| Subcribe via RSS

夏の思い出~キッチン~下駄箱~建具~

こんにちは、家具屋の五味です。

久しぶりの投稿になります。

もうすぐ夏も終わりそうとだ言うのに、まだまだ残暑が厳しいですね。

ここ中山建設の工房は天井に屋根が一枚なので本当に暑いのです。。体感40度くらいあったかなー

平成最後の夏の思い出と聞かれたら・・・・家具造りをしたこと。。と胸を張って答えます!

今年の夏はお客様のために全力で作ります!と決めました。

とういう訳で、一ヶ月の間に二物件分の家具を製作しました。

キッチンを二台、キッチン背面収納二台、下駄箱一台、洗面台一台、建具は数え切れないほどこなしております。

建具製作は大工さんにもお手伝いをお願いしましたが、

とにかく忙しかったのでブログのことを忘れてしまいお見せできる写真が数枚しか無くとても反省しております。

 

 

IMG_2341

ラワン材で製作した下駄箱の本体です。上段は吊り棚になります。

実際に靴を置く地板と棚板は汚れに強い白ポリ合板を使用しています。

 

IMG_2342

 

天板はタモ材無垢板でこだわっております。

オイル塗装は仕上げもしっかり行わないとツルツルに仕上がりません。質感にもこだわります。

木目が浮き出てとてもきれいに仕上がりました。

IMG_2346

こちらは欄間窓です。換気や明かりとりに重宝します。

窓としては部材をかなり細く作っているので強度を出したり金具の掘り込みに手間がかかります。

継ぎ手の仕口は必要な強度や部材の厚みなどに応じてチョイスします。

仕口はこんな感じです。

IMG_2339

 

IMG_2347

 

大工のツートップ加藤大工と秋元大工にも建具の応援に入ってもらいました。

この二人が入れば作業が一気に進みます。お二方ありがとうございます!

頑張ってやりきります。

IMG_2345

 

IMG_2344

以上です

五味

Tags: , , , , ,

住宅を長持ちさせるコツ。床下の防蟻処理はホウ酸がおすすめです。

12月18日 21:17 リフォーム

yamamoto
yamamoto

投稿:やまもとふみこ

 

お住まいの床下、覗いてみた事はありますか?

ほとんどの方が、家の床下までしっかりと点検している事は無いと思うのですが、基礎や土台など、家を支える大切な箇所を目視で確認できる床下は家の健康チェックがしやすい箇所です。

構造体の腐食は無いか?
シロアリ発生していないか?シロアリが住みやすい環境になってしまっていないか?

など、床下の健康状態をチェックし、起こりうる被害を事前に予防しておくことは、家を守り、住む家族を守り、大切な財産を守ることに繋がります。

 

新築後、床下のコトは何にも気にしていない。

中古戸建の購入時に床下までは見てない。

そんな方は一度床下や家の周りのチェックをしてみる事をおススメします。

 

 

先日、丁度防蟻処理の施工に立ち会う機会がありました。

築20年以上の布基礎のお住まいの事例です。

新築時から防蟻処理などもされていないとの事でしたので、いつも防蟻工事をお願いしている日本ボレイトさんに床下のチェックをして頂きました。

25398748_1577890445622782_8601389050711526166_n

一階にある床下点検口から、家の床下に入ります。

25396007_1577890388956121_3843884039822629907_n

体の大きな男性では身動き取れないくらい狭い床下に潜り、全ての部屋の床下をくまなくチェック。

お施主様のご希望があれば、床下の状況をTVモニターなどに映し、リアルタイムで床下をご覧いただく事も出来ます。

 

25551969_1578037805608046_772497927383247931_n

リアルタイムで見られない場合にも、後日ご確認頂けるよう報告書で床下の状況を知る事が出来ます。

腐食や虫害以外にも、家の性能に左右する床下の断熱材の状況等も確認出来、その場で対応可能な箇所については復旧をして下さるので、実際に被害が無くとも点検と言う観点でも調査は大切な事なのだと思います。

 

今回は腐食や虫害などは見当たらず、一安心。

せっかく床下に潜ったので同時に予防処理もして頂く事になりました。

 

25395750_1577890315622795_3277152320402771174_n

床下に潜る際に持っていく、長いホースに付いた細いノズルからはホウ酸を散布します。

天然鉱物を精製して作られたホウ酸の防蟻材は、分解・揮発をする事なく、空気を汚す事もありません。

ホウ酸で目を洗うなどのように、身近な医療品としても使われている事からも分かる通り人体には安全な素材です。

 

