| Subcribe via RSS

三日間の職場体験を終えて~東山田中学校2年生~

11月16日 21:39 職場体験学習

shiobara
shiobara

本日、東山田中学校2年生2名の、三日間にわたる職業体験が終了しました。

3日間の職場体験で体験した仕事、感じた事を彼らが綴ってくれました。

 

**********************************************************

 

 LRG_DSC07126

東山田中学校の二年です。

今回、三日間中山建設さんで職業体験をさせてもらうことになりました。

一日目は翌日の作業のために木材の移動を行いました。

木材は3~4ⅿ程のありとても重かったです。

たくさんある木材を移動して使う木手前に持ってくる作業をしていて、仕事は次何をするか、

そのために何をすればよいのかを学びました。

二日目は、板に塗装をしました。細かいところまで塗り残しがないように丁寧に塗りました。

乾かすときにどのようにすれば早く乾くのかなど次のことを考えながら行動出来ました。

午後は、お客さんにお渡しする樹種見本を作りました。

お客さんがどの板にするか決めるときに使うものなので丁寧に作りました。

三日目は、実際に工事している現場に行きました。

二日目に塗った板のようなものが使われていて実際に作ったものがどのように使われているかを知りました。

三日間を通して僕は今のことではなく次のことを意識して行動するということを学びました。

このことを今後の学校生活に生かしていきたいと思いました。

三日間お世話になりました。

 

*******************************************************

 LRG_DSC07093

東山田中学校の2年生です。

1日目には、翌日の作業をするための下準備として木材の移動や整理をしました。

木材の長さは短くても3mはあり、それが束になっているのもあって、とても重かったです。

2人で木材を運んでいるうちに、軽いものは一人でどんどん持っていけるようになりました。

木材も素早く運べるようになりました。高野さんが、「常に先のことを考えてモノや場所を準備する必要がある」

と説明してくださり、もう一人と常に話し合いながら作業を進めていきました。

2日目には板の塗装をしました。

板の細い部分を塗るときにはしっかり板を押さえておかないと、倒れてしまうので慎重に板を塗っていきました。

午後には樹種見本を作っていきました。

これはお客さんが自分の使いたい種類を決めるときに使うものなので、

1つ1つ丁寧に作りました。

3日目には実際に工事現場に行って、その場でインタビューをしました。

とても忙しい中だったのであまり質問はできませんでしたが、1つずつ丁寧に答えてくれました。

僕はこの三日間を通して学んだこと役に立てて行こうと思います。

三日間本当にありがとうございました。

 

**********************************************

3日目には、子供たちが職人さんたちにインタビューをする場面がありました。

普段、意識していない、やりがいや達成感、充実感など、

私たちも問いかけられて改めて認識したことがたくさんありました。

全ての作業、そしてそれぞれ職人さんたちとの会話の中で、色んなことを感じ、

良い経験になったのではないかと思います。

この3日間、お疲れ様でした。そしてどうもありがとうございました。

 

 

Tags: , , ,

職場体験学習2017.11.15.16.17 東山田中学校

11月17日 18:33 職場体験学習

yamamoto
yamamoto

投稿:やまもとふみこ

中山建設で中学二年生の職場体験を初めて受け入れたのが2011年の東山田中学校の生徒さんでした。

その時のブログは こちら☆

それから、都筑区の他の中学校も何校か職場体験に来てくれているのですが、東山田中学校の職場体験では他の学校にはない試みでリクルート社さんのご協力の元、職場体験で学んだことや、体験先の社員さんに取材したことを記事にして中学生版タウンワークを作るんですね。

 

23658728_1545798035498690_2901427413032115755_n

 

職場体験の後、出来あがったタウンワークを届けてくれるのを毎年楽しみにしていて、これまでの頂いたタウンワークはどれも大切な宝物。時々読み返したりもしています。

「お仕事を体験し、取材し、記事を書き、雑誌を完成させる!」と言うお仕事を既に任されて体験に来ている訳ですから、仕事に対する取り組み方や何を学ぶかなどの事前準備もしっかりと出来ているのですね。

