| Subcribe via RSS

フラッシュの建具・無垢の建具

今週はリフォーム物件に向けた家具製作が一段落した後、休むまもなく建具製作に入りました。

今回の建具はリフォームとあわせてのご発注です。

建具と一括りに言ってもデザインや素材、作り方は様々です。

一枚一枚取り付け場所に合わせて無垢材や合板材などをチョイスしていきます。

基本的にはフラッシュ構造の建具が多いですが要所々で無垢を織り交ぜています。

IMG_8002

フラッシュの中芯材です。横に走る材料の本数や位置は取り付く金具やレバーハンドルの位置や剛性など細かく考えられています。

この様に芯材の表裏を合板で覆っていくのがフラッシュ構造となります。

フラッシュのメリットとしては重量を低く抑えることができます。建具としては開け閉めするときに軽く動かすことができます。

そして表面材も多種の中から選択が可能です。

こちらはナラ柾目の突き板で作ったものです。

IMG_2070

こちらは白ポリタイプです。

IMG_2053

 

 

こちらはフラッシュの建具の端に付く大手と呼ばれる材料を貼っているところです。

ここには拘りがあって手触りや質感の高い無垢材を貼り付けています。

これがあるのと無いのとではグレードが数段違います。

LRG_DSC04072

 

そしてフラッシュでもこんな事もできます。

IMG_2083

中に仕切りのあるガラスが入るタイプです。これはある意味では無垢で作る建具よりも難易度は上がります。

ガラスも後から交換がきくように考えられています。

 

そしてこちらは無垢材で作った框の建具です。

IMG_2045

フラッシュの建具と無垢の建具では仕事的にも似て非なるものです。

作り方も違えば使う道具も全く変わってきます。

その一つにホゾとホゾ穴を高精度で加工できなければなりません。

IMG_2019IMG_2018IMG_2020

 

様々なタイプの建具をほぼ同時進行で作っていくので大量生産のように効率よくは行きません。

しかし、その分細かい仕様に対応できたり、他社様では作れない物にも対応しております。

 

五味

 

クラフトマンの家の家具

こんばんは。家具屋の五味です。

先週はクラフトマンの家に納める家具を仕上げました。

この家具はクラフトマンの家最大の見せ場になる部分です。

いつもそうですが、それはもうかなりの気合を入れています。

その最大の見せ場ですがレッドシダーのキャビネットに取り付く6.5mの天板です。

6.5mの天板と軽く言いましたが、そもそも6・5mもある材木は規格外の大きさですので売ってはいません。。

自分も24年間無垢の家具を作ってきましたが、こんなに大きな板は初めて作ります。

IMG_1829

(材木の使い方を決める木取り作業)

 

これはもちろん「はぎ板」です。はぎとは幅の狭い板を貼り合わせて大きな板にすることを言います。

IMG_1849

(はぎ前の状態)

 

 

はぎは無垢財を扱う木工の基本的な技術ですが、これを失敗すると後に「ハギ割れ」をおこしたりするので最も重要な技術でもあります。

加えてこの長さのものですから当然長手方向にもはぎます。

IMG_1848

(ハタガネを使っての圧締作業)

 

これがまた長いこと長いこと。。骨が折れるとはこの事です。。。

そして完成系がこちらです。変な形をしてるのは取り付け後のお楽しみでとって置きますね。

IMG_1859

 

メインの天板を仕上げた後、キャビネット本体も順調に組みあがり、工場にところ狭しと置いてあります。

 

IMG_1915

キャビネットの見せ場はこの扉です。

無垢の框を強度の有るホゾ組みで組んでおります。

IMG_1902

「ホゾ組み」は「ダボ組み」などに比べて技術的に経験が必要だったり、作るのに時間もかかったりと高価ではありますが経年で壊れることは先ず有りません。

良い家具と言われる物にはやはりホゾ加工は欠かせません。中に入る羽目板もラフ材を表に出した特徴的な仕上がりです。

羽目板の模様も敢えてランダムになるように全体を見て決めています。

 

IMG_1881

(ホゾ穴を角のみ盤で加工中)

 

そうやって手をかけた家具たちが無事に出荷されてやっと肩の荷が下ります。

IMG_1924

(長すぎてトラックにおさまりません 笑)

 

 

