| Subcribe via RSS

新築戸建『丘の上の平屋』もうすぐ着工です。

投稿:やまもとふみこ

 

中山建設のすぐご近所に住まわれている建築士 薬師寺祥子 さんと、とあるご縁がありまして。

もうすぐ薬師寺さん設計の新築戸建を着工させて頂く事になりました。

IMG_9785

今回の計画は平塚の町が一望できる小高い丘の上に建つ平屋のプランです。

 

薬師寺さんのご自宅へ伺って模型や図面の写真を撮らせて頂きながら、プランのお話しを伺いつつも。。

IMG_9817

窓の外の景色に思わず見入っちゃったり。。。

IMG_9803

 

キッチンがとっても素敵だなぁ。。。と思ったり。

IMG_9788

 

土間と薪ストーブのある暮らしって素敵ですね。なんてお話がそれたり。。。

IMG_9794

 

まるでおばあちゃんの家に来たみたいな懐かしい優しいお家で、この家を作った時の事。暮らし方の事。いろいろなお話を聞かせて頂く中で、これまでの私たちがしてきた家づくりと通ずる想いや、考え方などの接点や答えが見つかった様な気がして、今回のご縁があったのも偶然ではなくて、引き寄せあっていたのかも知れないなぁなんてことを思いました。

IMG_9765

 

薬師寺さんのお住まいや暮らし方、お人柄に共感されたお施主様からのご依頼を受けての新築計画。

これまで大切に温めてきた家づくりに施行という形で参加させて頂ける以上、確かな技術でしっかりと形にしていきたいと思います。

IMG_9777

もうすぐ着工の 丘の上の平屋 施行の様子から完成までどうぞお楽しみになさって下さいませ^^

 

Tags: , , , , ,

先週土曜日の工房。

投稿:やまもとふみこ

 

先週土曜日の工房では、専門学校で建築を学んでいる学生さんで、将来は大工になりたいと大工の見習いとしてお手伝いに来てくれている杉山くんが工房の片隅で熱心に鉋の調整をしていました。

その後ろに写りこんでいるのは小物を作っているのはnaoさん。

naoさんの企画している都築の杜の夏のものづくりワークショップ。今年は夏の間たくさんイベントを企画しておりも沢山のお申し込みを頂いていますよ。

是非都築の杜のイベント一覧を覗いてみてくださいね。

 

写真 1

話をもどしまして

この日、杉山君にお願いしたのはウォールナットの一枚板の鉋がけ。

綺麗な仕上がりを目指して何度も何度も鉋の調整をしていました。

一枚板の鉋がけ作業はお手の物な 加藤さん や 修ちゃん  村越さん に比べたら何倍も時間が掛かるのだけど、時間を掛ける分、丁寧に大切に作業を進めている様子を見ていると、仕上がりが楽しみになりますね。

写真

暑い時期の鉋がけは本当に大変な作業。汗をたくさんかいた分、技術も身に付いていくのでしょう。がんばれ!

写真 2

とは言え、お客様にお届けする大切な商品なので、仕上がりは石谷大工の目でしっかり厳しくチェック。

石谷さんも初心を思い出したのか 「 自分が初めて鉋がけした時は、ちっとも鉋屑が出なかったんですよ 」なんて懐かしい昔話を聞かせてくれました。


真

 

一方、杉山君が鉋がけに大汗かいている様子を窓の外に眺められるショールーム内では

設計士の古川さんと代表の中山が 「心地よい風と緑のある家」新築計画の初回プレゼンテーションを前の最終打ち合わせをしていました。

 

設計士としての立場から建物を見る設計士の古川さんと

施行者として現場からの目線で建物を見る代表の中山とが

お施主様のご希望、土地の状況、コストや素材など、「対話」を重ねる事で設計施工それぞれの視点から模索し、作り上げたファーストプランは

お施主様との更なる「対話」を重ねる事で、より良い形になって行くのでしょうね。

 

古川さんがプロジェクトを進める上でつねづね話して下さる家作りの中で大切にしている「対話のある家作り」は、初回プレゼンテーションの前から幾度となく重ねられ、もう始まっていました。

設計者と施工者そしてお施主様。そしてこれからの新築プロジェクトが進むにあたっては職人や問屋さんも交えて更にたくさんの方々との対話を重ねながら進んでいきます。どうぞお楽しみになさって下さいね。

 

 

 

 

 