 

そんな訳で、お仕事の最後にはタウンワークに掲載する為の取材を受けるのですが、毎回結構きわどい質問が来ます。。。(笑)

 

不思議な事に何故か、自分もっとしっかりしなきゃなーって考えている時にこの職場体験があるんですよ。

で、中学生の子達からの取材で質問に答えるたびに、あぁ私こんな事を考えていたんだ。こんな風になりたいって思ってたんだって改めて思い返す機会になるんです。

今回も取材に応えながら、自分の大切にしているコト、したいコト、働く理由、立場や役割、どんな風に仕事がしたいか等について、再確認する事が出来ました。

かなり?赤裸々だけど、中学生の2人が今回の職場体験で感じた事、学んだことをブログに書いてくれたので、ご紹介したいと思います^^

 23621652_1545808578830969_5700385109250800127_n

 

東山田中学校二年五組福島拓実です。

自分は一度実際にものつくりの現場を見てみたいと思い、志望しました。

 

ぼくが三日間職場体験をさせていただいて学んだことは、人に感謝することの大切さです。

 

自分は初日に新築工事のお客様のお手伝いとして、木を切り色を塗るという作業をさせていただきました。

その中で、様々なことを教えていただきました。道具の扱いから、木の良さまで、本当に様々なことです。

まずそこでそのお客様に感謝しなければなりません。自分の家にもかかわらず、やらせていただいて本当に良い体験になりました。

山本さんが取材時に、地域とのつながりを意識しているとおっしゃっていて、それがこういうところにも生きてくるのかな、と思いました。

 

二日目には、ショールームに行って、お客様のキッチンやお風呂を選びに行きました。

その帰り道に山本さんさんが、一つ家を建てるのにも、100人以上の人がかかわっていると教えてくださいました。

それは電気を通す人であったり、この中山建設という会社であったり、本当にたくさんの人たちです。

そのそれぞれの人たちが、協力したり感謝しあったりでできたものが、家なんだな、と思いました。

 

その後中山建設の新社屋の現場に連れて行っていただき、そこで草むしりをしました。

正直な話、自分は草むしりをすると聞いたとき、つまらなそうだな、と思っていました。

でもそのあと山本さんが、

「これをただの草むしりにするんじゃなくて、地域の人の為、中山建設の為の草むしりと思ってしよう。」

とおっしゃって下さり、しっかりした気持ちで草むしりをすることができました。三日目も友達と協力して草むしりが出来ました。

終わってほめていただいたときは、とてもうれしかったです。

 

三日目の午後、山本さんに取材をしました。

その時こちらが、

「この仕事を辞めたいと思った事はありますか。」と聞くと、

「それは実際のところある。けど自分が失敗したとか、自分に改善の余地があるときは、自分を直そうと思ってやめたりしない。

いつかはこの仕事を天職にしたい。」

と、笑いながら語ってくれました。自分にとってこれが最も印象に残った言葉でした。

 

その後社長さんにこの仕事を漢字一字で表すとどのようになるか聞くと、

「これは自分の生き方、どんな生き方をしたいかがわかっていればすぐにわかる。いろんな人の助言を聞き、自分で考えると、成長できる。俺の場合は(結)だな。」

と、静かに語ってくださいました。

 

この職場体験を通して、本当にいろんなことを学べました。

家のでき方についても、少しは分かったと思っています。

そして学校や保護者、貴重な体験をさせていただいた大工さん、お客様、ショールームの方々、そしてこの三日間僕らの面倒を見て頂き、仕事を手配してくださった

山本さん、中山建設の皆様に心から感謝したいと思います。

ありがとうございました。今後の学校生活にも生かしていきたいと思います。

 

 

 

23559498_1545815932163567_3414624928571122677_n

 

 

