| Subcribe via RSS

丘の上の平屋。新しい暮らし始まりました。

4月19日 18:02 新築戸建て yamamotoyamamoto

投稿:やまもとふみこ

 

日々に追われていると、一カ月なんて本当にあっという間。

ブログの更新も滞りがちだけど、ここらで気を引き締めて更新が出来なかった間の記事を書き溜めて行きたいと思います。

いつの間にかすっかり春らしくなり、あちこちで新生活も始まっています。

 

昨年から工事を進めておりました 丘の上の平屋 新築工事も無事お引き渡しが済み、新生活をスタートされたようです^^

お引き渡し直前の、まだ物が入る前の様子。

 

17492943_1261939613921682_6520801215625743519_o

ロフトから見下ろしたリビング。

まだウッドデッキが完成前ですが、デッキが完成した後は空間を外へのびのび繋げて気持ちの良いリビングになりました。

17493072_1261939257255051_2585400052155267767_o

 

一階のキッチンからの眺め。

リビングへもロフトへも、そしてウッドデッキにも。家にいる誰かの気配が感じられる 家の真ん中キッチン。

 

17493150_1261939927254984_5450554129900932766_o

 

こちらで製作の様子をお伝えしていた杉の無垢ボードのオーダーメイドキッチン。

お施主様で整理収納アドバイザーでもある田中はるかさんと設計士の薬師寺さんがこだわりが詰まったキッチンも、無事に納まりました。

 

17436166_1261939457255031_6489773042747479561_o

リビングから見あげたロフトは、表しの梁や格子、敷き目天井みたいな天井装飾。

直線が綺麗に並んでいて見た目にも気持ちいい。

 

17436276_1261939717255005_7671964323243812815_o

 

そのロフトからの景色も素敵なんですよ。

窓辺に付けたベンチと、ちょこっとだけ飛び出しているチビデッキが、この場所での時間をより楽しい時間にしてくれると思います。

 

17434918_1261939820588328_2749047838992039331_o

 

黄色いアクセントクロスが可愛いお嬢様の寝室。

枕元のちょっとした棚とか、小さな窓とか、オトメゴコロをくすぐる寝室ですよね。良い夢見られそうです。

 

毎回、竣工写真を見ていると思うのですが、まだ家具や人の気配が何も入っていない建物って綺麗だけれど、なんかちょっと寂しいと言うか物足りないというか。。。

 

17972133_1284359465013030_7137426691536190648_o

この方がやっぱり家っぽいでしょう?

デッキが完成して、お引越しが済んで、中山がお伺いした際に撮ってきた写真には、もう新しい暮らしが始まっている 丘の上の平屋 の様子が写っていました。

 

17952744_1284359718346338_3409333423847933650_n

 

家は人の気配がしてこそ、より魅力的になるのだな って思うのです。

これから年月を重ねることでより魅力的になって行く様子もまた楽しみなのであります。

 

 

Tags: , , , , , , , , , ,

丘の上の平屋。もうすぐ完成です。

投稿:やまもとふみこ

 

現場仕事もいろいろ大詰め。

あっちこっち超充実しておりますが、時間作ってどんどんレポ!

 

平塚に建設中の 丘の上の平屋 もうすぐ完成です。

薬師寺祥子さん設計、中山建設施工での新築計画ですが、着工前に「このお家に名前を付けるとしたら何にします??」って薬師寺さんとお話をした時

「高い所にあるから。。。崖の上の家。。。とか。。?」

「えっ?!薬師寺さんもうちょっと柔らかいニュアンスで行きましょうよ!崖。。?丘?!丘の上の平屋なんてどうです??」

って半ば強引に私が名前をつけた事を思い出しました。

 

家に名前を付けるだなんて、大層な事しちゃってよかったのかな。。?ってちょっと悩んだんですけど、

丘の上って事は景色も良いだろうし、気持ちよい風が通り抜けそうなイメージがするかな?平屋はこの家のコンセプトそのものだし。

って。実はじわじわ気に入ってたんですよね。

17211964_1249230508525926_2689647846409463351_o

だってこんなに素敵な景色のリビングが出来たんですもの。

平塚の平野を一望できて、新幹線が通る様子を眺められる景色。

大きな掃き出し窓は加茂木製サッシ組合さんの引き込み戸です。この木製サッシは全開口するので、この景色をそのまま室内から繋げて眺める事が出来ます。

 

