| Subcribe via RSS

きれいな見せ方

枠やカウンターなどが他の部材にあたるとき両方化粧のところだと固定できません。

また見栄えはぴったりくっついているのが理想ですので、ここはとくに棚などもつくので難しい仕事が増えます。

DSC_0754

今のをふまえたとき片方を欠きこみ、もう片方を差し込む方法を使います。欠きこみはもちろん鑿やのこぎりなどを使い加工していきます。

加工するのも作業台の上でするのならまだしも、脚立の上で不安定な体勢で作業することも多々あります。

そういった条件の中きれいに加工していきます。

DSC_0755

DSC_0761

上の写真は挟み込む形なので片側だけですがこういう形で欠きこみをいれたことで固定もでき、見た目てきにもきれいに納めることができます。

差し込んだところはしっかり隙間なくついています。

壁に貼る板材も同じように欠きこみをつくり差し込む形で固定しきれいに納められます。

DSC_0762

杜cafe.Bオープンまでの道のり

 

中山建設ショーホーム。

2月下旬にオープン予定と噂される、「杜cafe.B」

1月半ばごろから石谷大工の指揮のもと、完成に向けてガツガツ工事が進んでいます!

色々な業種の職人さんが入り混じり、まさに「お祭り」状態。

 

これまでマルシェやフリマなど、イベントでお越しいただいた方は何もない空間が頭の中に映し出されると思います。。

もう今現在、別の景色が広がり始めています。

そんな現場からの報告&紹介です!

 

IMG_3765

 

IMG_3771

 

カフェということで厨房が設置されます。

一般住宅のキッチンとは違い、けた違いの換気扇が必要です。

始めて見た時は驚きました。これでもかってくらいぶっといダクト。

サンタさんが間違えて入ってきそうな大きさ。。

 

カフェの内装は石谷大工の取り付けたヒノキのL字カウンターに目を惹かれます。

その周りに張るタイルでより無垢の素材が際立っている雰囲気。

 

IMG_3764

 

IMG_3779

 

IMG_3774

 

 

部分的にお伝えしてきましたが、この全貌、細かいこだわりなど、石谷大工に紹介して頂こうと思います!

なんでもできます

リフォーム中の現場でお風呂をユニットにするために土間を打ちました。

セメント、砂、砂利、水を適量で混ぜるとコンクリートになるので、

それぞれの材料を必要な量を計算して混ぜていきます。

だいたい1坪打つのにセメント数体と砂、砂利10体ずつくらいの量を練るので体力勝負です。

全部いっぺんには練れないので何度かにわけそのつど打っていきます。

DSC_0721

 

DSC_0719

打っては練り打っては練りを繰り返し、体の普段使わない部分が悲鳴を上げていました。

打ったところをならしながら地道に進んでいきます。

DSC_0722

全部打ち終われば作業は終わりです。

しばらく乗れなくなるので固まるのを待ち、固まったらユニット屋さんにバトンタッチです。

 

今年もいろいろ勉強したことなど載せていきますのでよろしくお願いします。

家具工事の修行

 

 

激しい修行の日々が続き、前回の更新からだいぶ時間がたちました。

こちらも疎かにせず、しっかり頑張ります。

そんな大工見習いを、本年もよろしくお願いいたします。

 

昨年、中山建設ショーホームでは、マルシェやフリーマーケットなど様々なイベントで盛り上がっていました!

ある時、家具工事があったため、そのお話。。

 

一つ目の仕事は、約4mのカウンター取り付け。

タモの集製材でできたカウンターは、長くてとにかく重い。

壁の間に入る寸法に切って取り付けました。

 

IMG_3283

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二つ目の仕事は、同じ部屋に置く家具の組み立て。

 

IMG_3312

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

六つに分かれた棚を組み合わせてこの形になります。

ちなみに両面収納なので、物はたくさん入ります!

天井ぎりぎりの高さなので、当てないよう気を配るのが大変でした。

 

後は、もう一つ組み立て式の机の組み立て。

もともとあった一枚板のテーブルと合わせてセッティング。

 

IMG_3285[1]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_3317

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いい感じに仕上がりました!

経験を生かし、どの家具工事でも力を発揮できるように精進します。

まだまだ技術、知識を欲する見習い高野でした。

 

 

いよいよスタート

解体作業も終わりフローリング張りといきたいところでしたがその前に解体作業後にはトラック2台分のごみを搬出し次にフローリングを43束ひとりであげるというつらい時間がありました。

ごみを台車で搬出したりできるものはいいのですが載らないものもあり手で持って下まで下ろします。エレベーターの待ち時間もずっと持ってるのでなかなか腕にきました。

フローリングは小さい分載りはしたのですが載せすぎて台車が動きませんでした。

DSC_0539

 

廊下にどんどんおいてったら中に入れないこともありましたがなんとか搬入終了。

 

 

フローリングの位置だしが終わるといっせいにばんばん張っていきます。

一日で何列か張っていきますが突きつけ部が多いところは時間がかかります。鉋などで少しずつ削り、つけていきます。

DSC_0567

 

 

フローリングが43束もあると時間がかかるように思いましたが数日で終わり次の作業へ。

新しい現場

おかげさまでまた新しくリノベーション工事が始まりました。途絶えることなく仕事があるのはとてもありがたいことです。

 

さて今回の現場は以前からお世話になっているマスタープランさんからのお仕事です。

今回はフルリノベーションではなく模様替えのような工事です。基本的に間取りはいじくらず内装工事と水周り関係といった感じです。

DSC_0529

キッチン周りの解体にはガス屋さんや水道屋さんにもきてもらったりしないといけないので今はこんな感じです。

DSC_0530

マンションのリノベーションで意外と大変なのが廃材の搬出です。まだまだ少ないですが解体ででた廃材をしたまで運ぶのはなかなか一苦労です。

大工見習い高野・杉山の修行日記

  • カテゴリーなし