| Subcribe via RSS

ハロウィン飾り

Rakuda工房でおなじみの木の小物たち。

先日、ハロウィン飾りができあがりました!

 

こちらはチークの板で作った飾り。

玄関やリビングなど、どこでもちょっとしたスペースに立てかけて飾ることができます。

こちら、先日、手作り品販売サイトminneにて販売開始したところ、

早速お買い上げいただきsold out。どうもありがとうございます!

ただいま新たにカリンの木で製作中。

近日販売開始いたしますのでお楽しみに!

 

かざり7

 

小さな置物も作りました。

魔女ブビンガ5

 

ハロウィン家8

魔女と館。

写真のものは魔女はブビンガの木、館はウォルナットで作ってます。

こちらも手作り販売サイトで販売しております。

 

他にもアクセサリーやパズルなど、木の作品を下記のサイトにて販売しております。

今後も9月中はハロウィングッズを中心に作品をアップしていく予定です。

ぜひチェックしてみてくださいね。

*************************************

ハンドメイド・手作り作品の通販、販売tetote 作家名:nao

ハンドメイド・手作り・クラフト作品のマーケットminne 作家名:Rakuda工房

ハンドメイド・手作り・クラフト作品の通販、販売サイトCreema 作家名:Rakuda工房

*************************************

Tags: , , , , , , , , , , , ,

設計士の古川さんから、素敵デザイン賞を頂きました♪

投稿:やまもとふみこ

 

先日上棟式の様子をお伝えした ぐるっと回れる家 では、本当にありがたいことに

「我が家を中山建設の広告にバンバン使っちゃってください!!」と、感涙もののお言葉を頂いておりまして、ありがたくお言葉に甘えさせて頂き、こんな看板を付けさせて頂いたり、お餅まきも盛大に宣伝させて頂いたりと、広報としてやってみたかった事を、とにかく色々やってみよう!って思っている現場なのです。

19702338_1359129894202653_6127771485515318774_n

もちろん私たちから、一方的に家づくりをアピールするだけでなくお施主様をはじめご近所の方々にも家づくりを一緒に楽しんでもらえるような工夫をいっぱい考えたいなぁと思っているのですが、そんなコトを考えている中で、先日のお餅まきの時に中山発案で用意したとあるモノが、ぐるっと回れる家の設計士古川さんの目に留まり、古川さんが素敵デザイン賞なる賞を授けてくれました。

19989651_1061880007278902_1965978693203833330_n

素敵デザイン賞 第1位 「現場の前のお知らせ黒板」  撮影:古川設計士

チョークでその日の職人紹介を書き込んだり、マグネットでお知らせを貼り付けたり。色々使える大きな黒板。

私が黒板を書いている時には、前を通りかかる車の方も「なにしてるんですか~?」なんて気軽に話しかけてきて下さって、ご近所の方とのコミュニケーションツールとしても楽しいなコレ。って思っていたのであります。

 

19990075_1061880010612235_3902310762992899263_n

素敵デザイン賞 第2位 「お餅まき用にちゃちゃっと作った仮設階段」 撮影:古川設計士

お餅まきでお施主様と一緒に外の足場に出るときに、腰窓を脚立で越えるんじゃ怖かろうって事で大工さん達がちゃちゃっと作ってくれた階段。

 

どちらも、コレがあったらこの場所がちょっと楽しくなるんじゃないだろうか?これがあった方が楽ちんじゃないかな?

と言う発案の元に作られた物ですが、設計士としてデザインに携わる古川さんの目に見初められこの度の素敵デザイン賞受賞の運びとなりました^^

 

古川さんがおっしゃるデザインとは、人に求められて生み出される物や、人々が楽しく過ごす為に考えられ生み出される物。

手に触れるもの、目に見えるもの、ちょっとした一つ一つを誰かが誰かの為を思って作った物であれば、ふとした時にそのデザインから作り手のメッセージが伝わるはず。

 

これまで何気なく用意していた物ですら、古川さんのお言葉を聞いて一つ一つを大切にして行こうと思う事が出来ました。

今回ぐるっと回れる家でさせて頂く情報発信も、誰かにちょっとした「楽しい」を感じてもらえるデザインになるよう、皆で考えてみようと思います^^

 

 

 

 

タウンニュース都筑区の記事でお餅まき参加者募集中です♪

投稿:やまもとふみこ

 

