| Subcribe via RSS

秘密基地みたいな寝台のある家。その2 電気工事が進んでいます。

投稿:やまもとふみこ

先日現場の進捗を確認しておこうと思いまして、吉田電設さんが作業中の 寝台のある家 にお伺いした時の事です。

一気に春めいてきてぽかぽか陽気の気持ちいい日中、あぁ~。。気持ちのいい天気だぁ~。。なんてすっかり春ボケした状態で現場についたら、頭から汗びっしょりの吉田さんが迎えてくれました。

 

今の時期はもう、汗びっしょりになるほど天井裏の気温が上がっているのですね。

 

IMG_9751

 

「 やまもとさんもぜひ、春の天井裏の温度を体感してください 」と、脚立を掛けてくれたので

いざっ!遥かなる天井(裏)の世界へっ!

 

IMG_9753

 

 

脚立に登ると、天井が近くなるほどに分かりやすく気温が上がっていきます。

天井裏に入って見あげると、なにやら見慣れない装置が。

吉田さんが汗びっしょりになってしていた作業は、こちらの設備の取り付けなのでした。

24時間換気を利用し、冬は屋根裏の暖かい空気を室内へ循環させ、夏は熱い屋根裏の空気を屋外へ逃がし、床下の冷たい空気を全室に送りこむ為のシステムです。

 

IMG_9752

ご主人様が海外のホームセンターで買われてきた、白いダクト部材は電気屋の吉田さんも初めて見るものだったようで

「 日本の物とは違っておしゃれですね~ 」 と、楽しそうに話していました。 その違いに気づけるのはやはり日々いろいろな部材を目にしているからこそなのでしょうね。

マニアックで奥が深い世界ほど、共感出来る方とお話ししている様子はとても楽しそうです^^

IMG_9755

そして本題のこちら。

寝台のある部屋は、これから左官屋さんが珪藻土塗りで仕上げます♪

24時間システムを利用して、自然の力でお部屋を暖めたり冷ましたりすると共に珪藻土の力を借りて

湿度を調節して居心地の良い空間にしようとの今回の計画は、リフォーム完成後の夏にハッキリと効果が実感できるはず。。

このリフォームの完成後のデータ収集に興味津々なのでありますっ!

Tags: , , , , , , , ,

バリアフリー新築現場 近況報告2

12月24日 21:23 未分類

Nakayama
Nakayama

暮れも押し迫り各現場急ピッチ進んでいます。

新築現場に関しましては、来週には年越しの準備になると思います。

外周部分にモイスという耐力壁が貼られました。

dscf4422blog

壁倍率9.5ミリ厚の素材で最大級の2.7倍を確保し、すぐれた耐震性を確保します。

また素材自身が、湿気を自在に調節するMOISS。その高い調湿機能は

すでに数々の実験で証明されています。真に健康的な室内環境へ

かつての日本家屋に使われていた土壁や木材のようにゆるやかに呼吸し、きれいな空気をつくります。

dscf4336blog

匠の技術と融合して丈夫な家になりますね。

集成材は一切使っていません。ここには拘ります。

dscf4310blog

中間検査も一発合格。気を抜かずに頑張ります。

Tags: , , , , , ,