| Subcribe via RSS

マンションと一戸建て、それぞれのスケルトンリフォーム工事。

投稿:やまもとふみこ

 

スケルトンリフォーム工事とは、家の骨組みを残し構造の補強や住宅設備の位置変更を行うなど、リフォーム工事の中でも特に大掛かりな工事です。

通常のリフォームでは構造上の制約や、給排水位置の変更が容易でない事から諦めていた大胆な間取り変更ができたり、内装もまっさらに新しくなるので、見た目的にはほぼ新築の装いになります。

 

ただいま横浜市内でマンション・一戸建てそれぞれのスケルトンリフォーム工事を同時進行で行っています。

ちょうど良い機会なので、戸建・マンションそれぞれのスケルトンリフォーム工事の様子をご紹介してみましょう。

 

 

 

戸建て住宅でのスケルトンリフォームで、一番のメリットと言えるのはやはり、普段壁の中に隠れてみる事が出来ない構造体の状態を確認できる事だと思います。

壁面が全て解体された室内は構造体となっている梁や柱の様子が良くわかります。

入れ替えた方が良い箇所、そのまま利用できる箇所それぞれを見極めながらの工事になる事から、施工の難易度は高く、大工としての高度な知識と技が必要とされる仕事でもあります。

IMG_6471 - コピー

 

気候の変化が激しい日本においては、外部の気温の影響を受けにくくする為に大切な断熱工事。外壁に面する部分だけでなく、窓からの気温の変化にも対応できるようサッシも同時に入れ替えを行いました。

壁や天井に吹き付けられたウレタンフォームは工事後には見えなくなる部分ですが、少しの隙間から発生する結露が構造体を痛め、建物の寿命を縮める事も考えられる事から、慎重で正確な施工が要求される箇所です。

 

IMG_6477

もこもこな天井。

 

 

 

ただ今受付中の省エネ住宅エコポイントでは、対象設備の入れ替えや窓の断熱改修の他に外壁・屋根・天井・床の断熱改修などもポイント加算の対象になっており

戸建て住宅のスケルトンリフォームの様に、断熱・耐震工事などを併せて行う事で、最大45万円分のポイントを受ける事が出来きます。

中山建設では省エネ住宅ポイントの代理申請を承っておりますので、スケルトンリフォームをお考えの際には是非一度ご相談くださいませ。

 

 

今回採用しました ウレタンフォームについては、先日のブログ記事で社長の中山が詳しくご説明しています。

是非合わせてご覧くださいませ。

 

 

一方こちらはマンションのスケルトンリフォーム。

IMG_6482

 

 

解体工事が全て終わり、フロア全体に乾式二重床を敷く作業を行っています。

断熱・耐震などを重視して行う戸建て住宅のスケルトンリフォームと、下階への音に最大限に配慮して行うマンションでのスケルトンリフォーム。

同じスケルトンリフォームでもその意味合いは全く違った物になっていると思います。

 

IMG_6485 - コピー

 

箇所箇所の単体リフォームの場合では何かと制約が多く、住宅設備の位置を変更する事も難しいマンションリフォームではありますが、床を全て上げ、配管を自由に切り回せる事から、間取り変更の自由度が高く、ご希望の暮らし方に併せて、オーダーメイドの作りが可能です。

 

戸建て、マンション、二つのスケルトンリフォーム工事が同時進行で進んでいるので、その違いや工事内容など、これから詳しくご紹介して行けたらと思います。

どうぞお楽しみになさって下さい。

 

 

 

 

 

Comments are closed.

リフォーム