| Subcribe via RSS

キッチン製作中

お盆期間中は夏休みを頂きました。

休み明けからフル稼働中の家具屋の五味です。

只今、旭区の工場では大型キッチンを製作中です。

 

IMG_5097

このキッチンはかなりの大きさとボリュームです。

それもその筈、コの字型キッチンなのでであります。

平面で見てコの字型なので壁面3カ所がキッチンになる訳です。

必然的にかなりの大きさになるわけですね。

IMG_5096

IMG_5098

IMG_5110

天板もタモの無垢材をはぎ合わせております。

工場には納品待ちの本体が所せましと並んでおります。

IMG_5111

納品がたのしみです。

納品後にまたご紹介させていただきます。

 

 

 

7月24日 10:43 未分類

gomi
gomi

家具屋の五味です。

6月からじめじめとした日が続いておりますが、

最近は梅雨明け間近なのかグッと気温が上がってきました。

 

今回は建具をご紹介します。

中山建設では家と家具と建具は全て自社で製作しております。

その中でも家具と建具は家具屋の五味が自社工場で製作しています。

工場を旭区に移転して木工機械を寄り家具製作向きの専用機をそろえましたので

さらにパワーアップしております。

IMG_4456

さて本題の建具ですが、

今回製作した建具はラワン突板合板でフラッシュという構造で製作しました。

フラッシュ構造とはよく合板などで多様される構造です。

中が中空になっており、表面は木の突板やポリ合板などで化粧張りをします。

中が中空になっているので見た目よりも軽くそして丈夫にできるのが大きな特徴です。

建具において丈夫さはもちろんですが、軽さは一つの機能と言ってもいいと思います。

IMG_4677

 

IMG_4679

 

IMG_4682

中山建設の建具の大きな特徴としましては

大手(おおで)と呼ばれる部材に必ず無垢の木を使っています。

大手とは建具の端の部分に来る材料を指します。

IMG_4678

このように無垢の部分に手掛けの掘り込み加工を施すことも出来ます。

こうする事によって手触りや見た目の木質感がよくなりグレードが上がります。

 

IMG_4683

また、こういう大手無垢張りの建具は外注の建具屋さんでは対応してくれません。

無垢の仕事が得意な工場だからできる作り方なんですね。

 

もちろん総無垢の框組の建具にも対応しております。

框組が気になる方はこちらの過去ログをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

お施主さまインタビュー

中山建設では、弊社で手がけた新築やリフォーム・リノベーションの施工例や施工中の様子などを、

ホームページやブログで紹介しております。

そして、単なる施工例だけでなく、実際に住んで生活をしている様子を見せていただき、

お施主さまの生の声を伺ってご紹介しています。

 

今回、2日間かけて、戸建てリノベーション1件、マンションリノベーション4件のお宅を新たに取材させていただきましたので、かけ足でその様子をご紹介します。

 

まず1件目は、東京のマンションをリノベーションされたお宅『桜見の家』です。

10年住んでいたお宅をリノベーションされたお客さま。

今の場所にとても愛着があり、窓からの景色も気に入っておられたそうです。

10年も住んでいれば、もっとこうしたい・こうなっているといいなという要望も出てきますし、

逆に最初はちょっと気になっていたけれど、住んでいくうちに慣れてしまってできたクセもあります。

それらを一つずつ丁寧に検討し、より良い住まいにするリノベーションだったようです。

 

打合せ時の資料を大事にとっておいてくださっていました。

それを見ながら当時のことを懐かしんでお話する姿が印象的でした。

62495428_2204592362989952_2294006118000623616_n IMG_3104

そして、私がこのお宅で実際に見てみたかった窓がこちら。

IMG_3106

とっても可愛いルームウィンドウです。

この窓の取っ手は家具職人さんのオリジナル。

お施主さまいわく、「使うたびに愛着が沸く”きゅん”ポイント」なんだそうです。

 

このお宅、実はまだ完成しておらず、これから2期工事が始まります。

またどうぞよろしくお願いいたします!!

 

 

2件目も、東京のマンションリノベーション『土間とフリーリビングのある家』です。

ホームページに施工事例が載っていますので、こちらも合わせてご覧ください。

>>施工事例へ

何といっても注目するのは土間スペースです。

ものが収まり、よりカッコイイ空間になっていました。

IMG_3115

お施主さまもお気に入りの空間だそうで、ここで愛車を眺めたりして過ごしているそうです。

 

IMG_3125 IMG_3128

 

そして、お子さんたちのスタディースペースもあるフリーリビング。

無垢の床が気持ちよく、お子さんたちののびのび具合が微笑ましかったです。

 

中山建設に決めた理由は?との質問に、いくつかお答えいくださりましたが、

その中で、きっちりした図面より、手書きの図面が、自分がよりイメージしやすかったというのがあったそうです。

 

中山建設では、どんな小さなリノベーションでもコンセプトを立てて進めています。

デザインだけでなく、どんな暮らし方をしたいかを考えられたものであり、

そんな温かみのある図面が、きっとお客さまとマッチしたのですね!

