| Subcribe via RSS

花梨の無垢フローリングの階段とアイアンの手摺り。

投稿:やまもとふみこ

 

家の中のほぼすべてのスペースを、花梨の無垢フローリングにするリフォーム工事を進めています。

建築の材料で使われている木材の花梨は、のど飴とかに使われる果実が実るカリンとは別の木なのだそうですが、木を切ったり削ったりするたびにバラみたいなとってもいい香りがするんですね。

現場や工房で加工の作業をしていると漂う花梨の香りが大好きで、思わず深呼吸してしまいます。

仕上げのオイルを塗るとよりハッキリくっきり、赤い木目が綺麗に見えるのも独特の魅力がある材料ですよ。

 

花梨は希少価値もある高級材なので材料が揃わない事が多く、幅木や見切り材なども全て花梨のフローリングを加工して作っています。そのたびに深呼吸(笑)

 

2階ホール手すり

主寝室、WICなどを既存フローリングの上に無垢フローリングを重ねる方法で張り進めて、階段ホールも同様に花梨の無垢フローリングを上張り。

吹き抜けになっている階段回りは花梨の無垢フローリングに合わせてアイアンの装飾が素敵な手摺りに変更します。

DSC_0260

手摺りを解体して、際まで花梨を張り終えて手摺りが付く前の状態。

手摺りが無くなっている事を忘れてうっかり転落!なんて事があったら怖いので、安全第一でテンポよく作業を進めて参りましょう。

unnamed (5)

アイアンの手摺りが搬入されてきました。

花梨の赤い床に、繊細なデザインと存在感のある黒のアイアンの手摺り。

中山建設のこれまでの施工事例ではあまりない素材の組み合わせなので、完成を楽しみにしていたんです。

unnamed (4)

アイアンの手摺りに木の笠木もついて二階部分の花梨無垢フローリング上張り完了。ステキっ!!

 

工事は引き続き階段を張りながら一階へと進んでいきます。

unnamed (3)

階段の踏面に花梨の無垢フローリングを張って、蹴込みには花梨の突板。

ブログではお久しぶりの登場な加藤大工が丁寧に作業を進めていますよ。

unnamed (2)

横から断面を見ると、既存の階段の踏面に花梨の無垢フローリングを重ねている事が分かりますね。

もちろんこの断面も見えなくなるように横に木材を当てて、一段づつ花梨の階段が出来あがっていきます。

階段の上張りが終ったら、そのまま一階の玄関ホールから各室へ工事が進んで行くので、その様子もまたお知らせしますね^^

 

 

 

と。ココまで記事を書き進めて、今日わたしすっごい「花梨」って打ってるなーと思って、思わず数えたらタイトル含めて17回も花梨って言ってる。。(笑)

そろそろ花梨がゲシュタルト崩壊しそうになってきたので本日はここら辺で。。。

 

 

 

 

 

 

 

ブビンガの一枚板テーブル

今週はブビンガの一枚板テーブールの仕上げをしました。

厚みが30ミリと比較的に薄い為、若干の反りがありました。

ゴールデンウィーク前から反りの強制を行ったまま3週間養生をし、やっと仕上げできる状態までもってきました。

IMG_3318

今回は特注でそり止め金具も製作しました。脚もスチールタイプでいきます。

先に裏面を仕上げてそり止め金具をつけます。

スチール脚も同時に仮付けします。

IMG_3320 IMG_3326

スチール脚がクールな印象です。

IMG_3322

 

表面と木口面の仕上げを行いオイルを塗装します。

塗った直後に木目が浮かび上がってくるのが分かります。

IMG_3336

 

IMG_3348

乾くと少し落ち着いた仕上がりになりますが、すばらしい木目の一枚板だとおもいます。

IMG_3350

ブビンガは非常に硬質で加工もしにくい木材です。硬質なためテーブル天板には適しています。

また、木目もすばらしく高級感もありますね。

刻め!若者よ!!

投稿:やまもとふみこ

 

「刻み」は、柱や梁などの構造体に仕口や継手などと呼ばれる凹凸を彫る作業のことを言います。

 

新築では工場で機械加工されたプレカットの材料を使う事が主流になっていますが、古くなった構造体を入れ替えるリフォームでは、今でも欠かす事の出来ない大切な大工の技術の一つです。

 