東山田中学校 2年の宍戸です。
僕が、中山建設さんを希望した理由は、ものづくりが好きなのと、建築業に興味があったからです。

一日目は、実際に新築工事をしている現場へ行きました。入った瞬間、木のとてもいい香りがしました。
また、中では、お施主様が、丸ノコという、刃が丸いのこぎりを使って、門柱を作る手伝いをさせてもらいました。
最初は、慣れませんでしたが、何回かやるうちに、出来るようになってきました。
失敗したら、一回一回、アドバイスをくれたので、とても順調に進めることが出来ました。
木の長さを測る時は、ずれないようにと、緊張しましたが、とても大切なことなんだなと、実感できました。

二日目は、TOTOのショールームの見学をさせていただきました。
中には、いろんな種類のトイレやキッチン、お風呂などが、ありました。
これらを一つに、決めるのは、簡単なことだと考えていましたが、とても難しかったです。
キッチンでは、色や素材、蛇口、お風呂では、鏡や、窓の位置、大きさ。浴槽の形など、決めることが、沢山あって、家が作られるんだと、分かりました。

三日目は、中山建設さんが、今作っている、新社屋を見学させていただきながら、草刈をしました。
木一つ一つにひらがな一文字と番号が書かれており、しっかりと間違えないように設計されていて、すごかったですし、大工さんは、とてもカッコイイなと思いました。
草刈をやっているときは、始める前に山本さんが、おっしゃっていた、ただの草刈ではなく、誰の為にやるのか、誰が喜んでくれるのか、どうやれば効率よく出来るのかなどを考えながらやりました。
これをやらなければ、大工さんが、やることになっていたので、少しでも工事に、集中できるように頑張りました。
また、効率よく出来たかは、分かりませんが、しっかりと話し合い行動できたと思います。

最後に、山本さんに質問をいくつかさせていただき、話をお聞きしました。
山本さんは、社員の方々と地域の方々とのコミュニケーションをどちらも大切にしていて、自分の役割を見つけ、行動に移していて責任感が強く、真面目な方なんだなと思いました。
この三日間で、家を作るのには、とても多くの人が関わっていること。家を作るうえでの気持ちなど、色々な大切にしなくては、いけないことを学びました。
これらのことを、これからの人生に役立てていこうと思います。三日間、ありがとうございました。

 

 

 

始めは見ず知らずの大人の中で緊張したり、慣れない作業に戸惑ったりもしていたけれど、三日目にお願いした草むしりのお仕事は、二人で協力し合って効率よく、丁寧に作業をしてくれて、三日間でこんなに成長するんだなぁと、もの凄く感心しました。

2人が素直な気持ちで真摯にお仕事に向き合ってくれた成果だと思います。

わたしも見習おうって、心から思いました。二人から教えてもらったコト、大切にしますね。

 

 

福島くん

職場体験のリーダーとして三日間のお勤め本当にお疲れ様でした。

責任感が強くてしっかり者で、どこの現場に行っても、誰に会ってもしっかりと挨拶ができるのがとってもカッコよかったです!

最後に私にしてくれた挨拶もとっても立派で、若干ウルってきちゃいましたよ!

一生懸命にお仕事を頑張ってくれてありがとう^^

 

 

宍戸くん

社長に「自分を表す一文字って何?」って聞かれて 「笑」 だと答えてくれた宍戸くんは、その言葉の通り三日間ずっと笑顔でお仕事を頑張ってくれましたね!

自分の一文字が「笑」って、とっても素敵です。

私も「笑」を自分の一文字だって言えるように毎日笑顔でいられる様にしていきたいと思いました。

大切な事を教えてくれてありがとう^^

 

 

 

ブログ書いてる様子を覗き見た時は「それ書いちゃうの??」ってちょっとびっくりして、自分はそんなに立派な人じゃないのに。。ってちょっと恥ずかしくなってしまったんです。。

取材に応えながらも、ちょっと誇張しすぎちゃったかな。。?って心配になってしまったりもして。。

でも、正直に真摯に聞いている言葉に対して出た答えなら、きっとそれは自分の正直な気持ちだったのだ!私はこんな風な人でありたいのだ!

