿でもよくわかる、高さを抑えたプロポーション。かっこいいです

049ABF06-6AB8-4C41-A76B-274457D6E3E6

趙さん監理のもと、現場が進みます。

日が暮れるまでに出来る限りの作業を進めます。

72015183-9E21-4E74-9539-61F096D394C2

 

化粧表しになる登り梁、野地板のJパネル。

E026EB8D-C17E-4C0D-A258-81E63DDA72B7  78DD7BA9-86A0-4FB0-A6C4-42723012CF56

 

 

建て方作業後は簡略式にて上棟式を執り行いました。

お施主様、設計者、大工で四方お清め

70DBD18B-1907-4913-B9C2-68D6E61D8CCE CC0FA9D7-9397-4354-848A-64842E94CE9E

2B51B5B9-51D4-4665-9AB6-2416E58924C7

お施主様からも激励と安全のお言葉をいただき身の引き締まる思いです。

 

最後にはみんなで記念撮影

普段怖い顔している大工さんもこの時はにっこり笑顔で☻

ここから竣工まで全力で走り抜けます!!

8F0490A9-AFA5-4BE9-A50F-66E63080CBE8

Tags: , , , , ,

里庭のある家

2月15日 10:35

sugiyama
sugiyama

初めて新築戸建の現場を任せてもらい、日々手探り状態です。

いつもとやることは大体同じなような気がするけど、

そもそもそこには何もないところからスタートするから全く違いました。

 

 

さて工事も着々と進み断熱工事に進みます。

断熱工事で今回使うのはグラスウールではなくセルロースファイバーを使います。

グラスウールだと自分達で施工するのですがセルロースだと機械で吹き込むのでそうもいきません。

断熱屋さんが吹き込む前に下地やら設備の配線等全て終わらせないといけないので、

段取りや職方さんとのやりとりも重要です。

A03BCD81-9D91-40F9-BFB2-9FB8D035CF40

86E4A425-7CD9-45A0-A758-56B887AB9C84

今回は壁と天井を分けて吹き込みました。

天井の方には断熱用の下地と天井の下地が必要になってきます。

天井の下地を組んでしまうと断熱工事ができなくなってしまうので吊り木だけは忘れないように施工しています。

良材と大工

 

階段材が入荷してきました。

3面無節の杉材です。

93772049_266473057819924_3597817739340677120_n-2-768x576

 

加工は杉山大工が担当。

材料から湧き出てくる質感に少々押され気味。

大工として良質な材に手を入れる事はとても大事な事です。

失敗できないという緊張感や「きれいにおさめたい」という気持ち。

材との会話が始まります。

この瞬間だけはお客様の事は忘れてるかも。笑

自分との闘い。職人の世界。

これからしばらく、杉山大工は材と会話してるんだろな。

93485274_697589197706861_1867157008105340928_n-2-768x576

南庭を楽しむ平家

完成に向けて着々と工事が進んでいます。

大工工事が終わり、塗装屋さんが枠や巾木、廻縁など

木部にオイルを塗り、その後、クロス屋さんが天井にクロスを貼り、

左官屋さんが壁に漆喰を塗っていきます。

 

DE3EDFC8-4004-4F79-BC28-1E2B7FB6F633

 

次の仕上げ工事は、電気屋さん、設備屋さん、ガス屋さんが

照明や水栓などの器具を取り付けていきます。

最後はハウスクリーニング屋さんがピカピカに掃除をして完了となります。

職方さんから職方さんへとバトンを繋いでいきます。

完成までもうすこしです。

「縁側サンルームの家」完成見学会終了しました。

先週末に開催されました「縁側サンルームの家」完成見学会が無事に終了いたしました。

 

2日間で10組のお客さまにご来場いただきました。

ありがとうございました!

 

今回は、大工さんが説明する見学会。

 

設計の内容はもちろんですが、施工した大工さんや家具職人さんからも見どころをヒアリングし、

現場に資料やPOPを置いてお客さまに見てもらえるようにしました。

DSC_0174 DSC_0176 DSC_0166 DSC_0164_w

 

 

そして、お客さまへの説明は石谷大工が担当いたしました。

家づくりに真剣に取り組み、我が家のように丁寧に作り上げてきた大工さん、家具職人さんたちのおもいも含めて

一つ一つ丁寧に説明し、質問に答えていました。

ちょっと話下手なところもあるかもしれませんが、自分の仕事に正直に向き合っている大工さんの言葉は、

まっすぐにお客さまの心に響いたのではないかと思います。

DSC_0002

DSC_0140

IMG_4517_w

 

ご来場いただいたお客さまの中に、近所に大工さんがいて作業場をよく見に行っていたという方がいらっしゃいました。

その方の大工さんのイメージは、ちょっと怖くて近寄り難く、黙々と作業しているといったイメージだそうで、

説明会が終わった時には「大工さんのイメージが変わりました」と嬉しいコメントをくださいました。

皆さんに記入いただいた感想やお気に入りポイントを少しご紹介しますね。

IMG_4540 IMG_4522 DSC_0171 IMG_4534

一番人気はやはり縁側サンルームでした!

お子さんの可愛いコメントも(^^)

皆さまありがとうございます!!

 

そして、等身大?ハニマルくん(愛猫)パネルを作って来てくださった古川都市建築計画の古川設計士。

「縁側サンルームのハニマルビューポイントから外を見ているハニマルくん」の図を激写中です(笑)

DSC_0191_W

古川設計士にも、お客さまをご案内する合間に今回の家づくりについて色々とお話を伺うことができました。

お客さまと設計士と施工者、それ以外にも本当にたくさんの人が関わった家づくりです。

すべてが良いご縁だったのだなと思います。

 

 

最後に

見学会の機会を設けれらたこと、

「縁側サンルームの家」のすばらしさや、家づくりの楽しさなどをたくさんのお客さまと共有させていただけたこと、

お施主さまご家族に感謝いたします。

本当にありがとうございました!