| Subcribe via RSS

フラッシュの建具製作が続いています。

投稿:やまもとふみこ

 

フラッシュの建具 って言葉、聞いた事あります?

と、言うか扉ってどんな風に作っているかご存知ですか??

わたしは中山建設に入るまで全く知りませんでした(照)

先日のブログでもオリジナル建具の製作について詳しく説明しているので良かったらご覧くださいませ。

 

今日はフラッシュ扉の作り方を詳しくご紹介してみましょうか。

フラッシュflush は平らな という意味で、扉の中身に木枠を作り、薄いべニアを張って仕上げた扉の事を言います。

中身に空洞が出来ているので扉として軽く、戸を閉めた時にバタンッ!と閉まる音が軽くなったり、扉を吊っている金具に負担が掛かりづらいのも利点ですね。

 

IMG_9163

フラッシュ戸の心材を組みまして。

IMG_9162

ボンドを塗りまして。表面のべニアを乗せまして。

 

IMG_9171

プレス機でぎゅーっと。

 

IMG_9173

大きなプレス機やパネルを切る為のパネルソーが揃っているので、建具の製作は思いのまま。

出来あがった扉に無垢材で作った引手を付けて、枠を作り、現場で大工が枠を取りつけ建具を吊りこんで完成。

IMG_9055

毎日開け閉めしている扉がどんな風に出来ているか、こうして作る工程を見てみるとちょっと面白いなぁ~なんて思ったわけであります。

 

 

 

 

Comments are closed.