Tags: , , , , , , , , , , , ,

女性建築士+中山建設のリノベーション。

11月24日 20:19 家を創る人びと

yamamoto
yamamoto

投稿:やまもとふみこ

 

中山建設で請け負う工事のほぼ9割は一般ユーザー様であるお施主様からのお問合せを頂いた工事で、お打合せから現場での作業、現場管理などリフォーム工事に関わる全てを中山建設社員で一貫して行っています。

そして残りの1割は、同業種の会社様からの下請けの工事になるのですが、それとは別に設計士さんから施工依頼のお話を頂き、設計士さんと共にリフォームを進める工事などがあり、

今回ご縁がありアトリエパパス一級建築士事務所の工藤裕子設計士よりマンションリフォームの施工を承りました。

 

FotorCreated

ナラ材(オーク)の無垢フローリングや、無垢材で作った造作家具など、これまでの中山建設のリフォームでも使用してきた素材を用いてのリフォームですが、家具の角の丸みや板の厚さなど本当にちょっとした箇所で、これまでとは違う女性目線での納まりが部屋の印象を優しく柔らかな印象にしています。

 

 

 

 

工藤設計士のコメントと共にこちらの事例のご紹介をUP致しました。

是非ご覧くださいませ。

 

女性建築士+中山建設のリノベーション

 

Tags: , , , , , , ,

横浜白楽の新築戸建住宅「つなぐ庭の家」竣工写真を撮影しました。

投稿:やまもとふみこ

 

5月の終わり頃に上棟しました、横浜白楽の一戸建て住宅「つなぐ庭の家」が完成しました。

今日は竣工写真を撮って頂くために、アドブレイン塚本さんにおいで頂き、室内を半日かけて撮影です。

10670151_714331658645336_3744440924459236350_n

 

まだ外構工事を残している外観は次回の撮影予定なので、今日は室内のみの写真を撮ります。

あいにくのどんより曇り空だったけど、室内を綺麗に撮るには晴れよりかちょっと曇っているくらいの方が良いのだそうです♪らっきー☆

いざ!室内へっ!

Fotor01002172259

工事が終わって養生が取れたばかりのまっさらな室内。

「生活感」が出る前に「暮らしている感」を演出して室内の撮影スタートです。

 

10372092_714331601978675_5597759963046348020_n

 

撮影には つなぐ庭の家設計士の古川さんと代表の中山にも立ち会っていただいて 「この手すり、実は新たな試みがあってね~」なんて建設中の裏話を聞きながらの撮影。

毎回そんなお話を聞くたびに、普段何気なく暮らしている「家」は設計士や大工、家創りに関わるたくさんの職人たちが知恵や技を駆使しながら大切に創り上げているのだなぁ。。なんてことをしみじみ感じてしまいます。

10659408_714331691978666_7419456175553588412_n

 何気ないシーンの一つ一つに設計者、施工者の思い入れがあって、どこを切り取ってもお話しのネタが尽きない。そこかしこにご紹介したい物語がある。そんな素敵なお家が出来あがったので、塚本さんに撮って頂いた写真の出来上がりがとても楽しみです^^

1478957_714331585312010_2990016079327740413_n

 

せっかくなので設計士の古川さん、施工者の中山と、つなぐ庭の家の棟梁を務めた秋元大工も一緒に撮ってもらおうと呼んだら、椅子に座っている2人の間で正座して座るもんだからお説教されているみたいになっちゃいまして。

いやいや修ちゃん。そこはリラックスして胡坐でしょう?(笑) なんてみんなで笑いながら撮った一枚も

「棟梁まで記念写真に入るだなんて、なんか中山建設らしいよね~」

って、これまた仕上がりがとっても楽しみなのであります^^

 

 

今日撮った写真を頂いたらまたすぐにご紹介いたしますね^^

どうぞお楽しみになさってください♪

 

Tags: , , , , , , , , ,

新築戸建の写真ギャラリー。

8月10日 16:21 新築戸建て

yamamoto
yamamoto

投稿:やまもとふみこ

 

お盆に差し掛かって、更に暑さが増してきました。。

明日8/11から8/15まで中山建設では夏季休業を頂きます。

お休み中ご不便をお掛けいたしますが、どうぞよろしくお願い致します。

 

さて。ここから今日の本題。

 

 

家を建てたい!

と思った時に、一番最初に思い描くのはどんな事でしょうか?

お金?土地?間取り??

