| Subcribe via RSS

大きなタモのテーブル

家具屋の五味です。

ここ最近は忙しかったのもあり季節を忘れ仕事に没頭しておりました。

いつの間にか春めいて桜の花が咲く季節になっていました。

昨日は久しぶりに平日休みを取り用事も兼ねてお花見をしてきました。

IMG_3914

例年よりも花が長続きしている気がします。

IMG_3926

9分咲きといったところでしょうか。春を満喫してきました。

 

さて3月に納品させて頂いた「大きなタモのテーブル」をご紹介します。

新規で設計事務所様から頂いたこちらのお仕事ですが

「大きな」とはどれくらいかと言うと、3600㎜×1350㎜という大きさです。

この大きさの板が入る家があるのかと思うところではありますが、

横浜の某会社様事務所に納品させて頂きました。

さすがに搬入と設置の都合上ハギの一枚板とはいきませんので

1800㎜の板2枚を現場でつないで3600㎜になる仕様となっております。

そして今回少し難しかった事があります。

何かと言いますと、長さ方向をつなげた時にハギ板の幅が

揃うようにとのご要望を頂きました。

自分にはこれが一番難しかったです。

その難しさはここでは割愛させて頂きますが、

同業種の家具屋さんがこれを聞いたらすごく大変だなと思う仕様だと思います。

ですが、チャレンジすることは悪い事では無いなと開き直り、

多少の苦労や緊張はしましたが無事に完成し納品することが出来ました。

 

工程順に行きますと、先ずは材料の使い方や大きさを決めて大まかに材料を削って製材する

木取りと呼ばれる作業です。

IMG_3618

ここで木の木目や表情の出し方、悪い部分を落としたりと最重要となる作業です。

IMG_3619

削りをして平面を出したり材料の形を整えます。

IMG_3665

削り後に木目を合わせたり材料を入れ替えながらハギ方を決めます。

ここまでが木取りです。

IMG_3621

 

次に板をハギます。ハギとはすなわち板と板を接ぐことを言います。

木取りで決めたとおりに接ぎ合わせます。

先ほども触れたとおりハギの通り幅を合わせなければならないので

作業としては難しかったです。

後に接いだ部分からハギ割れを起こさないように少し特別な技法でハギます。

IMG_3677 (1)

 

ここまできたら後は目をつぶってても出来ます。

作業の重要度の80%はクリアしています。

残る作業はジョイント金具の加工と両面仕上げです

IMG_3683

しかし、ここからは段取り勝負です。

通常では無い大きさの板で奥行きが1350㎜も有ると一人でひっくり返すことが出来ません。

昼間は1人での作業が多いので大工さんの帰ってくるのを待ったり朝大工さんが出かける前に声を掛けたりと実はここの気苦労が大変でもありました。

IMG_3689

ご覧の通りハギ幅もぴったりと合わせました。

 

加工と仕上げを終え残るは塗装です。

今回はご希望に添い「オリオ2蜜蝋タイプ」に濃い目の色を調色しました。

いわゆるウレタンオイルと言うものです。ある程度の耐水性を持ちつつ

オイル感の良さも兼ね備えてなおかつワックスを掛けたようなスベスベな仕上がりの

オールインワンという感じですね。

無事に完成しました。木目が浮き上がるようでタモ材と色との相性がいい感じです。

IMG_3704

納品はビルの中で少し重かったですがなんとか運び込みました。

今回テーブルの脚はリフォーム現場の大工さんが制作して下さいました。

もちろん綿密な打合せも行っておりますので据付もバッチリ予定通りです。

IMG_3738

 

この広い事務所によく合う大きさです。

事務所の雰囲気を一発で決める存在感です。

ここに10人座るのだそうです。

IMG_3741

据付も終わりこの仕事をやってて良かったって思える瞬間です。

奥の窓から海と船が見えての風景が絵画の様です。

お客様にもとても喜んでいただけました。

久しぶりに無垢を堪能しました。

五味

 

 

 

 

ウォールナット一枚板テーブル

今週はウォールナットの一枚板テーブルを仕上げました。

幅が2500mmの大きな一枚板です。

芯に近い材で入り皮がありますが、色も良く木目の通ったとてもいい板です。

IMG_1286

 

なんというか迫力があり木の生命力を感じます。

こういうすばらしい木を加工する時は経験の有無にかかわらず緊張するものです。

 

 

先ずはルーターで平面出しを行います。多少の反りが有ったものの思ったより捩じれが少なく、何とか50mmの厚みに仕上げることができました。

 

平面出し後ルーターの刃の跡を鉋で取り去ります。

IMG_1287

 

