日々くらす

【声】見守りの家 お施主様インタビュー

土地購入から注文住宅の新築戸建。土地付きで建売住宅を購入。現在の土地での建て替えや大規模リフォーム。そして中古戸建を購入してのフルリノベーションなど。

戸建て住宅の家づくりの考え方には様々な形があります。

今回お伺いしたお話しでは、当初建売住宅を探すところからはじめた家作りが築30年の中古戸建付きの土地との出会いがあったことで、中古戸建のフルリフォームの計画になりました。リフォームが完了しお引き渡し後に伺ったお話しでは、中古戸建のフルリフォームで満足できる家づくりを進める為のコツを教えて頂く事が出来ました。

写真

相見積もりをした中で一番高い金額だったのですが、内容を聞いてしっくり。

子ども達が大きくなってきて、これまでに住んでいた団地が手狭になった事から、今の家の近くで建売住宅を探していたところ、築30年ほどの中古戸建付きの土地に出会いました。

築年数も気になっていたので当初は建て替えを考えていたのですが、土地に制約があり建て替えでは建物の建築面積が狭くなる事がわかり今ある建物を生かしてリフォームをする事を検討しだしました。

 

耐震や断熱がしっかりとしていて、安心で快適な家である事、ウッドデッキがあって、憧れていた無垢フローリング張りの室内で。。など希望する暮らしや、既存の建物で間取り変更するイメージを自分たちなりにまとめて、まずは3社ほどに相見積もりをお願いしてみる事にしました。

 

他社さんは自分が書いたイメージを立派な図面にして出して来てくれたのですが、中山建設さんだけ、伝えた希望とはまるっきり違う間取りで手描きの図面に色鉛筆でササッと色をつけたものを下さって、とてもびっくりしたのを良く覚えています(笑)

金額も相見積もりした3社の中で一番高くて、当初の予算よりもだいぶ上回っていたのですが手描きのプランを見ながら説明してくれた内容一つ一つがとてもしっくりきて、最初に提案して頂いた間取りプランからほとんど変更なく完成したのが今の家です。

 

予算を掛けたところとコストダウンをしたところ。

 

もちろん予算を調整しなくてはいけなかったのですが、中古戸建のリフォームなので耐震や断熱はしっかりとしておきたいと思い、当初の見積もりではグラスウールで提案頂いていた断熱工事をウレタンフォームの吹き付けに変更して増額になる箇所もありましたが、細かなところで言うと、全面珪藻土塗りだった箇所をクロスに変更したり、造作で提案してもらっていた洗面台をメーカー品に変更したり、浴室暖房を無しにしたり主に内装や住宅設備、後は窓周りのサッシの大きさなどでコストダウンをしました。

工事が始まってからはちょくちょく現場を見に来ていたので、解体後の構造体や耐震補強、補強断熱工事の様子も実際に確認出来ましたし、現場を見て変更したい箇所が出てきても対応して下ったのはとても良かったと思いますね。

FotorCreated3

 

施行後3年経った無垢フローリングを見て安心。

以前から無垢フローリングに憧れてはいたのですが、まだ子どもが小さいので、無垢フローリングのオイル仕上げではキズや汚れが付くのではと思い、お手入れの事が気になっていました。施工後の現場を見てみたいと中山さんに相談してみたところ、杉の無垢フローリングを張って三年後の家を見せてもらいました。確かに傷にはなっているのですが、それがあまり気にならないと言うか「味わい」になっている様子が分かりましたし、一階のリビングは固く傷が付きにくいクリにし、二階は足ざわりが柔らかな杉にしました。香りもとても良くて、やっぱり無垢フローリングにして良かったと思います。

リフォーム前の家の名残りの階段だけは素材が違うので、冬に素足で歩くと階段だけひんやりと冷たいんです。素材が違うとこんなに違うんだなと実感しますね。


FotorCreated

 

 

当初はシステムキッチンを考えていたのですが、求めている物を造作にしても価格はさほど変わらなかったので、造作でコンロ側だけ天板の高さを5cm下げて、コンロの上端がワークトップと同じ高さになるようにしてもらいました。足元がオープンなのも必要な物がすぐ取り出せてとても使いやすいです。キッチンの背面になる階段下のスペースは工事の途中で現場を見てパントリーにする事に決めたのですが、思いのほか広くスペースを取れたので作っておいて良かったと思っています。

FotorCreated1

 

珪藻土のDIYはぜひやって見たかったんです。

コストダウンする為に全面珪藻土だった壁はクロスに変更したのですが、実は珪藻土塗りにはとても興味があって、住宅展示場でよくやっている珪藻土塗り体験などにも行っていたんです。せっかくならと思い、テレビボードの裏と二階の部屋の一面を家族みんなでDIYしてみたのですが、道具も揃えてくれているし教えてもらいながらのDIY、とても楽しかったです。

FotorCreated

 

現場での打ち合わせが多かったので安心しながら工事を進める事が出来ました。

戸建てのフルリフォームとなると費用も大きいし不安もありますが最初にやっておくべき所と、後からでも出来る所をきちんと確認して、後は工事が進みながら現場での打ち合わせを多くしたので、完成した家で暮らしてからも過不足無く、とても満足しています。

特に、ウレタンフォームの吹き付けに変更した断熱工事に関しては効果を凄く実感しています。屋根裏に作った収納も快適に使う事が出来るし、戸建てだと寒いかな?と心配していたお風呂場も冬の時期でも浴室暖房は必要ありませんでした。後からは出来ない工事だからこそ、断熱や耐震には費用を掛けておいて良かったと思います。

次に転勤があっても単身赴任になるかな?もうこの家は売りには出したくないですね(笑)

 

FotorCreated4

 

 

【 見守りの家:中古戸建のフルリノベーション  】 

 

施工範囲 : 構造体のみを残してのフルリノベーション

工事期間 : 約3か月

工事費用 : 約2000万円

 

プラン作成 : 中山周平

担当大工 : 秋元修二