 

思い悩む事も、考え込んじゃう事も、家創りをしていく中ではきっとたくさんあると思うのです。

夏休みの間いろいろ調べている方も多いかも知れませんね。

 

 

でもまぁせっかくの夏休みです。

麦茶を飲みながら綺麗な写真を眺めてご家族で新しい家についての妄想を膨らませる。。。

なんて過ごし方はどうですかね??^^

 

 

と、言うわけで。

新築戸建の写真のギャラリーをOPENしました。

今回のご紹介は3件。

 

 

加藤邸

 

車いすでの生活を前提に設計された一階部分の間取りや外観が特徴的なこちらの二世帯住宅。

印象深い前面のスロープは、昔の家によくあった縁側を思わせます。

このスロープからは、ご近所の方が遊びにいらしたり、二階にお住いのお孫さんが学校帰りに顔を出してくれたりと、憩いの場としても活用されているそうです。

竣工から約3年。自然素材で創り上げた二世帯住宅は、より味わい深い印象へと変化してきました。

天然素材にこだわった二世帯住宅 : 写真ギャラリーへ

 

 

 

首藤邸

 

こちらは今年の春に竣工した 白楽の長い家。

たびたびブログの記事で工事の様子をご紹介していたこの家も、お引越しが済み、ご家族の暮らしが始まり、

ようやく本当の「住まい」としての表情を写真に残す事が出来ました。

白楽の長い家:写真ギャラリーへ

 

 


石谷邸

 

こちらは上の二軒とはちょっと違って、中山建設では施工協力と言った技術面で家創りに参加させて頂きました 「 浜大工の家。 」 施工は港南区の金子建設です。

設計は中山建設でもおなじみの 古川達也 が担当。

実はこちらのお家のご主人は金子建設の大工さん。中山建設の大工達とも古くからお付き合いの深いお仲間でもあります。

横浜の大工が作る、自身の家。 家創りのプロだからこそのこだわりや思い入れが形になったお住まいです。

施工協力 浜大工の家:写真ギャラリーへ

 

 

 

どうでしょう?

家創りの一番最初に是非して頂きたい「あたらしい暮らしを妄想する」 と言う楽しみのお手伝いになりましたでしょうか??

 

 

 

 

 

 

 

Tags: , , , , , , , , , , , , , ,

設計士ってどんな人?

 

ただいま白楽に建設中の    長い家

ただいまプラン中の もう一つある家

 

どちらも設計は 古川都市建築計画 古川達也 が担当しています。

設計士ってどんな人柄を想像しますか??

なんだかインテリな人?それとも芸術肌の気難しそうな方??

 

中山建設の建物設計をしている設計士の古川さんは気さくで、明るくて、とてもお話しやすい方です。

 

工房の片隅で、秋元大工と何やら相談中の古川さん。

ただいま施工中の 長い家 の玄関イメージをスケッチしたものを秋元大工に見せて、詳細を伝えていました。

「こうだったら素敵じゃない??」

「こんな風になったら楽しいじゃない??」

なんて、話している時の古川さんはすっごく楽しそうです^^

その後は、事務所の中で中山と もう一つある家 の打ち合わせ。

まだラフの段階なので、手描きのエスキースを見ながら話しを詰めていきます。

「ここのスペースではこんなことして、こんな風につかって、窓からはこんな景色が見えて。。」

色鉛筆でサササ~っと色を着けて

「このプランどう??楽しい??」なんて話しながら楽しそうにお話が進みます。

古川さんは、プランの内容を 「楽しい」 「素敵」 「のびやか」 「気持ちいい」 「豊かな気持ちになる」 などと言ったポジティブな言葉で表現されることが凄く多いです。

もちろん、設計に大切な要件は全て踏まえた上での言葉ですが、古川さんのわかりやすくポジティブな言葉のプレゼンを聞いていると

家創りを一緒に楽しもう!

と言う設計士として、住まう方へ最大限の気持ちが詰め込まれたプランなのだなぁ  と思います。

大工として現場からの目線で建物を見る 代表の中山 と

設計士としての立場から建物を見る  設計士の古川さん

大工の技と設計士の知恵。 家を創り上げる為の大切な 力  を持った二人の 打ち合わせは

双方の立場から建物を見つめる事によって、お互いの妥協を許さず、そのプランに一番  「ポジティブなもの」  を模索しています。

中山建設×古川都市建築計画の  ポジティブな感情がたくさん詰まったプランはこうして生まれてくるのです^^

Tags: , , , , , , ,