リフォーム施工例

リフォーム施工例

戸建てのフルリノベーション。見守りの家

投稿:やまもとふみこ

 

中古戸建のフルリノベーション工事のご紹介をします。

一般的に在来工法と呼ばれる日本の伝統的な工法では、土台から垂直に立てる柱。柱と柱を繋ぐ梁。柱と梁の横揺れを防ぐ筋交いや火打ち。などの様々なパーツを組み合わせ骨組みとなる構造体を作っています。

戸建て住宅のリノベーションでは、古くなった内装を刷新するだけでは無く、梁や柱など一本一本の構造体の状況を見極め、痛んでいる箇所の部材を入れ替えたり必要な箇所に補強を足したりしながら、家の安全性や快適性を高めて行く工事です。

今回は、構造体のみを残してのフルリノベーションだったため、外壁や断熱、内装・設備工事なども全て新しくなりましたが、新築では醸し出す事の出来ない古い家ならではの落ち着いた空気の流れを取り込みつつ、ご家族の暮らし方に併せてたプランのご提案を致しました。

 

解体・ウレタンフォームでの断熱工事中の様子はこちらのブログでご紹介しています。併せてご覧くださいませ。 

 

IMG_2766

 

構造体のみを残してのリノベーション工事の為、ウレタンフォーム吹き付けにて家全体の断熱性能を引き上げると共に、サッシなどの窓周りも全て断熱性能の高いサッシへと変更。

リビングからウッドデッキへと繋がる大きな掃き出し窓も、寒い冬の冷気を取り入れることなくぽかぽかの温かな日差しを室内に届けてくれます。

IMG0036

IMG0005

 

リビングダイニングからまっすぐ繋がるウッドデッキにはフェンスとベンチ。

室内とデッキとの段差を少なくし、室内をより広々と繋げてくれると共に、お天気の良い日には第二のリビングとしても楽しめる憩いの場。

この場所にずっとあった桜の木を残したことでより一層アウトドアリビングとしての楽しみを広げる事ができました。

IMG0001

道路側から見た外観は、レッドシダーのサイディングとウッドフェンスとで木の素材感を。

室内側では住んでいる方の楽しみをつくり、外からの視線を緩やかに仕切る事ができるフェンスになりました。

IMG0010

 

玄関前にもレッドシダーのウッドフェンス。

お隣との視線をぴしゃりと遮るのではなく、景色の一部として感じて頂けるようここにはシンボルツリ―のシマトネリコを。

ウッドフェンスを背景にしたことで印象的な玄関になりました。詳しくはこちらのブログ記事でご紹介しています。

IMG0059

またキッチンからダイニング・リビング、ウッドデッキと自然に目が届く室内のレイアウトは、家事をしながらもお子様達が遊ぶ様子を見守る事ができ、キッチン横に設けたスタディコーナーでは並んで作業をしたりお勉強を見てあげたりと、間取りや造作家具との組み合わせで色々な楽しみ方が出来るプランになっています。

IMG0034

奥様のご希望を取り入れオーダーメイドで製作したキッチンは、コンロの五徳がワークスペースと丁度同じ高さになる様に段差を設けました。オープンな足元も、良く使うお鍋をサッと取り出す事が出来、お掃除も簡単。使い方のお好みに合わせて文字通りオンリーワンのキッチンです。

IMG0064

ステンレスで一体成型した広いワークトップは一緒に並んでお料理が出来るI型。お子様達も自然とお手伝いに来てくれるかな?

コンロやレンジフードなどもデザイン性が高く機能的な機器が集まったキッチンですが、シナ合板の優しい色合いと柔らかな質感のおかげか、ぬくもり感のあるオリジナルのキッチンになりました。

大容量の食洗機や大きなシンク、グースネックのワンタッチ水栓などお母さんの家事を助けてくれる便利な設備も満載です。

IMG0026

テレビボードにもなっている壁面の長い造作家具はテーブルのレイアウト次第でベンチの様にもお使いいただく事が出来るよう、座っても丁度良い高さにプランしてあります。

IMG_2621

背面の薄い緑の珪藻土塗り壁はリフォーム中、ご家族みんなで塗ったこの家の一番最初の思い出。

レッドシダーのカウンターとシナ合板で作った長い長いテレビボード兼ベンチに、ライムグリーンの優しい緑の塗り壁がとても良く映えていて優しい雰囲気のアクセントウォールです。

FotorCreated

玄関ホールからシューズクローゼットへは土間に降りることなく立ち入る事が出来る様、床面を伸ばしてあります。

ご家族分の靴も沢山おけるシェルフや、雨具などの衣類もハンガーでかけられるパイプを取り付けていたりと、多機能な収納としてお使いいただく事が出来るスペースですがお客様の目に留まりやすい場所である事から扉が欲しい所。

室内の床面と玄関の土間とを仕切れる様に二枚引戸の扉に切欠きをいれてぴったりと隙間なく間仕切りを作りました。

IMG0022

 

広い玄関ホールからリビング等、一階部分の全ての床は栗の無垢フローリングです。

オリジナルで製作し、灯り取りに大きくポリカーボネートを入れた引き戸はリビングと玄関の空気の流れをしっかりと仕切りつつお部屋の雰囲気を柔らかく繋げてくれます。

同じく玄関ホールにある階段は今回のリノベーションで唯一、元の家の名残りを残している部分です。

IMG_2821

階段の濃い色合いに合わせる様に、オリジナルで製作した手摺りの一部分だけを濃い色に塗装。

階段の色合いにこの家を合せるよう素材を選んでいくのではなく、新しくなったこの家に、元からあった階段がしっくりと馴染む様に一手間を加えて、古い階段と新しくなった家とを違和感なく馴染ませる事ができました。

IMG_2752

二階からは無垢フローリングの樹種を杉に変更。寒い日でも日当たりの良い時間のぬくもりを取り込んで、夕方になった頃にも自然と足元がポカポカ。

夏もさらっと心地く一年を通じて快適な足ざわりです。

IMG_2757

まだ小さい二人のお子様が大きくなった時にそれぞれのお部屋を持つことが出来るように、クローゼットも入り口も仲良く二カ所づつ。

お子様の成長にあわせて家を変化させられる様な間取りの工夫を盛り込んで、5年後10年後も形を変えつつ見守り続けられようプランされた「見守りの家」

常に近くに寄り添いながら、時に離れてもいつまでも見守っていられるような心地よい距離感を保つことのできる中古戸建のフルリノベーションの完成です。

 

 

 

 

【 見守りの家:中古戸建のフルリノベーション  】

 

施工範囲 : 構造体のみを残してのフルリノベーション

工事期間 : 約3か月

工事費用 : 約2000万円

 

プラン作成 : 中山周平

担当大工 : 秋元修二