| Subcribe via RSS

特注のTV台

こんにちは、家具屋の五味です。

今月納品した特注のTV台をご紹介します。

今回リフォームをご依頼い頂きましたお客様にTV台もオーダーして頂きました。

IMG_2361

TV台天板はタモ無垢のハギ材です

正面の扉がラワン材のルーバーになっております。

このルーバーは作り手の職人さんなら分かると思いますが、相当に手がかかります。。。

繊細さと手際を求められる仕事で、職人の腕が鳴ります。

IMG_2357

 

IMG_2358

IMG_2364

ルーバーになっていることで収納する機器はリモコン操作ができます。

見た目もスッキリでスタイリッシュですね。

ルーバー扉は手前に開き、メーカー製のソフトダウンステーを使うことにより緩やかに開きます。

このステーは取り付けに多少の知識は要りますが、

非常に優秀なステーで見栄えと使い勝手の良さに差が出ます。

IMG_2363

 

 

 

左の内部には大きめの引き出しを設置しブルーレイなどのソフトも収納が可能です。

本来ステーのトルク計算や丁番の位置、ルーバーの間隔、ルーバーの止め方など

様々な試作検討が必要な部分ですがその辺は経験でカバー致しました。

IMG_2365

 

中央扉の引き手も木製で製作し、ルーバーのデザインを邪魔しないデザインになっております。

IMG_2362

 

設置は壁に吊りこみ式で浮いたように見えます。

納品後はお客様も大変喜んでおられたと聞きホッとしたと同時にとても嬉しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

Tags: ,

天井の仕上げ

先日、お客さんに塗っていただいたベニアを張っていきます。

最初にベニアを張る為の墨を出します。それにあわせて1枚1枚張っていくのですがベニアごとの間に隙間をつくったり入らないところには材料を切り、はめていきます。

DSC_0314

 

張れていくにつれ、かっこよくなっていきお客さんも喜んでくれています。

天井が勾配天井なので高いところになるにつれ足元が不安定になってくるので気をつけて作業していきたいです。

 

建具の製作

今週は新築に納める建具を九枚製作しました。

今回はラワン突き板のフラッシュ構造の建具です。

IMG_3299

フラッシュ構造とは、芯材を枠で組み両面を化粧合板で覆う構造を言います。

ベタ芯構造や無垢の框組みなどと比べて狂いが少なく、格段に軽いのが特徴です。

芯材はLVL材を使用します。LVL材はフラッシュ芯材や建築の梁などにも広く使用される積層材です。

IMG_3286

エアータッカーで芯材の枠組みをします。

プレスを使いラワン合板を両面に接着し覆います。

IMG_3296

IMG_3295

パネルソーにて長さと幅を決めます。

IMG_3298

上吊り金具や戸車、手掛溝などの必要な加工を施します。

今回は大手貼りはしないでLVLを見せる使い方です。

IMG_3301

IMG_3302

IMG_3303

IMG_3310

IMG_3313

IMG_3314

手に触れる手掛溝や角のエッジを丁寧にペーパーで丸くします。

IMG_3312

ラワン材の木目は選ぶことができませんが、比較的いい材料だとおもいます。完成です。

IMG_3315

 

 

 

 

 

Tags: , , , , , , ,

33枚の留めのテーブル。

投稿:やまもとふみこ

 

ぶばーっ! とか

ぎゅぃいーん!! とか

ばりばりばりーっ!!! とか。

大きな機械が動いていで木材の加工をしている時は工房中に爆音が響き渡ります。

 

固い木を加工している時などは特に凄い爆音で、事務所内での会話も大きな声で滑舌よく話さないと聞こえなかったり、電話の声も聞こえづらかったりと、少し不便も感じるけれど工房が静かだとそれはそれで何だか落ち着かない気もするんですよね(笑)

 

