| Subcribe via RSS

一年点検に伺いました

4月2日 9:15 未分類

石谷 真介
Ishitani

現場管理の石谷です。

お引渡しした建物の一年点検にお伺いしました。

リオタデザイン関本さん設計のお仕事をさせていただいた建物です。

一年は早いもので当時、設計図を見て内容の濃密さに目を血走らせて図面とにらめっこしていたのが今でも鮮明に思いだせます。

それでもひとたび工事が始まれば細部まで考えられた内容を現場に細かに伝えてくれる図面の正確さが工事を助けてくれたことも同時に思いだします。

そんなことで印象深く、関本さんから新しい刺激と学びをもらった工事でした。

さて、一年点検です。

弊社の一年点検は必ず担当した大工(棟梁ですね)が伺うことことになっています。

なにせ一番長く深く現場に携わり、建物の見ていない所、関わっていない所は無いと言ってもいいほどその建物を熟知しているのが中山建設の棟梁です。

大工工事が終わったらいなくなってしまうのではなく、お引渡しまでのほぼ最後まで携わって家具や建具、ウッドデッキ、ウッドフェンス、最終の清掃チェックまで

棟梁の目で確認された建物をお引渡しさせていただいているからこそ点検もどこを注視するか把握できているのです。

なので大工の加藤と点検です。

 

 

277471388_5243084835710807_1836854527124036826_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

加藤、浴室確認してます。

洗い場と浴槽がTOTOハーフユニットバス、腰から上の壁天井、入口の枠建具が桧造作で納めていますのでそこもチェック。

お客さまが普段から丁寧に使用されているのがよくわかります。

とってもきれいです。

 

 

277543079_356121292946523_154421734443622565_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

277541336_777236080349438_1743862879153075828_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

点検で変化がもっともでてくるのが木部の収縮ですね。

木がやせるってやつです。

これは必ずでてくるので仕上げ材に木が動いた分の隙間がでてきますのでここを処理。

あちこちあちこち。

 

 

 

277477214_4862527527190042_7221325541575449368_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【調整前】

277594914_505448804532053_6473447893727481141_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【調整後】

 

これも必ずと言っていいほど調整がでます。

建具の調整です。

開閉という動きの大きな負担のかかる建具は調整の繰り返しです。

ぴったり調整できました。

 

 

277543090_391432712504117_3962593739465098006_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気になっていたのが玄関建具。

苦労して製作したピーラーの造作ドア、どうなってるかな。

多少の反りが出ていましたが使用には問題ないとのこと。

気密も取れていました。

今よりまた変化して不具合でましたらお気軽にお声掛けください。

 

 

 

 

277542220_304371658498567_5591238887862035797_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

277469780_681685539919823_5423633801046685453_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吹抜けのエアコン、高い所に設置されているのでこの機会に清掃です。

フィルターも外して掃除、エアコンはホコリがどうしても溜まるので。

 

 

277594251_789920849063203_1058960801343561809_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん床下も点検です。

充電式の掃除機で清掃しながら全周まわります。

奥に見える断熱材をテープで止めている箇所は浴室下の点検口です。

床断熱の基礎パッキン工法でしたので床下の外気が浴室空間から建物内に入っていかないように断熱材で蓋をして

こういった点検時のためにテープを外して目視点検できるようになっています。

問題なし、良好な状態でした。

 

275774483_374228114567521_2316723665964816552_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

277022400_1120931052083171_3836807811907421705_n

 

 

 

 

 

 

 

 

277413348_340335081450495_4371113241676067341_n

 

 

 

 

 

 

 

 

277457271_670422010850656_3199960235027717843_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外まわりの点検。

梯子をかけて屋根の上も。

建物は雨が大敵。

雨漏りの要素がでてないか確認します。

基礎まわりもシロアリが上がっていたりしないか、外壁に割れなどの不具合がでていないか点検します。

良好です。

 

お客さまに不具合箇所がないかなどお話しを伺って各箇所確認もしました。

特に不具合を感じているところなどなく施工をしっかりしていただいたおかげで快適ですと嬉しい言葉をいただだきました。

とにかく1年生活されているのに全てがきれいに丁寧に住まわれているのが手にとるように感じられる点検となりました。

こうして過ごしていただけるのを見ると、やっぱりこの先の建物もしっかりつくっていく意欲が湧き、高い目標になりますね。

 

お引渡しをしてからが点検メンテナンスと、長いお付き合いになります。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年最初の新築工事着工です

2月2日 7:08 基礎工事

石谷 真介
Ishitani

現場管理の石谷です。

今年最初の新築工事の着工がスタートしました。

Mアトリエ一級建築士事務所 岡村さんのお仕事です。

配置、敷地高低差の確認を細かにしてまずは建物の位置の基準となる遣り方の設置からです。
が、いきなり雪!
予報にはあったのでピッチ上げながら進めていましたがもう少しというところで降られてしまいました・・・
雪の中での遣り方設置は初めてでした。
指先の感覚がもうなんだかわからないくらいとにかく寒かった・・・
272352986_621451442264199_5748725301806855723_n

 

 

 

 

 

 

で、無事完了!

 

 

こちらの現場は敷地に高低差があるので深基礎、擁壁とコンクリート工事の範囲が多いです。
現場で基礎屋さん、型枠屋さんと細かく打合せとチェック。
水道、電気、ガス等の配管経路の確保の打合せも漏れが無いように。

272398173_463863888730910_4936647378356113420_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

擁壁は型枠に杉板を張って木目がコンクリートに出る仕上げなので杉板の配置など慎重にチェックします。
杉板の木目が出るのが楽しみですが作業は緊張もします。

 

257418368_1043638639549421_200227376527461520_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 
擁壁工事があるとなんだか現場の雰囲気は圧力があります・・・
緊張感もってしっかり工事を進めていきます!

