| Subcribe via RSS

無垢材の価値

今日は朝から良い天気。

なかなかの仕事日和です。

昨日まで見積製作、プランニングと事務所での作業。

これから楽しみな現場が続きます。

さて

現場で施工されているフローリング。

30年物の檜アンティークフローリング。

民家の玄関に張られていました。

解体撤去の指示が出ていたのですが、あまりにかわいそうなので

丁寧に剥がし譲って頂きました。

1年ほど倉庫に眠っていたのですが、やっと出番です。

無垢の価値をわかって頂けるお客様のもとへ。

 

鋸で切断すると檜の香りがひろがります。

本物はいろあせない。

これらのマテリアルを見極めるちから。それを使いきれる力がついてきたと

感じる今日この頃です。

貼り上がりは後日 やまもとから

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.

リフォーム