ウォールナットは仕上げの工程が進むたびに色や木目が浮き出てきてとても綺麗です。

そして、木口側は直線にカットせず製材の状態に近いワイルドな仕上がりにしました。

IMG_1292

 

IMG_1291

今回はコード穴が欲しいというご要望で二箇所にコードキャップを取り付けました。

IMG_1290

仕上げ後オイル塗装を施し完成です。

 

五味

 

かつらの大テーブルとウォールナットのガラステーブル

今週はテーブルの製作をしました。

材種は桂(かつら)で、テーブルの幅は3m、厚みも当初70mmあり特大サイズです。

先ずは、この様な荒木の状態から木のねじれや反りを取り除く、平面だしと言う作業をします。

IMG_0229

この様に平滑になります。

その後、鉋がけやサンディングなどで仕上げていきます。

IMG_0529

 

IMG_0542

3mと大きなテーブルでは全ての作業に通常の倍以上の時間がかかってしまいます。

IMG_0540

その分出来上がったときの気分は格別です。

ものすごく立派で綺麗なな木だなとおもいます。

 

 

そして、こちらは銘木ウオールナットのガラステーブルです。

元々一枚板だったものを挽いて加工し、くみ上げています。

IMG_0553

 

 

中央の四角い部分にガラスを落とし込み、天板とガラス板がフラットになるように出来ています。

IMG_0561

 

中央の内側部分には木の耳(皮)を使っています。

IMG_0562

 

耳の部分がガラスで透けて見えるのでとても面白い形だと思います。

この様に様々なご注文を承っております。

五味

 

 

 

テーブル納品と杉材家具の製作

先週完成した楢の一枚板テーブルを神奈川某所の店舗に納めてまいりました。

IMG_0125

黒のスチール脚とのセットは店舗の雰囲気にもとても合っていました。

この場所で自分の作ったテーブルが沢山の方々に使われるのだなとしみじみと感じました。

周りでは他社の家具屋さんも忙しそうに取り付け作業をされていて、色々参考になります。

一緒に納品に行った塩原さんにも金具をつけてもらいました。

IMG_0124

 

 

そして今、工場では杉の家具だらけです。

こちらは杉ボードで作る収納家具です。

IMG_0128

 

将来的にレイアウト変更にも対応出来るようにBOX型になっていたり、

背面板も間仕切りに使えるように無垢材となっております。

IMG_0127

 

 

 

そして、こちらもリピートで2台をご依頼頂いた杉のメニュー看板です。

節の具合がなんともいい感じだと思います。

IMG_0130

そこそこの重量感があり、外に置いても風に飛ばされないでしょう。

裏側には合板で補強材を入れています。

IMG_0129

完成後に塗装します。

 

五味

 

ナラ材の一枚板テーブルと組み合わせBOXオーダー家具

先週仕上げた一枚板テーブルもウレタンを塗り終え納品待ちとなっております。

IMG_4449

板の反りやねじれが多く厚みをそろえるのに苦労しましたが、

塗り上げたテーブルを見た時に改めて綺麗な板だとな思いました。

IMG_4448

 

 

 

そして今、工場ではこんな家具も製作しています。

間口が3mあるフルオーダーのTV台です。

IMG_4446

一つ一つの箱が独立していて、箱の組み合わせで様々な形に置く事ができます。

当初はTV台として使われる様ですが、後にベンチや収納棚に変形させる事も可能です。

下台はサイズもベンチとして使えるサイズで設計されています。

中山建設では様々なサイズや形でもフルオーダーが可能です。

以上です。

五味

納品取り付けと一枚板テーブル

先週製作したカウンターを日曜日に取り付けてきました。

大きなパネルを組み合わせいき、壁と床のレベルに合わせ取り付けていきます。

22690682_806811469480067_1088769985_o

 

22751144_806811462813401_265225852_o

自分で作った製品を現場で組み立て、納品までできるのはこの仕事のいいところでもあります。

とても上手く収まって良かったです。

 

 

そして今週は一枚板テーブルを2枚平面出しをしました。

荒木の一枚板の平らを出す作業です。

22711884_806811716146709_2087032196_o

板の反りとねじれの状態を確認しながら慎重に削る量を決めていきます。

横から見るとかなり反っているのがわかります。

22712070_806811472813400_331014261_o

ルーターと治具を使って行います。

 

22690629_806811709480043_1012620314_o

 

なるべく厚く仕上げる為には板の状態を慎重に把握することが重要です。

22690281_806811712813376_965743900_o

今回はかなりの反りとねじれがあったので、最初70mmの厚みがあった材料が最終的に45mmまでに減りました。

ここまでくれば後は仕上げです。しばらく寝かしてから来週に仕上げたいと思います。

五味