 

261482364_637750374211504_8810869590030631106_n

お引渡し

あ~~という間に12月。

1月が一昨日だったんじゃないかと思うくらいの体感とのギャップを感じます。

そんな書き出しとは全く関係がないのですが「お引き渡し」について

ブログに書き留めたいと思います。

工事期間6~7ヶ月をかけてお客さまと共に工事を進めてきます。

紆余曲折・・ある場合もない場合もあります。

この日を境にみんなで作り上げたお家はお客様の元へ。

よく寂しい気落ちになるという事を聞くのですが

私自身はあまりないのです。ちょっぴりあるけど

むしろホッととしたという気持ちがのほうがはるかに強い。

チームとしての成長・個々の成長感じたり、次への課題みたいな物を考えたりもしています。

 

260002329_1050265062493084_2847326348455930496_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お引渡しには担当の大工も参加する。

当たり前の話に聞こえるかもしれませんが、当たり前ではないのです。

もともと大工だった私にとっては、とても不効率に感じてしまってたのです。

この時間、技術のある大工は現場で作業をしている方が、「効率的」と感じていました。

大工時代に一件「建売り」の現場をまかされる機会をいただきました。

そりゃもう一生懸命やりましたよ。材料は無垢材とか全く無縁のお家でしたが

初めて一人で任された現場ですから。

ただお客さまとは顔を合わせる事は一度もありませんでした。

現場を終わらせ、しばらくしてからこそっとと見に行きました。

初めてご家族を見ることが出来ました。豆粒のような大きさですが。。

達成感・喜びと寂しさ複雑な気持ち。。。

3人家族でした。恥ずかしながらちょっと涙が・・笑

こんな気持ちにはさせたくないな~~。

社員の大工には自分がしたかった事、感じたかった事

全てをしてもらいたいし。感じてもらいたいという思いに強くかられ

地鎮祭・打合せ・お引きわたし・見学会に参加できる体制としました。

 

259063938_572994573802446_3811113844326359839_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果どんどん意識が高まり、現場での会話の先にお客さまのへの配慮も出てきました。

大工がお客さまの顔や人柄を感じる事でクオリティーが上がっていくのを体感しました。

工事が始まり

私たちが見据えているのは、この写真が全てであり目指すものだと思っています。

手を動かし、出来上がった家が評価される工務店である以上

真摯に物づくりに向き合う事でしか立てない場所です。

 

258850207_611578010277874_8842078566323463434_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

258017994_625210505301203_5159475106704359667_n

 

 

 

 

 

 

 

 

259051854_1104430963631127_511701024908027185_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

細かいところは置いといて、中山建設は単純にここを目指すのだ!!

置いとけないけど・・・

 

里庭のある家

3月28日 17:06

sugiyama
sugiyama

大工の杉山です。

 

 

終わりも着々と近づきながら引き続き現場が進んでいます。

 

現場では大工が家具を作ることもあります。

適材適所ではありますが大工が作る方がいいところは大工が作ります。

37E5942B-24FF-4869-A00F-430C895AD263

そして仕上げの後に下地がなかったということがないよう下地を確認しながら入れ、

建具がしっかり開け閉めできるよう枠を入れ、

クロスを貼る所にはあとで割れないように貼り方を気にしてボードを貼っていきました。

3F89E206-4B1C-442D-B47C-8252E82D22F8

大工が木完したので来週からは仕上げのクロス貼り工事が始まります。

完成見学会

3月27日 22:53 代表ブログ

Nakayama
Nakayama

春の暖かい一日。

「小屋のある家」完成見学会。

たくさんのお客さまが見に来てくださり

お話しする機会を頂きました。

打合せを重ね皆で作り上げてきました。

ウッドロングエコ塗装の外壁は

シャープさと温かみを持ち合わせており

街並みに優しく印象。

163573814_355510329104890_1782454634741322574_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作り付け家具は存在感ありながらも主張する事なくその場に佇みます。

自画自賛になってしまうが、かなりのクオリティー!

作り手の苦労を見せないこの雰囲気が出せるようになりました!

3Mの造作ソファー

163516165_444900426761321_1261324757084436358_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

胡桃のラウンドテーブル(自社製作オリジナル)

164728484_3860232350725694_6253829266877485216_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

花びらのようにお客さまがセレクトしたカラーの椅子が納まりました!

なんかかわいい。

加藤大工も午前中はお客様対応。

大工が見学会に立ち会うのも珍しいでしょ。

作り手の顔が見える工務店です。笑

163642917_191549092509365_2642847172395139497_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

里庭のある家

2月15日 10:35

sugiyama
sugiyama

初めて新築戸建の現場を任せてもらい、日々手探り状態です。

いつもとやることは大体同じなような気がするけど、

そもそもそこには何もないところからスタートするから全く違いました。

 

 

さて工事も着々と進み断熱工事に進みます。

断熱工事で今回使うのはグラスウールではなくセルロースファイバーを使います。

グラスウールだと自分達で施工するのですがセルロースだと機械で吹き込むのでそうもいきません。

断熱屋さんが吹き込む前に下地やら設備の配線等全て終わらせないといけないので、

段取りや職方さんとのやりとりも重要です。

A03BCD81-9D91-40F9-BFB2-9FB8D035CF40

86E4A425-7CD9-45A0-A758-56B887AB9C84

今回は壁と天井を分けて吹き込みました。

天井の方には断熱用の下地と天井の下地が必要になってきます。

天井の下地を組んでしまうと断熱工事ができなくなってしまうので吊り木だけは忘れないように施工しています。

photo gallery