と思い、改めて自分に喝!有言実行!!気合の入れ直し!

 

 

今回の職場体験も、とっても学びの多い三日間になりました。

中学生の子達に恥ずかしくないよう、しっかりと頑張っていきたいと思います^^

 

Tags: , ,

職場体験学習2015.11東山田中学校

11月27日 21:07 職場体験学習

yamamoto
yamamoto

投稿:やまもとふみこ

 

毎年この時期に、近隣の中学二年生の生徒さんが職場体験学習に来ます。

職場体験を受け入れるようになってから早4年。2011年に初めて職場体験を受け入れた時に来てくれた子達も今は高校三年生になっているでしょうから、早ければ次の春には社会に出るのですね。

そんな事を考えていると、自分達が大きな変化なく過ごした4年間と言う時間に、子ども達はどれだけの変化を経験し考えを膨らませ、自分と向き合って来たのでしょうか。

本人たちには大変な時期なのだとは思うのですが、そんな青春真っ只中を過ごしている彼らが少し(かなーり)羨ましくも思うんです。

 

さて。

今年中山建設の職場体験に来てくれたのは、男の子二人。

毎年恒例ですが、中山建設で過ごした時間で知ったお仕事や、経験してみてどんな事を感じたのか、それぞれにご紹介して頂きましょう。

 

 

=============================================

 IMG_2737

Q1  自己紹介をお願いします。

東山田中学校2年生の近藤陽向です。

バスケットボール部に所属しています。

 

Q2  なぜ中山建設での職場体験を希望したのですか?

物作りが好きだからです。

そして、仕事の面白さや大変さを知るためです。

 

Q3  3日間の職場体験でしたお仕事を教えてください。

1日目はクリスマスツリーの飾りつけとリフォームする家の床のオイル塗りをしました。

2日目はリフォームの手伝いと黒板作りをしました。

3日目は木のスプーン作りをしました。

 

Q4  どのお仕事が一番楽しかったですか?

オイル塗りはなかなかできる機会がないのでとても楽しかったです。

黒板作りは作り方を全く知らない状態で臨んだのでとても難しかったです。だから、できたときとてもうれしかったです。

木のスプーン作りは思っていたよりも上手く仕上がったので楽しかったです。

 

 

Q5  難しかったこと、大変だったことなどがあったら教えてください。

スプーンを作るとき彫った所をわからなくすることが難しかったです。

しゃがんだまま作業することが多かったので大変でした。

 

 

では、最後の質問です。

体験に来る前と、終えた後で、建設業の印象はどう変わりましたか?

体験に来る前の建設業の人は『怖い人たち』印象でしたが

今では『面白くて優しい人たち』という印象に変わりました。

 

=============================================

 IMG_2680

 

Q1  自己紹介をお願いします

東山田中学校2年 小泉立樹です。

 

Q2 3日間の職場体験でしたお仕事を教えてください。

1日目:ショールームのクリスマス飾りつけとマンションのフローリングのオイル塗りです。

オイルを塗ることによって木の木目1つ1つが活きてくるのが目に見えてきたので楽しかったです。

 

2日目:1日目でオイルを塗ったマンションの掃除と黒板つくりです。

黒板を普段作る機会なんてないのに自分が思っていたよりきれいな黒板ができてよかったです。

 

3日目:木のスプーンを作りました。

木工作家さんにいろいろ教えてもらいながら予想以上にきれいにできてよかったです。

 

Q3 3日間を中山建設で過ごしてみて、どんな会社だと思いましたか?

職人さん同士のつながりが深く、いい環境の会社だと思いました。

 

Q4  どのお仕事が一番楽しかったですか?

どれも楽しかったですが、やっぱり自分たちで作った黒板やスプーンです。

自分たちでここまでクオリティーの高いものができてよかったです。

 

 

Q5  難しかったこと、辛かったことなどがあったら教えてください。

特にありませんが、さまざまな職人さんが出入りする中でひとつの建物ができていく、ということで

誰一人、気を抜いてはならない職業だと思いました。

 

では、最後の質問。

「働く事」ってどんな事なのだと思いましたか?

