| Subcribe via RSS

「オリーブ畑のある小さな平屋」

4月21日 10:30 未分類

akimoto
akimoto

大工の秋元です。

 

今年は新入社員が2人入りにぎやかになりました。

1人は大工志願の田代君、もう1人は設計士志願の小倉君。

 

普段は事務所で仕事している小倉君ですが、

毎週水曜日は現場に出たりして色々と学んでいきます。

今回はこちらの現場に来ています。

FBDFB97F-0353-4B71-AD86-87C8D09C7F5A

 

 

 

 

 

 

田代君と小倉君コンビで天井ボードを貼っている様子です。

将来、設計小倉、施工田代、手元秋元みたいな現場をやるのが

楽しみです。

「オリーブ畑のある小さな平屋」

4月3日 20:05 未分類

akimoto
akimoto

大工の秋元です。

 

工事も着々と進んでおり、杉の床板を貼っています。

4857CFEE-9C53-4329-939E-12C19A0B03F0

 

 

 

 

 

ふわっと杉の香りして作業していて気持ちがいいです。

C5109D8D-23CB-4624-859C-2F315BD1D74F

 

 

 

 

 

床ガラリも杉でいい感じです。

床下にあたたかい空気を送りここからでてきます。

早く養生をはがして全体を見たいですね。

「オリーブ畑のある小さな平屋」

3月18日 19:59 未分類

akimoto
akimoto

大工の秋元です。

 

こちらの現場では植栽工事が始まりました。

この植栽工事は設計、樹木の手配や施工まで

全てお客様ご自身で行われています。

 

417E94F6-139A-4978-A7CB-9CD5ED6D3946

 

 

 

 

 

 

A26A41EF-55E2-4BD7-BE02-00BD19DE6124

 

 

 

 

 

搬入の様子です

04E677D4-EACD-42F2-8BDE-91C3E5A3DDE0

 

 

 

 

F22690C0-EF72-4B28-8031-8F0F1475A63B

 

 

 

 

 

お子さんもお手伝いして楽しいそうです。

2531D331-00C7-4B63-87A4-23B39C5AB8FC

 

 

 

 

 

どんな葉や、花が咲くのか楽しみです。

 

「オリーブ畑のある小さな平屋」

3月6日 21:15 未分類

akimoto
akimoto

大工の秋元です。

 

断熱材、防湿シートを貼る前に気密検査を行いました。

先輩方にアドバイスをいただき、事前にスリーブやサッシ回りなど気になる所を

コーキングや発泡ウレタンを吹きました。

17B55D6F-9932-401F-84BE-2AD758C62D0E

 

 

 

 

 

待っている間ドキドキです。

検査の結果は…

目標にしていた数値をクリアしたのでホッと一安心です。

南庭を楽しむ平家

7月30日 22:59 未分類

akimoto
akimoto

 

南庭を楽しむ平家が完成いたしました。

現場の紹介をしたいとおもいます。

30690D85-A9A2-4A66-9C81-A1464AA95707

 

 

 

 

 

玄関です。左の背の高い家具は引き違い戸になって

いて左に開けると鏡があります。収納スペースも

かなりあり使いやすいです。右側は下駄箱です。開けると

傘かけがありスライド式になっていて前に出るようになっています。

 

BDF9E0D0-3E75-43C7-8D72-BA087E902900

 

 

 

 

 

 

キッチンです。シンプルですが引き出しにはキャスターが

付いていて自由に動かすことができたりと考えられた作りに

なっています。

家具職人の五味さんが作る家具はお客様の事を第一に考えられていますが、

我々施工側の事もよく考えられているので取付がスムーズに進みます。

 

823DA62B-EFFD-44D6-8F6E-D9EAD125905B

 

 

 

 

 

収納スペースです。壁に取り付けてある可動棚はロイヤルの

金物を使っています。お客様のご希望の位置や寸法など

自由に作ることができるので便利です。

 

B0A1FB43-D517-426B-9A38-B8B6AAA58390

 

 

 

 

 

洗面室です。こちらにもロイヤルの可動棚がついています。

引戸を閉めると鏡もあります。

 

B1B9E309-FFC9-44BD-B3E2-7B224D8FA07D

 

 

 

 

 

勾配天井にはトップライトがついています。

とても明です。

C4877A97-7C2C-471C-9EE1-3CBA8FF76BA6

リビングです。南庭がとてもきれいです。

01E194DB-AF9C-47F9-8965-88B24DA3FED5

 

 

 

 

 

こちらの現場では沢山いい経験をさせて頂くことが

できました。その経験を活かせるように次の現場へ

お伺いしたいと思います。

無垢の木を使った住宅つくりをしていますが木造住宅に鉄って意外と使うんですよね。

中山建設では都度、製作図面を起こして鉄製品の制作をしています。

玄関ドアを造作で製作するときは玄関の沓摺をステンレス製で製作します。

91553101_683106275779713_6608208034193735680_n

これはちょっと特殊な条件だったので沓摺としてはかなり造り込んだパターンでしたね。

91932493_514955775845629_514884527735177216_n

こんな風に玄関ドアの下につきました。

67794228_244064796476571_8333333106635309056_n

新築の木造構造に構造計算によって鉄骨の柱、梁を組み合わせることもあります。

こうゆうときは建て方の際に鉄骨も組み合わせていくので事前のチェックがすごく大事になってきます。

間違えていたら建て方がストップ・・・なんてことに・・・考えただけで恐ろしい・・・。

でも依頼通りに高精度で出来上がってくるので問題が起きたことはないですね。

67599556_943266546020850_4815156645216649216_n91297982_1716576398481807_4017321501677060096_n

91760822_176011876721288_7710345317211701248_n

91314578_862115384213826_6349868628967424000_n

それでもめちゃくちゃ細かくチェックします。

 

61309169_456944344849082_7549308623709536256_n

こんなのもありました。

外の階段の手すり。

距離と高さをしっかり採寸して製作。

木と鉄の融合がいい感じです。

61538880_443708092852687_4643238110904188928_n

 

これは大開口樹脂サッシの荷重受けとウッドデッキの受けを兼用したステンレス加工。

両方に受けが必要だったので一緒につくったらいいなと。

60762239_890279004672753_598260279721066496_n61560706_609255579579187_2765956125420421120_n

61496779_1134223423441593_7967629436088483840_n62068434_1778540442248543_3935112314348371968_n

立派なウッドデッキになりました。

出来上がってしまうと見えなくなってしまう縁の下の力持ち!

64710052_307017603580052_3337662043984494592_n

リフォームでは亜鉛メッキ処理の物干し金物。

お客さまと長さや高さを打合せしてちょうどよく設置できました。

物干しが欲しいけど鉄製で雰囲気よく設置したいとのことで製作しました。

60921949_2253789014939662_7577573554376409088_n

 

こちらもリフォームでルーフバルコニーの木製手すりの改修。

笠木からしっかり柱をたてるためにステンレス製で製作。

外に取り付くものなので柱の交換がしやすいメンテナンス性や視認性、十分な強度の安全性、現地状況に合わせた寸法でしっかりとした木製手すりが完成しました。

61057956_601102450394616_7342111601689886720_n60449782_2184397581647222_3549469129280847872_n60483289_426617574831041_8917126149797052416_n

 

木造の仕事の中にも 場面場面で鉄の部材も活躍しています。