| Subcribe via RSS

薪ストーブ

10月30日 20:20 都築の杜

shiobara
shiobara

先日、旭区のクラフトマンの家に薪ストーブが設置されました!

 

煙突の設置は、先日、完了済み。

その様子は、FBやこちらの「日々たたいてます」の記事でご紹介。

 

この日は、いよいよ本体の設置です。

設置前。

LRG_DSC06312

 

 

上の煙突とぴったり合わせるのが職人さんの技。

ていねいに採寸しておりました。

LRG_DSC06324

 

 

いよいよ煙突と合体です!

LRG_DSC06325

 

 

おぉ!ぴったりです。

LRG_DSC06332

 

 

必要な備品もセットして、いよいよ着火。

 

 

 

LRG_DSC06340

 

 

薪の並べ方にもコツがあります!
丁寧にクロスさせて積んでいきます。

LRG_DSC06358

 

いよいよ初・着火!

LRG_DSC06361

 

 

みるみるうちに炎が煙突に吸い込まれていきました。。

LRG_DSC06363

 

あとは、なすがまま。炎がどんどん大きくなっていきました。

LRG_DSC06366

 

屋根からそびえる煙突がまたかっこよいです。
煙がモクモク…

(この日はあいにく曇り空。見えてないですね、煙^^;)

LRG_DSC06369

 

 

あとは、しばし炎を眺めながら過ごしたのでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0795

 

 

炎の揺らめく様子は、「薪ストーブのディーエルディー 東京ショールーム」さんのFBページにて。
当日の動画がご覧になれます!

 

11月、12月には下記イベントも開催されます。

**************************************

「クラフトマンの家(杜Cafe.B)」(旭区下川井町2149-6)でのイベントのお知らせ

「手作り仕込み味噌講座」 11/26(月)10時~12時
※詳細・お申込は都築の杜HPイベントページまで

「杜カフェ フリーマーケット!」12/9(日)10時~15時
※詳細は決まり次第お知らせいたします。

**************************************

 

ぜひ、クラフトマンの家の薪ストーブで暖まりにいらしてください。

お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

Tags: , , , , ,

新兵器導入!

昨日、ついに買っちゃいました。

憧れのあの道具を・・・

こいつは本当に便利なやつです!

無垢畑で育った自分はこいつを使うことは無いと思っていたこの道具・・・

買っちゃいました。。。

めちゃめちゃ高いんですよ!

高くてなかなか買えないこの道具・・・

 

これだ!

ドーン!!

44929658_342517816297450_658139000069947392_n

 

ラメロP-システムです!44842591_290357438467747_8042392893882630144_n

ノックダウン金具の王様的なものだと自分は思っています。

44937187_693310277719630_3736967653164580864_n

 

一見するとビスケット加工機と似ていますが、

それもそのはずラメロ社は初めてビスケット加工機を開発した会社なんです。

44853531_2088503341460429_2330711131850539008_n

この機械は刃物が特殊な形をしており機械も刃物を上下に震動させる機構がついている特殊なものです。

43612901_2244937638913424_3372960675088302080_n (1)

主に箱などを組み立てる際に最適で、

プラスチック製のビスケットのような形の金具で板同士を引き寄せあい強度を出します。

44828994_1835562303223622_4537501917361733632_n

金具も用途によって様々なタイプの物があり汎用性に富んでいます。

44922675_2014040345561751_8861439772795600896_n

44872082_346958555852765_3712450656989085696_n

 

加工の様子です。

 

先ずは位置出しです。

 

端から60mmの所に板2枚に墨出しをします。

44913595_283411782285266_6355891362822356992_n

墨だしした材料に機械をあてがい刃物を入れます。

43682935_516163038857920_3404354051343646720_n

加工した形がこちらです。

穴が特殊な形をしているのが分かります。

44943403_2223735171241136_1286677343233900544_n

この加工後ロックをかける為のサービスホールの穴を空けます。

これにも治具がありとても簡単に加工できます。

44852256_314360442710651_3629538688456720384_n

 

44827984_503864843453764_3112715554218049536_n

 

44870741_460059851067585_2594159460804984832_n

44927079_1990722580949240_8543973674519101440_n

そして金具を差し込みます。

44932768_479619445880244_2143064126652416_n

 

44904033_1972953273002632_2510997731334422528_n

 

 

半円を描くように差し込んでいきます。

44964324_1806333899465846_6111768526979072000_n

44946005_186087875646322_9195722493397041152_n

板同士を直角に接合します。

44826469_1151261681714463_4844349679661481984_n

先ほど空けたサービスホールから工具を差込み金具をロックします。

組み立てはこれで終わってしまいます。

 

43672059_340726759827137_3208265403889352704_n44831603_247883565905366_9139689302081404928_n実際にこの金具を使った組みたては現場で行うことが多いと思いますが、

作業性と強度が極めて高いです。

 

この機械を導入した訳はマンションなどに大型な収納等を設置する際に

組み立てて運べない物がほとんどですだからです。

現場で容易に組み立てられ、強度が強く見栄えにも影響を与えないこの金具はまさにノックダウン金具の王様といったところですね。

今後、益々仕事の幅も広がると思います。楽しみです!

 

 

 

 

 

 

 

 

勝手にスタッフ他己紹介!!~中山建設・お頭編~

 

 

紹介者が変わって、記念すべき第2回目。

先日のある投稿の続き。

2回目で出してもいいのか、と言うより最後のほうで登場のはずの方の紹介!

