| Subcribe via RSS

カリンの無垢フローリングにオイルを塗りました。

投稿:やまもとふみこ

 

15㎡ほどの個室に、カリンの無垢フローリングを張りました。

 

材料自体が貴重なので、無垢フローリングは確保したけれどカリンに似合う巾木が無いっ!!それなら作っちゃえ!!

って事で、巾木もカリンの無垢フローリングで製作しました。

固く加工がしづらいく施工もちょっと大変だったけれど、その分仕上がりの美しさは格別なハズ!!

これまでたくさん無垢フローリングを張って来たけれど、実はカリンを張るのは初めてで仕上がるのをかな~り楽しみにしていたのであります。

 

DSC_0011

で、張り終わったのがコチラ。

。。。?

イメージしていたカリンとだいぶ違う。。。なんか白っぽい。。。カリンってさぁ。。もっとこう。。赤くてツヤツヤしててさぁ。。。

わたしちゃんと カリン! って発注したはずだけど何か間違えちゃったのかな?いやいやそんなハズないちゃんとカリン頼んだし。

でも、オイル塗るだけで本当にあのカリンのイメージになるのかしら。。。?

ちょっと不安になりながらもオイル塗りの準備。

使用するオイルは純国産天然オイルのU-OILです。

 

フローリングの仕上げにはいろいろなオイルがあるけれど作り手の顔が見えて、製品ができるまでのストーリーをしっかりと紹介して下さっている事は、安心安全な素材を選ぶうえでとても心強いと思うんですよね。

DSC_0015

作り手の思いがしっかりとこもっているおかげか、蓋を開けたら泡が♡になっていました♡

やっぱU-OIL凄いなぁ。(きっと偶然)

DSC_0019

スポンジが付いたコテ刷毛を使います。

広い面を一気に塗れるし、オイルの伸びも良くて無駄に塗り過ぎる事も無いのでとってもおススメ。

さささ~っとオイルを伸ばしました。

DSC_0020

オイルを塗っただけでこの色!

思い描いてたカリンだっ!!やっぱり間違っていなかったっ!!

こうなると楽しくなっちゃってあっという間にオイル塗り完了。


DSC_0024

塗り終えた直後は つやつや と言うより ツヤッツヤ

ウエスを惜しみなく使って表面に残ったオイルを拭き取り馴染ませていきます。

DSC_0032

拭き上げ完了!

オイルの拭き取りに使ったウエスは自然発火する危険もあるので、しっかり水に浸してから捨てる様にしましょう。

DSC_0028

なんて綺麗な木目なのでしょう。。。うっとり。

名称未設定

いろいろな無垢フローリングがあって、それぞれオイルを塗った後の仕上がりは本当にきれいなのだけど、カリンほど塗る前と塗った後のギャップが大きい樹種はあまり無いかも知れないです。ギャップ萌え♡

春先にかけての工事で玄関ホール・廊下・階段・LDKと、広範囲でカリンの無垢フローリング張りの工事を予定しています。

広い空間でも圧倒的な存在感を醸してくれるであろうカリンの仕上がりがとても楽しみです^^

Tags: , , , , , ,

無垢のフローリングの施工の様子と巾木へのこだわり。

投稿:やまもとふみこ

 