 

子供たちの成長や、巣立っていった後の住まい方も考えられているこのお宅、

これから長いスパンでご家族の形に合わせて変わっていくのが楽しみです。

 

 

2日目に入りまして、ここからは地元横浜の物件です。

 

3件目は、『空中ガーデンのある家』

住まいながらのリノベーションでした。

 

見てください!この素敵なキッチン!!

きれいに丁寧に使ってくださっていることが一目でわかります。

私も見習わなければ・・(笑)

IMG_3145

IMG_3152

リビングの窓際もこのとおり。素敵な空間です。

こちらのお施主さま、ガーデニングが大好きなお方で、コンセプトにもなっている空中ガーデン・・

不覚にも写真を撮っておりませんでした(汗)

その様子は、ホームページの記事でご覧いただくとして・・

住まいながらのリノベーションだったので、施工中のエピソードや大工さんの印象など、

たくさんお話を聞くことができました。

「大工さんが作るもの、さすがです!何でもぴったりなんです!」と仰っていたお施主さま、とてもチャーミングなお方でした。

 

仲間とシェアして使える別荘を建てたいと嬉しいお話も!

そのときは、また一緒に楽しい家づくりをさせていただきたいです。

楽しみにお待ちしています!!

 

 

続きまして、今回唯一の戸建てリノベーション『緑とつながる家』です。

こちらのお宅は、とにかくご主人さまがご家族思いで、奥さまはもちろんお子さんたちにも意見を聞いて進められたリノベーションでした。

引越しにあたり、新築か中古物件のリノベーションか迷っておられたお客さま、

古いものを買うことは悪いことじゃない、古いものを自分たちに合うように新しくしていく過程をお子さんたちに見せるのも良いのでは?

という中山の言葉も背中を押して、リノベーションを選択したそうです。

はじめは新築が良かったお子さんたちも、「今の家が良い!」と迷いなく答えていました。

 

IMG_316762462365_423934215127025_3311597850265124864_n

 

そして、見事にお子さんたちの心も掴んだ中山。

帰り際にお手紙をもらって、思いがけないことに、心なしかうるうるしていた様子でした。

62252326_393892198136412_5949423178416652288_n

決定的な瞬間を撮り逃してしまいました・・しかもピンボケ(笑)

 

 

最後は、『窓際ソファーのある家』

こちらもマンションリノベーションです。施工事例も合わせてご覧ください。

>>施工事例へ

 

いくつかの会社を回って検討していたお客さま、

中山建設から提案された間取りは、希望したものとは全然違うもの。。。

でも、実はそれが本当にやりたい形だったとか。

それまでの検討の中では、どの会社でも、コスト的にも難しいと画一的なリフォームを提案され

そういうものしかできないんだと思い込んでいたところの提案で、とても驚かれたそうです。

家のことや暮らしに関することを考えることが楽しくなったとおっしゃっていた様子が、

とても生きいきとしていて、私も嬉しくなりました。

IMG_3178

 

お気に入りの場所はもちろん窓際ソファー。

皆の寛ぎようを見てください!

62238292_323822131847945_4964450971145994240_n

「ソファーの幅、高さともに秀逸で、ここに座らずしてどこに座るんだ!?」

と名言が飛び出しました!

そのくらいお気に入りの場所になっているって、作り手としたら本当に嬉しい限りですね。

 

 

5件のお宅でインタビューさせていただいた中で、どのお客さまも共通していたのは

ご提案時の手書きの間取り図が良かった!決め手となった!!

提案の内容は、デザインだけでなく、そこに住まう人の住まい方・暮らし方が考えられていた

代表の中山をはじめ、大工さんたちの人柄に親しみを持てた

大工さんの仕事ぶりに信頼が持てた

といったことでした。

まさに、私たちの強みであり、求められていることだと感じました。

 

 

そして、私が感激したことがあります。

それは、実際に住んでみて感じたことを、

もっとこうすれば良かった、とか、こうして欲しかったという伝え方でなく、

こうするともっと良くなるのでは?と、「次のお客さまのために」考えてご提案してくださったことでした。

お客さまが、自分とは全く関係のない次のお客さまのことを考えてくださるなんて、そうそうあることではありません。

お客さまに恵まれていること、

そんな素敵なお客さまと家づくりをさせていただけること、

とても幸せなことだと改めて感じました。

 

 

ハウスメーカー、建築事務所、工務店、、とそれぞれに良い面があると思います。

お客さまの志向などによって、合う・合わないもあります。

家づくりをされる皆さんが、それぞれのベストな選択をして、楽しい家づくりができたらいいなと思います。

 

私たちは私たちの強みをもっともっと前面に出して、

今回のインタビューでいただいた要改善事項にきちんと対処して、

中山建設の家づくり・ものづくりの考えに共感してくださるお客さまと、

さらに楽しい家づくり、より良い家づくりを目指していきたいと思います!!

