| Subcribe via RSS

ぐるっと回れる家webで完成見学会。

投稿:やまもとふみこ

 

昨日11月26日に開催させて頂きましたぐるっと回れる家、完成現場見学会。

たくさんの方にご来場頂き、ぐるっと回れる家をご覧いただく事が出来ました。

ご来場頂いた皆さま。寒い中ご足労を頂きありがとうございました。

ぐるっと回れる家の設計をして下さった 古川都市建築計画古川さんのブログ でも見学会の様子をご紹介いただきました。是非併せてご覧くださいませ。

 

来られなかった方にも、ぐるっと回れる家をご紹介したいなぁと思い、見学会の前に写真を撮ってきました。

写真ではお伝えしきれない事もあるのですが、ごゆっくり眺めてみてくださいね^^

 

IMG_2314

玄関からリビングまで一直線に繋がる土間スペースです。

左右に並べられている家具は、移動式になっており、部屋を間仕切る為の壁兼収納として自由な使い方が出来るよう計画されました。

玄関に置いて下駄箱にしたり、部屋を仕切って本棚にしたり、これからどのような使い方がされていくのかが楽しみですね^^

IMG_2318

玄関から突き当りの壁は、レッドシダーのサイディングでアクセントウォール。窓の外はお引き渡し後にDIYでウッドデッキを作る予定になっています。

壁に空いた穴には煙突を通しペレットストーブを設置するので、ワイルドな雰囲気のアクセントウォールと、ペレットストーブが素敵なフォーカルポイントになりそうですね^^

デッキでバーベキュ―や、寒い時期にペレットストーブでコトコト煮込み料理などなど、楽しみ方がいろいろと浮かんでくる楽しいリビングダイニングです♪

IMG_2312

南側の大きな窓が気持ちいいリビングダイニングは、ヒノキの無垢フローリングの良い香りがします。

床表しの天井は一階にいても二階にいても音が聞こえ、家族の気配が感じられる空間です。

IMG_2316

L字型のシステムキッチンと作業台兼家電収納のカウンターは旧家屋解体後、大切に保管し家の完成を待って再設置されました。

新しいものに入れ替えちゃったほうが手っ取り早い なんて考え方ももちろんあると思うのだけれど、思い出のつまったキッチンや家具を大切に使いたいってお気持ちがとっても素敵だと思うのです。

そのお気持ちにお応え出来て、こうして再利用出来たキッチンや家具もなんだか嬉しそうです。

IMG_2326

在来工法のぐるっと回れる家ですが、ご家族のご要望を頂き階段だけメーターモジュールで設計されました。

広々した階段は大きな荷物を持っても、こどもと手を繋いでいても上がり降り楽ちん。階段に腰かけて庭を眺めたり、リビングにいる人とお喋りも楽しいです。

IMG_2325

二階は一階よりも更に大きなワンルームです。

階段を中心に広々とした空間は、お子様の成長にあわせて間仕切り壁を増やして最大3部屋が作れるゾーンと

IMG_2320

引き戸で仕切ったゾーンに分かれています。

小屋裏が無く梁型がむき出しのダイナミックな天井にも、ハンモックやブランコを吊るしたりすることが出来て、自由に楽しめる空間。

IMG_2322

南側の腰窓の下はスリット。。。!下を覗くと丁度リビングが見えます。

スリットとは言え大工さんがしっかりと作ってくれたので大人が飛び跳ねても抜けたりしません。ご安心ください^^

IMG_2315

スリットと同じように、ぐるっと回れる家の床には何カ所か格子が付けられた通風口があります。

コレは床下と基礎の間の空気を家庭用エアコンで温め、暖かい空気の性質を利用して家中を巡らせるためのもの。

上手く言葉でご説明が出来ないので図にしてみました。

パッシブweb用

暖まった空気が床に空いた格子から家中をめぐり室内の温度を保ちます。暖まった空気が外に逃げ出さないように、屋根・壁はセルロースファイバーでしっかりと断熱。

窓・ドアも同様に複層ガラスや樹脂サッシなどを使用し熱損失を防ぐことや、床下の空気がくまなく巡るよう構造計算をして基礎の立ち上がりを少なくしておくなど、設計の段階からの工夫を積み重ねる事で

省エネルギーで効率よく快適な空間が出来あがりました。

IMG_2328

他にも、家づくりをする際には必ず知っておいて頂きたい家の性能や間取りの工夫について、見どころがとにかくたくさん詰まった見学会になりました。

また別の機会でそれらについても詳しくご紹介しますね。

ぐるっと回れる家はこれからのご家族の暮らし方に合わせて、どんどん進化していく家。きっと訪れるたびに少しづつ変化していく様子も愉しみです。

Tags: , , , , , ,

ぐるっと回れる家!上棟式を行いました。

投稿:やまもとふみこ

 

本日、ぐるっと回れる家の上棟式を行わせて頂きました。

19987414_1426981370713691_517831236_n

梅雨時期の着工だったので、ずっとお天気が心配でしたがそんな私の心配もなんのその。

雲一つ無い良いお天気の元、無事上棟式を終える事が出来ました。

19987681_1426979610713867_1737540627_n

家の周りに紅白幕を掛け、祭壇を作り、お餅を撒く。

略式で行われる事が多い上棟式を、こうしてきちんとした形で執り行わせて頂ける機会もあまりないので

お施主様には本当に貴重な経験をさせて頂き本当にありがたく思います。

19987276_1426981144047047_579688213_n

今日、おそらく誰よりも緊張していたのは修ちゃん(笑)

