リフォーム施工例

リフォーム施工例

ユカハリ杉の30mm無垢フローリングの施工

投稿:やまもとふみこ

 

岡山県の西粟倉村(にしあわくらむら)で採れる杉やヒノキの間伐材を使用し、一般ユーザー向けに材料の販売をされている みんなの材木屋さん のユカハリ 杉30mmフローリングを使用した事例のご紹介です。

 

IMG_2460

 

通常使用される事が多い無垢フローリングの厚みは15mmなので、倍の厚みの30mmフローリング材はどっしりと存在感のある質感です。

箱から出した時点で、すでに杉特有の爽やかな良い香りがしていました。

 

IMG_2426

 

既存カーペットから無垢フローリングへの張り替えの為、まずはカーペットを撤去。

グリッパー工法で留められたカーペットの下に薄いフェルトを剥がすとマンションの構造体であるコンクリートスラブが見えてきました。

IMG_2443

今回はマンションの規定で定められたLL-40(新規定ΔL4等級)をクリアする為、竹村工業 ジャストフロアを使用しての乾式二重床を使用しての防音工事です

まずはコンクリートスラブの高さを細かく採寸。

どの様なマンションでも多少の不陸(平らではない状態)があるので、乾式二重床の支持脚の高さを調整して仕上がりの床面を平らにします。

IMG_2457

 

支持脚を置いて高さを均一にした床面にパーティクルボード(20mm)と合板(9mm)を重ね張り。

IMG_2466

床が一段上がる箇所には框をいれて美しい納まりを。お部屋の隅が綺麗に納まっている事で部屋全体の空気がぴしっと締まると思うので、大工としては一番気にかけておきたいところです。

細かな仕事に定評のある加藤大工が綺麗に納めてくれました。

 

IMG_2484

 

隣接する和室との段差もピシッと綺麗に納めて、工事完了です。

 

IMG_2631A

30mmの無垢フローリングを使用していますが、張りあがってしまうと見た目からは厚みの違いはわかりませんが、足裏から伝わるぬくもり感と言いましょうか、どっしりとした無垢の力強い質感を強く感じました。

 

IMG_2601

 

 

他の部屋から約12cmほど高さが上がった事で出来た段差は、この部屋をより一層特別な場所として印象付けていました。

床にそのまま座ったり、ごろんと寝転んだり。

これまでのリビングとは違った楽しみ方が生まれそうな、無垢フローリングのリフォームです。

 

 

 

【 ユカハリ杉の30mm無垢フローリングの施工  】

 

施工範囲 : リビングのみ約15㎡

工事期間 : 約1週間

工事費用 : 約70万円

使用部材 : 竹村工業ジャストフロア 西粟倉みんなの材木屋杉30mmフローリング

 

プラン作成 : 山本芙美子


 担当大工 : 加藤雄介