19748677_1360991777349798_2508579753040411050_n

今日都筑区地域に発行のタウンニュースさんで、7/12 お餅まき参加者募集 の記事を出して頂きました^^

記事の掲載された紙面を頂いたのでじっくり読んでみると、中山建設の記事以外にも色々な活動の報告や地域や町のコト、ヒトなど興味深い記事が沢山あって思わず読みふけってしまいます。

最近はネットで自分が気になるニュースだけを掻い摘んで見る事が多いから、こうして新聞から得る地域の情報は見落としがちだったけれど、知らないコトや気が付いていなかったコトも新聞には色々と書いてあって気が付くと読んじゃう。

興味の範囲も広がるし、やっぱり紙面で読む文章って面白いなって思ったんです。

SNSとかHPとか、WEBを使った広告宣伝をする事も多いけど、実際に手に取って頂けるリーフレットやチラシを作るのも楽しいので、なんだかんだやっぱりわたし紙が好きみたいです。

19656904_1360991774016465_5036630250755876544_n

「タウンニュース見たよ!」って、もう一つある家のお施主様から可愛い写真を頂きました^^

こんな楽しみがあるのも、新聞ならではの楽しみですよね^^

今回タウンニュースさんに掲載して頂いたお餅まき募集の記事、反響をたくさん頂いていて朝からお問合せのお電話やメールをたくさんいただきました。

もちろんまだまだ募集中!

どなたさまもお気軽にご参加くださいね^^

7.12お餅まきチラシ ←こちらをクリックで大きなチラシがご覧いただけます。

詳細なご住所は、お問合せを頂いた方にお知らせいたします。

 

お電話 045-941-5336 または メールフォームから上棟式のお餅まき参加希望!とお伝えくださいませ。

 

 

 

Tags: , , , , ,

熊本地震に耐える木の家。夏の家づくりのセミナーを開催します。

投稿:やまもとふみこ

 

ちょっと前の事なのですが、只今基礎工事中の「ぐるっと回れる家」の

中山建設 代表の中山

意匠設計の古川さん

構造設計の宮崎さん

三者でのお打合せに同席させて頂きました。

 

DSC_7962

新築工事の設計に関して私は全くの素人なのでお打合せしている様子を聞いていてどんな事を感じるかなぁ?と思いながら聞いていたのですが

 

窓の位置一つ、階段の横幅や位置の数センチにも、一つ一つに理由があって、その一つ一つが家のストーリーになっていると言う古川設計士のお話しを聞いてから改めて間取りや模型を見てみると、更なるストーリーが垣間見え、意匠設計からの暮らしの作り方を知る事ができたり

 

構造計算をして下さる宮崎良子設計士が見せて下さった「wall stat」というソフトでの木造住宅の倒壊解析シミュレーションでは、地震のあの嫌な揺れが再現され建物が大きく歪む様子を目の当たりにし、全くの素人目で見ている私にはショッキングなものでもありました。

 

そして新築戸建の施工管理をしている中山は常々、素材の選び方、使い方や工房があるから出来るコストダウンの方法をフル回転で考えていて

意匠設計、構造設計の段階から施工者が入り三者で重ねているこのお打合せは、傍目から見ての感想を一言でまとめるとするならば

理想のライフスタイル実現する安心安全な家を手の届く価格でご提供する為の作戦会議! なのだと思いました。

 

そこで。

 

夏の家づくりセミナー 開催決定っ!タイトルは「熊本地震に耐える木の家」専門家三人のトークイベント。

日時 : 6/24(土)13:00~15:00 ※要事前予約

場所 : 都筑区池辺町1216 中山建設ショールームにて。

 

DSC_7974

 

施工管理 中山建設代表  中山

意匠設計 古川達也設計士

構造設計 宮崎良子設計士

 

 

間取りやデザインのお話しを古川さんのトークで楽しく

難しいと思われがちな構造計算のお話しを宮崎さんのシミュレーション画像で分かりやすく

家の値段の考え方や作り手の工夫などのコストのお話しを中山が正直に。

それぞれ専門家が質疑応答などを交えながら楽しくお話しさせて頂きます。

 

これから新築をお考えの方には是非ご参加下さいませ^^

 

お問合せ・お申し込みはこちらのフォームからどうぞ

 

 

 

Tags: , , , , , , ,

6月のワークショップ

先日の中学生達の職業体験。

家具職人さんととも一緒に作ってくれた花台のお陰で

工房入り口もすっきりときれいになりましたよ!

