日々くらす

【声】無垢デザインの二世帯住宅お施主様インタビュー

築35年の戸建て住宅の建て替えを機に、ご長男世帯との同居を実現。

必要な時に助け合い、必要以上に干渉しない。二世帯がそれぞれの暮らしを楽しみ、助け合いながら暮らす家づくりのコツを伺ってきました。



DSC09219

建て替えを考えたきっかけ。

子供も大きくなって結婚したし、私達夫婦の暮らしも車いすが必要になったり、いろいろな変化も出てきて、築35年でそろそろ建て替えが必要なのかなぁ。。とは思っていたの。

最初は夫婦二人の小さな家で良いと思ってたんだけどね。せっかく建て替えるなら、孫たちも大きくなってきたことだし息子夫婦も一緒に住む事にして、二世帯住宅に。お互い必要以上に干渉しないし、必要な時は助け合う事も出来るし。早すぎず遅すぎずで建て替えの時期としては丁度良かったのかも知れない。

 

DSC09178

車いすでの生活を考慮した庭とリビングを繋ぐスロープ。

孫も家の人も、玄関があるのにみんなスロープから入ってくるの。近所の人もだいたいスロープから(笑) なんだか昔の家の縁側みたいでしょ? 今回の新築で二世帯住宅になったから、上の階に住んでいる孫も学校から帰ってきて、ここから「ただいま~」って。 孫達の世帯とは玄関も別にしているんだけど、そうやって帰ってきてくれるのが嬉しい。 お風呂とかトイレとか玄関とかは別な方が、お互いに気を使わなくて良いけど、身近に感じられる距離に子供がいるのってやっぱり楽しいわよね。孫の友達もいっぱい遊びに来てくれるから凄くにぎやかだし。

DSC09268

 

ほとんどお任せでってお願いした家づくり。

新築って本当に決める事がたくさんで、大変だったけどいい経験だったと思うの。分からない事も多いから、うちはほとんど建築士さんと中山さんにアイデアをもらって進めてもらったけど、例えばアルミサッシの取っ手とか大きくて握りやすい物を選んでもらっていたのもお任せして良かったなって思ってる。

お洗濯を干したり人が出入りしたり、スロープからの出入りが多いから毎日の開け閉めがとても楽で、ちょっとした事なんだけど窓の大きさとか形は分かっても、開け閉めの事までは考えられなかったと思うし。

DSC09225

 

あとはベッドの頭の窓のところがちょっと変わった窓になっていて、最初は出窓の予定だったんだけど、出窓って何か飾ったりしたくなっちゃうしでもそうすると窓の開け閉めがしづらいって設計士さんのアイデアで、正面は壁にして両サイドに風を入れる滑り出し窓にしてもらったり。車いすがあたるからクロスが汚れるだろうって腰壁にしてもらったもの、暮らしてみるうちになるほどって思いましたね。

DSC_0214

 

収納がたくさんあるけど、作り付け家具にしてもらったから使いやすい場所に物がしまっておけるのがとても使いやすいの。このダイニングテーブルも孫たちと一緒に食事したりしているから傷も付いてきちゃったけど、愛着も湧いて来たし使いやすいですよ。

 

DSC09367

 

良い家を実感する時。

自分で暮らしていると馴染んでしまって、家の良さって分からなくなると思うんだけど毎日に不便が無く気持ちよく暮らしていられるって事が良い家なんだなって思うし、お客様がいらした時になんかはリビングに入ってくると「何だか凄く空気が気持ちいい」って褒めて下さるの。家の事を褒めてもらえるって嬉しいことよね。

 

DSC09490

 

おススメしてくれた理由が分かった。

無垢の木のフローリングも、こちらから指定した訳ではなかったんだけど中山社長がおすすめしてくれたものにしてとても良かった。

こまめにお掃除はしているんだけど気が付くと綿ほこりが転がっていて、あら?って(笑)後から中山社長に無垢のフローリングは静電気が出ないから床に白くホコリが溜まらないで、風で舞ったホコリが自然と溜まるって聞いてなるほどって。風通しも良いからホコリが溜まる場所が分かりやすくてお掃除もしやすいのかも知れない。

お手入れも特に何もしていないけど孫たちも寝そべって気持ちよさそうにしているし自然と艶も出てきてこれも中山社長がおすすめしてくれた理由なんだってとっても実感しているんです。