| Subcribe via RSS

イロイロな色ガラスの建具

今週はいろいろな建具を8枚製作しています。

建具の仕様や収め方・材質が様々で、以下の内容です。

マホガニー無垢框建具

栂材無垢框建具

タモ突き板フラッシュ開き戸

タモ突き板フラッシュ引き戸

色ガラス入り栂枠

とかなりバリエーションに富んでいます

その中でも色ガラスを入れた珍しいデザインのものがこちら。

IMG_1174

 

栂材無垢框組みの扉に色ガラスをはめ込みました。

框の扉は40mmのホゾ組みになっているので丈夫に出来ています。

IMG_1175

なんとなくガラスがレトロな雰囲気を醸し出しています。

 

そして、色ガラス入りの木枠です。

IMG_1196

こちらは全てが違うサイズのガラスをはめ込んでいます。

こういうのは結構難しいです。ガラス屋さんに発注するのにも綿密な図面を書いてからとなりました。

何とか一発で予定通りに収まりました。

IMG_1185

 

IMG_1187

たまにはこういうのも面白いですねー

五味

3/28開催ちびっこ工務店。お申し込み続々頂いております。

投稿:やまもとふみこ

IMG_3807

日中コートがいらないくらい暖かかった今日ですが、明日はまたちょっと寒い日になりそう。正しく三寒四温な日々ですね。

今日出かけた先では開き始めてる桜を見かけました。今年初めての桜。

桜の花が咲く季節ってやっぱりわくわくします。

チラシ完成表

なんだかわくわくしているのは大きなイベントを控えているせいもあるかな?

今月末3/28に予定しております  ちびっこ工務店 のチラシは、約6500部を印刷!
山積みになったチラシを見て途方にくれていましたが、都筑区の幼稚園・保育園を中心にお配りしたり、大工さん達の協力の下、近隣にお住まいの方へのポスティングをさせていただきました。

 

すでに昨年よりたくさんの事前申し込みを頂いているので、準備にも俄然気合が入ります。

 

IMG_3810

ちらっと。

これは会場を回るこどもたちに配る 職人手帳。ジャ○ニカ学習張リスペクトです(笑)
首から下げてたら可愛いな~と思いまして。

IMG_3811

 

中身はノートの罫線に、会場の地図、各業種のご説明などなど。去年に引き続き、ちび職人たちのイラストがとっても可愛いので、そこかしこで使ってます(笑)

おうちに持って帰った後も大切にしてもらえる手帳になったらいいな。

ちびっこ工務店イベントまで、まだまだ時間があるなぁ~なんて思ってたらあっという間に来週ですよ。

どうか雨が降りませんように(雨天の場合4/4に順延)
たくさんのこどもたちが楽しんでくれますように

いろんな思いを巡らせながら、引き続き準備を進めたいと思います。

ちびっこ工務店イベントの詳細や事前申し込みはこちらからどうぞ

 

 

 

横浜 社員大工

3月19日 8:16 未分類

Nakayama
Nakayama

丸晴工務店の濃沼さんが発起人になり

社員大工工務店の会を立ち上げました。

「有限会社丸晴工務店」「株式会社創建舎」「株式会社新村建築」「株式会社中山建設」

大工を社員とした工務店があつまり、大工同士の交流を深めながら

技術や知識を学ぶ会となります。

構造設計者である山辺さんを講師に招き全4回の講義をしていただきます。

20180314_160043

山辺さんは大工が作る継手や耐力パネルの破壊検査を

大工さんたちと共闘しながら繰り返し実験している事で有名です。

20180314_162449

大工が知りたい確かな情報を隠す事無く伝えてくれる数少ない方です。

長年継承されてきた大工の感に数式や値を足してくれます。

中山建設からは7名参加。

30名以上の大工と設計士の方々。

キューキューです。笑

20180314_160324

 

 

20180314_162458

20180314_170342

 

大工さんは学び続けなくてはなりません。

技術・知識・人間力どれが欠けてもだめだと思う。

学びの機会を仲間の工務店が与えてくれました。本当に感謝です。

20180314_200023

お客様に喜んで頂けるように大工の技術力人間力や現場管理体制をより強く強固なものにしていきたい。

大工の社会的地位の向上や大工を取り巻く環境、給与体制・就業規則などをドンドン整えていきます。

安心して若者がこの世界に飛び込んでこれるように

王道を行く覚悟を決めました。

 

