| Subcribe via RSS

中古戸建のフルリノベーション。「縁側暮らしのある家」はじまりました。

投稿:やまもとふみこ

 

中古戸建の魅力ってなんでしょうか?

もちろん一から作り上げる新築も家づくりとしては最高に楽しいものだけれどわたしが思うには、古い家が持つ魅力に自分の思い描く理想の家を重ね合わせて今ある物の変化を愉しみながら家づくりが出来る事なのじゃないかな?

と思っています。

全てを新しくするのは簡単だけれど、今ある物を使い続ける工夫は楽しいし、今ある形にだんだんと馴染んでいく暮らし方も素敵だと思います。

 

そんな暮らしを楽しんで頂こうと、中古戸建のフルリノベーション 「縁側暮らしのある家」 工事が始まりました。

 

13653113_1027490560699923_2030797208998288237_o 13653235_1027490580699921_4925390990536896785_o 13686668_1027489487366697_3356254040972791311_n

まずは解体工事が始まった室内の様子をぐるっと一周。

二間続きで仕切られたリビングダイニングは、大きく一部屋につなげてリビングダイニングキッチンに。

ダイニングに背を向ける形になっているL字型のキッチンはお風呂や脱衣室と一直線に繋がるI型にし、日々の家事をらくらくスムーズにしてくれる家事動線を作ります。

13925449_1027491370699842_4320433972813417374_o

中古戸建のリフォームの場合今ある窓からの景色が目で見て確認できるので、より具体的に暮らしのイメージが湧きやすい事もありますね。

窓からの景色も大切な家づくりの要素の一つなので、庭も景色も取りこんだプランのご提案をしていますよ。

この家に付いた タイトルは「縁側暮らしのある家」

リビングダイニングに併設した大きなウッドデッキを縁側に見立てて、暮らしの中の様々な楽しみ方をご提案しています。

実はこのお家、中山建設の中古戸建リフォームの考え方をまとめた資料 家づくり読本 でご紹介しているモデルプランのリフォームです。

写真

今の中山建設でご提案する中古戸建リフォームのプランとしてご紹介したい 暮らしの楽しみ方 が沢山詰まっているので、こちらの一冊を見て頂けると、縁側暮らしのある家の概要をご覧いただく事が出来ます。

ご希望の方には無料でお届けいたしますので、是非ご一読くださいね。

家づくり読本 資料請求フォームはこちら

間取りの楽しさだけでなく、家の安全性を高める耐震、四季を通じて快適に暮らす為の断熱工事なども盛り込んで、約4か月の長い工事が始まりました。

工事の様子は随時ご紹介して参ります。どうぞお楽しみになさって下さいませ。

中古マンションリノベーションの見学会開催

バナー

マンションリノベーションの見どころをちょこっとご紹介

=自在のある家のみどころ=

・約80㎡ほどの縦長の間取りの水廻りを整頓。家事動線を使いやすくまとめました。

印象的なスキップフロアのリビングと和室を繋げる階段縁側

・中山建設オリジナルのオーダーメイドキッチンと造作家具

・ご家族の10年後20年後を見据えて自在に変化する自在な間取り

・玄関横のあると便利な土間スペース

・リビングダイニングや寝室の無垢フローリングと水廻りスペースのタイル床

などなど。

 

日時は 9月10日(土)10:00~16:00   11日(日)10:00~12:00

両日ともに完全予約制にて見学を承ります。

 

お申込みフォームは都築の杜のイベントにUPしてありますので、ぜひご覧くださいませ。

Tags: , , , , ,

ペレットストーブとは?実際に設置して使ってみた感想。

1月31日 19:43 日記

yamamoto
yamamoto

 

投稿:やまもとふみこ

 

ある時、外出から戻ったら事務所の私の机の隣に黒い大きな物が鎮座していました。

 

。。。。。

 

DSC_0325

そういえば。。中山社長がペレットストーブをつけるんだって騒いでいたっけか。。。。

 

 

と、言う事で。

寒い冬を楽しく温かく乗り越える為に事務所に置かれたペレットストーブとのここ最近の暮らし方(?)をご紹介します。

 

DSC_0352

 

まずは燃料となるペレット。

ペレットとは、木の成長過程で発生する間伐材や加工の際にでる廃材を細かく砕き、圧縮して上の写真の様な状態にした物。 大きさも形もラビットフードに良く似ています。

数十年で再生し、全国どこでも生み出す事の出来るエネルギーである木材は、石油に代わる燃料として注目され全国的にペレットの生産がおこなわれるようになってきました。

 

DSC_0353

 

一袋が10キロ。お米と同じくらいの重さですね。女性でも持てる重さです。

ペレットの平均価格が 55円/1kg ほどで、一袋10kgで約10時間の燃焼が可能との事です。

石油の価格が年々上がっていくことを考慮しても、月当たりの燃料代はペレットストーブの方が若干お得な様子。 *詳しくお知りになりたい方にはパンフレット差し上げます!

