| Subcribe via RSS

きれいな見せ方

枠やカウンターなどが他の部材にあたるとき両方化粧のところだと固定できません。

また見栄えはぴったりくっついているのが理想ですので、ここはとくに棚などもつくので難しい仕事が増えます。

DSC_0754

今のをふまえたとき片方を欠きこみ、もう片方を差し込む方法を使います。欠きこみはもちろん鑿やのこぎりなどを使い加工していきます。

加工するのも作業台の上でするのならまだしも、脚立の上で不安定な体勢で作業することも多々あります。

そういった条件の中きれいに加工していきます。

DSC_0755

DSC_0761

上の写真は挟み込む形なので片側だけですがこういう形で欠きこみをいれたことで固定もでき、見た目てきにもきれいに納めることができます。

差し込んだところはしっかり隙間なくついています。

壁に貼る板材も同じように欠きこみをつくり差し込む形で固定しきれいに納められます。

DSC_0762

Comments are closed.

大工見習い高野・杉山の修行日記

  • カテゴリーなし