| Subcribe via RSS

小さな爪あと

 

当時専門学校生の僕は、「大工=刻み」という催眠術にかけられていました。

いざ社会人になり、現場に出てみると頭の中は?マークばかり。

いくら建築の学校を出たからとはいえ、出来る事は掃除くらいなもの。。

あれ?刻みは?なんて思いながらがむしゃらに一年。

さすがは親方石谷大工。そんな疑念を晴らしてくれました!

 

IMG_2160

 

柱の上にちゃんとした材料を横に流します。今あるのは仮です。

 

IMG_2165

 

結果的にはこうなります。

こういった材料は、工場で加工されて現場に入ってきます。

それを自分達で加工するのが「刻み」であり、今回のお話。

こんな長い材料なかなかないし、運搬も大変なので、「継ぎ手」を使い継いで長さを足していくのです。

異なる2本の木を繋げるのは、難しく、力が集中しやすいので壊れやすい。ここを作るのは、とても重要な作業。

 

もちろん石谷大工監修のもと、必死で背中を追いかけました。。

 

IMG_2157

 

色々な継ぎ手の種類がある中、今回は「鎌継ぎ」。

それでは、数時間僕が格闘したものがこちら。

 

IMG_2159

IMG_2166

 

大工の腕が試される刻み。

この場所は化粧材として表に出てきます。

胸を張って「ここ、自分がやりました!」なんてことは言えません。

でも、自分なりにここを作れたことに満足しています。

※探しても隠れミッキーほどの嬉しさは全くありません。

 

最近の雪にも負けず現場で走り回る高野でした!

IMG_2180

Comments are closed.

大工見習い高野・杉山の修行日記

  • カテゴリーなし