| Subcribe via RSS

フリーリビングと土間のある家

1月29日 20:34 未分類

akimoto
akimoto

大工の秋元です。

今年から新しい現場がはじまりました。

IMG_6367[1]

マンションのスケルトンリノベーションです。

フルスケルトンは担当したことがないかもしれません。

色々と学びながら作業を進めていきたいと思います。

はじめに外周部の下地を進めていきます。

発泡ウレタンの工事の日が決まっているので、

それまでには終わらせます。

 

カフェ什器の製作

中山建設運営で二月下旬にオープン予定の「杜カフェ.B」。

今、カフェスペースでは石谷大工が急ピッチで内装を手がけています。

そして、工場ではそのカフェの厨房に設置する什器の製作に入りました。

およそ20平米くらいのスペースにL型引き出し付きカウンターや

つり棚が所狭しに計10台くらい並びます。

そのほとんどがお客様側の表面と厨房側の裏面が見える仕様となっており、家具屋泣かせの造りになっています。

何故家具屋泣かせかと言いますと、

両面仕様の家具というのは裏側がないと言うことなので作業の「逃げ場」が少なく難易度は高くなります。

その分見栄えや利便性は高くなるのがメリットだと思います。

 

IMG_3425

 

IMG_3427

 

IMG_3426

IMG_3420

とりあえずは、第一段の納期に間に合うよう頑張って作っているところです。

完成が楽しみです♪

以上です。五味

 

 

 

 

 

 

横浜の断熱スペックを考える

1月25日 11:04 未分類

Nakayama
Nakayama

温暖な地域とされる横浜

省エネ基準地域区分6地域における断熱の仕様を考える。

4地域:薄オレンジ 5地域:オレンジ 6地域:赤

map_by_region

 

MAG HPより

最近の中山建設の標準仕様(オプションでセルローズファイバー)

基礎断熱 スカート断熱 ミラフォームΛ 100mm 高性能・押出法ポリスチレンフォーム

屋根   16Kグラスウール120mm×2 計240mm

壁    16Kグラスウール120mm  (外周部の構造体を4寸角にする)

窓    YKK APW330 LOW-E ガス入り

上記スペック内容をお勧めしています。

例えば現在プロジエクト進行中の「縁側サンルームの家」

上記仕様でスペックを固めるとこうなります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

UA値 0.37 断熱性能等級4 (地域区分6)

平成25年省エネ基準 適合

HEAT20 G2

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

費用対効果が大きく比較的少ない初期投資で達成できますのでお勧めと考えています。

もし次に考えるとしたら「窓の強化」トリプルサッシでしょうか。サイズや窓種は限られてきてしまいますが

とりあえず入力してみると

UA値 0.36

4~5地域のHEAT20 G2(UA値0.34)までもう一息。。

玄関ドアをYKKの高断熱仕様のイノベストD70に変えてみる

UA値 0.34

4~5地域のG2基準を満たします。

20190125_104720

 

20190125_104745

開口部の強化は効く。

色々試してみると分かる事がありますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんでもできます

リフォーム中の現場でお風呂をユニットにするために土間を打ちました。

セメント、砂、砂利、水を適量で混ぜるとコンクリートになるので、

それぞれの材料を必要な量を計算して混ぜていきます。

だいたい1坪打つのにセメント数体と砂、砂利10体ずつくらいの量を練るので体力勝負です。

全部いっぺんには練れないので何度かにわけそのつど打っていきます。

DSC_0721

 

DSC_0719

打っては練り打っては練りを繰り返し、体の普段使わない部分が悲鳴を上げていました。

打ったところをならしながら地道に進んでいきます。

DSC_0722

全部打ち終われば作業は終わりです。

しばらく乗れなくなるので固まるのを待ち、固まったらユニット屋さんにバトンタッチです。

 

今年もいろいろ勉強したことなど載せていきますのでよろしくお願いします。

勝手にスタッフ他己紹介!! ~木工作家・塩原さん編~

2019年の記念すべき第1回他己紹介は・・・

木工作家の塩原さんです(*´▽`*)

 

中山建設で唯一、女性の職人さんです!

無垢の木を使った小物製作や、各種のワークショップ開催の他、お客様の応対、事務仕事、他の社員のお手伝いやフォロー・・

本当にたくさんの仕事をバリバリこなす、パワフルな方。
IMG_3376

 

そんな塩原さんが作る小物、実は私、大好きなんですよね~(^^)

とっても繊細で、温かさが伝わってくるのです。

LRG_DSC07992

都築の杜のサイトで小物を紹介していますので、ぜひご覧になってみてくださいね♪

私も、いつか注文しようと考えているものがいくつかあります。

いつも忙しそうなので、ちょっと落ち着いたら・・なんて思っていますが、一向に落ち着く様子はありません(汗)

ので、折を見て注文予定です。よろしくお願いしますm(__)m(笑)

 

そして、イベントの時は、子供たちに大人気!!

DSC_3841

 

子供たちから好き好き光線が出ているのがよくわかるんですよ(笑)

子供は正直ですからね! 塩原さんの人柄をよく表していると思います。

 

 

そうそう、これだけたくさんの仕事をこなしていながら、

今はさらに新しいことにチャレンジしているのです!

皆さん、もうご存知だと思います。『杜cafe.B』

2月のオープンに向けて、中心となってたくさんのひと・ことを取りまとめ、進めております。

こんな小物たちも、デザインを考えるところから、製作まで。

どこにそんな時間があるのかと思いますが、私ももっと仕事のスピードを上げないと!と刺激されたりもします。

IMG_0866

 

 

なんだか仕事の事ばかりになってしまいましたが・・

実はマルシェの時にお子さんがお手伝いに来てくださっているのです。

時々垣間見える母の顔も見ることができました。

そして、ずっとホルンの演奏もなさっているんですって。

マルシェで演奏してくださった方にお聞きしたところ、とてもお上手とのこと。

いつか聴いてみたいです。

 

 

きっとたくさんの顔があるからこそ、素敵な小物が生み出されるんだろうなぁ。と思います。

何より、色んなことを楽しんでいらっしゃるのが素敵です♪

 

杜cafe.Bのオープンも、これから生まれてくる数々の小物たちも楽しみですね。

皆さまも、ぜひ楽しみにしていてください(^^)

 

 

家具工事の修行

 

 

激しい修行の日々が続き、前回の更新からだいぶ時間がたちました。

こちらも疎かにせず、しっかり頑張ります。

そんな大工見習いを、本年もよろしくお願いいたします。

 

昨年、中山建設ショーホームでは、マルシェやフリーマーケットなど様々なイベントで盛り上がっていました!

ある時、家具工事があったため、そのお話。。

 

一つ目の仕事は、約4mのカウンター取り付け。

タモの集製材でできたカウンターは、長くてとにかく重い。

壁の間に入る寸法に切って取り付けました。

 

IMG_3283

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二つ目の仕事は、同じ部屋に置く家具の組み立て。

 

IMG_3312

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

六つに分かれた棚を組み合わせてこの形になります。

ちなみに両面収納なので、物はたくさん入ります!

天井ぎりぎりの高さなので、当てないよう気を配るのが大変でした。

 

後は、もう一つ組み立て式の机の組み立て。

もともとあった一枚板のテーブルと合わせてセッティング。

 

IMG_3285[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3317

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いい感じに仕上がりました!

経験を生かし、どの家具工事でも力を発揮できるように精進します。

まだまだ技術、知識を欲する見習い高野でした。