ただいま石谷大工が担当しているベランダ部分の改修工事に使用する材料の刻みの墨付けに杉山くんが挑戦中。

本人もの凄い真剣なのだけど、なんだか楽しそうだなと思って真横で写真撮りまくっておりました。

うむ。さぞやりづらかろう。

でも中山建設で大工さんになる以上、ブログ用に写真撮られるのにも馴れなきゃダメよ。って事でこれも修行です。

DSC_0221

墨付けは、墨差しと差し金で彫り込む箇所にしるしをつける作業のこと。

竹で出来た墨差しもあまり使われる事が少なくなっている様ですが、何事も最初が肝心!な石谷大工の指導方針でボールペンの使用は禁止だそうです。

DSC_0213

墨壺の墨をちょんちょんって付けて、墨差しでスーッと細い線を引く様子をしばらくまじまじと眺めながら周りをうろちょろ。

「杉山くんずいぶん渋い墨壺使ってるんだね」って、よくよく見てみたらプラスチック製でした。

学校で教材として購入した物だそうです。 ほぉ。

DSC_0225

 

中山建設のインスタグラム で、♯日々動画 のハッシュタグで毎日ちょこっとずつ動画のUPをはじめたので

杉山くんが墨付けしている様子を投稿しておいたら、お仲間の大工さんから 差し金の持ち方ちゃんと教えてやって!♯最初が肝心 ってコメントを頂きました。

若い大工さんの日々の成長を、みんな楽しみにしていますよ。

墨付けをする機会も減って来たけれど、せっかくのチャンス!しっかり学んで自分の糧にしていって欲しいですね。
日々動画も是非ご覧になって下さいませ☆

 

 

Tags: , , , , , , ,

素材一つで。

投稿:やまもとふみこ

中古戸建てのお住まいを購入して自分達の暮らしをはじめる時、そこが自分達の家になったんだって思いを深めて頂けるリフォームにしたいなって毎回思うんです。

18425924_1366102266801602_124626679_n

今回のリフォームでは奥様がデザイナーをされている事から、イメージを伝えて下さるのがとっても上手。

したい暮らしや、その空間での過ごし方がしっかりとイメージできているので私たちに出来る事はそのイメージをより良い雰囲気で実現できる素材を選ぶ・作りだすところから始まりました。

DSC_0032

例えば枠の色。飾り梁の色。キッチン扉の色。

よりイメージに近い素材を選んで加工をして、色を作り出するところから一つ一つ。

DSC_0031

何もない所から、素材が家の一部になって行く為の工程は、探索と悩みと決断の連続。

特に調色などの色決めは楽しい時間でもありますが、素材によって色の入り方も全然違ってくる難しい工程。材料を無駄にする事も出来ないので一発勝負。

ここで色を一つ間違ったら全体のバランスが大きく崩れてしまうし、材料を無駄にしちゃうしという極限のハラハラが続きます。

でもそんな時は熟練の職人さん達にしっかりとイメージを伝え、意見を聞きながら一つ一つの工程を慎重に進めて行きました。

18470876_1366102600134902_1136745361_n

使いたいタイルのイメージに近い物がなかなか見つからない時には、お客様がタイルの品番まで探し当てて下さったりして、自分達だけでなくお客様とも共同作業で一つ一つのパーツを探し集めて作り上げてきた。そんなリフォーム工事になりました。

DSC_0042

集めたパーツを現場の大工さんを始めとした職人さん達にお渡ししたら、後は出来あがっていく様子をひたすら楽しみに。

絵に描いた餅は食べられないケド、イメージを思い描いて下さったリフォームは実現するんです。

18358930_1304500552998921_3456364349205564717_o

18318993_1304499916332318_3080296411583229509_o

18359264_1304500716332238_8539296036294474838_o

栗の無垢フローリング。レッドシダーの家具。シナ合板着色のキッチン扉。珪藻土。タイル。

私たちが用意した素材に、お客様が選んだ小物や照明、食器や飾られたお花。

思い描いた暮らしを実現する為に必要なパーツが全てピタッと組み合わさったら、とっても素敵な家ができあがりました。

「良い家だなぁ。。って毎朝思うんです。」

って、リフォーム後にとっても嬉しい言葉を頂きました。

中古戸建の購入で、あまり実感の湧かなかった 自分の家だって実感! を深めて頂けたならリフォーム大成功。

私たちも、自分達発信のイメージづくりではなく、お客様発信のしっかりと思い描かれたイメージを形にして行く中で、素材の新たな使い方や見え方を知れた気がしています。^^

断熱リフォーム

「引き継ぐ家」寝室編。

以前リビング・キッチンのリフォームをさせて頂いたお客様から

「寝室が寒いからなんとかして。」とご依頼をうけました。

先日から秋元大工と高野大工が乗り込み。

まずは荷物移動~解体です。

大きな洋服箪笥やベットを移動します。

12畳ほどの部屋から隣の和室への移動です。

IMG_4129

 

IMG_4130

 

そして解体へ。

せっかく大きく解体するので

金物設置など大きく解体した部分は耐震補強をしていきます。

小範囲なので効果のほどはと聞かれると答えずらいのですが出来る事はやる。

大きすぎる鋼製サッシを

適度な大きさの樹脂サッシに変更。

床にはネオマフォーム45mm

杉フローリング仕上げ

壁・天井に断熱材高性能グラスウールを仕込みます。

IMG_4135

IMG_4127

 

 

Tags: , , , , , ,

西粟倉みんなの材木屋さんのジカバリを張りますよー。

投稿:やまもとふみこ

 

約45㎡のワンフロアを一日でリニューアル!

