| Subcribe via RSS

特注のTV台

こんにちは、家具屋の五味です。

今月納品した特注のTV台をご紹介します。

今回リフォームをご依頼い頂きましたお客様にTV台もオーダーして頂きました。

IMG_2361

TV台天板はタモ無垢のハギ材です

正面の扉がラワン材のルーバーになっております。

このルーバーは作り手の職人さんなら分かると思いますが、相当に手がかかります。。。

繊細さと手際を求められる仕事で、職人の腕が鳴ります。

IMG_2357

 

IMG_2358

IMG_2364

ルーバーになっていることで収納する機器はリモコン操作ができます。

見た目もスッキリでスタイリッシュですね。

ルーバー扉は手前に開き、メーカー製のソフトダウンステーを使うことにより緩やかに開きます。

このステーは取り付けに多少の知識は要りますが、

非常に優秀なステーで見栄えと使い勝手の良さに差が出ます。

IMG_2363

 

 

 

左の内部には大きめの引き出しを設置しブルーレイなどのソフトも収納が可能です。

本来ステーのトルク計算や丁番の位置、ルーバーの間隔、ルーバーの止め方など

様々な試作検討が必要な部分ですがその辺は経験でカバー致しました。

IMG_2365

 

中央扉の引き手も木製で製作し、ルーバーのデザインを邪魔しないデザインになっております。

IMG_2362

 

設置は壁に吊りこみ式で浮いたように見えます。

納品後はお客様も大変喜んでおられたと聞きホッとしたと同時にとても嬉しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

Tags: ,

クラフトマンの家の家具

こんばんは。家具屋の五味です。

先週はクラフトマンの家に納める家具を仕上げました。

この家具はクラフトマンの家最大の見せ場になる部分です。

いつもそうですが、それはもうかなりの気合を入れています。

その最大の見せ場ですがレッドシダーのキャビネットに取り付く6.5mの天板です。

6.5mの天板と軽く言いましたが、そもそも6・5mもある材木は規格外の大きさですので売ってはいません。。

自分も24年間無垢の家具を作ってきましたが、こんなに大きな板は初めて作ります。

IMG_1829

(材木の使い方を決める木取り作業)

 

これはもちろん「はぎ板」です。はぎとは幅の狭い板を貼り合わせて大きな板にすることを言います。

IMG_1849

(はぎ前の状態)

 

 

はぎは無垢財を扱う木工の基本的な技術ですが、これを失敗すると後に「ハギ割れ」をおこしたりするので最も重要な技術でもあります。

加えてこの長さのものですから当然長手方向にもはぎます。

IMG_1848

(ハタガネを使っての圧締作業)

 

これがまた長いこと長いこと。。骨が折れるとはこの事です。。。

そして完成系がこちらです。変な形をしてるのは取り付け後のお楽しみでとって置きますね。

IMG_1859

 

メインの天板を仕上げた後、キャビネット本体も順調に組みあがり、工場にところ狭しと置いてあります。

 

IMG_1915

キャビネットの見せ場はこの扉です。

無垢の框を強度の有るホゾ組みで組んでおります。

IMG_1902

「ホゾ組み」は「ダボ組み」などに比べて技術的に経験が必要だったり、作るのに時間もかかったりと高価ではありますが経年で壊れることは先ず有りません。

良い家具と言われる物にはやはりホゾ加工は欠かせません。中に入る羽目板もラフ材を表に出した特徴的な仕上がりです。

羽目板の模様も敢えてランダムになるように全体を見て決めています。

 

IMG_1881

(ホゾ穴を角のみ盤で加工中)

 

そうやって手をかけた家具たちが無事に出荷されてやっと肩の荷が下ります。

IMG_1924

(長すぎてトラックにおさまりません 笑)

 

 

取り付け後の様子はまた後ブログに書かせていただきます。

この夏はまだまだ忙しくなりそうです。

以上です。

 

 

アルダー材6mカウンター収納・楢の大型壁面収納の納品をしてきました。

工場では先週に引き続き今週も家具の納品があり、そこに向けての製作に大忙しでした。

先週の納品ではアルダー材で作った6mを超えるカウンター収納と4mのカフェカウンターを納品してきました。

IMG_1031

 

IMG_1030

大工さんにも一緒に取り付けに行ってもらいかなり順調に取り付けることができました。

IMG_1021

現地調査時の採寸も上手くいっていたのと、家具とカウンターの取り付け方法などを工夫したのが

功を奏したのだと思います。

 

そして今週の家具取り付けは背丈の二倍以上の高さの楢柾突き板で作る洗面付きL型壁面収納、

2mを超える大きさのダイニング収納、TV台とかなり物量があります。

これだけの高さがあると重ねるのにも一苦労でした。

IMG_1093

 

特に難しいのは壁に沿ってL型に折れる所です。

IMG_1092

壁の垂直や直角度などつじつまを合わせて納めなければなりません。

これらを纏めるには製作時からの納め方に対する読みと取り付けの経験が必要になってきます。

IMG_1102

 

IMG_1100

こちらは二日間に及ぶ取り付け作業でしたが、予定通りに終わることができました。

そして来週の納品に向けて更に大型家具を製作中です。

最近では大型家具の注文が増えています。これらの製作を任せてもら

えるのはお客様が家具の

品質を認めてくださっているからだと思います。

ご期待に沿えるよう更に気を引き締めて製作に励みたいと思います。

 

五味

 

 

 

横浜で25坪の家に住む

最近の事なのですが

お客様からのご依頼で2案件、25坪以下の住宅を計画しました。

25坪でも豊かに暮らせる工夫がたくさんあり魅力的な提案になりました。

見積もりまで作成して概算金額も積算済み。

小さな家の可能性を知ることが出来ました。

実現には至らなかったのですが、埋もれさせるにはもたいない。

せっかくなら

「マンションを購入するような価格帯で一軒家に住むことが出来ないか!」

プロジェクトに取り組みます。

古川都市建築計画の古川さんと共に

中山建設的、小さな家を提案していきたいと思います。

19821122_1057598924373677_977973453_o

19808012_1057598931040343_1464524210_o

(写真:古川達也)

本体価格 1900万台の価格設定。

基本スペックは高めておきたいと考えていますので

耐震等級 3

高気密・高断熱

無垢フローリング木の家

作りつけ家具

上記内容は外せないな!

