| Subcribe via RSS

ケヤキの造作カウンターとオーダーメイドのキッチン製作。

投稿:やまもとふみこ

 

大倉山のマンションフルリノベーション工事 の様子です。

今回は現場でのケヤキのカウンター製作の様子と、工房でのオーダーメイドキッチン製作の様子をお伝えします♪

IMG_2488

まずは大倉山の現場へ。

マンションのフルリノベーション工事なので、一度全てを解体しまっさらになった状態から部屋の間取りはもちろん水回り設備の位置なども大きく変更しています。

フローリングが張り終わって、養生シートを敷いた室内は新しく間取りを変えた部屋の間仕切り壁が立ち、室内の形が見えてきました。

IMG_2490

キッチンになる場所から見渡せるLDKの一部は小上がりになっており、畳が入ってモダンな和の設えに。

下部に収納スペースを取れたり、たくさんのお客様がいらしても座卓を囲んで食事ができたり、寝室になったりといろいろと用途の多いスペースです。

和室のないお家も多くなってきましたが、イグサの匂いのする畳の部屋でごろんと寝転がるのはやっぱり気持ちいいんですよね。

IMG_2491

内部の造作材の加工はダイニングスペースになる場所をお借りして。

持ち込んだ大きな材料の加工をしているのはこちらの現場担当の加藤大工です。

IMG_2492

ケヤキの一枚板を加工して、小上がりの窓に取り付けるカウンターを作っています。

ケヤキは古くから日本家屋や神社仏閣などにも使われてきた材料で、磨くととっても綺麗な光沢が出るのが特徴的な貴重な材料なので

鉋がけの上手な加藤大工の手に掛かっての仕上がりが今から楽しみですね。

そして、現場での作業と並行して工房ではキッチンや収納などの製作が大詰めです。

IMG_2495

オーダーメイドでの製作なのでもちろんステンレスのシンクやキッチンカウンター下の収納なども全て特注で作ります。

お客様と担当者とでお打合せをした内容は、工房に戻ってすぐに図面を製作し、職人と共に細部の納まりを確認しながら製作を進めるので、時間や費用の無駄が無くかつ精度の高いオーダーメイド製作が可能です。

木部の製作が終わったら、塗装の仕上げ。 キッチンなどの水廻りで使われる家具には、水はじきを考慮してウレタンクリアー吹き付けの塗装をします。

FotorCreated

塗装はお馴染み佐藤塗装さんの佐藤さん。

タモのカウンターが綺麗に仕上がりました。

IMG_2501

材料を加工して、家具を組み立てて、塗装で綺麗に仕上げをして、仕上がった物はキズを付けないように丁寧に梱包して現場へ入れる日まで大切に保管。

私たちにしてみたら毎日の事で見慣れた風景ではありますが、馴れずに!ダレずに!

お客様からご期待頂いて作っている大切な家具だと言う事を肝に銘じて、最初から最後まで丁寧に大切に仕上げてお届けしています^^

Tags: , , , , , , , , , , ,

和室をリメイク。戸襖の交換

一度更新の間が空いてしまうと、なかなか復活のタイミングが掴めなくなります。。

いやいや!ただいまリフォーム中のお家のご紹介もしたいしっ! これから始まるリフォームも盛りだくさんだしっ! 桜も咲いてるしっ!もうすっかり春だしっ!

って事で、本日久しぶりのUPです(笑)

リビングのお隣に和室。

マンションではよく見る間取りですよね。

大人数のお客様がいらした時には座卓を囲んでお食事が出来たり、来客時の寝室としても便利な和室ですが、意外とこの和室を持て余してしまう方も多く、洋室への変更を希望される方も多いです。

今回のお客様も、何年か前に畳をフローリングに交換されていらしたそうで、今回は和室の趣を残している戸襖の交換をご希望でした。

ガーリーな可愛らしい物がお好きとの事ですので、このお部屋のテイストに似合った、素敵な建具をお作りしましょう♪

工程は約二日間。

オーダーメイドで製作した建具の吊り込み一日と、枠の塗装で一日。日を開けての合計二日間の工事です。

この写真は、一日目の最後の方のパチリ。。敷居に何かをササッと滑らせています

建具屋さんのお仕事の最後に、良く見かける光景なのですが。。。。何をしているかお分かりになりますか??

職人さんが手に持って 敷居こすり付けていたのはコレ。

石鹸。。。?ではなく 蝋(ろう) です。

重たい戸も、蝋で滑りを良くした敷居の上をスルスルと気持ちよく滑らせる事ができます。 こうしたちょっこっと知恵袋的な職人技を見るとなんだか楽しくなってきてしまうのは私だけでしょうか。。。?

そして建具屋さんのお仕事完了。

窓の無い和室なので、リビングからの明かりが取り込める様、大きくガラスを入れました。

同じく押入れの扉も同じ面材の扉に交換。

後日枠を白に塗装したら、和室の面影は消え、奥様の趣味の部屋としてのリメイク完了です^^

実はこの扉の面材、遠くから見ると白い扉なのですが、光が当たると薄く

つる草模様が浮かび上がるちょっと変わった面材をセレクトしています。

工事が終わった夕方に入ってきた西日で、綺麗に浮かび上がったつる草模様の扉を見て、奥様がとても喜んで下さいました。

お洋服を作ったり、編み物をするのがお好きと仰ってらしたので

ちょこっとリメイクで益々お気に入りになったこのお部屋は、更なる創作意欲を湧かせてくれそうです^^

Tags: , , , , , , , ,

味わいのある家=主寝室=

元は和室として使用されていた約8帖ほどのお部屋を、ご夫婦の寝室としてご使用になるとの事で

フローリングの床へと張替えを致しました。

襖や障子といった、和室ならではのしつらえを残し、フローリングへのリフォームだったので和の風合いに似合う様、フローリングには杉をセレクト。

素足で歩いたときの触感も柔らかで温かみがあり、とても気持ちが良いものです。張り終えたばかりの この時には杉独特の爽やかな香りが漂っていました。

お部屋の一角にある、床の間だったスペースの床柱はそのまま残す事で空間のアクセントになりました。

古くから培われてきた日本建築の様式美を現代の暮らしに取り込み、現代の暮らし方にアレンジした和モダンの寝室。

これからまた年月を経てフローリングにも、空間そのものにも味わいを増していくことでしょう。

やまもと

Tags: , , , , ,

和室、床リフォーム

5月22日 21:27 未分類

Nakayama
Nakayama

和室の床を、畳からフローリングにリフォームです。

以前は畳だったので床下からの冷たさは抑えられてましたが、フローリングにリフォームすると直に熱が伝わってきます。

そこで断熱材を充填して床下からの熱を伝え難くします。

dscf1421blog1

今回は、市場に一番出回っている、グラスウールの断熱材を選びました。

只今進行中の現場の断熱材は健康素材の、炭化コルクを使用します。

今回養生の隙間から埃が入りお客様から注意を受けました。

細心の注意を払って今後施工を行います。

有難うございました。

Tags: , , , , , ,