17200962_1247629198686057_2670435204216178249_n

そして丘の上の平屋のもう一つのテーマであったお施主様積極参加での家作りも大詰めで左官屋さんご指導の元、珪藻土塗りのDIYも無事終了。

DIY ってなんだかカジュアルな響き。でも実際にやってみるとカジュアル感は少ない とは、お施主様のご感想。

職人に賃金を払ってお願いする仕事を自分達でやろうって事は、楽しいだけじゃなくって大変な事も多いんです。

 

でも、お手伝いに来てくれた方、教えてくれる職人たちと一緒にいっぱい笑いながら作った家。

上手い下手はあるかも知れないけれど我が家の壁は味のあるものになりました。この壁を見るたびにたくさん笑ったことを思い出すでしょう

と、DIYの家づくりを経験された方ならではの家への思い入れを感じて下さったそうです。

 

お施主様 田中はるかさんのブログにDIYのことや家づくりの事がご紹介されています。

是非ご覧になって下さいね。 田中はるかさんブログ ととのえるおさめる

 

17022334_1242192965896347_7807589292499769672_n

 

現場を仕切る棟梁の秋元大工(修ちゃん)を筆頭に、工房からは造作家具や建具をどんどん作ってバックアップ。

工房と現場とで煽ったり煽られたりしながらお引き渡しへ向けてのデッドヒート(?)が続きました。

 

納めるもの、使いやすい場所にこだわってオリジナルオーダーメイドで作ったキッチン。

DSC_0063

 

とっても素敵に仕上がって、現場への取り付けが終わりましたよ。

17362045_1258012650981045_6696430440808347010_n

 

日が長くなって来たけれど、まだまだ春の気候と呼ぶにはちょっと寒い時期。

リビングから見える平塚の町の夜景を眺めつつ、床の養生シートを剥がしたら、丘の上の平屋の完成ですね。

 

余談。

DSC_0070

 

 

全くの偶然のご縁なのですが、今回の平塚の現場はわたくしやまもとの実家のすぐ近くでして。

なぜか珪藻土塗りのDIYにはうちの父が紛れ込むという珍事も起きました(笑) その日の事もお施主様のブログでご紹介いただいています。

みんなに食べて欲しいから買ってきてっ!!って父に差し入れをお願いした平塚名物 「都まんじゅう」

一口サイズで、白あんがほっこり優しいお味♡ 小さい頃から大好きなおやつでした。今回みんなに食べてもらえて良かった良かった^^

平塚の町に行くことがあったらぜひ食べてみてください^^

 

 

Tags: , , , , , , , ,

整理収納アドバイザーのオーダーメイドキッチン。

投稿:やまもとふみこ

 

今年のはじめころ、只今建設中の丘の上の平屋の第二回目塗装DIY作業を行っていただきました。

二回目ともなるとさすがに手慣れたもので塗装の作業はササッと終了。

そのまま工房の作業台でキッチンのお打合せ。

お施主様で整理収納アドバイザーでもある田中はるかさんが、キッチンにある物全てをリストアップして、設計士の薬師寺さんと一緒に使う場所や収納をするのに必要なサイズをまとめる作業をしていました。

16143095_1193550444093933_3431119654555086556_n

 

「とにかく収納たっぷりと!」と考えがちですが、無駄に収納を増やす事で必要のない物を溜めこんでしまったり 在庫を把握しきれず使いきれないままになってしまうのはもったいない。

暮らしに必要な物が必要な分だけ使いやすい場所にあることで、日々の暮らしがちょっと楽になって

そのちょっとの楽がたくさんつくる事が、暮らしやすい家づくりに繋がっていくのだなと思いました。

整理収納の他にも、薬師寺さんと田中さんお二人の主婦目線・女性目線での「使いやすい」を盛り込んだキッチンのプランが出来あがりました。

 

それから約一か月。

現場の進捗に併せていよいよ製作がはじまりました。

 

IMG_1231

 

フレームになる材料は杉の無垢ボード。厚さは24mmです。

IMG_1229

無垢材の中でも比較的安価で、家具に加工がしやすい素材なのでこれから多様の予感。。

質感も良く工房は杉の良い香りです。

IMG_1228

 

製作中のキッチンの写真を撮って、田中さんにお送りしたらとっても喜んでいただけました^^

近々ブログで詳しくご紹介して下さると思います。

ぜひ併せてご覧になって下さいね。

 

整理収納アドバイザー田中はるかさんブログ ととのえるおさめる

 