 

 

中山建設の家づくりにご興味をもっていただけましたら、

ぜひ、ホームページから資料請求や見学のお申し込みをしてくださいね!

スタッフ一同、お待ちしております。

>>お問い合わせはこちら

 

 

今回インタビューしたお客さまの声は、間もなくホームページでご紹介させていただきます。

どんな記事になるか、私自身も楽しみです!

公開しましたら、またご案内します。

どうぞ、お楽しみになさっていてください。

 

 

キッチン収納の製作。

家具屋の五味です。

今回はこだわりのキッチン収納のご紹介です。

天板はタモ無垢材を使い、剥ぎ板にて製作しました。

IMG_3609

本体側板はラワン合板にて、

中段の板と引き出しの前板は無垢を張ったフローリング材を使っております。

IMG_3612

随所に無垢材を使うことで重厚感が出て質感がグッと上がります。

今回はフローリング材を家具の材料として使うことで綺麗過ぎずラワン合板との相性がいいように思います。

本体側板にラワン合板を使用し全てを無垢材にしないことでコストコントロールもしています。

中段にはスライド棚をつけてあり機能面と見栄えにこだわりを入れております。

IMG_3610

裏側も一部分見えてくるので化粧を施しました。

IMG_3613

 

引き出しも蹴込みの部分まで収納になっており深い引き出しにすることが出来、収納力にも拘っています。

IMG_3611

 

こんなこだわりの特注キッチン収納はいかがでしょうか。

 

作りつけ家具をつくる

今、都筑区の工場では杜CAFEのオープンに向けて製作中です。

こちらはCAFEのキッチンに納める吊り棚です。

IMG_3508

両面側から見える為これまた気を使います。

今回のポイントはお客様から見える側は継ぎ目の無い様にしたことです。

通常は箱型の家具を作る際には縦に使う 「帆立」 と呼ばれる部材と

横に使う 「地板・天板」 と呼ばれる部材で構成されますが、

各板の厚みのラインが見えて来てしまうのが普通です。

その為に縦と横の継ぎ目が見えてしまいます。

今回は一手間加えて四方留めの様な作り方をしました。

IMG_3500

この方法のせいで木目の繋がりが途切れることが無くすごくスッキリしたデザインに見えます。

両面仕様の吊り棚でメープル材の白い色とシンプルな木目にはこの工法はピッタリな気がします。

気になる方はオープン後に杜CAFEまで見に来られてはいかがでしょうか?

いろいろな意味で杜CAFEのオープンが楽しみですね。

 

そんな中でも仕事の切りの良い場面では、お待たせ致しておりました本棚を製作しました。

ラワン合板で作った本棚がこちらです。

IMG_3474

ラワンの持つ独特の木目がとても良い雰囲気を出していると思います。

IMG_3533

塗装には色付きのオイルを施しています。

高野大工と納品に行ってまいりました。

実際にお部屋に取り付けると工場で見ていたのとは違う色や表情が見えてきてとても素敵だなと思いました。

 

 

そして一息つく間も無くCAFEの最終局面に突入です。

残りは建具と引き出しの面材ですがこの部分は無垢材で製作します。

要するに一番の見栄えになってくる部分でもあります。

IMG_3527

 

 

IMG_3528

建具は框組みでお得意のホゾで組みます。

ホゾ組みは自分の十八番なので苦も無く加工しちゃいます。

IMG_3520

やはり木工でこういう加工はやっていて楽しいですね~。

IMG_3532

IMG_3531

以上です。五味

 

 

カフェ什器の製作

中山建設運営で二月下旬にオープン予定の「杜カフェ.B」。

今、カフェスペースでは石谷大工が急ピッチで内装を手がけています。

そして、工場ではそのカフェの厨房に設置する什器の製作に入りました。

およそ20平米くらいのスペースにL型引き出し付きカウンターや

つり棚が所狭しに計10台くらい並びます。

そのほとんどがお客様側の表面と厨房側の裏面が見える仕様となっており、家具屋泣かせの造りになっています。

何故家具屋泣かせかと言いますと、

両面仕様の家具というのは裏側がないと言うことなので作業の「逃げ場」が少なく難易度は高くなります。

その分見栄えや利便性は高くなるのがメリットだと思います。

 

IMG_3425

 

IMG_3427

 

IMG_3426

IMG_3420

とりあえずは、第一段の納期に間に合うよう頑張って作っているところです。

完成が楽しみです♪

以上です。五味

 

 

 

 

 

 

リフォーム