| Subcribe via RSS

無垢のオイル仕上げフローリングに付いた傷のリペア方法をご紹介します。

10月15日 14:18 素材のお話し

yamamoto
yamamoto

投稿:やまもとふみこ

 

無垢フローリングを張ったリフォームが終わりました!

さぁお引越し!荷物をどんどん運び込みますよっ!!

 

IMG_1098

で、良くあるのがこちら。

IMG_1120

家具を引きずったら、傷が出来ちゃった。。。。

これ。本当に良くあります。

リフォームしたばかり、無垢に張り替えたばっかりと言う事でもの凄いショックを受けてご連絡くださる方、凄く多いです。

でも大丈夫。

だって無垢のオイル塗装フローリングだから。

そんな時は

 「 なおし方を実演するので一緒にやってみます??簡単だし次からご自身でも出来るようになりますよ? 」

なんて言いながらリペアを実演する事もこれまたよくあるんです。

無垢フローリングのお手入れを知ることが出来るいいチャンス!と前向きにとらえると付いた傷も有意義に思える。。?かな?!

*用意するもの*

1. 目の細かい紙やすり 180番くらいが良いです。

2. ぞうきん。

3. 床の仕上げに使ったオイル。

これだけ。

※今回は無垢のオイル仕上げフローリングに限った補修方法です。ウレタン塗装などがしてあるフローリングには向きませんのでご注意ください。

まずは傷が付いてしまった箇所を紙やすりでこすります。

IMG_1121

傷の部分が平らになる様に、ごしごし削っても大丈夫です。

IMG_1124

今回の傷は結構深いっ!!残像が出るくらいごしごし行きましょう!

IMG_1129

表面を削ったのでやすりを掛けた部分が真っ白になりました。

この時点で傷だった箇所が分からなくなるくらいに削っておけばOKです!

ポイントは傷の部分だけを削り取るのではなく、傷が付いた箇所を中心に周りと馴染ませる様にやすりをかける事!これだけ!

IMG_1130

そして表面の削り取った粉を拭き取って、白くなった所にはオイルを塗って色を合せます。

オイル仕上げのフローリング場合、仕上げに使ったオイルと同じオイルで補修するのが良いですよ。

中山建設ではフローリングの仕上げに (株)シオンさん の U-OIL を使っています。

U-OILは純国産の天然オイルでHPからも開発者の顔が見える事や、安全に対する考え方、販売する人たちの責任感、人柄や思い等を感じ取る事が出来、施工する私たち自身が安心して住まい手であるお客様におススメできる塗料です。

IMG_1131

はいっ!

真ん中のちょっと白っぽくなっている所がやすりかけをした後にちょっとだけオイルを馴染ませたところ。

この後もう一度オイルを塗って周りの色と馴染んだら補修完了!傷も綺麗に無くなりました^^

つるつるピカピカの複合フローリングは傷が付きにくいけど、一度付いた傷は簡単になおすことができません。

オイル仕上げの無垢フローリングは傷が付くことはあるけど、何度でも簡単になおすことができます。

どちらもメリットデメリットあるけれど、私はやっぱり無垢のフローリングが好きです^^

Tags: , , , , , , , , , ,

梅雨時期のリフォームは。。

6月17日 14:41 リフォーム

yamamoto
yamamoto

ジメジメと暑い季節がやってきました。

毎年の事ながら、湿気の多い暑さは体に堪えますね。。

 

 

いつもこちらのブログをご覧いただいている方にはお気づき頂けますでしょうか?

只今ブログ内記事の整理整頓をしておりまして、より見やすく、欲しい情報を見つけやすくを心がけブログ内をいろいろといじくっております。

「もっとこーだったらいいのに!」

などなどのご要望がございましたら是非お知らせくださいませ。

 

 

さてそして。

丁度去年の今時期のブログを整理中に、とあることに気が付きました。

この時期特有の家についてのお悩み。。。  雨漏りの記事が凄く多い。。。

 

雨が降った時に初めて気が付くものだからこそ、その対応は急を要する事もあります。

雨が降らないと原因が特定できないものだからこそ、その修繕はとても難しい事でもあります。

 

これから来るであろう台風にも備えて、雨漏りの修繕、対策をしっかりとしておきたいものですね。

 

 

********* こちらの記事もおススメ *********

 

【 過去記事 】
雨漏り修繕の記事まとめ

 

*****************************

 

 

 

 

Tags: , , , , , , ,

猫ブログ的なリフォーム紹介。

5月1日 14:56 リフォーム

yamamoto
yamamoto

投稿:やまもとふみこ

* 本日の記事はいつもとちょっと趣向を変えて猫ブログ的にお送りします

この、まぁるくて可愛~い おてて には鋭い爪が隠されています。。。(笑)

今回リフォームを承ったお家では、たくさんの ねこ と一緒に暮らしていらっしゃいました。

自由で気まぐれで気高くて。。。かわいい。。。そんな猫たちとの暮らすお家の壁紙は。。。

爪とぎに最適な場所になっています。

当初は剥がれてしまったクロスの補修を とのお考えだったのですが、補修をしてもまたきっと爪とぎ場所になってしまう事から

特に痛みの酷い一階リビングと廊下に腰壁を回すことにしました。

仕上がりがこちら。

パイン材を白く塗装して腰のあたりまでの高さで見切った腰壁をぐるっと回しています。

腰壁の色を、カウンターや床の色に合わせた茶色にするか、壁面のクロスに合わせて白にするか、しばらく悩みましたが

白にしたことでお部屋に圧迫感が出ず、さわやかな印象に仕上がりました。

もし今後、猫ちゃん達が爪を研いでも白なら補修もしやすいですしね^^

動物と一緒に暮らすには、お互いが安全に気持ちよく暮らしやすい環境を作るためのちょっとした工夫やアイデアが必要なのだなぁと思いました。

そして、そんな苦労はこの可愛い顔見たらきっと、なーんてこと無いことなのでしょうね^^

なーんてこと。。な。。。い。。?(笑)

* 事例写真以外の猫ちゃんはお友達のお家のマグちゃんです。特別出演ありがとうマグ!

Tags: , , , , ,