 

Tags: , , , , , ,

丘の上の平屋。上棟しました。

投稿:やまもとふみこ

 

上棟の前日は、大抵わたくしが上棟飾りを作ります。

上棟飾りのセットにはなっているものの、説明図もイマイチ分かりづらいし初めて作った時には時間も掛かったけれど、毎回新築の上棟を行わせて頂いているうちに、だんだんとスムーズに作れるようになってきました。

jyoutoukazari450

上棟が無事に済みます様に。

怪我無く竣工を迎えられます様に。

この家が災害に合う事無く、ご家族と共に末永く栄えます様に。毎回そんな願いを込めながら上棟飾りを作っています。

14947773_1172628209482343_514181877368516107_n

私の願いが通じたのか翌日は秋晴れのいい天気ー!

掛矢の音も気持ちよく響いて、絶好の上棟日和になりました。

14938297_1172628219482342_8860503401264157212_n

棟梁の秋元大工と、石谷大工、加藤大工の中山建設の三人の大工に加え

ただ今大工見習い中の学生2人をお手伝いに加えて総勢5人で賑やかに梁や柱を組み上げて行きます。

14955987_1172628092815688_6670303910730586298_n

作業も順調に進み、お昼は大工とお施主様との顔合わせも兼ねて、ご用意いただいたお弁当と豚汁をみんなで頂きました。

『上棟がどんな事をするのか、良くわかっていなかったけれど一日で家の形が出来あがっている様子を見てとても感動しました。』と少しウルウルしながらお話しして下さって大工さん達みんな照れくさそうにしていました。

これまで図面や模型でしか見ていなかった家の形が実寸大で目の前に現れる様子を見れるって、とっても感動的なことだと思います。

自分達の仕事がそんな風に感動して頂けて、こうしてお言葉で伝えて頂けるって嬉しいですよね^^

14947474_1172627919482372_675986719747499209_n

夕方になる頃、南に向けて上棟飾りを取り付けて上棟完了。

14907023_1172628022815695_3339548358257342459_n

大きな掃き出し窓が付く場所。

この家から見る初めての景色です。

これから続く家づくりも安全第一で丁寧に行ってまいります。

上棟おめでとうございます^^

 【 中山建設の運営するホームページ一覧 】

中山建設のリフォームサイト

中山建設の新築サイト

無垢のマンションリノベーション ムクリノ

無垢フローリング施工専門店    キノユカ

無垢の一枚板・オーダー家具   ムクエミ

ものづくり工房 都築の杜

 

Tags: , , , , , ,

11月は完成現場見学会!12月はポトフ食べます!

投稿:やまもとふみこ

 

急に冷え込みが厳しくなりました。

つい先日まで暑さと工房に大量発生している蚊に悩まされていたのに。。。

今年ももうあと少し。

今年やりたかったことは全部やりきってしまおうと、11月に家作りのイベントを企画しました。

 

 

 

P6220272

 

 

「ハマ大工の家完成現場見学会」

開催日:2016年11月26日 土曜日
時間:10:00〜16:00
場所:横浜市旭区  最寄駅:相鉄線「西谷」徒歩5分

 

2011年竣工のハマ大工の家は、中山建設の新築戸建の設計を担当して下さっている古川都市建築計画古川達也さんの設計。

中山建設は施工協力として家づくりに参加しました。

杉の30mmの無垢フローリングや造作の家具・建具、構造材にこだわった家作りなど、これまでに横浜で多くの木造住宅を作り上げてきた大工さん自らが自分が作りたい家。家族と共に暮らしたい家を形にしたこだわりの住まいです。

ハマ大工の家施工事例ページ

 

今回お施主様のご厚意を頂き、築5年ほどの状態で見させて頂ける事になりました。

家の完成からその後の暮らしの様子、土地と建物の関係性を盛り込んだ設計プランなどをご覧頂く事ができます。

 

こちらも完全ご予約制で見学を承っております。

ご興味ございましたら是非ご覧にいらしてくださいませ。

 

「ハマ大工の家完成現場見学会」お申込みフォームはこちらからどうぞ。

 

 

 

ここ最近の寒さに怖気づいて、今期分のペレットを20袋ほど注文してしまいました。

 

IMG_0559

寒いのは嫌いだけど、ペレットストーブのある冬の暮らしはちょっと楽しくなる気がしています^^

そんなペレットストーブの炎を一緒に楽しめたらなと思いまして、ものづくり工房都築の杜としてこんなイベントも企画していますよ♪

 

1376650_434745856723321_7420167358910107959_n

 

 

「この冬のペレットストーブの初点火。自分で作った木のスプーンでポトフ食べよう」

開催日:2016年12月9日 金曜日
時間:10:30〜14:30
場所:中山建設ショールーム 都築の杜 横浜市都筑区池辺町1216

 

今年の初点火は、みんなで楽しみたいと思いまして^^

ペレットの火を眺めながらスプーンを彫って、そのスプーンでスープを食べる!なんてどうでしょう?