25353843_1577890398956120_8920034796629385896_n

防蟻処理で使用するホウ酸はティンボアCPOと言う高濃度で水に溶けるホウ酸。

25399185_1577890372289456_7028662960277949402_n

水にホウ酸だけを溶かした液体なので、施工中も匂いが気にならず、点検から防蟻処理までの工程は約半日で終了しました。

効果は水で流れない限り恒常的に作用するので、大切な家を守る為のバリアとして長期間維持され、住宅を長持ちさせ安心安全な暮らしを守ります。

 

 

 

 

ホウ酸の防蟻処理について詳しくは日本ボレイトさんのHPをご覧くださいませ。

 

 

 

 

 

100点の家が200点になる植栽。

投稿:やまもとふみこ

 

 

AE2I2309

今年三月に竣工した 丘の上の平屋

竣工時にはまだ植栽が無かったのですが、夏に設計士の 薬師寺祥子さん がいらっしゃった時

「このお家は100点ね!でも庭に木が植えてあったら200点!」とおっしゃったそうです^^

 

暑い季節が終わり、気候も落ち着いてきた秋。

この家を200点にする為に、草のよしだやさん参上!

 

100

 

ツリバナマユミのシンボルツリ―と足元を賑やかにしてくれるセンリョウやシダ、季節のお花が咲く下草も植えて頂きました。

 

102

 

大谷石や砕石が使われている外観は、選ぶ木のイメージでどっぷり和の雰囲気も出てしまいそうですが、よしだやさんのセンスでしっとりとまとまりました。

フェンスの前の木々が、お家の表情が豊かにしてくれます^^

 

101

 

木を育てたりしたことが無いからと、心配されているお客様に丁寧に木々の説明をして下さる草のよしだやさん。

成長して伸びた枝の切り方やお水を上げるタイミングなどのアドバイスも頂いて、植栽のある暮らしスタートです。

103

今は葉を落としているツリバナマユミの枝に、一つだけ可愛い実が残っていました。

新芽もたくさんついていたのでこれから少しづつ芽吹くのかな?

100点だった家が200点になって、初めて迎える秋の愉しみがもう一つ増えました^^

 

 

外構工事

「心地よい風と緑のある家」

外構工事が完了しました。

アプローチのコンクリートの洗い出しや

レッドシダーで作る、門柱やウッドフェンスも完了して

いよいよ植栽作業。

事前に植栽範囲と樹種を決めてあるので

その位置に仮置きしてお客様と最終位置を決定しました。

IMG_4639

IMG_4641

メディカルティーツリー・ドドナエア・ロシアンオリーブ

一気にお家が彩られていきます。

建物裏手には3.5M越えのジューンベリー。

草のよしだやさん夫婦で来て作業してくださいました。

この日は暑い暑い!

IMG_4652

裏の緑地帯と建物敷地をつなぐ重要な木になります。

もう少し大きくなると2階ベランダにヒョコっと顔を出し

緑の奥行が増す所定

IMG_4657

ユーカリ・シルバーダラー。

木の生長が早く

植えられる場所が限られる樹種ですが

北側は水路が流れています。

ここなら植えられます!

IMG_4656

前を通る方々に

「きれいになったね!」とお声掛け頂き嬉しくなります。

敷地の庭としてだけではなく

町に潤いを与える植栽。

必要です。

IMG_4667

IMG_4680

 

 

 

住宅の性能についてZEH

6月29日 22:23 新築戸建て

Nakayama
Nakayama

 

現在工事中の「ぐるっと回れる家」は

BELS最高ランクを取得しました。

BELS(ベルス)とはガイドラインに基づき建築物省エネルギ-性能表示制度です。

ようするに建築物のエネルギー消費性能の見える化。

IMG_4410

また

「住宅の高断熱化と高効率設備により省エネルギー化をして

太陽光発電などのエネルギーを作ることで

一年間で消費する住宅の一次エネルギー消費量の収支がゼロになる住宅を

ZEH住宅といいます。(ゼロエネルギーハウス)」

「ぐるっと回れる家」は

もともとお住まいの屋根についていた太陽光発電を再利用することで

費用や廃棄物をへらす計画。

当然のストーリーとしてZEH取得しました。

IMG_4411

中山建設ではどの建物も断熱性能を可能な限り高めます。

それは少しの工夫と、少しの費用負担で高性能化できるから。。

暖房費・冷房費が年間を通してさがり

お客様のメリットになるから。

ただZEHに関しては初期投資の費用負担が大きい事と

横浜のような建物が込み合った土地では

なかなか太陽光発電を

屋根に載せるのは難しいですね。

基本は暮らしが一番であり

気持ちよく暮らせる工夫のある家を

常に高い志で目指しています!

