| Subcribe via RSS

無垢の木を使った住宅つくりをしていますが木造住宅に鉄って意外と使うんですよね。

中山建設では都度、製作図面を起こして鉄製品の制作をしています。

玄関ドアを造作で製作するときは玄関の沓摺をステンレス製で製作します。

91553101_683106275779713_6608208034193735680_n

これはちょっと特殊な条件だったので沓摺としてはかなり造り込んだパターンでしたね。

91932493_514955775845629_514884527735177216_n

こんな風に玄関ドアの下につきました。

67794228_244064796476571_8333333106635309056_n

新築の木造構造に構造計算によって鉄骨の柱、梁を組み合わせることもあります。

こうゆうときは建て方の際に鉄骨も組み合わせていくので事前のチェックがすごく大事になってきます。

間違えていたら建て方がストップ・・・なんてことに・・・考えただけで恐ろしい・・・。

でも依頼通りに高精度で出来上がってくるので問題が起きたことはないですね。

67599556_943266546020850_4815156645216649216_n91297982_1716576398481807_4017321501677060096_n

91760822_176011876721288_7710345317211701248_n

91314578_862115384213826_6349868628967424000_n

それでもめちゃくちゃ細かくチェックします。

 

61309169_456944344849082_7549308623709536256_n

こんなのもありました。

外の階段の手すり。

距離と高さをしっかり採寸して製作。

木と鉄の融合がいい感じです。

61538880_443708092852687_4643238110904188928_n

 

これは大開口樹脂サッシの荷重受けとウッドデッキの受けを兼用したステンレス加工。

両方に受けが必要だったので一緒につくったらいいなと。

60762239_890279004672753_598260279721066496_n61560706_609255579579187_2765956125420421120_n

61496779_1134223423441593_7967629436088483840_n62068434_1778540442248543_3935112314348371968_n

立派なウッドデッキになりました。

出来上がってしまうと見えなくなってしまう縁の下の力持ち!

64710052_307017603580052_3337662043984494592_n

リフォームでは亜鉛メッキ処理の物干し金物。

お客さまと長さや高さを打合せしてちょうどよく設置できました。

物干しが欲しいけど鉄製で雰囲気よく設置したいとのことで製作しました。

60921949_2253789014939662_7577573554376409088_n

 

こちらもリフォームでルーフバルコニーの木製手すりの改修。

笠木からしっかり柱をたてるためにステンレス製で製作。

外に取り付くものなので柱の交換がしやすいメンテナンス性や視認性、十分な強度の安全性、現地状況に合わせた寸法でしっかりとした木製手すりが完成しました。

61057956_601102450394616_7342111601689886720_n60449782_2184397581647222_3549469129280847872_n60483289_426617574831041_8917126149797052416_n

 

木造の仕事の中にも 場面場面で鉄の部材も活躍しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.

スチール製作

  • カテゴリーなし