「お客様の人生・未来長いスパンで見たときの一種の責任を背負っている」ことが働くということだと改めて感じました

 

=============================================

 

毎年この時期に職場体験に来てくれる中学二年生。

今回私たちの仕事が、丁度大きな工事のお引き渡しを控えていて、みんなが手一杯で余裕のない時期に重なってしまっていました。

 

そんな中での三日間だったので、きちんと「仕事」を体験してもらうには少し駆け足過ぎたかな?と思う職業体験でしたが、2人にとって有意義な時間であってくれていたら嬉しいです。

 

コミュニケーションが苦手だと言っていた近藤君。

黒板を作る時の先生をしてくれていた家具職人の村越さんが、「近藤君は仕事がとても丁寧だね~」 と褒めていましたよ。

気が付いていないかも知れないけれど、一緒に働く人達はみんな、その人がどんな風に仕事に取り組んでいるのかをしっかりと見てキチンと評価をしてくれます。

糸鋸がとっても上手だった事、部屋の隅々まで綺麗に掃除をしてくれた事、言葉数は少ないけれど一つ一つの言葉にしっかりと自分自身の考えを持ってお話ししてくれた事。

ちゃ~んと見ていました。

今回作った黒板やスプーンをぜひお父さんお母さんに見てもらって、初めての「仕事」のお話をたくさん聞かせてあげてくださいね^^

 

 

ご実家が建設業な小泉くん。

小さい頃から建設業の現場にいる事が多かったとお話ししてくれていた通り、いろんな意味で大人の中にいる事に馴れているなぁ と感じました。

仕事に積極的、物知りかつ好奇心旺盛、初対面の大人の中でも物怖じしない姿勢は中学生とは思えない存在感でした。ご実家のお仕事を手伝う時が来たら貴重な即戦力になるのだと思います。

今の若さを充分に活用して、知識や技を吸収しこれからの仕事に取り組んでいってくださいね。

いつか現場で会える日を楽しみにしています^^

 

 

三日間の職業体験お疲れ様でございました。

2人にはこれからもしっかり遊んで、たっぷり勉強して、広い視野をもった大人になって頂きたいと思います^^

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Tags: , , ,

職場体験学習2014.11

11月28日 17:45 職場体験学習

yamamoto
yamamoto


投稿:やまもとふみこ

毎年秋の恒例になってまいりました、中学二年生の職場体験学習。

せっかく来てくれるのだから、学校では絶対に経験する事が出来ないような事にチャレンジしてもらいたい!と受け入れる私たちも毎年あれこれと趣向を凝らして三日間を過ごす訳ですが、わたし達が想像する以上に彼らは色々な事を感じ、学んでくれている様です。

毎年実習の最後にはブログを書いて貰うのが恒例なっていて、私も彼らが書いてくれるブログをとっても楽しみにしています。

今年も中学二年生からみた中山建設でのお仕事を紹介して頂きましょう。

 

 

=============================================

 

IMG_1657

 

 

Q1  自己紹介をお願いします

 

東山田中学校の板垣海周です。剣道部に所属しています。

 

Q2  なぜ中山建設での職場体験を希望したのですか?

 

ものづくりが好きだからです。

 

Q3  3日間の職場体験でしたお仕事を教えてください。

 

一日目は、実際の家造りに使用する板を切らせていただきました。

二日目は、事務所の手伝いとショールームの片付けをさせていただきました。

三日目は、木のスプーンを作らせていただきました。

 

Q4  どのお仕事が一番楽しかったですか?

 

一日目に行った、板をのこぎりで切る作業が一番楽しかったです。

 

Q5  難しかったこと、大変だったことなどがあったら教えてください。

 

 

木をまっすぐに切ることが難しかったです。でも、やさしく教えていただいて、きれいに切れました。

 

 

では、最後の質問。

体験に来る前と、終えた後、建設業の印象はどう変わりましたか?

