| Subcribe via RSS

家具屋が作る手摺り

今回は家具屋が作る手摺りをご紹介します。

HNOG5667

一般的に新築やリフォームで手摺りをつける場合、大工さんが現場で加工して取り付けると思います。

中山建設では手摺りをユニット化し、工場で製作しています。

そうする事によって工期の短縮を図り、納まりも綺麗に仕上げることが出来ます。

IMG_3257

 

IMG_3260

縦の柵を取り付ける為の横材です。

穴の墨だしとピッチが重要です。

IMG_3256

横材が上下の枠にピッタリとはまります。

IMG_3261

柵と横材を固定します。

IMG_3683

全体を組み上げて完成です。

様々な大きさにも対応できますし、何よりも現場の手間が省けるのではないでしょうか。

是非、ご検討下さい。よろしくお願い致します。

 

五味

 

 

杉の無垢ボードで作るオーダー家具

家具屋の五味です。

杉無垢ボードを使ってのオーダー収納棚のご紹介です。

IMG_3557

IMG_3558

幅1200高さ1800の収納力のある大きさです。引き戸と背板は白のポリ合板でできています。

 

IMG_3561

棚受けレールは埋め込んでありスッキリ見えます。金具なので棚の位置も容易に変えることができます。

IMG_3560

引き戸は戸車金具を使用しており、滑らかに動きます。本体にはV溝加工をも施してあります。

IMG_3551

戸車は丁寧な加工で埋め込まれています。

 

IMG_3564

引き戸の手掛け部分は杉の無垢材を貼りってあり、手触りはいいです。

 

IMG_3567

裏側にも手が掛かるように溝加工してあります。

====================================================================

 

今回はもう一つご紹介します。

レッドシダー材を使用した洗面台をご紹介します。

 

幅900、奥行き600の大きな抽斗の一杯付いた洗面台です。

材の厚みは30ミリ有りしっかりできています。

IMG_3548

抽斗の上は固定棚があり、物も置けて便利に使えます。

IMG_3549

 

レッドシダーは材色が赤、白、黒と三色有りまして色をそろえるのは難しいので、

あえて色を揃えずに作ります。この材料は色がまちまちでも綺麗だなと思いました。

 

 

IMG_3550

背板はなく裏側にはパイプスペースも設けています。

 

以上です。

五味

 

入皮つきのウォールナット。

投稿:やまもとふみこ

 

大きなウォールナットの一枚板。

 

19225989_1403352133076615_2650220917059012766_n

とっても良い板なのだけれど、キズの様に貫通した穴が開いており、触るとぽろぽろと崩れてしまう状態。

「これは入皮って言って木が成長する時に何かダメージがあって、皮を呑み込んで大きくなったんだね。」

と。家具職人の五味さんが教えてくれました。

 

大きなキズに見える入皮の窪みも、この木が成長する中で刻んできたこの木の歴史。

上手に生かして素敵な天板に仕上げてあげましょう♪

19397058_1403352026409959_1392646424395019233_n

腐食してぽろぽろと崩れる入皮を落として、ささくれ立った表面は丁寧に欠き落としてやすり掛け。

思わずなでなでしちゃうくらい綺麗な仕上がりを見て、この木はやっぱり美人さんだった!と再確認。

19225925_1403352093076619_5640495811383769805_n

裏側程ではなかったけれど、表面にも貫通している穴の周りにもポツポツといくつかの小さな穴が開いていたのでパテ埋め。

19275311_1403352009743294_5758812585754853414_n

オイル塗りが済んだ仕上がりの状態は、貫通した穴がワンポイントのワイルドでカッコいい天板になりましたよ。

19366049_1403352023076626_3471994292825048923_n

一枚目の写真の状態からは見違えるくらい綺麗になって、この木も喜んでくれているかしら?