楽しくて美味しくて暖かい冬の楽しみをご一緒しましょう♪

 

「この冬のペレットストーブ初点火。自分で作った木のスプーンでポトフ食べよう」のお申し込みはこちらへどうぞ 

 

12802844_454952454702661_5529041307486162080_n

 【 中山建設の運営するホームページ一覧 】

中山建設のリフォームサイト

中山建設の新築サイト

無垢のマンションリノベーション ムクリノ

無垢フローリング施工専門店    キノユカ

無垢の一枚板・オーダー家具   ムクエミ

ものづくり工房 都築の杜

 

Tags: , , , , , , ,

断熱と換気。横浜でパッシブ換気の戸建て住宅

10月29日 20:41 新築戸建て NakayamaNakayama

今日は新築計画「ぐるっと廻れる家」に採用予定のパッシブ換気システム

勉強に大泉まで行ってまいりました。

拝見させて頂く建物は、株式会社マツナガ会長の自宅です。

一度パッシブ換気システムを設置した建物を

体験したいという無理なお願いを

快く引き受けてくださりました。

説明をしてくださるのは松永社長!

ありがとうございます!!

IMG_0789

パッシブ換気のメリットはたくさんありますが

家そのものを装置として機械の力をかりず自然の力で換気を行うので

家があるかぎり自然に換気し続けます。

電気代がかからないし、こわれない。

スイッチの入り、切りから解放されます。

排気のコントロールは天井に設置された換気口。

ティッシュを排気口に近づけるとくっつきました。

機械を使わなくても空気が動いているのがわかります。

IMG_0774

ナイロンリボンセンサーが室内の湿度によって伸縮。

人が集まり湿度が上がると大きく開放。

人が少なく湿度が落ち着くと小さく絞り

無駄なく換気を制御してくれるすぐれものとのこと

皆感心して説明を聞いていました。

IMG_0776

小屋裏の換気システムを覗かしていただくと

IMG_0772

といっても換気口に2本ダクトが繋いであるだけです。

工事コストもかなり押さえられそうですね。

そして外側に2本の煙突。

IMG_0791

一見薪ストーブの煙突と間違えそうですが2本!

パッシブ換気のシンボルとなるデザインですね。

なかなかいかついですが私たちもかっこよく納めたいですね。

 

一階に戻り今度は換気の入口。

出口があっても入口が無ければ空気は動きません。

IMG_0763

床下に向けられたエアコンが

床下空間を温めます。市販されているルームエアコンです。この辺もリーズナブル。

IMG_0787

床下に取り込むフレッシュエアー入口

外部

IMG_0788

基礎内側

IMG_0768

当然機械はついていません。

床下でフレッシュエアーをエアコンで温めます。

温められた空気は床に取り付けられたガラリから上昇。

一階室内にくまなく廻るように計画してあります。

ガラリの配置は、高性能窓といっても弱点である開口部の下に!

コールドドラフトを防ぐため窓際に設置

IMG_0767

下が暖かいので床もホンノリ暖かく

床暖房の効果も期待できます。

1階の天井と2階の床の間を2階の各部屋に暖気をくばるための空間として利用するために

壁を一部大きくし床下とつないでいるようです。

この建物ではキッチンの前の壁を利用していました。

IMG_0766

図面を皆で見ながらぐるりと廻れる家の計画の確認。

家が装置となり換気が機能するため

早い段階で意識の共有が必要になります。

IMG_0796

この換気を成立させるためには(どの換気システムを採用するにしても)

家の断熱計画や気密性を確保するための施工力が最低限必要となります。

IMG_0794

閉鎖的な機械換気システムと、外と積極的につながるパッシブ換気システム。

どちらもお客様の価値観や外部環境などで選ぶことが出来る手段なんですね。

松永社長、山田さん有難うございました。

 

Tags: , , , , , , , ,