 

来る前は、険しい顔をして、失敗したら怒鳴りつけるくらいに厳しいのかと思っていたのですが、

職場の方々は、スイッチのONとOFFの切り替えがよく、教えるときには、とてもやさしかったです。

終えてみて、また大工さんの仕事を体験したいな、、、と、思いました。

 

 

=============================================

 

 IMG_1702

 

Q1  自己紹介をお願いします

 

柳沢 康晟 物を作ったりするのが好きです。

 

Q2 3日間の職場体験でしたお仕事を教えてください。
初日は雨だったので大工さんのお手伝いをさせて頂きました。
屋根の材料となる木を切ったり、つなぎを作るお手伝いなど。

二日目は山本さんのお手伝いをさせて頂きました。
買い物のお手伝いや、クリスマスツリーの作成など。

三日目は小物作りをさせて頂きました。
スプーンを作りました。

 

Q3 3日間を中山建設で過ごしてみて、どんな会社だと思いましたか?
仕事をしている時は真面目に一生懸命取り組んでいて、休憩時間などは仲良く雑談などで
盛り上がったりしました。そのおかげで3日間ワクワクが止まりませんでした。
分からない事を聞くと優しく分かりやすく丁寧に答えてくださって質問しやすかったです。

 

Q4  どのお仕事が一番楽しかったですか?
どの仕事も楽しくて、選ぶのが難しいのですが
初日の大工さんのお手伝いが楽しかったです。 切ってるうちにだんだん素早く丁寧に切れるようになりました。 

 

Q5  難しかったこと、辛かったことなどがあったら教えてください。
最初はのこぎりの使い方が全然わからなくて全く木が切れなくて大変でした。
小物作りの時に彫刻刀で削ったり糸ノコで切るのが難しかったです。 中々線上を切ることができませんでした。

 

 

 

 

では、最後の質問。体験に来る前と、終えた後「働く事」の印象はどう変わりましたか?

働く事は簡単な事ではないと思いました。建物一つ立てるにもたくさんの方達の力が必要で
木材の準備や、依頼者の依頼を元に設計図を書いたり、壁に色を塗ったり、など
たくさんの方の力が無ければ出来ない事だと改めて実感しました。

 

 

=============================================

 

一日目のお昼休みにごはんを食べながら学校での出来事や部活の事、勉強の事などいろいろなお話をしてくれた中で

「いまやってる勉強が将来何の役に立つのかわかんない」

と、ぽろっと本音がこぼれました。

あぁ~。。私も中学生の頃は、どんな場面で使うのか想像もつかないような数式とか、こんな昔の出来事や人の名前を覚えて何になるんだろう。。?とか、よく考えていましたっけ。

実際それらを知らなくても暮らしていくのに困る事は無い(事も多い)し、中学高校で勉強した内容が役に立った!!と実感する事はそうそう無いんですよね。

じゃあ何の為に勉強していたのかな?って、じっくり考えていたのですけど彼らの倍近く生きてきた者の考えとしましては

 

将来の選択肢を増やす為の勉強。 なりたい目標や夢が見つかった時の為の近道づくり

 

なんて事を思いました。

今回職場体験に来てくれた2人にはたくさん勉強して、遊んで、広い視野とたくさんの選択肢、そこへたどり着くまでの力と知識を持っている大人になって欲しいと思います。

 

柳沢くん、板垣くん
三日間のお仕事、本当にお疲れ様でございました。

2人が作ってくれた屋根の野地板やクリスマスツリーのオーナメント、みんなで大切に使わせてもらいますね^^

そして今日naoさんと一緒に作った木のスプーンも大切に使って貰えたら嬉しいです^^

これからの二人を心から応援しています!お勉強も部活も頑張れ頑張れ☆

 

 

やまもと

 

 Fotor1128170620

 

これまでの職場体験を まとめ ています☆

-NEVERまとめ 建設業を体験した中学二年生の本音。    是非ご覧になってくださいませ^^

 

 

 

 

 

