お知らせ・更新情報

耐震補強工事補助金制度についてのお知らせ

=横浜市建築局指導部建築課より=

東日本大震災発生を踏まえてとりまとめた「総合的な震災対応の考え方」に盛り込まれた

緊急的な耐震対策の推進をうけ、平成23年6月1日より横浜市の耐震補強工事費補助限度額が引き上げられています。

 

補助限度額

【変更前】

一般世帯     130万円

非課税世帯   195万円

 

【変更後】

一般世帯    205万円

非課税世帯   270万円

 

耐震設計費用はこれまでと変らず

一般世帯     20万円

非課税世帯   30万円

平成23年4月 1日以降に耐震設計計画承認申請書が提出され

平成26年3月31日までに補助金額の確定通知書が発行された物に適応されます。

 

 

 

政府も今回の大震災の被災状況を見て、これまで以上に耐震補強工事に積極的に取り組むようになったと言う事なのでしょう。

どんな物も人の命には替えられません。

震災後約6ヶ月が過ぎ。

関東に住む私たちの暮らしは、電力不足を除いては震災前の状態に近いところまで回復しています。

しかし東関東大地震を経験したことで、地震に対しての危機感が強まり、またいつか東日本大地震のような大きな地震が起きた時の為に、しっかりとした対策を講じておく事がいま自分達に出来る事の一つと言えるのではないでしょうか?

中山建設は横浜市木造住宅耐震改修促進事業へ事業者登録をしておりますので補助金を利用しての工事を承ることが出来ます。

耐震診断は無料で行っておりますので、ぜひ一度ご相談下さい。

 

 

 

横浜市木造住宅耐震改修促進事業のHPはこちら