| Subcribe via RSS

ついに始動。

 

 

とうとう8月も半分が過ぎ、だんだん日も短くなってきました。

最近はありがたいことに、色々任せてもらえるようになりつつあります。

それとともに、頭の中はチャボより現場。

世話係の立場としては、申し訳なくて仕方ありません。。

 

という訳で先日、古川都市建築計画 一級建築士事務所、古川さんに知識と知恵を教授して頂きました!

IMG_1748

 

 

一緒に考えていただいた結果、形が見えてきました。

 

IMG_1795

 

こんな感じの出来上がりイメージ図。

何とか忠実に再現、製作に入ります。

小屋の製作過程も少しずつあげていこうかなと思います。

 

職方さんのお仕事!

こんばんわ杉山です。

最近涼しかったり暑かったりと体にきて大変ですが安全第一でやっています。

 

 

さて今日は大工がやっている仕事以外の工事を少し紹介していきます。

まず家の中が暗くなったとき最初にすることはスイッチを押して電気をつけることだと思います。

その電気がちゃんとつくのには電気屋さんが壁や床の下などに電気の流れる線を正しく配線しているからです。

スイッチを押せば電気がつく。もう一度押せば消える。日常的には当たり前のことかもしれませんが

しっかり配線していないと電気がつかない事だって起こります!

こういったことが起こらないようにしっかり計画して配線していきます。DSC_0214

このような感じで床を敷く前にあらかたの配線をして置くとのちのちスムーズに作業が進められるらしいです。

 

壁にスイッチ、天井にライト。見える部分はこれだけですが見えないところには職方さんの知恵と努力があります。

 

 

今日はここで終わりますが職方さんの仕事はまだまだあります。

これからもお伝えしていけたらと思います。

一人解体現場

 

 

人間は疲れるのに蚊は疲れを知らない季節。

ここ最近ムヒが手放せません。高野です。

 

大工さんが今の現場が終わり次第すぐ次の現場で作業。

効率がよければ工期もぐっと短くなる!

と言うわけで、大工さんが来るまでの前座として一人で解体させてもらってます。

いわゆる先回り。

やってることは言葉通り解体。

IMG_1696

 

このような部屋が。。

IMG_1718

こんな感じに丸裸に。

普段見られない立ち入り禁止の現場。

これからも知らない世界を見ていただけたらと。。

今日はここまで。

木々の見えるウッドフェンス

こんばんわ杉山です。

徐々に暑くなり熱中症に気をつけながら作業しています。

 

 

さて今日はウッドフェンスの施工時のお話をしたいと思います。

ウッドフェンスには家の中で使用する木材とは異なった木材を使います。

外は雨風にさらされるので腐食しにくいレッドシダーと言う木材を使用しました。

ただやはり木材なので雨に濡れたままだと腐ってしまうので水はけのある施工をしなければなりません。

DSC_0197

このように隙間をあけ張っていくと水が下からはけていき乾燥し腐食しにくくなります。

等間隔に並べていくととてもオシャレなフェンスができた思います。

お家の後ろには緑の木々が生い茂っているのでフェンスを作って目隠ししてしまうのはもったいないので

柵をつくりキレイに仕上げました。

DSC_0200

 

お客さんも喜んでくれていたのでよかったと思います。

 

今日はこれで失礼します。

初。はつり作業。

 

最近はもう梅雨が明けたような晴れが続き、暑くなってきました。。

今回の現場での作業は、外階段の踊り場のモルタルはつり。

なにせ初めての作業で分からないことだらけの中、スタート。

 

IMG_1649

恐る恐るちょっとずつ攻めていきます。

決してビビッているわけではありません。慎重なのです。

IMG_1665

そして、はつり終わりです。

何とかすっきりはつることができました!

外の作業だったので、日焼けがすごかったです。。

水分補給と熱中症対策。皆さんもお気をつけて。。

新築工事

こんばんわ杉山です。

 

先日新しいお宅の建方がありました。

今回のお家は機密性重視ということであちらこちらに空気が入らないようにパッキンなどをして施工しています。

そのため中に雨などが入らないように大人数で屋根を敷きシートもして水が中に入らないようにしました。

DSC_0183

もちろん壁もボードを張り雨に備えました。

DSC_0184

3日ほどで足場での工事は大体終わりました。

この後も加藤さんに教わりながらいいお家を建てていきたいと思います。

 

大工見習い高野・杉山の修行日記

  • カテゴリーなし