Tags: , , , ,

職場体験6回目。~無垢フローリングのお話し~

11月26日 18:56 職場体験学習

yamamoto
yamamoto

稿:やまもとふみこ

 

近隣の二校の中学校から、職場体験学習の生徒さんを受け入れています。

それぞれ年に一回なので、受け入れるこちらとしたら一年に二回、中学二年生の生徒さんとお仕事をする機会があるのです。

職場体験の受け入れを始めてからもう三年目になり、今回で6回目。

なんだか、しょっちゅう職場体験があるような気がしてしまうのですが、来てくれる生徒さんにとってはもちろん初めての体験になるので

私達も新鮮な気持ちを忘れない様に、体験学習のお手伝いが出来ればと思っています。

 

 

 

さて。

私が職場体験の子達に毎回お話しする事が一つあります。

それがこれ。

IMG_5037

フローリング。写真の右側の複合フローリングと、左側手前の無垢フローリングを手に取ってもらってじっくり見比べたり、触ったり、匂いを嗅いだりしながら複合フローリングと無垢フローリングの違いを探してもらうのですが、毎回

「 表面がつるつるしてる 」とか 「 切り口がギザギザしてる 」とか、五感をフルに使った答えが返ってきます^^

 

私からは、どちらが良いとも悪いとも言う事は無いのですが、

ただ 「 中山建設の社長も大工さんもわたしも、この無垢フローリングが好きで、この良さをお客様に知ってもらいたいなって思ってるんだよ。 」

とだけ伝えて、実際に無垢フローリングが貼ってある現場へお手伝いに行ってもらいました。

885846_488593327922985_719911143_o

 

彼らにお願いする仕事は、お掃除やお掃除やお掃除。。。。。もっぱらお掃除。

お客様から任せて頂いた大切なリフォーム現場なので、彼らにお願いできる仕事は限られてしまいますが、今日は塗装職人の小澤さんに見てもらい、フローリングのオイル塗装をお願いしました。

 

DSC_1235

 

 

ヘリンボーンのフローリング一本一本に丁寧にオイルを塗り、表面を吹き上げる作業を約三時間。

 

 

DSC_1240

 

 

奥がオイルを塗り終えたリビングのヘリンボーンで、手前がまだオイルを塗っていない廊下の乱尺フローリング。

素材はどちらもチークですがオイルを塗る事で、浮かび上がる木目の表情に驚いていたようでした。

 

「 どお??オイル塗る前と塗った後で凄く変わったでしょ?? 」

と、聞いてみたら

「 一本一本の違いが分かって、凄くカッコ良くなった 」

と、晴れやかな笑顔で嬉しい感想をくれました。

 

 

他にも色々な感想を話してくれたのですが、職場体験の中で何を感じたのかは、

職場体験最終日に彼らの言葉で綴ってもらう事にしましょう^^

 

 

これまでの職場体験を まとめ ました☆

-NEVERまとめ 建設業を体験した中学二年生の本音。   是非ご覧になってくださいませ^^

 

 

 

 

 

 

Tags: , , , , , , ,

職場体験学習2013

9月19日 17:54 職場体験学習

yamamoto
yamamoto

投稿:やまもとふみこ

 

近隣の2つの中学校から年に一度ずつ、中山建設にしてみたら1年に2回、中学二年生の子が職場体験に来てくれる機会があります。

昨日今日の職場体験学習で来てくれた生徒さんは男の子が3人。

今回で5回目の職場体験学習の受け入れとなりましたが、毎回新鮮な気持ちを私達自身も学ばせて貰っている気がします。

 

いつものお約束になっているのですが、お仕事の最後には、このブログで自分が感じた事、学んだ事、中山建設でお仕事をした感想などを綴ってもらっているので、今回もまたそれぞれが職場体験学習で得た想いをお伝えします。

IMG_4632

 

==========================================

 

Q1  自己紹介をお願いします。

 

川和中の平井です。ハンドボール部入っています。

 

 

Q2  なぜ中山建設での職場体験を希望したのですか?

