| Subcribe via RSS

キッチン納品

昨日はキッチンの納品をしてきました。

今回はリフォームでのキッチン製作となります。

形はI 型とアイランド型です。

 

天板はステンレスと無垢のタモ材の二種類を使っています。

IMG_4126

タモの天板にはウレタン塗装をしてありますので水に対しての耐水性もあります。

この様にシンクを埋め込むこともできます。

IMG_4132

左の奥にはコード穴があります。

IMG_4131

 

この様に引き出しの数も多くかなりの収納力が有ります。

IMG_4125

 

そしてアイランド型は両面使いとなっております。

片側は引き戸の収納です。

IMG_4128

 

 

反対側はシンクと食洗機とゴミ箱収納を兼ね備えたつくりになっています。

こちらにも引き出しが三杯付いているので収納力があります。

形が複雑な為製作はかなり難しかったです。

IMG_4129

 

以上です。

 

 

 

 

ケヤキの造作カウンターとオーダーメイドのキッチン製作。

投稿:やまもとふみこ

 

大倉山のマンションフルリノベーション工事 の様子です。

今回は現場でのケヤキのカウンター製作の様子と、工房でのオーダーメイドキッチン製作の様子をお伝えします♪

IMG_2488

まずは大倉山の現場へ。

マンションのフルリノベーション工事なので、一度全てを解体しまっさらになった状態から部屋の間取りはもちろん水回り設備の位置なども大きく変更しています。

フローリングが張り終わって、養生シートを敷いた室内は新しく間取りを変えた部屋の間仕切り壁が立ち、室内の形が見えてきました。

IMG_2490

キッチンになる場所から見渡せるLDKの一部は小上がりになっており、畳が入ってモダンな和の設えに。

下部に収納スペースを取れたり、たくさんのお客様がいらしても座卓を囲んで食事ができたり、寝室になったりといろいろと用途の多いスペースです。

和室のないお家も多くなってきましたが、イグサの匂いのする畳の部屋でごろんと寝転がるのはやっぱり気持ちいいんですよね。

IMG_2491

内部の造作材の加工はダイニングスペースになる場所をお借りして。

持ち込んだ大きな材料の加工をしているのはこちらの現場担当の加藤大工です。

IMG_2492

ケヤキの一枚板を加工して、小上がりの窓に取り付けるカウンターを作っています。

ケヤキは古くから日本家屋や神社仏閣などにも使われてきた材料で、磨くととっても綺麗な光沢が出るのが特徴的な貴重な材料なので

鉋がけの上手な加藤大工の手に掛かっての仕上がりが今から楽しみですね。

そして、現場での作業と並行して工房ではキッチンや収納などの製作が大詰めです。

IMG_2495

オーダーメイドでの製作なのでもちろんステンレスのシンクやキッチンカウンター下の収納なども全て特注で作ります。

お客様と担当者とでお打合せをした内容は、工房に戻ってすぐに図面を製作し、職人と共に細部の納まりを確認しながら製作を進めるので、時間や費用の無駄が無くかつ精度の高いオーダーメイド製作が可能です。

木部の製作が終わったら、塗装の仕上げ。 キッチンなどの水廻りで使われる家具には、水はじきを考慮してウレタンクリアー吹き付けの塗装をします。

FotorCreated

塗装はお馴染み佐藤塗装さんの佐藤さん。

タモのカウンターが綺麗に仕上がりました。

IMG_2501

材料を加工して、家具を組み立てて、塗装で綺麗に仕上げをして、仕上がった物はキズを付けないように丁寧に梱包して現場へ入れる日まで大切に保管。

私たちにしてみたら毎日の事で見慣れた風景ではありますが、馴れずに!ダレずに!

お客様からご期待頂いて作っている大切な家具だと言う事を肝に銘じて、最初から最後まで丁寧に大切に仕上げてお届けしています^^

Tags: , , , , , , , , , , ,

女子会リノベーション~KOHLERのキッチンシンクとシャワー水栓~

投稿:やまもとふみこ

 

わたしがまだ学生だった頃、インテリアコーディネーションの授業では床材、壁紙、住宅設備の一つ一つを選んでプレゼンテーションボードを作る課題があったのですが毎回、水廻りの設備はKOHLERの金具を選んでいました。だって可愛いんだもの。

その度に先生に

KOHLERの商品は確かに素敵だけどお値段も高いし、そんなにたくさん使わせて下さるお客様もなかなかいないのよ~」なんて事を良く言われた物です。

確かに、日本の有名メーカーさんの物と比べたらお値段も高いけど、でもやっぱり個性的な形や色がたくさん揃っている海外社製品はとっても素敵なんだよなぁ~。。

 

と。

密かに憧れ続けていたKOHLER

今回たくさん使わせて頂きました♡

IMG_1083

 

 

さりげないロゴもかわいい♡

 

IMG_1081

 

電球色の照明を付けていたから本来の色が分かりづらいのだけど、

琺瑯のシンクのカラーは優しい色合いのアーモンドカラー。

ブラッシュドクロームの水栓は、アンティークっぽいデザインでありながらも、機能的なシャワー水栓になっていて使い勝手良し◎なのです。

どちらも上品で、タイルの壁面やワークトップの雰囲気と良く似合っています。

 