弥生台の学習塾セレッソさん から 西粟倉みんなの材木屋さん のジカバリフローリング張りのご依頼を頂きました。

既存カーペットの上に、裏側にゴムが付いた無垢フローリングをジカバリ。塾がお休みの日曜日の朝から夕方までで、工事を終わらせる段取りです。

ただ並べて行くだけなら大工でなくても簡単に施工をする事ができるのですが、ご依頼いただいたからには大工の技と道具と人海戦術(笑)で、一日でバッチリ綺麗に無垢フローリングの床を張り上げてみせましょう!

DSC_0055

今回の工事担当は秋元大工を筆頭に、4月入社の見習い大工高野くんと杉山くん。そしてわたくし山本も0.25人前くらいは役に立つんじゃない?って事で現場入り。

合計4名で45㎡のワンフロアをジカバリします!

DSC_0063

張り上がりにフローリングが美しく並ぶように、墨出しの作業をするのはもちろん秋元大工。

ピシッと引いた赤い線は、フローリング張り始めの基準線になります。

この時点で全体を張り終えた時の両端のフローリングが小さくなり過ぎないようにしっかりと計算がされているんですね。

思わず端っこから並べていきたくなっちゃいますが、張りはじめはこの基準線から。何事も最初が肝心なのです。

 

DSC_0099

中山建設の大工の中では一番年下だった秋元大工の事を、これまでずっと「修ちゃん修ちゃん」って呼んでたから今でも普通に修ちゃんって呼んじゃうけど、すっかり頼もしい先輩です。

これからは秋元大工って呼ぶようにしようかな。でもやっぱ修ちゃんは修ちゃんなんだよなぁ。

DSC_0071

そんな修ちゃんの仕事を盗み見つつ、どんどん作業を進めていく高野くんと杉山くん。

修ちゃんを見習って早く一人前の大工さんになっておくれ。

DSC_0123

もちろん0.25人前のわたくしもお手伝い。

基準線が決まれば後はフローリングをはめ込んでいくだけなので、女性でもお子様でも気軽に無垢フローリング張りをする事ができます。

実(さね)といってフローリングをはめ込む凹凸も綺麗で一枚一枚がパチッと気持ちよくハマるジカバリフローリング。

大工さん気分も味わえて楽しいですよ^^

DSC_0125

お昼頃、作業も順調に進んで半分くらいまで張り終えたところで、オイルを塗ります。

西粟倉で育ったヒノキの無節の無垢フローリング、オイルを塗ってくっきり浮かび上がる木目がとっても綺麗です。

DSC_0149

午後もひたすら作業を進めて、最後の一列。

ココはやっぱり大工ならではの美しい仕上がりを求める所。フローリングの長い面が壁に隙間なくぴったり付く(突きつけって言います)ように秋元大工指導の元、フローリングの最後の一列を張り終えました。

DSC_0142

部屋の隅っこを見ると、その現場を担当した大工さんのお仕事っぷりが分かると思うんですよね。

上手な大工さんほど、隅々までがとっても綺麗で部屋全体の空気がぴしっと気持ちよく引き締まっているのです。

フローリングの突きつけ で思い出すのがこの時の修ちゃんのお仕事。 もう6年前?になるんですね。修ちゃんが若いっ!

DSC_0155

夕方には予定通り一日で作業を無事に終え、ヒノキの良い香りがする学習塾が出来あがりました。

重たい材料運んだり、一日中屈みこんで床張ったり、オイル塗ったりしていたせいか腰痛が。。。あいたたた。。。

でも、たった一日で無垢の床にリフォームできる みんなの材木屋 さんのジカバリ。

端っこの難しい所は大工さんにおまかせして、後は自分達でDIYするのはきっと楽しいと思いますよ^^

是非一緒に挑戦してみませんか~?

本日の記事でご紹介したジカバリを取り扱っていらっしゃる みんなの材木屋さんHPは こちら

ジカバリフローリングを施工した学習塾 セレッソさんHPは こちら

リフォーム