※セミナーの後、濃沼さんのお父さんに道具を見せて頂き皆興奮状態です。笑

20180314_201337

20180314_201217

 

↑震える。。。博物館入りしても良いものです。

 

 

初めての位置だし

今回は壁に杉の無垢材を張っていく作業です。

普段床材に使っているようなサネのある材料を壁に張っていくのでやり方的には一緒です。普段は親方の皆さんがやっている作業の位置だしからすべてやらせてもらいました!

位置だしは全体をみて見栄え的にも作業的にもいい位置を見つけて出さなければなりません。ここでミスをすると後々大変なことになるので時間がかかってしまいましたがなんとかうまく位置の墨が打てました。DSC_0050

上の写真は位置だしが終わって張り終えた部分とこれから張っていく部分がみえるようになっています。写真だと見にくいのですが奥の板の手前あたりの壁に縦に一本墨があるのですがそれが基準の墨になります。

DSC_0051

収納の中はこのような感じになります。このあとカウンターの前にも同じように墨をだし張っていきました。

20180306_221702500

上の部分は見切りでまた違う仕上がりになりますが、下の部分はこのような仕上がりになります。極端に変な部材も入らずできてよかったと思います。

続・オリジナルの木の小物

卒業やお別れのシーズン。

ここのところ記念になるオリジナルグッズのご注文をいただいております。

先日ご紹介したのは、カフェでの記念品。

カップ&ソーサーのチャームです。

LRG_DSC09635

今回は、みんなで一つのハートのかけらチャーム。

LRG_DSC00100

ばらばらになってしまうけど、集まればひとつのハートに。

LRG_DSC00118

ひとつづつお名前を入れ、裏側にはチームの名前も入れて…

LRG_DSC00162

ハートのかけらチャーム、2000円プラス1ピースにつき600円(7ピースの場合2,000プラス600×7で6200円)でお名前やメッセージなどもお入れしておつくり致します。

お問い合わせは都築の杜までお願いいたします。

Tags: , , , , , , , , ,

特注スライド棚のダイニング収納の納品

今週は横浜のお宅に他社様からの注文家具を納品して参りました。

この棚は本棚としてはかなりの大きさが有ります。

幅と奥行きが有るので二階に運び込むにも階段からは上げることはできません。

と言う訳で、バルコニー側から引越し屋さんが使う平ロープを使い吊り上げちゃいました。

今回は石谷大工と高野大工にも応援に来てもらい、男2人で吊り上げてもギリギリの重さでした。

運び入れも順調に終わりまして次は家具を据え付けます。

製作前に事前調査に来て細かく収まりや寸法などを測っていたので、既存のカウンターの上にピッタリと計算通りにはまりました。

IMG_1133

 

きもちいい程ぴったりです。自分的には前日からかなりドキドキしていましたが上手くはまって本当によかったです。

IMG_1134

そして今回大工さんを連れてきた訳は建具の釣り込みが有ったからです。

ダイニングと階段の間の天井にレールを這わせて吊りの引き戸を付けます。

そのレールを吊るのに天井を補強しなければならないのです。

家具を入れる真上の天井を開口して補強材を入れます。

IMG_1149

さすがに大工さんは慣れたもので天井の補強も難なく終わりました。

無事に建具の吊り込みも終わり完成です。

IMG_1150

 

今回お客様のご要望で本棚に組み込むスライド棚を製作しました。

そのスライド棚を指定の位置で止めたいとのご要望です。

この家具をデザインした設計士さんと私とで試行錯誤した結果この様に成りました。

 

IMG_1122

 

IMG_1124

 

IMG_1125

これはかなり革命的なシステムだと思いますが、何が革命的かというとスライド棚を止めるスライドレールが

かなり限定的なものしかメーカーで開発されていないのです。

これは相当いい結果になりました。

お役様のご要望があって設計士様のアイデアに私の技術が乗っかって生み出された物でいい経験になりました。

ありがとうございました。

お客様にも大変喜んでいただけて一安堵です。