| Subcribe via RSS

初投稿

2月28日 2:47 未分類 tashiro

はじめまして今年から中山建設に大工見習いとして入りました田代隆基です。

まだまだわからないことばかりですが現場での仕事や勉強したことなどを定期的にブログにてお伝えさせていただくのでよろしければご覧ください。

さっそくですが現在新築工事中の防水処理をしてきました!

0E7494D8-F30A-4CF5-AE8D-3155819F70A8

セレタックを使用して防水処理をしていきます。セメント系モルタルの粉末とアクリル系の液体を1:1で混ぜます。この比率を間違えると水ぽくなり薄くなってしまいます。

52E37D22-CD63-400D-A6C5-E49D3429DC5C

セレタックを塗った状態がこのようになります。まず1回目です。

ここはテラスになるところなので雨などの水が床下の中に入ることのないように入る可能性があるところにセレタックを塗っていきます。

床下にはこのように断熱材を外部に面する基礎の立ち上がりと土間全体に敷き詰めています。この写真は基礎断熱の一部です。

A763B702-A64D-4A08-99E7-C6B7709AD50C

 

 

 

9654B0AB-59D6-47B3-B1A3-4361CF378202

 

こちらが2回目の仕上がりになります。1回目の塗りでは厚みがなく防水性が低くなってしまうため塗り重ねて厚みをつくります。見た目の仕上がりも大分違います。これで防水処理は終了です。

セレタックがセメントに似た素材というのもあり塗り伸びず用意した量では足りず新しいのを取りに行きました。材料の性質を把握していないと手間がかかったり無駄遣いになることがわかりました。乾燥時間や塗れる時間も考慮していないと準備して使えなくて捨てるということになります。そのような無駄がないようにこれから少しずつ仕事を覚えていきたいと思います。

この後に生コンを打設してウッドデッキができる予定です。進み次第またブログにて写真を投稿します。

 

Comments are closed.

未分類

  • カテゴリーなし