敷地を読み解き

住まう方にとって居心地の良い家。

クライアントにとって唯一無二スペシャルな家を作りたいので

当然自由設計です。

始めてみます。

 

ラワンの造作家具をチョコレート色の塗装で。

投稿:やまもとふみこ

ここ最近でご縁がありまして、近所でご活躍の設計士薬師寺祥子さんから、造作家具のご依頼を頂きました。

普段中山建設でお作りしている造作家具では、素材にシナ合板や突板などを用いる事が多いのですが、薬師寺さんから頂いたオーダーはラワン材をセレクトされていました。

少し前までは、家具などによく使われていたらしく、どこか懐かしい風合いのラワン材ですが、ここ最近ではラワン材の価格も上がっているようです。

中山建設ではこれまでラワンの家具をあまり多くは作って来なかったので、わたくしラワンをちゃんと見たのは初めて。

と、思っていたんですけど完成したラワン家具の木目を見て、ラワンってコレだったのか!。って。

写真 1

ちょっとザラザラとした手触りで、細かな木目がたくさん入っている表面は、昔日曜大工が趣味だったうちの父が良く使っていた材料でした^^

ラワンと名前で聞いても分からなかったけれど、手で触れた時の記憶はしっかり残っていたようです。(笑)

 

少し話がずれましたが、完成したラワンの家具は設計士の薬師寺さんとお施主様とで仕上げの塗装をDIYされる事になりました。

13237852_487253914805848_4873986133637122073_n

使用する塗料はリボス社のカルテッド。ほんのりうすーくピンク掛かったラワンをチョコレート色のオイルで塗装します。

ちなみにうちの父はペンキでぺっとり仕上げる事が多かったような。。。あぁまた話がそれちゃう。。

 

工房の一角を使っていただいて、塗装の仕方を簡単にレクチャーしていざ塗装。

13230145_487253908139182_7078759064073750169_n

体に優しい自然から作られたリボスのオイルは嫌な匂いも無く、DIYにチャレンジしやすい塗料だと思います。

刷毛でササッと塗ったらウエスでサササッと拭き取り。

13239990_487253888139184_6201875866898271563_n

 

沢山の家具を一日掛かりで仕上げて頂きました。

 

KIMG0117

こちらは現場へ取り付けに伺った村越さんが撮ってきてくれた写真。ちょっとぶれてます(笑)

キッチン周りの収納と言う事で、お施主様のご希望に併せて少し変わった納まり。既製品の家具では叶わない使い方も、アイデア次第でお好みの通りに仕上がりました。

天板部分に入れた青いタイルも素敵です。

 

KIMG0114

背面収納もお揃いのラワン。引き戸に付けたデザインガラスも懐かしい雰囲気ですね。


KIMG0113

 

既存の本棚と併せてテレビボードと壁面収納。

デザインが室内に馴染まないエアコンも、同じラワン材でルーバーを作ってインテリアに馴染む様になりました。

 

今回は設計士の薬師寺さんのデザインという事で、これまでの中山建設の造作家具とは素材もデザインも一味違った家具になりました。素材が違うだけでも印象がずいぶん変わる物なのだなぁと、思いました。

どこか懐かしい雰囲気のラワンの家具製作もお気軽にご相談くださいね^^

 

 

Tags: , , , , ,

栃の一枚板で作った立礼卓と和モダンな壁面収納

 

投稿:やまもとふみこ

 

先日、製作の様子をお伝えしておりました栃の一枚板を使用した立礼卓 のお届けに上がってきました。

お友達を招いて茶道のおもてなしをされるお部屋なので、和の設えに併せた壁面収納の取り付けも一緒に行います。

当日の担当は家具職人の村越さんと、大工の秋元君とでお伺い。私はお伺いする事が出来なかったので、今日のブログの写真は全て秋元カメラマンの撮影です^^

 

IMG_0069

 

 

事前に細かな採寸をし、工房で可能な限りの加工を済ませておくことでスムーズに取り付け作業が進みます。

壁面いっぱいに収納を作る事で隠れてしまうコンセントなども、延長して家具の下側に位置をずらして取り付け。 見た目にもスッキリと、電気配線などの使いやすい様にプランしてあります。

IMG_0062

 

テーブルは製作した物をお届け、設置するだけですが

天板も脚も、栃の一枚板を使用して製作したので、二人掛かりで慎重に搬入を済ませました。

 

IMG_0063

 

 

炉の位置やお作法に必要な道具の寸法など、恥ずかしながら茶道に縁のなかった私には、終始手探り状態で何度も確認をしながらの製作だったので、お届けした家具が無事に気に入って頂けるかとても不安でしたが、後日頂いたメールではとっても喜んでいただけたご様子でした。

ほっ。

IMG_0065

 

早速秋のお茶会の計画をされていらっしゃるそうなので、これからお迎えするお客様に立礼卓と壁面収納のお披露目をして頂けるそうです^^

 

IMG_0072




壁面収納の取り付けが終わって、立礼卓にお茶道具をセットして頂いたら、実際に行われるお茶会の雰囲気が良く伝わってきました。

和モダンな壁面収納と、栃の一枚板の立礼卓、無事お届け完了です♪