日々くらす

【暮】湘南平塚の隠れ家的住まいに人生の楽しみ方を見つけました。

 

すぐに取り出せるオープン棚に置かれた鍋やヤカン。

リズムよく並んだ調味料。ホルダーから吊るされたたくさんのワイングラス。


キッチンを見ただけで伝わってくる。
この家にはきっと、大人の楽しみがたくさん詰まっているのだろうと。

 

 

これまでは、お仕事で住まいを転々とされてきたお施主様が自宅を購入する際に選んだのは、海沿いの湘南の町に佇む古い公団住宅。

窓から見える緑深い松林がとても印象的なこの部屋は半年以上の物件探しの末に見つけた理想の環境でした。

 

 

”  簡素で、むき出しに出来る物はむき出しにして素材の風合いを生かしたい  ”

とは、今回のインテリアをまとめる際の大切なポイントの一つ。

何でも綺麗に新しくする事は簡単だけど、古い中に美しさが感じられるものや素材そのものの美しさが魅力的なものは、華美な装飾をせずとも、室内の雰囲気をぐっと引き締めてくれます。

それらを上手に生かして理想のインテリアを作る事は意外と難しいのだけれど、とても楽しい作業。そして日頃鍛えてきた審美眼の活躍の場でもあります(笑)

 

 

年齢を重ねる毎にたくさんの物事に興味を持ったり、趣味が増えたり、それを共有する仲間が増える事で深まる

自分”らしさ ”  と言う好みや趣味は、住まい方や暮らし方にも少しずつ影響し、その人”らしい家 ” を創り上げて行きます。

何気なく集まった家具や雑貨はその人の辿ってきた道や見てきたもの、感じた事の中で、何かしらのご縁があってこの部屋に置かれる事になった物。

 

言い換えてみれば、家はその人の生き方をぎゅっと凝縮した場所だと思うのです。

 

 

古い大きなスピーカーもレコードも、棚に並べられた渋いカメラもとても素敵で思わず いいなぁ、、私も欲しいなぁ、、 なんて事を考えるのですが、いやいや。

それらはきっとこのお部屋にあるから、より一層素敵に見えるし、この場所にあるのがやっぱり自然なんですよね。

この部屋で音楽を聴きながらお茶を飲む姿が一番似合うのは、この家の ”らしさ”  を創り上げたこの家の住まい手なのだと思います。

 

 

エントランスに大きく取った土間スペースには自転車やスキー板等のアウトドアな趣味のお道具。

たくさんの趣味がある事は物が増えるから大変って思われる方も多いようですが、大好きなものに囲まれて自分らしく暮らせるって、人生を楽しく生きる為の秘訣なのかも知れませんよ^^