| Subcribe via RSS

空気を通す

こんばんわ。杉山です。

前回の続きの防水工事のお話をします。

 

柱の所にはFRP防水ではなくシート防水をしていきます。

はっすい加工のしてあるシートを巻いていきます。

シートは重なる部分にもいくつ以上重ねなさいという施工の規定もあるそうです。

シートの上にはどうぶちという材料を取り付けて空気の流れ道を作ります。
DSC_0158

この上にベニヤを張ります。

DSC_0160

写真を撮るのを忘れてしまったので別の場所になりますがこのような状態になります。

DSC_0161

これで水が入ってしまっても空気が流れるのでベニヤが腐りにくいそうです。

この後にフェルトのシートを更に張り防水処理をしました。

 

防水処理は入らないようにするだけでなく入った場合の逃げ道や対処の仕方を含めたことが防水処理だそうです。

 

 

 

防水工事

本日は杉山が担当します。

 

前回に続きベランダの工事の進捗状況です。

ベランダではFRP防水というガラス繊維を間にいれて塗装する防水方法を使用します。

DSC_0127

分かりにくいですがこれでもガラス繊維がノリで付いています。

DSC_0159

そのあとこのように塗装することでFRP防水工事は終わりだそうです。

このあと傷が付いてしまうと防水効果がなくなってしまうそうなので他の作業の時も気をつけました!

あくまでこれはベランダの床の部分だけの防水処理です。

壁など柱は別の防水処理をします。次回にその作業をお話したいと思います。

 

 

大工の技術は幅が広い

 

つい最近伺った他工務店さんの「建具取り付け」の現場のお話です。

要は「扉を取り付ける」という仕事内容です。

ただ文章にするのは容易ですが、やってみると大変です。。

IMG_1594

IMG_1596

 

知ってのとおり扉には取っ手が付いたり、鍵が付いたりしています。

この施工は化粧、誰もが見るきれいに見せる場所でもあります。

緊張と手の震えと戦いでした。

IMG_1597

 

完成後です。何とか上手くいきました。。

がたつきや扉の調子をみて工事終了です!

技術の幅を広げる良い機会でした。

ベランダの進捗状況。

 

 

 

本日は杉山が担当します。

 

 

ベランダの構造体が組みあがり床を組んでいきます。

ベランダは床に勾配をつけて水が流れるようにします。

僕は仕上げで勾配をつけていると思い込んでいましたが

床の構造体の時点で勾配をつけているそうです。

DSC_0119

上の写真では分かりにくいですがもうこの時点で勾配が付いています。

ベランダの防水にはFRP防水というものを使用します。

FRP防水をするために下地はケイカル板という軽そうな名前なのに

とても重いボードを使いました。

DSC_0120

このケイカル板は雨に濡らしてしまうとなかなか乾かないらしく濡らしてはいけないそうです。

 

次回はFRP防水の様子を投稿したいと思います。

 

 

終わりに近づくリフォーム現場

 

とうとう今週には終わりを迎えてしまう予定の今回の現場。

そんな現場の様子を更新です!

 

この間床下の断熱が終わり、フローリングも張り終わり養生中。

今度は天井。野縁を組んで断熱工事。。

18788728_190669808123377_142203156_n

天井断熱は二重構造。しっかり断熱しています。

 

断熱が終わると壁下地。

18835006_190669818123376_123339806_n

 

 

 

下地は石膏ボードを使っています。

ちなみに手前側の天井は、フローリングを張っています。

 

この後は、壁に珪藻土塗りなど。

工事も、もう少しで終わってしまいそうです。。

何かと緊張しっぱなしの今日この頃でした。

 

 

新しいベランダ!

こんばんわ本日は杉山が担当します。

 

先日新しい構造体になる木材の墨付けをやらせていただきました。

専門学校で習っていたこと以上の内容だったので質問してばかりになってしまいました。

ですがなんとか一日で墨付けと加工が終わりました。

DSC_0113

終わらなかったら帰れないよって何回も煽られながらなんとか準備完了!

 

このまま建てて防水処理しても同じことが起こってしまうかもしれないので専門家の方からご教授いただきました!

ホウ酸屋さんの日本ボレイトさんです!なんでもホウ酸とは人には害のないもので蟻には有害という優れものだそうです。

DSC_0100

これで同じことが起こりにくいこともわかっていざ建て方!

DSC_0114

難関もなんとか?クリアしました!

きれいに入ってほんとよかったと思います。

DSC_0115

なんとか構造体部分が完成したとこで終わりたいと思います!

大工見習い高野・杉山の修行日記

  • カテゴリーなし