本当の意味で荒削りの状態だった板が、手間暇かけてあげる事で綺麗な板に生まれ変わっていく様子を見るのはとても楽しいものですね^^

 

 

 

 

 

Tags: , , , , , ,

アフターメンテナンス

本日は以前に家具や建具を納めさせて頂いたお客様宅に、アフターメンテナンスでお伺いしました。

キッチン収納の天板がはぎ切れ(接着が剥がれる事)を起していたので一度工場に持ち帰り、再び接着をしなおしました。

本来無垢材は幅方向に1%伸縮が起こります。

その伸縮の際、ねじ等で止めてある部分を支点にして割れが発生する場合があります。

今回はもう一度同じことが起こらないように天板の取り付けの際一工夫しました。

IMG_3473

工夫とは、本体から天板を止めるねじ穴を幅方向に長穴に加工しました。

IMG_3474

 

これで木が収縮しても割れを防ぐことができます。

IMG_3479

綺麗に収めることができました。

再び愛着を持って使って頂けるように、メンテナンスにも誠意をもって対応していきます。

 

五味

 

 

 

 

 

kino-yukaのこと。

投稿:やまもとふみこ

 

中山建設って、実はHPいっぱいあるんです。

元々は中山建設HPを一つ作って、それから家具作りたくて一枚板のMuku-emi(ムクエミ)を作って

その後しばらくして無垢フローリング施工専門店ってあったらいいんじゃない??

って言って作ったのが無垢フローリング施工専門店kino-yuka(キノユカ)なんですけどね。

そのあとまた更にやりたいことが増えるたびHPも増えて~ってどんどん増殖中なんですけど、そのお話しはまたの機会にする事にして。

今日はkino-yukaのお話し。

 

 IMG_0947

HPは違えど、中の人は一緒なのでkino-yukaのHPに使っている写真や施工事例は、中山建設と内容がかぶっているんです。

ちょっと見せ方が違うだけで雰囲気も変わっている気がして、私個人的にはkino-yukaのやわっこい雰囲気すごく好きなんですよね^^

無垢フローリング施工専門!ってイメージを名前にしたくて、皆でいろいろ考えた中でいくつか候補があって

床大工とか

無垢張り屋 とか

無垢と大工と私。とか。 すっごい悩んだのも良い思い出。

結局、可愛くて優しい雰囲気にしたかったからkino-yukaにしたんですけど、kino-yukaでよかったなって、今本気で思ってます(笑)

 IMG_0818 - コピー

お部屋の雰囲気に一番影響するのって、床だと思うんですよね。

床が無垢だったら問答無用で素敵な部屋に見えるって言うのは、これまでに数多く無垢フローリングへのリフォームをしてきた私たちが自信を持って言える事の一つなんです。

お部屋にラグマットを敷くみたいに、気軽に無垢フローリングのある暮らしを取り入れてもらえたら良いなって思って始めたので、中山建設のHPよりはもっとカジュアルで見やすいサイトになるように、一つ一つの記事を大切に更新しているのですが、無垢フローリング施工専門!を名乗るからには結構マニアックなコラムなんかも長文で書いたりしてます。

 

素敵なお部屋にリフォームしたいけど、どこから始めたら良いかわからないって方は是非、無垢フローリング施工専門店 kino-yuka を覗いてみてくださいね^^

 

そしてkino-yukaへ行っても中の人はわたしなので、どうぞ気軽にご相談ください(笑)

 

 

logo_kinoyuka

 

 

 

 

Tags: , , , , ,

終わりに近づくリフォーム現場

 

とうとう今週には終わりを迎えてしまう予定の今回の現場。

そんな現場の様子を更新です!

 

この間床下の断熱が終わり、フローリングも張り終わり養生中。

今度は天井。野縁を組んで断熱工事。。

18788728_190669808123377_142203156_n

天井断熱は二重構造。しっかり断熱しています。

 

断熱が終わると壁下地。

18835006_190669818123376_123339806_n

 

 

 

下地は石膏ボードを使っています。

ちなみに手前側の天井は、フローリングを張っています。

 

この後は、壁に珪藻土塗りなど。

工事も、もう少しで終わってしまいそうです。。

何かと緊張しっぱなしの今日この頃でした。