| Subcribe via RSS

小さいとこまでコツコツ

10月11日 20:56

sugiyama
sugiyama

新築の工事も終わりに近づき幅木の取り付け作業がはじまりました。

 

幅木は壁と床の見切りなので壁が折れればその分幅木も折れます。幅木の出隅や入隅部分は斜めに切って突き付けでつけていきます。

DSC_0412

45度に切って隙間なくつけば問題なく取り付けられます。

DSC_0413

しかし多少隙間が空いたりしていると角度を変えたり裏を空いたりしてくっつくよう調整していきます。

DSC_0414

くっつくことを確認してから取り付けて完了です。

幅木も小さい隙間だからとおろそかにせず丁寧に作業していきます。

 

家にも体温調節を

こんばんは。今年の夏は暑かったり涼しくなったりと体にひびく日が続いています。

 

体を守るためにも部屋の温度調節が大事です。

部屋の中の温度が夏には暑くならないように、冬には寒くならないように外からの熱をさえぎり中の熱を逃がさないようにする必要があります。天井の断熱材を入れることで屋根からの熱の遮断をします。

DSC_0321

屋根には高性能断熱材120mmを2重で入れ分厚くしてあります。計240mm!

断熱材を入れたあと湿気が部屋からの湿気の影響を受けないように、気密シートと気密テープでしっかり気密をとります。ボードの下地をその上からうちしっかり固定します。

DSC_0352

勿論この断熱材のところには湿気がたまります。その湿気を抜く為に空気を通す必要があるので断熱材の裏に通気路を設けます。

DSC_0297

通気くんという材料がコの字型になっているのでその中を空気が通っていくようになっています。

 

このように熱の移動対策をしていることで部屋の温度調節をサポートしています。

横浜市旭区に新築中!クラフトマンの家構造見学会!

4月16日 17:19 新築戸建て

yamamoto
yamamoto

投稿:やまもとふみこ

 

日替わりで担当しているブログですがすみません!やまもとの連投が続きます!

次のお当番の五味さんはホットしているはず。

 

先週の土日で、只今旭区に新築工事中のクラフトマンの家構造見学会を開催しました。

 

構造見学やりますよ~とは言ったモノの、とっても人気の完成現場見学会と比べてなんだか難しそうで地味な印象のある構造見学会。

来ていただいた方にinteresting(興味深いほうの楽しい!)を感じていただけるにはどうしたら良いだろう。。?とずっと考えていたのですが当日は現場に棟梁の石谷大工、高野大工もいてくれたので、心強い助っ人二人の協力を頂きながらクラフトマンの家をご紹介することが出来ました。

 

IMG_4017

まずは外観!ガルバニウムサイディングのカッコいい外観が見えてきました。

ココでご紹介するのは家のスペックだけでなく、家を庭の関係性。

建物の完成後に作る前面部分の庭づくり計画は、今からみなさんとても楽しみにしてくださっているようでした^^

 

 

30768615_336452463545110_1321015293_o

室内でのお話しは、断熱と気密。

一部空けておいた仕上がる前の壁の内部を見ながら、外壁から室内までの壁がどのように作られているか、家の構造を長持ちさせる為に中山建設の家作りではどのようなことを考え、素材を選び、施工を行っているかをお話させていただきました。

これは家を作るためにはとっても大切なお話で、是非聞いておいて欲しいことなのだけれど、きちんとお伝えしようと思えば思うほど、どんどん難しくなって、よくわからなくなってしまうと言うループに陥るので、なるべくわかりやすく簡潔にを目標に資料を作り、棟梁の石谷大工からもわかりやすく説明していただきました。

 

IMG_3987

 

見学が済んだら、ご来場者様に向けてのサービスで大工の包丁研ぎ。

精度の高い仕事をするため大工さんは毎日の様にノミやカンナを研ぎ、刃物を大切に手入れしています。そんな大工さんのお仕事をちょっとでも垣間見れたらいいかな?と思って企画してみました。

包丁研ぎは、見習い大工の高野君!よろしくっ!!

 

IMG_3998

 

砥石で丁寧に包丁を研ぐ様子は思わずじっと見入ってしまいます。

IMG_4007

ご参加者様のお父さんも挑戦!コツがつかめるよう高野大工の熱血指導。

刃物の研ぎ方一つにしても、経験を積み重ねたからこそ備わったコツがあるのですね。

 

IMG_4012

ちなみに。

砥いだ刃物の切れ味は、腕毛を剃って確認するそうです。

注)お預かりした包丁ですがご了承いただいて腕毛を剃っています。

 

なので、高野君の腕毛はいつもツルツル。

細かな仕事を綺麗に仕上げられるのは、ノミやカンナの手入れが行き届いているから。

高野君の腕毛がいつもツルツルなのは、良い仕事するぞっ!!と言う意気込みの表れ。

高野君が中山建設の大工であるかぎり高野君の腕毛がボーボーになることはありません。

 

 

今回の構造見学会は構造も素材ももちろんなのだけど、

大工が誠実に仕事に向き合っています!ってことが、お伝えできていたら良いなぁと思ったのであります。

 

 

クラフトマンの家の構造見学は随時承っています♪

いつでもお気軽にご連絡下さいませ。

 

 

 

 

 

 

終わりに近づき!

新築の進捗状況ですが大まかにボードが張り終えてきました。まだもう少し細かいところは残っていますがまもなく完了です!

DSC_0350

DSC_0351

1階は写真のようにまだですが2階はパテまで入っています。

 

 

さて先日ですが配線が壁より外側にある部分をやらせてもらいました。

DSC_0345

 

このような配線を囲う箱を作るのですが下地がしっかりとまっていないと仕上げの珪藻土が割れてしまうのでしっかり固定しました。

DSC_0346

 

天井が勾配天井なので下地も斜めに加工する必要がありました。

このあとボードもしっかりおさまりました。

写真がぼやけてしまって完成後の写真が上げられないのは申し訳ないです。。

天井の仕上げ

先日、お客さんに塗っていただいたベニアを張っていきます。

最初にベニアを張る為の墨を出します。それにあわせて1枚1枚張っていくのですがベニアごとの間に隙間をつくったり入らないところには材料を切り、はめていきます。

DSC_0314

 

張れていくにつれ、かっこよくなっていきお客さんも喜んでくれています。

天井が勾配天井なので高いところになるにつれ足元が不安定になってくるので気をつけて作業していきたいです。

 

床張り

9月25日 19:38

sugiyama
sugiyama

先日から床張りが始まり床材が届きました。材料はヒノキです!

DSC_0310

量は一部屋分だけですがこのような梱包で届きました。1箱あたり10枚で畳1枚分です。

DSC_0311

1部屋でおよそ12箱ほど使うので全部梱包をとくとこれだけの量になりました。

フローリングの裏にノリをつけ専用の道具でとめていきます。フローリング同士の間に隙間ができないようにとめていくのですが5列ごとに1mm無いくらいの隙間をつくり床のゆがみが起きないようにしていきます。

DSC_0312

およそ1部屋張るとこんな感じになります。

 

photo gallery