取り付け後の様子はまた後ブログに書かせていただきます。

この夏はまだまだ忙しくなりそうです。

以上です。

 

 

夏休みが終わり今週からまたエンジン全開でいきたいところですが、なんだか涼しい夏となっております。

チャボたちもこの気候では少々肌寒い様子でチャボ団子になっておりました。。

可愛いなぁ

IMG_3971

 

今、工場ではフラッシュの建具を製作中です。

全部で26本と数が多いですが頑張っていきます。

助っ人もいるので心強いです。

IMG_3972

 

IMG_3973

ところで、今日は以前ブログでもお伝えしていた、

マホガニーの建具に入るオーバルのステンドガラスが届きました。

このステンドガラスは厚みが厚い分ものすごくきれいです。

IMG_3960

この中に天使が居るのが分かりますでしょうか。

また出来上がり次第報告いたします。

五味

 

 

 

マホガニーの引き戸

先日、マホガニーの建具について少し触れましたが、今回は第一弾目をご紹介します。

 

場所はクローゼットの4枚続きの引き戸です。

高さは2400ミリとかなり大きいです。

厚みも40ミリあり重量もあるので強度を出す為にホゾで加工します。

IMG_3595

 

IMG_3596

 

IMG_3597

組み立て後、下部に戸車を、上部は鴨居に入るしゃくり加工を施します。

IMG_3586

 

IMG_3587

引き戸の内側には装飾を施した面材を取り付けます。

これは羽目板を押える役割も果たします。

羽目板とは戸枠の内側に入る板のことです。

IMG_3584

 

IMG_3612

 

 

一通り完成です。

IMG_3611

 

以上です。

次は第二段の報告をお待ちください。

五味

 

 

 

建具の製作

今週は新築に納める建具を九枚製作しました。

今回はラワン突き板のフラッシュ構造の建具です。

IMG_3299

フラッシュ構造とは、芯材を枠で組み両面を化粧合板で覆う構造を言います。

ベタ芯構造や無垢の框組みなどと比べて狂いが少なく、格段に軽いのが特徴です。

芯材はLVL材を使用します。LVL材はフラッシュ芯材や建築の梁などにも広く使用される積層材です。

IMG_3286

エアータッカーで芯材の枠組みをします。

プレスを使いラワン合板を両面に接着し覆います。

IMG_3296

IMG_3295

パネルソーにて長さと幅を決めます。

IMG_3298

上吊り金具や戸車、手掛溝などの必要な加工を施します。

今回は大手貼りはしないでLVLを見せる使い方です。

IMG_3301

IMG_3302

IMG_3303

IMG_3310

IMG_3313

IMG_3314

手に触れる手掛溝や角のエッジを丁寧にペーパーで丸くします。

IMG_3312

ラワン材の木目は選ぶことができませんが、比較的いい材料だとおもいます。完成です。

IMG_3315

 

 

 

 

 

Tags: , , , , , , ,

フラッシュの建具製作が続いています。

投稿:やまもとふみこ

 

フラッシュの建具 って言葉、聞いた事あります?

と、言うか扉ってどんな風に作っているかご存知ですか??

わたしは中山建設に入るまで全く知りませんでした(照)

先日のブログでもオリジナル建具の製作について詳しく説明しているので良かったらご覧くださいませ。

 

今日はフラッシュ扉の作り方を詳しくご紹介してみましょうか。

フラッシュflush は平らな という意味で、扉の中身に木枠を作り、薄いべニアを張って仕上げた扉の事を言います。

中身に空洞が出来ているので扉として軽く、戸を閉めた時にバタンッ!と閉まる音が軽くなったり、扉を吊っている金具に負担が掛かりづらいのも利点ですね。

 

IMG_9163

フラッシュ戸の心材を組みまして。

IMG_9162

ボンドを塗りまして。表面のべニアを乗せまして。

 

IMG_9171

プレス機でぎゅーっと。

 

IMG_9173

大きなプレス機やパネルを切る為のパネルソーが揃っているので、建具の製作は思いのまま。

出来あがった扉に無垢材で作った引手を付けて、枠を作り、現場で大工が枠を取りつけ建具を吊りこんで完成。

IMG_9055

毎日開け閉めしている扉がどんな風に出来ているか、こうして作る工程を見てみるとちょっと面白いなぁ~なんて思ったわけであります。

 

 

 

 

Tags: , , , , ,