 

 

心地よい風と緑のある家。ここ一か月の工事の様子。

投稿:やまもとふみこ

 

本日は心地よい風と緑のある家 新築工事の3月から4月までをまとめて(でも丁寧に♡)ご紹介しますっ!

ちなみに昨日の記事は 丘の上の平屋新築工事の進捗は、新築サイトでまとめてご紹介しています。プランからお引き渡しまでで 17話に及ぶ大長編っ!

時系列を遡りながら、家ってこうやってできて行くのか~と、ご参考にして頂けたら嬉しいです^^

 

心地よい風と緑のある家も様々な作業工程を経て、だんだんと完成が近づいてきましたよ。

3月の中頃には湘南建築センターによる建物の中間検査がありました。

この時期の検査では、梁や柱といった構造を繋ぐ金物が図面の通りに正しく施工されているか等を細かくチェックされます。

317

検査員の厳しい目つきに、ちょっとドキドキしつつも

屋根断熱の取り合いを見てポソッと漏れた「しっかり施行してるな~。。」の言葉に耳がダンボ(笑)

褒め言葉は聞き逃しません!!

3173

屋根にびっしりと入った断熱材は120mm 高性能グラスウール マグスーパーイエロー

321

どんなに高性能な断熱材を使っていても、施工がしっかりとされていなければ効果は発揮されません。

中間検査後の現場で、断熱材を隙間なくびっしりと詰め込んでくれたのは4月入社の新人大工見習いの高野くん。(この時はまだアルバイト)

簡単そうな仕事に思えるかも知れませんが断熱材を隙間なく入れ込むのも大切な技術です。先輩大工の技術指導の元、厚みを意識して根気強く断熱材を詰めていました。

 

室内の工事と同時進行で外壁工事もどんどん進みます。

 

451

外壁正面にアクセントとして採用した チャネルオリジナル ウィルウォール

天然木に防火機能を加えた認定商品なので、材料の価格は少し高めですが工事費全体として考えるとリーズナブルになる素材。

家づくりの中で色々な素材を知り、用途や目的を考えコストコントロールをしながら目指す完成のイメージに近づけていく過程が楽しいものなのです。

452

板金の職人さんがとっても気を使って作業を進めていた外壁のベース部分になるIGKOGYOの ガルブライトJフッ素 の施工も終わりガルバサイディングのフラットデザインと、アクセントウォールにレッドシダーをプラスして完成した外観がこちら。

 

4.122

足場とシートがとれた外観を見て、レッドシダーの男前な素材感にグッときました!とお施主様から嬉しいお言葉を頂きました^^

外観の工事と同時進行で、室内では内装工事が急ピッチで進んでいきます。

455

室内の床は杉の無垢フローリング15mm 毎度の事ですがフローリングの施工がはじまると現場がとってもいい香り。

思わず深呼吸したくなります。

411

 

階段も同じく杉材で。

材料は、杉が1820mm×910mm(3×6サイズ)の板になっている素材を使いました。

工房での加工が1日、現場での取り付けが1日。階段にかける工事の日数を短縮する為、これもコストコントロールの工夫の一つ。

細かな積み重ねですが、チリも積もれば何とやら。一棟の家が出来あがるまでの一つ一つの段階でアイデアと工夫を積み重ねています。

 

18033188_1287213678060942_3738657900187156315_n

 

大工工事が終わりに近づくと、クロスの施工。

追々お客さまが壁をセルフビルドで塗装する予定なので紙クロスの ルナファザー NO・20/75採用しました。

施行の担当は一家全員クロス職人のホームクリエイションから、藤原父さんとお兄さん。

いつも丁寧な施工をしてくれています。

 

17991984_1285366441578999_1674183685764767399_n

 

工房では家具職人の五味さんがレッドシダーの玄関ドアを作っていました。

お施主様から預かったhori のゴールドのドアノブもバッチリカッコよく付きましたよ!

 

18010641_1287213934727583_1018244813243134570_n

現場での取り付けも無事完了。

 

と、ココまでがこの一カ月くらいで心地よい風と緑のある家に起きた出来事。

日々猛スピードでめまぐるしく現場を進めながらも一つ一つ、丁寧に施工してあともうちょっとで完成です^^

 

完成まであともう一息!

気を引き締めて頑張りますっ!!

 

 

 

 

リフォーム