先日より始まりました戸建ての内装と住宅設備入れ替えのリフォームの様子です。今日は無垢のフローリング張りの作業にお邪魔して参りました。

戸建て住宅なので既存のフローリングの上に無垢フローリングを直張りしています。白くてサラサラした質感の無垢フローリングはナラ材です。

仕上がった所から汚さないように養生シートを掛けてしまうので全体像は見えませんが、旧フローリングの上に新しいフローリングを張っている事がよくわかる一枚。

IMG_1021

そして床が張り終わったら大切なポイントがもう一点。

ここです。

IMG_1022

床と壁の接点。ご自宅のお部屋の隅っこを見てみてください。

壁と床の境目にあって部屋の内部をぐるっと一周回っている部材の事を 巾木(はばき) と言います。

壁面の汚れや破損を防ぐ目的もあって取り付けるのが 巾木 なのですが、お部屋の中をぐるっと回っているのでイメージに意外と響きやすい大切な部材だと思うのです。

せっかく無垢のフローリングを張ったのだから、巾木を新建材のビニール素材にしたらなんだかもったいない。

DSC_1183

と言う事で、私たちが無垢フローリングを張る際の幅木はいつも木製の手作りです♪

手間は掛かるのだけど、ココにこだわるとお部屋のイメージがより一層良くなるので手は抜けませんね^^

IMG_1033

そして今回加工して持ち込んだ巾木がこちら。

通常は高さ3cmの巾木を取り付けているのですが、今回は高さ2cmで製作しました。

取り付けた写真がこちら。

IMG_1029

うん。

3cmの巾木よりもよりスッキリとした印象です。

きっと言わなければ気づかない様な本当にちょっとしたこだわりなのだけど、お部屋が仕上がった時の印象が違って見えてくるのではないかな?と思います。

養生が取れて床が見えたらその見え方の違いもまたレポしますね^^

Tags: , , , , , , , , ,

クラシカルモダンなマンションリフォーム その2 ヘリンボーンの最後の△

投稿:やまもとふみこ

 

前回のブログでお伝えいたしましたヘリンボーンのフローリング貼りが終了しました。

細い材料を一本一本、網代貼り状に組み上げて、段々とニシンの骨が出来上がっていきます。

IMG_4973

 

見れば見るほど表情豊かな木目にうっとり。。♡   してる場合ではなく、リフォーム工事中は貼り終わったフローリングに傷をつけない様にすぐに養生をかぶせてしまいます。

なので、貼り上がりの全貌は完成までのお楽しみです^^

 

 

現場に様子を見に行った際に、丁度ヘリンボーンの最後の部分を貼っている所でした。

 

IMG_4978

寸法を測ってmm単位で調整して。。

 

IMG_4986

最後のピースはこんなに小さな △三角形。

繊細な作業お疲れさまでございました。

DSC_1182

LDKのヘリンボーンと並行して進めていた、廊下と寝室側の乱尺のフローリング貼りも完成。

DSC_1183

工房では床と壁との堺に取り付ける 巾木(はばき) を製作しています。

雲杉を使って一本一本手作りです。

やっぱり無垢のフローリングには、無垢の巾木の方が似合いますものね^^

巾木の取り付けや、その他の大工工事と並行して只今クロス屋さん、電気屋さんが作業中。

入れ替わり立ち代わりの現場での作業はまだまだ続くのであります。

Tags: , , , , , , , , , ,

* cafe style おばあちゃんの家 *内装工事の様子

せっせと工事が進んでおります * cafe style おばあちゃんの家 *

 

今日はこれまで和室の押入れだった場所へクローゼット枠の取り付けが進んでいました。

フローリングに栗の無垢を使用しているので、クローゼット扉も質感にこだわりたいものです。

今回は wood one  ピノアースシリーズ を採用しました。

 

 

同じく質感にこだわりたいこちら。

床と壁との取り合い部分に取り付けられる 巾木(はばき) です。

中山建設では自社製作で  雲杉の巾木  を標準仕様にしています。 ちょっとした事なのだけれど、仕上がりのイメージが全然違ってくる大切なこだわりポイント。

 

 

そして現場での作業と並行して、工房でも木材を加工中です。

120角、約3メートルの二本の杉材は。。。。。

 

 

 

今回のリビングの主役とも言える二本の化粧梁になります。

 

梁の取り付けが済んだら、またぐっとお部屋のイメージが固まってくると思います^^

その後の様子はまたお知らせしますね^^

 

 

 

やまもと

 

 

 

 

 

Tags: , , , , , , , ,