IMG_1088

こちらの洗面ボウルと水栓金具も同じく KOHLER の中からセレクトしました。

海外製品なので、発注から納品までが3か月近く掛かる事もあるので長期計画のリフォームでないとなかなかご提案ができないのだけど、今回は度重なる女子会打ち合わせ で、

「水廻りは絶対 KOHLER が良いっ!」とお施主様も私も決意が固く(笑)納品を心待ちにしてのキッチンと洗面台の製作だったのであります^^

IMG_1078

学生時代、カタログを眺めては憧れ続けていた水栓やシンクが目の前にあるだなんてちょっと感動♪

デザインも、素材も、設備も取っ手の一つに至るまでたくさん悩んで、本当にお気に入りの物だけを揃えたお部屋が出来あがりました。

家具も小物もこだわって選んでいらっしゃるので、それらが全て揃った時に綺麗な写真を撮りにお伺いしたいと思います^^

是非お楽しみになさってくださいね^^

Tags: , , , , , , , , , , , ,

レッドシダーの家具製作が始まりました。

投稿:やまもとふみこ

理容室の店舗改装工事が始まりました。

IMG_5081

 

上の写真は今の店内の様子です。

お店の営業を長くお休みする訳に行かないので、今は工房での家具製作がメインです。

工房で出来る限りの準備をしていって、一気にワーッと短期で仕上げる店舗内装工事はちょっとワクワクします。。こっそりワーに紛れようかと。。(笑)

 

前回店舗改装した時に貼り替えた杉の無垢フローリングがとても気に入っていらっしゃるとの事だったので、今回その床はそのままに

店内の家具を作り替える事になりました。

 

写真 3

なので、ただ今工房内はレッドシダーの接ぎ材を大量生産中。

本来はウッドデッキの材料として使われる事が多いレッドシダーですが、耐久性が良い事からカヌーの材料等にも使われてきたそうです。

切ったり削ったりの加工をする度に、さわやかな良い香りがするのは、木に含まれている殺菌力のあるヒノキチオールのおかげ。きっと誰もが好きな香りだと思います^^

写真 2

触れた時の手触りも柔らかく温かみがあるので、今回ご提案する時にもきっと気に入って頂けるだろうなぁと思っていました。

これだけたくさんのレッドシダーの家具のあるお店は、なかなかないのじゃないかな??仕上がりが楽しみです^^

 

 

Tags: , , , , , , , , ,

深呼吸したくなる家その2 杉のオーダーメイドキッチン

12月12日 18:24 リフォーム

yamamoto
yamamoto

投稿:やまもとふみこ

 

昨日に引き続き 深呼吸したくなる家のお話し。

今日は工房から、ただ今製作中のキッチンのご紹介。

 

IMG_5120

工房の一角にどーんと現れたU型(コの字型)のキッチン。

IMG_5122

こちらもまた杉材を使用して作っています。

IMG_5125

シンクやコンロの他に、お手持ちのワインセラーも収納でき、細かな使い勝手も自分の思う様にできるキッチンは、既成のシステムキッチンにはないオンリーワンの魅力がいっぱい。

IMG_5126

板をカットする度、取っ手の溝を掘る度、杉の爽やかな香りと摩擦で木が焦げた香ばしい匂いが工房中に漂ってきました。

取り付けが済んだらまたご紹介いたしますね

Tags: , , , , , ,

深呼吸したくなる家その1 深呼吸したくなる秘密

12月11日 20:24 リフォーム

yamamoto
yamamoto

投稿:やまもとふみこ

 

「思わず深呼吸したくなる、ず~っと家にいたくなるような家にしたい。」

 

都内の海沿いの地域からお住まいのお客様からのお問合せで、一番最初に頂いたメールの一言にそんな言葉が添えられていました。

住まいへの憧れやこだわり、想いが詰まったその言葉をヒントに打ち合わせを重ね、お客様と共に知恵を出し合いながらプランを固めて

「深呼吸したくなる家」の工事が始まりました。

 

904161_483559678426350_2006691204_o

 

 

フローリングや、天井の板張りには杉板。

温もりある柔らかな質感を持つ杉板は、室内を素足で生活をする日本人の暮らしには適した素材と言えるのかも知れません。

ともすれば無機質な雰囲気になりがちなマンションのインテリアに豊かな表情を与えてくれる優しい木目の風合いも、とても素敵ですしね^^

爽やか杉の香りも、思いっきり吸い込みたくなる空気を作ってくれます♪

 

IMG_3429

そして室内の全ての壁面は珪藻土の左官仕上げ。

今回珪藻土は、 湯布珪藻土  を採用しました。

こちらの珪藻土は大分の工務店さんが、珪藻土の専門家 株式会社ウェル の山本さんと共に開発したというこだわりの珪藻土です。

株式会社ウェルさんが運営する珪藻土についてのサイト Tane.net では、珪藻土の性能やセルフビルドのススメ、セルフビルドを支援してくれる職人さんのご紹介などなど

珪藻土について知りたい事が網羅されているサイトです。 ご興味ございましたら是非ご覧くださいませ。

IMG_3407

湯布珪藻土のサイトでは、珪藻土を自社開発するに至った経緯や、原料となる土の採掘場所など

湯布珪藻土が出来るまでを詳しく紹介されていて、珪藻土と言う素材に真摯に向き合い、本当に良い物をお届けしたいという心意気が伝わってきます。

綺麗な空気を思いっきり吸い込んで深呼吸!

さらにもう一つ、とても良い香りのするキッチンを作成中。

収納やレイアウトにもこだわった技あり!のキッチンです。

現場の追い込み作業が続いて、工房は連日遅くまで灯りが付いています。

その様子はまた明日にでも。。。。

Tags: , , , , ,

リフォーム