 

ビニール袋に入っているので、薪の様に虫が付いたり、水濡れの心配はいらなさそうです。

匂いも100%木材のみしか使用していないので爽やかな木の香り。

DSC_0354

バケツに移してストーブの横に置いておきました。

100円で買ってきたガーデニング用のスコップですくうと入れやすくて便利です♪

 

DSC_0348

 

このペレットをストーブの背面側についているタンクにザラザラと入れまして~

 

DSC_0355

 

 

前蓋を開け、コンビーフみたいな着火剤 (間伐材チップと使用済みローソクを固めたもの) に火を付けて

受け皿に置きます。

着火剤も特に匂いはありませんでした。

 

 

DSC_0347

 

 

火をつけたら、スイッチON!

ペレットがコロコロと少しづつ炎の中に供給され、排気は背面のファンで煙突から室外に出される仕組みの為、コンセントが必要です。

 

しばらくするとペレットを燃やした熱でお部屋が温かくなってきました。

輻射式なので室内の空気を汚す事なく、ほんわかじんわり温かい♡

 

と、コレがペレットストーブの使い方。

まだ本格的に使い始めて一週間もたっていませんが、今の段階の感想としましては

 

1. お茶の時間が楽しくなりました♡ 

上部の熱でお湯が沸かせます♪お部屋の加湿が出来るのは嬉しいし、ストーブの上で沸かしたお湯で淹れるコーヒーは美味しい(気がする)。

2. お昼ごはんも楽しくなりました♡

やかん同様、焼きおにぎり出来ます♪ 楽しいです^^ 焼き芋も焼きリンゴもしてみようと思います♪

3.  思わず火を眺めてしまいます♡

ゆらゆらぱちぱちする炎はじっと眺めていても飽きない物ですね。。。(仕事しろ?)

4.  温かいです。

エアコンの温風と違い、部屋が温まると同時に体もぽかぽかしてきます。頭だけぼーっとするようなエアコンの温かさとは全然違いますし、やかんのおかげか、乾燥肌も若干良い具合。

冷え性がひどい足のつま先も前ほど冷えていないような。。。(個人の感想です)

 

 

と、今の所凄くいい感じ。

思いつく限りのデメリットとしては

 

1.  灰の掃除が面倒かも

毎朝、前蓋を開けて火を入れる前に前日分の灰をお掃除します。掃除機でゴーッと吸い込めば楽ちんですが、毎日。

2. ペレットの残量は時々確認した方が良さそう

たっぷり入れたつもりでも、タンク内で片寄って供給されず、火が消えてしまったことがありました。

それ以来、時々覗いて燃料を均してあげています( 若干過保護。 )

3. 煙突掃除は大変かな?

背後に付いた煙突は短いのですが、ススとかどれくらい着くのかなぁ?と今からちょっと不安。

とりあえず1シーズン使ってみた後、またレポしますね。

4. デカい。。

ペレットストーブを置くために事務所内の一角に60センチ四方くらいのスペースを作りました。

この為、事務所内の書棚やコピー機などのレイアウトを大幅変更! ペレットさん。。存在感ばつぐんです。。

 

 

 

ぴっ!っとスイッチひとつでお部屋を暖めてくれるエアコンや、手軽で使い慣れた石油ストーブと違い、ペレットストーブを自宅に設置しよう!と思うまでには、正直言ってまだちょっと高いハードルがあるように感じています。

でもメリットで挙げた様に、お湯が沸かせたり炎の揺らめきを楽しんだり、いまどき手動着火で火をつけたり(笑) 手間もかかるけど、楽しみもたくさんあって、ペレットストーブそのものにだんだんと愛着が湧いてきました^^

ひと手間をかける事が楽しくて、冬の寒さの中に楽しみを作ってくれる暖房器具だと思います^^

良い所も良くないところも、長く使ってみないと分からない事がたくさんあると思うので、また時々、ペレットストーブについてご紹介させて頂きますね^^

ご質問がありましたらお気軽にやまもと宛にご連絡ください。

 

 

そんなこんなでこれから一緒に越冬する事になったペレットさん!

これからよろしくお願いしますね^^

 

DSC_0347

 

 

 

ペレットストーブの資料請求、購入や設置のご相談を承ります。(ペレットに付いて、やまもとの正直な体験談もお話しします(笑) )

メールフォームからご連絡くださいませ。 メールフォーム はこちら

 

 

Tags: , , , , , , , , , , ,