DSC_0027

今日の工房は大きな機械は一休みしていて、鉋(かんな)がしゃかしゃかする音が響き渡っています。

DSC_0032

家具職人の五味さんが作っているのは、改装中の店舗に納める33枚のテーブル。

表面メラミン化粧張りで、大手ラワン無垢留め加工。

留め は二本の木材の端を45°でカットしてくっ付けて、仕上がりを90°にする事を言います。

この二本を隙間なく、ぴったりと付けるのは実は結構難しい(らしい) 45°でカットした先端は細く尖るので、湿気や乾燥の影響を受けて隙間ができやすいのだそうです。

DSC_0035

鉋がけをしながらそんな話をしてくれるので、思わず厳しい目でしっかりぴったりくっついているかなって留めの部分を凝視しちゃいましたよ。。。

DSC_0036

33枚。綺麗にぴったりくっついていました。

普段何気なく見ている家具や、建具の隅っこだけど、ここがぴったりとくっついていないと全体として綺麗な仕上がりには見えない大切な箇所。

神々は細部に宿る と、昔の有名な建築家もおっしゃったように、細部にこそ職人の技と努力の結晶が詰まっているのですね。

Tags: , , , , , ,

ラワンの造作家具をチョコレート色の塗装で。

投稿:やまもとふみこ

ここ最近でご縁がありまして、近所でご活躍の設計士薬師寺祥子さんから、造作家具のご依頼を頂きました。

普段中山建設でお作りしている造作家具では、素材にシナ合板や突板などを用いる事が多いのですが、薬師寺さんから頂いたオーダーはラワン材をセレクトされていました。

少し前までは、家具などによく使われていたらしく、どこか懐かしい風合いのラワン材ですが、ここ最近ではラワン材の価格も上がっているようです。

中山建設ではこれまでラワンの家具をあまり多くは作って来なかったので、わたくしラワンをちゃんと見たのは初めて。

と、思っていたんですけど完成したラワン家具の木目を見て、ラワンってコレだったのか!。って。

写真 1

ちょっとザラザラとした手触りで、細かな木目がたくさん入っている表面は、昔日曜大工が趣味だったうちの父が良く使っていた材料でした^^

ラワンと名前で聞いても分からなかったけれど、手で触れた時の記憶はしっかり残っていたようです。(笑)

 

少し話がずれましたが、完成したラワンの家具は設計士の薬師寺さんとお施主様とで仕上げの塗装をDIYされる事になりました。

13237852_487253914805848_4873986133637122073_n

使用する塗料はリボス社のカルテッド。ほんのりうすーくピンク掛かったラワンをチョコレート色のオイルで塗装します。

ちなみにうちの父はペンキでぺっとり仕上げる事が多かったような。。。あぁまた話がそれちゃう。。

 

工房の一角を使っていただいて、塗装の仕方を簡単にレクチャーしていざ塗装。

13230145_487253908139182_7078759064073750169_n

体に優しい自然から作られたリボスのオイルは嫌な匂いも無く、DIYにチャレンジしやすい塗料だと思います。

刷毛でササッと塗ったらウエスでサササッと拭き取り。

13239990_487253888139184_6201875866898271563_n

 

沢山の家具を一日掛かりで仕上げて頂きました。

 

KIMG0117

こちらは現場へ取り付けに伺った村越さんが撮ってきてくれた写真。ちょっとぶれてます(笑)

キッチン周りの収納と言う事で、お施主様のご希望に併せて少し変わった納まり。既製品の家具では叶わない使い方も、アイデア次第でお好みの通りに仕上がりました。

天板部分に入れた青いタイルも素敵です。

 

KIMG0114

背面収納もお揃いのラワン。引き戸に付けたデザインガラスも懐かしい雰囲気ですね。


KIMG0113

 

既存の本棚と併せてテレビボードと壁面収納。

デザインが室内に馴染まないエアコンも、同じラワン材でルーバーを作ってインテリアに馴染む様になりました。

 

今回は設計士の薬師寺さんのデザインという事で、これまでの中山建設の造作家具とは素材もデザインも一味違った家具になりました。素材が違うだけでも印象がずいぶん変わる物なのだなぁと、思いました。

どこか懐かしい雰囲気のラワンの家具製作もお気軽にご相談くださいね^^

 

 

Tags: , , , , ,