CF0157AE-2027-4316-A8F8-AABC597EB0B8

さて。

6月のワークショップのお知らせです。

まずはひとつめ。

******************

「真鍮を使ってアクセサリーを作ろう!」

6月24日(土)13:00〜15:30

******************

FB5D5A0B-B1DC-440A-9776-4904B657BCF3

真鍮の板を切り抜いて 穴をあけて、

たたいてくっつけて… コンチョを作ります。

1F1AB5A7-BD88-47B2-BD8F-8EC5C7FF39EA

裏側はこんな感じ。

飾りボタンにしたり髪留めにしたり。

使い方は色々です。

真鍮を触るのは初めてで不安…という方は、

まずはこんな風に切り抜いて遊んでみませんか。

 IMG_1297

 

 

ふたつめは糸のこ。

*************

「七夕モビールを作ろう!」

6月27日(火)10:30〜13:30  

*************

82487B34-54A2-4A5D-944E-DC06C179F772

 糸のこでひのきの板を切り抜いてモビールを作ります。

 

ゆらゆらと涼しげでひのきの香りも心地よいですよ。

この機会にぜひ糸のこを体験してみませんか。

 

こちらにご参加いただくと、

今後、工房利用で糸のこをお使いいただくことができます。

 

 

どちらも都築の杜にて開催。

お申し込みは都築の杜のHPイベントページより お願いいたします。

ご参加、お待ちしております!!

 

 

 

Tags: , ,

ショーホーム「クラフトマンの家」つくります。

投稿:やまもとふみこ

 

ちょっと昔語り。

私が小学生の頃、父母が新婚の時に建てた平屋が手狭になった事から、家の建て替えを計画する事になりました。

父は普通のサラリーマンでしたがお休みの日には何枚も何枚も、広告の裏紙や方眼用紙に家の間取り図を描いたり、厚紙で模型を作ったり、お世話になった工務店の棟梁さんに相談をしに行ったりと、設計士さんの真似事をとても楽しんでいました。

そんな父のプランを広げて夜な夜な繰り広げられる家族会議。

『わたしのお部屋ここがいい~』 『二階建てのお家なんてすてきー』なんて、ワクワクそわそわの日々を多感なお年頃だった私はとっても楽しんでいました。

そうして家が建て替えられ、やまもと家のドリームハウスが完成。

今見るとフツーの家ですが、その当時のやまもと家全員の夢や希望、そして思い出を盛り込んだ大切な大切なお家なんですね。

 

なんでそんな昔語りをしたくなっちゃったかと申しますと

あの頃に経験した「もうすぐ自分達の家が出来るんだ~」って何ともワクワクそわそわした嬉しい感情が今また鮮明に蘇っているからなのかも知れません。

 

いまのワクワクそわそわの原因はコレ。

今年の夏頃完成予定で建築計画中のショーホーム「クラフトマンの家」です。 

 

IMG_7369-650x487

 

 

設計は、いつもおなじみの古川都市建築計画古川設計士にお願いしています。

一階部分は材料や道具、作品などを置く倉庫として使用し、二階部分に事務所や来客スペース、ちょっとしたお店なんかも開けるスペースになる予定です。

 

言ってしまえば私にとってココは職場になるのですが、

「事務所の移転」とか

「会社引っ越す」とか

そんな単純な気持ちじゃなくて「自分達の家が出来る!」って言う一大イベント!!

古川さんが作ってくれた模型の写真眺めてニヤニヤしたり、自分の席はどこにするか真剣に悩んだり、とにかくワクワクそわそわが忙しい!(笑)

古川さんが描いて下さるスケッチも、毎回妄想を膨らませて楽しんでいます。

e70a27c5ba19503f793cc0aa7663070a-e1485752062362

 

クラフトマンの家 は、家づくりを考えていらっしゃる方への情報発信の場、ものづくりを楽しむ人々が集う場所として様々なモノやコトが生まれてくる場所になるよう計画が進められています。

ここに来るすべての人にとって楽しい場所になる。

これが今の私のワクワクそわそわの一番の原因かも知れません。

 

「家をつくる」 を仕事にしている私たちにとって自分達の家を作る事は、その楽しさを今まで以上にリアルにお客様にお伝え出来る経験になるのだと思います。

今のワクワク楽しい気持ちを大切に温めながら、皆様に楽しんでいただけるショーホームになる様、プランや工事の進捗も丁寧にお伝えしていきますね^^

 

完成をどうぞお楽しみになさって下さい^^

 

設計士の古川さんも参加なさっている 建築家31会 のブログでクラフトマンの家の模型製作の過程をご紹介下さっています。

是非ご覧になって下さい。

 

 

 

 

お知らせ

  • カテゴリーなし