| Subcribe via RSS

チークのテーブル。レッドシダーのカウンター。アンティークの照明。

大きい方の板で 長さ 1m60cm 横幅  70cm  4人掛けとしても大き過ぎず、木目が綺麗なこちらのチークを使ってテーブルをお作りしました。

割れが入っていた箇所には リボン型の 千切り と言う細工がされ 綺麗に表面を鉋がけしたチークの一枚板の表面は艶やかで滑らかで思わずなでなでしたくなるくらい、本当に綺麗

お嫁入り先は、 先日リフォームが終わりました よこはまのベースキャンプ

一緒に写っているレッドシダーのカウンターもオーダーメイド製作です。

横幅 約2m  のカウンターはキッチンとダイニングとの空間を仕切る役割をしてくれると共にコレ一台で

隠したい物の収納、魅せたい物の演出 と言う大切な二つの役目を果たしてくれます。

引き出しの一番下の段は、外見は引き出しですが、重たい物や大きな物を入れても大丈夫なようにキャスターにしておきました。

コロコロと、お部屋のどこへでも行ける可愛いヤツです♡

カウンターの上には手作りのステンドガラスのペンダントライトを。

これは、お施主様のご親戚の方の手作りだそうで、付けられていた電源コードを見てみたらおおよそ30年程前の作品でした。

新たに電源コードを付け直して、この場所で新たな光として使われます。

柔らかく温かな光は、この空間にとても良くなじんでいました。

一枚の写真に

チークのテーブル

レッドシダーのカウンター

アンティークのステンドグラスライト

珪藻土の壁も栗の無垢フローリングも

 

たくさんご紹介したいものがあり過ぎて、文章が上手にまとめられないので本日はこれにてドロンです(笑)

 

 

 

Tags: , , , , , , , ,

「らしい」リフォーム

今の自分の暮らしに不便な事、不満な事があるからリフォームを考える。

より良い暮らしを求めてのリフォームなのだから、出来上がった空間がより 「自分らしい空間」になっていると良いと思うのです。

その為に

沢山のご希望を伺って

お客様と私たちとで一緒に知恵を出し合って

理想を固めて実現する!

これぞリフォームの醍醐味なのだと思います。

春にリフォームを承ったお客様のお宅の写真です。

無垢の風合いが大好きで、集めている雑貨や小物、家具なども優しいぬくもりが感じられる、センスの良い物を沢山お持ちでした。

お客様のご希望はずばり「無垢のフローリング!」

お話を伺って、サンプルを見ていただいて、私たちもお客様もピタリと意見が合致。

今回はチークのフローリングを貼る事になりました

貼り終えた床にオイルを塗る作業は、フローリングが本来持つ美しさを一気に表す瞬間です。

ここまで作業をしてきた人にだけ味わえる最高のご褒美♪

お引越し後、しばらくしてお伺いした時には、家具や雑貨がセンス良く飾られていて

まるでずっと前からこうだったかのように、チークのフローリングが馴染んでいました。

これからもっともっと、美しく変化していく事でしょう。

お客様にもとても喜んで頂けて、遊びにいらしたお友達にもご好評の様子。

お伺いする度に思うのですが、なんだかこの空間がとても似合っていらして、すごく O様らしい お部屋だなぁ。。と思うのです。

本日はステキなお部屋のご紹介でした^^

Tags: , , , , , , , ,

ニレ無垢一枚板 無垢ベンチ

工房では家具の製作が進んでいます。

ダイニングテーブルは2メートルオーバーのロングサイズです。

本日完成しました。全貌はお見せできませんが、素敵に仕上がりました。

表面は鉋仕上げ。末から元へ引きとおして仕上げてあります。

塗装はオイルフィニッシュ。小口面のみウレタン塗装

艶やかです。

ベンチの製作も進んでいます。

座りやすいように、座面をRに加工。

ざっくりと電気カンナで。ここから手鉋で微調整していきます。

ホゾの加工風景。

細工が多いのでなかなか進みませんが、丁寧に仕上げていきます。

おまけ

後輩の大工さん。

自分で自宅を建てています。(間に合わないと夜な夜な工房に訪れてきます。)

Tags: , , , , , , , ,

無垢テーブル 

4月25日 0:06 未分類

Nakayama
Nakayama

M建設様にオーダー頂いていましたダイニングが完成。

数日前に出荷させていただきました。

材料は支給されたオバンコルという機種です。

長さ6メートル 幅36センチ 厚み10センチで支給。

重い。。。これをどうすれば。。。

普通に動かすことが出来ないので、まずは2メートルに三つ割。

3本とも片面を平面だして、プレーナーで厚みを決めて、バンドソーでひきわります。

ここまででも結構な作業量。

計9枚になった板材を一枚に接いでいきます。

テーブルのデザインが薄さを強調したすっきりとしたものでしたので

今回は足の取り付け部とそり止めに金物をつかいます。

深さのちがう円形の穴を8か所。

そり止めのアングルはこんな感じにとりつけました。

塗装はオイルフィニッシュ仕上げ。

木目が際立ちます。

順目と逆目が交錯したきれいな木目です。

2晩寝かせてもう一度仕上げのオイルを入れます。

面を大きくとることで板の厚みを薄くみせることができます。

幅の違うテーブルにあわせて足の太さも若干変えてあります。

実際板の厚みは4センチ以上あるのですが、見た目は3センチぐらいに

みえますね。

Tags: , , , , , ,

栃のテーブル

3月8日 18:14 未分類

yamamoto
yamamoto

近日中にお届けになる 栃の一枚板テーブル にオイルを塗っているところです。

オイルが入ると木目が引き立って見えますね^^

大きな板なので、塗るのも一苦労。

刷毛で丁寧に塗って乾いたら乾拭き。

脚部の制作も完了!

取り付けもしっかりと!

今日の作業はココまで。

大きな一枚板ですが、すらっとした脚のきれいなテーブルになりそうです♪

やまもと

Tags: , , ,

楓一枚板

11月3日 18:06 未分類

Nakayama
Nakayama

本日は、とても良い天気でした。

ちょっと汗ばむくらいです。

昨日の夜は懇親会。とても有意義な時間を過ごさせて頂きました。

各社全員参加での計10人。

これからが楽しみです。

rimg0278

 

そして今日は、楓ダイニングテーブルの仕上げです。

すでに鉋がけは終わっています。

鉋を引きとおしていますから、木目が違和感なくでていますね。

逆目もきっちり止まっています。

rimg0287

rimg0291

オイルフィニッシュ塗装です。

これから3回ほどオイルを入れていきます。

rimg0299

仕上がりが楽しみですよ。

 合間に鑿の仕込み。

rimg0302

 

rimg0304

桂をテーパー状に削りましてたたき込みます。

うーんかっこいい。使うのが楽しみです。

Tags: , , , , ,