| Subcribe via RSS

ちょっとのお仕事。

 

「こんなちょっとのお仕事で本当にごめんなさいね」

 

なんてお声を頂く事が良くあります。

こういってお話を下さるのはご年配の方が多く、今回のお客様もそうでした。

 

最初に承ったお話は

1  4.5畳の和室をフローリングに張り替えたい

2  ベランダの手すりが錆びてきたのが気になる

3  書斎に棚を造りつけて欲しい

4  玄関の門燈が壊れたので取り換えて欲しい

5  キッチンの換気扇も交換したい

6  ポストを小さい物に変えて欲しい

 

と言ったお話でした。

どれも、ちょっとしたお悩みなのかもしれないけれど、暮らしの中のストレスを無くすのは大切な事です。

 

 

まずは吉田電設 吉田さん が門燈を交換。

同じ日に加藤大工が換気扇の交換。 どちらも半日で終了です。

その後、ベランダの塗装に 佐藤塗装さん登場。

ですが、先日の大雪の名残で、屋根からポタポタと雪解け水が流れて来る為、工事を延期しました。

「せっかく来たし、何もしないで帰るのも勿体ないから」 って言いながら雪かきしている佐藤さん。

お客様に凄く喜んで頂けて、なんだか私まで嬉しくなりました。

ポストを交換をする 左官屋佐々木さん。

「モルタル剥がれてた所があったから、ちゃちゃっと塗っておきましたよ~」

なんて嬉しい事言ってくれちゃいます。

大きすぎて中身が取り出しづらかったポストは、使いやすいサイズに変更しました。

「これで取り出すのが楽になったわ」 と嬉しそうに言ってくれたお客様の笑顔を見て、わたしもほっこり。

和室の畳からフローリングに貼り替えの工事は秋元大工の担当でした。

一日半で工事完了。

「最後に大工さんが大きな掃除機で階段まで綺麗にしてくれたの」

って後からお客様に教えて頂きました。

無口で自分からアピールする事ない秋元大工だけど、優しいんです。

書斎に付ける棚のご希望を伺う秋元大工。

ご希望通りに棚を造りつけて、ココに納めたい物の移動も進んでお手伝い。

綺麗に物が納まって、お客様にもとても喜んでいただけました。

今回ご依頼くださったお客様は私たちからしたら、おばあちゃんと同じくらいの世代。

こう言ってしまうのは失礼なのかも知れないけれど、おばあちゃんの笑顔はとても可愛くてこちらまで嬉しくなります。

「本当にありがとうね~」

その一言が嬉しくて、何か他に出来る事はないかな??なんて思ってしまいます。

ちょっとのお仕事でごめんなさいね~。。。 なんて言わず、なんでも頼ってください^^

いつでも喜んでお伺いいたしますよ^^

Tags: , , , , , ,