 

普段は、お客様の対応、打ち合わせ、現調、見積もり、図面製作など。

時には悩み、時には楽しく、時には身を粉にして(自称)、働く中山社長。

あの働きぶりは中々まね出来るものではありません。

本当です。

 

そんな中山さんも経験年数が物語るように、数々の現場を乗り越えています。

もともと大工だった経験を聞かせて頂いたり、仕事に対する意識を教わったり。

まだまだ勉強不足なことを思い知り、もっと教わりたいという気持ちにまでさせてしまう。

さすが社長、尊敬です。

 

最近は、プランの提案、プレゼンテーションに頭を悩ませ、考え込む日々だったようですが、ある日現場へ同行してもらうことに!

外構工事でウッドフェンス用の支柱を立てる穴掘り作業。

 

IMG_3311

 

 

数年ぶりに着たという作業着に身を包み、寝不足なんて感じさせない作業スピード。

なかなか動かさない筋肉が刺激されたようで、筋肉痛に蝕まれた体をかばいながらも、疲れの中にもどこか楽しそうなオーラが漂っていました^^

 

 

 

ほとんど現場での作業をしない中山さんの姿を間近で見ることができて、貴重な経験をさせていただきました!

次の日からは、再びデスクワーク。眼鏡をかけ、パソコンとにらめっこする姿は真剣そのもの。

とても話しかけようとは。。

今回のブログ用に写真を撮らせて頂きたいと声をかけたところ、

IMG_3332

 

この素敵な笑顔で応えてくださいました!優しさのにじみ出ている感じがまたなんとも。。。

 

普段はさん付けで呼ぶなんて恐れ多いです。社長、すみません。。

この笑顔で許してもらえることを信じてます。

いよいよ加藤大工掲載の雑誌発売です!!

先月、イケメン加藤大工の雑誌取材についてお伝えしましたが、

いよいよ雑誌が出来上がり、発売となりました!!

 

44225029_899506390242506_8311437741317423104_n

改めて。。

加藤大工の特集が掲載された雑誌は

Musashi Mook 「&home(アンド・ホーム)」

です。

 

加藤大工のファンの方はぜひお一人一冊ずつご購入ください!(笑)

当然、中山建設の面々も・・・(笑)

 

それでは特別に写真だけチラッとお見せしちゃいましょう♪

carpenter'sFile

 

普段、なかなか多くを語らない加藤大工。

これまでの経緯や仕事に対する思いなど語っております。

 

ぜひぜひお手に取っていただき、加藤大工のことをもっと知ってください!

加藤大工の魅力が伝わるといいなぁ。。

 

そして、大工さんのこと、もっと皆さんの身近に感じていただけると嬉しいです♪♪

 

まだまだこれから。。

 

中山建設ショーホーム、クラフトマンの家、、

呼び方が複数あるせいか、未だになんと呼んでいいか迷ってしまう自分がいます。。

 

そんなクラフトマンの家からの更新!

ここ最近マルシェなどの開催で盛り上がり始めてきました。

多くの出店があったり、建物の中を行きかう人の波は、お祭りさながら。

今現在も様々なプロジェクトが進行中で、この先も話題が尽きない感じがしています。

 

薪ストーブの設置。

去年の今頃はペレットストーブを設置することが多かったのですが、ここで新しい試み。

ものが違うと、特に煙突など様々な問題が出ます。

大工を悩ます一大イベントの1つと言っても過言ではないでしょう。

それだけ大変だったんです。

 

つい最近専門の業者さんによる煙突部分の取り付けがありました。

そのために天井を一部取り外したので、戻す為には穴を開けないと戻せません。

それを施工してきました!

IMG_3196

 

 

この煙突が通る少し大きめの穴を開けます。

中心の位置を出すのが難しかったです。

 

IMG_3197

 

こんな感じで開いたのですが、施工した本人緊張で汗ダラダラ。。

なんとか成功して一安心でした。

 

IMG_3200

 

いざ戻してみると、ほとんど違和感なく納まりました。

一番心配していた中心の位置もずれていなかったようでよかったです。

薪ストーブが置かれた様子は、Facebookなどで公開されています。

よろしければそちらもご覧あれ。。

 

IMG_3234

 

そして、1枚板のテーブルも入ってます!

突然落ち着きのあるスペースに変わり、ずっと黄昏ていたくなる感じでした。

部屋の中のアイテムひとつで雰囲気が左右されます。

 

と言うわけで、大工工事が終わってもまだまだこれからの変化がたのしみな現場報告でした!

また更新があれば、その都度紹介できたらいいなと思います!

小さいとこまでコツコツ

10月11日 20:56

sugiyama
sugiyama

新築の工事も終わりに近づき幅木の取り付け作業がはじまりました。

 

幅木は壁と床の見切りなので壁が折れればその分幅木も折れます。幅木の出隅や入隅部分は斜めに切って突き付けでつけていきます。

DSC_0412

45度に切って隙間なくつけば問題なく取り付けられます。

DSC_0413

しかし多少隙間が空いたりしていると角度を変えたり裏を空いたりしてくっつくよう調整していきます。

DSC_0414

くっつくことを確認してから取り付けて完了です。

幅木も小さい隙間だからとおろそかにせず丁寧に作業していきます。