| Subcribe via RSS

庭の植物たち〜杜Cafe.B〜

4月23日 7:00 都築の杜

shiobara
shiobara

外のテラスの周りの木々から

新しい芽がたくさん出てきました。

そしていつのまにやら

たくさんの葉も茂ってきましたよ。

5

 

このお庭を管理してくださっているのは

草のよしだやさん。

それぞれの木々には名前の書いたプレートがついたので、

気になる木の名前もすぐに分かっちゃいます。

お庭を回ってお気に入りの木を

チェックしてみるのも楽しいです。

 

これはジュンベリー。

1

 

よく見ると可愛い白い花がいっぱい!

2

 

足元には小さな草花もたくさん顔を出してます。

3

これはオルレア。

一足先に自分のおうちの庭にも花が咲いたよ!と、

近所の方がおすそ分けしてくださいました。

大事にカフェに飾らせていただきました ^^

6

ここの庭でもこれからが楽しみです!

 

テラスの奥には、

特色ある植木たちがいっぱい並んでおります。

IMG_1159

 

7

 

個性的な珍しい植物たち。

お気に入りを見つけたら

ぜひお声掛けください。

販売中です。

 

 

お庭でも愉しめる杜Cafe.Bは、現在週4日営業。

テラスを開放し、

テイクアウトの商品のみを販売中です。

 

そんな杜Cafe,Bのメニューをご紹介いたします。

DSC00789

毎朝焼き立ての深い味わいの天然酵母のパン。

不動の一番人気はmoriパンです。

8

月替りのパン。

今月はよもぎパン。天然酵母だけどふわふわな食感。

仕上げに振られた鮮やかなフランボワーズは

ちょっぴり酸味と香りが加わって、

クセになる味わいです。

IMG_1307

 

 

ランチボックスは三種類。

オーガニック黒トリュフやポルチーニと

一緒に熟成させた鶏モモ肉を

底厚のフライパンでパリッと焼きあげた

moriのチキンランチボックス。

1000+税

DSC00804

 

オーガニックスパイスを独自に配合!

本格的スパイス感のある

キーマカレーランチボックス。

900+税

DSC00856

 

2種類のソースを使い焼き上げたあとに、

たっぷりのサラダを乗せた

お野菜たっぷりのピザボックス。

1000+税

DSC00947

 

どれも、お店でお出ししていたランチの

内容&ボリュームをできる限り

ボックスの中に詰めてみました!

ぜひお庭と一緒にランチもどうぞ(^^)

 

日々の様子を杜Cafe.Bの

インスタグラム(@moricafe.b)でもアップしております。

ストーリーのハイライトには

「杜garden」と称して動画もたくさん!

ぜひこの一年の季節の移り変わりもご覧ください。

 

お待たせしないためにも

テイクアウトのご予約をお電話で承っております。

火、水、土、日の10〜15時で営業中!

ランチボックスお渡しは11時より。

どうぞよろしくお願いいたします。

+++++++++++++++++++++

杜Cafe.B(モリカフェドットビ―)

横浜市旭区下川井町2149−6

TEL 080−1014−4455

+++++++++++++++++++++

癒しのビオトープ

4月22日 19:51 半坪なかやま

takaashi
takaashi

都筑の事務所にもあったビオトープ。

クラフトマンの家でも少しずつ準備が進んでいました。

 

 

ビオトープとは生物群集の生息空間を示す言葉だそうです。

小さいものだと、水鉢や睡蓮鉢などの器を使って、簡単に始められるということで、

水辺の植物と生き物が暮らす環境をつくり、身近に自然を楽しむ人も増えているようです。

 

ちょっとした心を癒す風景になりますね。

 

中山建設では、家を建てるだけでなく、庭や外構をデザインして町に優しい風景をつくる公共性や

自然とふれあいながら暮らす生活を大事にしています。

戸建てでは、庭をつくることができなくても、とにかく一本の木を植える。

マンションでも鉢植えやコンテナで緑のスペースをつくる。

ビオトープも、自然の中で自然と共に生きる暮らしを身近にするための一つの形なのです。

 

そんなビオトープに、先日Facebookでご紹介したヌマエビに引き続き、メダカが入りました!

92496283_1550926881734084_2369386715350564864_n

92570824_172864583785838_1985392557206536192_n

楽しそうにメダカを投入している代表中山です(笑)

 

92477607_679504539526957_2040950325707276288_n

 

 

光が反射して見えにくいですが、

散った花がゆらめく水面に、オレンジのメダカたち。

泳いでいる姿が見えると楽しいですね。

そうそう、ヌマエビたちはいるのかな??

なかなか確認することはできませんが^^;

きっと元気にしていることでしょう!

 

毎日えさをあげるのが楽しみな様子。

またそのうち、その後の様子をお伝えしますね。

 

 

安全大会!!