物をつくることがすきだから。楽しそうだったから。

 

 

Q3  2日間の職場体験でしたお仕事を教えてください。

現場に行きました。大工さんつくるのをみてまびないました。作る姿を見てかっこよかつたです。

ひらい

 

ひらい (2)

Q4  どのお仕事が一番楽しかったですか?

フローリングのサンプルを作る事です。

 

Q  2日間を中山建設で過ごしてみて、どんな会社だと思いましたか?

木ばっか使ってる仕事だとおもいます。

 

では、最後の質問。

君の将来の夢は何ですか?

 大工になることです。

==========================================

 

 

Q1  自己紹介をお願いします

東佳介です。

東野圭吾の作品が好きです。

Q2  なぜ中山建設での職場体験を希望したのですか?

 大人になったら大工になりたいからです

 

 

Q3  2日間の職場体験でしたお仕事を教えてください。

 

 1日目はフローリングのサンプルをつくりました。

そして、

右の道具はねじを打つ機械です。

その下のフローリングのサンプルは僕が作りました。

2日間の体験でいろいろ学べました。

ひがし (2)

 

ひがし

 

 

Q4  どのお仕事が一番楽しかったですか?

 フローリングのサンプルを作成したことです。

 

Q5  2日間を中山建設で過ごしてみて、どんな会社だと思いましたか?

 みなさんが親切で楽しい場所だと思いました。

 

 

では、最後の質問。

今回体験した中で、お仕事をする上で一番大切だと感じたことはどんな事ですか?

人と楽しく仕事をすることが大切だと感じました。

 

==========================================

 

 

Q1  自己紹介をお願いします。

 

僕は諌山 紫音です。 最近、ナノブロックというものにはまっています。

 

Q2  なぜ中山建設での職場体験を希望したのですか?

建築やリフォームなどでする事や、どんなことをするのかを知りたかったからです

 

Q3  2日間の職場体験でしたお仕事を教えてください。

 

 右の写真のヒノキと言う木材で作った床のサンプルに仕上げのオイルを塗りました。塗ったオイルは天然素材で作られたオイルなので体に優しいものです。

いさやま

Q4  どのお仕事が一番楽しかったですか?

床のサンプルを作ったことです。見た事もない道具を使ってサンプルを作ったのがとても楽しかったです。

 

Q  2日間を中山建設で過ごしてみて、どんな会社だと思いましたか?

 いつどんな時でもお客様の要望に応える親切な会社だと思いました。

 

 

では、最後の質問。

体験に来る前と、終えた後「働く事」の印象はどう変わりましたか?

 

1日目の時はただ働けばいいと思っていたけど、2日目ではそんな気持ちは絶対にダメだと言う事と会社やお世話になる人に対する礼儀もとてもたいせつなことだという事を改めて知りました。

 

 

 

==========================================

 

極端な話ではありますが、生まれた時から自分自身の「夢」を持っている人はいません。

成長する過程で、たくさんの物事を見て、自分の趣味嗜好を知り、出来る事、やりたい事、やらなくてはいけない事を知り、学び ながら「夢」 を抱くようになるものだと思うのです。

 

 

今回彼らには何か一つでも自分自身で気が付いてもらいたいな。と、思っていました。

 

その「気付き」が

建設の仕事って自分には向かないみたいだな。。。

でも、良いんです。

建設の仕事が自分の思い描く将来の自分と違う事に「気付いた」事がきっとこの先の夢や進路を考える際に彼らの知識として役に立つのではないかな?

 

実習に来てくれたみんなが、色々な夢を描き、沢山の可能性を見つける為のお手伝いを、これからも続けて行きたいと思います^^

 

やまもと

 

 

これまで職場体験に来てくれた子達が書いてくれたブログのまとめです☆

ぜひご覧ください♪

 

2012年11月 東山田中学

2012年9月  川和中学

2012年3月  川和中学

2011年11月 東山田中学 1

2011年11月 東山田中学 2

2011年11月 東山田中学 3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Tags: , , , , , , ,