上棟式の司会進行役をしてくれました。

修ちゃんの司会進行でスムーズに祭壇のお清め、四方固めの儀、幣串の奉納などを行い、無事に上棟式終了。

その後のお楽しみは、お待ちかねのお餅撒きです☆

19988798_1426979437380551_90320213_n

じっとしていてもダラダラと汗が出るくらい暑い日だったので、もしかしたら来てくれる方少ないかな。。?と心配になっていたのですがお約束の時間が近づくと大勢の方が集まって下さり、あれよあれよと言う間に大盛況。

貴重なお餅撒きの機会を頂き、中山建設の大工達がお餅まきをさせて頂けるだなんてもぉ嬉しくて誇らしくて。。(ノ△・。)

もう下から見てるだけでも感激ですよ。

お餅まき初体験の方も、懐かしいなって思って楽しみにしてたの~と言って下さった方々も、みんな両手いっぱいにお餅やお菓子を受け止めて上棟を楽しんでくださいました。

ご近所の方々にも、ぐるっと回れる家のお披露目が無事終了して一安心です。これから始まる工事中もどうぞよろしくお願い致します^^

20030817_1426979404047221_1826297625_n

その後、お施主様に直会(なおらい)の席をご用意いただきました。

ぐるっと回れる家での、一番最初のホームパーティーにご招待いただけるだなんて光栄です^^

20067804_1426978824047279_1407528550_n

昔々の大工さん達は、上棟式の直会では盛大な酒宴を繰り広げ、更に上棟式の後も棟梁送り なる儀式で棟梁を盛大に自宅まで送り届けて更に酒宴。

なんてことが当たり前だったそうですが、今はもちろんノンアルコールです。ぐるっと回れる家の棟梁を務める加藤大工もサイダーで乾杯☆

19988872_1426978900713938_290378022_n

ご用意いただいたお弁当がステキだったので思わずパチリ☆

今日までデッドヒートで大工仕事を進めていた現場とは思えないくらい、のんびりと楽しくてとても心地良い時間を過ごさせて頂きました。

お施主様、本当にありがとうございました。

19989114_1426978744047287_549226011_n

夕暮れ時、ぐるっと回れる家を外から眺める加藤棟梁。しばらく  ぽーっと眺めていましたよ。

これから更にヒートアップする夏の暑さと、大工工事に立ち向かうべく英気を養ってるんですかね。。?

とりあえず。竣工まで安全第一で作業お願いします!

本日は上棟おめでとうございます☆

Tags: , , , , ,

新築戸建ぐるっと回れる家。基礎工事

「ぐるっと回れる家」

仮設の準備も終わりました。

仮設トイレ・仮設電気も無事設置。

IMG_4253

18901827_1653127544794626_10785731_o

近隣挨拶には、お米をお届けさせて頂き御挨拶。

準備万端

19179470_1663169897123724_1874066358_o

いよいよ基礎着工です。

パワーショベルが入り掘削

底板を傷つけないように丁寧に掘削していきます。

19179616_1663205307120183_1484678664_o

IMG_4260

砕石転圧

IMG_4264

平場のみスタイロを敷きこみます。

19125957_1663205927120121_162103197_o

明日から鉄筋工事になります。

 

Tags: , , , , ,

思い出ウォール

5月2日 17:58 新築戸建て 日記

Nakayama
Nakayama

「ぐるっと回れる家」

解体前の打ち合わせです。

クライアント・古川さん・中山建設 3者打ち合わせとなります。

今回の新築工事は再利用をする住設や家具が沢山ありますので

悲劇が起こらないように事前に3者で確認しました。

一部屋、一部屋、順に回り再利用するものにマスキングテープを貼っていきます。

後を追って大工が丁寧にばらしていきます。

18222650_1622929607814420_4694781881845382078_n

18268625_1622929644481083_1609221666203982889_n

 

18268495_1622929581147756_5171940265781178583_n

 

後で取り付けるのも大工なので、当然取り付ける事を考えながらばらして

部品がなくならないように梱包していきます。

そして2階に上がる階段には。。。

前日に引っ越しを終えているお客様。

3人の子供たちと御夫婦そしておばあちゃん。感謝の気持ちが壁に記されていました。

思い出ウォール。。

18222612_1622929494481098_5615463773193834148_n

18198372_1622929444481103_9198540516745198457_n

 

 

「古川さんも中山さんも一言書いて!」いぇーいとお客様

古川さん階段室に立って涙ぐむ姿が印象的でした。

18222201_1622929377814443_2049995542257312077_n

 

中山とお客様

18222225_1622929334481114_6982582886527921600_n

協働作業

子供たちの為にもいい家を作るぞ!!

お客様が書き加えた「共に」の言葉をかみしめました。

パパ画伯

18274987_1622929244481123_3263135478044284466_n

ママ画伯

18195076_1622929264481121_2764297570971007987_n

そしてばぁば画伯

18274748_1622929284481119_4554494475500605198_n

この気持ちを職人皆で共有して進みます。

連休明けから本格的な解体作業に入ります。

 

 

Tags: , , , , , , , , , ,