私事ではありますが前回のブログで取り上げました技能検定の結果が発表されました。
練習のかいあり無事合格できました。
まだ実力、知識ともに足りないことも多いですが「さすが1級技能士」と言ってもらえるよう努力していこうと思います。

さて今回は先日機械作業の安全確認をしました。
現場でも電動工具をよく使いますが、
会社の機械は大きさが全然違い怪我をした時の怪我の度合いも全然違ってきます。
怪我をしないよう先輩方から
「意識してること」
「怪我したことがある人の前例」
などなど他にもいろいろ大事なことを教わりました。
怪我は大きいものほど一生にわたって付きまとってくるので
教わったことを作業するときはしっかり意識していこうと思います。

received_230623977991254 - コピー

けがをしないには機械のメンテナンスも大事になってきます。
機械が壊れないよう油をさしたり、
刃が切れなくなったら刃を交換したり大事なことをしっかり教わりました。

received_532155781019410 - コピー

良材と大工

 

階段材が入荷してきました。

3面無節の杉材です。

93772049_266473057819924_3597817739340677120_n-2-768x576

 

加工は杉山大工が担当。

材料から湧き出てくる質感に少々押され気味。

大工として良質な材に手を入れる事はとても大事な事です。

失敗できないという緊張感や「きれいにおさめたい」という気持ち。

材との会話が始まります。

この瞬間だけはお客様の事は忘れてるかも。笑

自分との闘い。職人の世界。

これからしばらく、杉山大工は材と会話してるんだろな。

93485274_697589197706861_1867157008105340928_n-2-768x576

動画チャンネルはじめます

昨日のお仕事はアマゾンの箱を開けるところから始まりました。

IMG_7667

もうすでに誰か開けた形跡がありますが・・(笑)

 

中身は何でしょう??

・・・

じゃじゃーん!

IMG_7668 IMG_7669

 

GoProHIRO8です。

社長があれこれ悩んでセレクトしたカメラ。

大工さん目線の動画もお届けしたいということで、

ヘルメットや頭に装着できるマウントやアクセサリーも揃えました。

 

IMG_7691

 

ひとまず、お昼に食後のデザートみかん中の家具職人五味さんを撮影(笑)

スマホのアプリで接続すると、撮影中の画が見えるのでいいですね!

GoProのちっちゃい画面では、よく見えませんので・・

IMG_7672

 

IMG_7671

 

そして、いざテスト動画撮影へ!

大工さんたちの現場へ行ってきました。

テストなので、動画編集もGoPro Quikというアプリを使って簡単に。

その動画がこちら>>

 

建て方を控えた新築現場での、足場からの景色です。

とてもきれいで迫力あります。

動画からでも足がすくむ感覚がしますね。

見ていてドキドキします。

 

これから中山建設の魅力をお伝えする動画を製作していきます。

大工さん目線の動画もどんなものになるかわくわくしますね♪

 

ぜひ楽しみにお待ちくださいませ。

 

 

 

無垢の木を使った住宅つくりをしていますが木造住宅に鉄って意外と使うんですよね。

中山建設では都度、製作図面を起こして鉄製品の制作をしています。

玄関ドアを造作で製作するときは玄関の沓摺をステンレス製で製作します。

91553101_683106275779713_6608208034193735680_n

これはちょっと特殊な条件だったので沓摺としてはかなり造り込んだパターンでしたね。

91932493_514955775845629_514884527735177216_n

こんな風に玄関ドアの下につきました。

67794228_244064796476571_8333333106635309056_n

新築の木造構造に構造計算によって鉄骨の柱、梁を組み合わせることもあります。

こうゆうときは建て方の際に鉄骨も組み合わせていくので事前のチェックがすごく大事になってきます。

間違えていたら建て方がストップ・・・なんてことに・・・考えただけで恐ろしい・・・。

でも依頼通りに高精度で出来上がってくるので問題が起きたことはないですね。

67599556_943266546020850_4815156645216649216_n91297982_1716576398481807_4017321501677060096_n

91760822_176011876721288_7710345317211701248_n

91314578_862115384213826_6349868628967424000_n

それでもめちゃくちゃ細かくチェックします。

 

61309169_456944344849082_7549308623709536256_n

こんなのもありました。

外の階段の手すり。

距離と高さをしっかり採寸して製作。

木と鉄の融合がいい感じです。

61538880_443708092852687_4643238110904188928_n

 

これは大開口樹脂サッシの荷重受けとウッドデッキの受けを兼用したステンレス加工。

両方に受けが必要だったので一緒につくったらいいなと。

60762239_890279004672753_598260279721066496_n61560706_609255579579187_2765956125420421120_n

61496779_1134223423441593_7967629436088483840_n62068434_1778540442248543_3935112314348371968_n

立派なウッドデッキになりました。

出来上がってしまうと見えなくなってしまう縁の下の力持ち!

64710052_307017603580052_3337662043984494592_n

リフォームでは亜鉛メッキ処理の物干し金物。

お客さまと長さや高さを打合せしてちょうどよく設置できました。

物干しが欲しいけど鉄製で雰囲気よく設置したいとのことで製作しました。

60921949_2253789014939662_7577573554376409088_n

 

こちらもリフォームでルーフバルコニーの木製手すりの改修。

笠木からしっかり柱をたてるためにステンレス製で製作。

外に取り付くものなので柱の交換がしやすいメンテナンス性や視認性、十分な強度の安全性、現地状況に合わせた寸法でしっかりとした木製手すりが完成しました。

61057956_601102450394616_7342111601689886720_n60449782_2184397581647222_3549469129280847872_n60483289_426617574831041_8917126149797052416_n

 

木造の仕事の中にも 場面場面で鉄の部材も活躍しています。