| Subcribe via RSS

いいご縁

先日、新たな新築プロジェクト「屋外テラスと屋内テラスのある家」が始まりました。

 

今回のプロジェクトは、中山建設としてはめずらしく?都心の新築プロジェクトで、

東京都新宿区の狭小地に3階建ての二世帯住宅を建てる計画です。

 

 

新築プロジェクトが立ち上がると、ホームページに進捗を載せていくため、

さまざまな資料を見たり、お客さまとのやりとりの経緯や設計のコンセプトプランに関するお話を聞いて、

お客さまとの初めての接点から、設計契約を結ばせていただくまでのストーリーを知るということをしています。

 

今回は狭小地であることと、2世帯であることから、諸制約が厳しい上に、お客さまの要望は2倍!

坂や狭小地、変形敷地といった厳しい条件が多い横浜で家づくりを探求してきた古川設計士と中山建設。

最強とも言えるタッグで臨んでも、とても難しいチャレンジだったのではないかと思います。

 

次々に出てくる課題と要望。

一つ一つ丁寧に検討した上で作り上げても、残念ながらすべてを盛り込むことは出来ませんが、

要望になかった付加価値をも提案するプランを練り上げ、真正面からお客さまと向き合ったことにより、

お客さまとの良い関係が築かれていったように感じました。

まだまだ進化していくプラン、この先が楽しみです。

 

 

そうそう、3階にできたこの不思議な空間が気になるんですよね~(笑)

51255433_2039799259469043_581819260876095488_o_w900

この正体については、後々新築ホームページの進捗でご報告したいと思います!

 

よろしければ、新築ホームページの記事もご覧くださいませ。

ホームページはこちら>>

 

 

 

実は、初めてお宅にお伺いし、現地調査とヒアリングをさせていただいた後、

代表中山がFacebookにその日のことを投稿しているのです。

そこには、

『いいご縁になります様に!!
なりそうな気がする』

って書いてあります。

きっとこの日の時点で、いいご縁が決まっていたのでしょうね(^^)

 

このご縁を大切にしていきたいですね。

そして、この先どんなご縁が待っているのか楽しみです!

 

 

木のマンションリノベーション完成見学会終了しました。

クリスマス真っただ中な12/24、25に開催されました木のマンションリノベーション「弘明寺の家」の完成見学会が終了いたしました。

実際にマンションのリノベーションを検討しているお客様のみならず、同業者の方々まで、たくさんの方々にご参加いただき、大盛況な見学会となりました。

 

たくさんのチャレンジがあったこの現場、大変な中にも得るものがたくさんあったようです。

大工さん・家具職人さんたちは一段も二段もレベルアップしたのではないでしょうか。

 

 

もちろん私も見学に行ってきましたよ!

こういった見学会に参加するのは初めてでしたが、玄関を入った時に感じた空気と景色に圧倒されました。

ここ…マンションだよね??と再確認したくなるほど。

そこにはマンションの一室とは思えない空間が広がっていました。

48414955_556483191445319_3555926522416070656_n

49138049_641093326288935_7503208506338574336_n

48421829_2129416397373407_2790627134828183552_n

無垢の木のぬくもりと、和の要素もたっぷりなお部屋はとても落ち着く空間でした。

 

48420222_506713583154498_5216895611067957248_n

48983890_2218449078482153_2421248548528979968_n

造作キッチンや造作家具もとても素敵でした。

 

ちょっとマンションリノベーションの概念が覆る衝撃でしたね。

戸建て派の私ですが、こんなお家ならマンションも良いかも♪と思っちゃいました(^^)

 

今回ご覧になれなかった方も、何かの機会にぜひご覧になっていただきたいと思います!

また見学会が開催される際には、ご案内しますね。

 

 

特注スライド棚のダイニング収納の納品

今週は横浜のお宅に他社様からの注文家具を納品して参りました。

この棚は本棚としてはかなりの大きさが有ります。

幅と奥行きが有るので二階に運び込むにも階段からは上げることはできません。

と言う訳で、バルコニー側から引越し屋さんが使う平ロープを使い吊り上げちゃいました。

今回は石谷大工と高野大工にも応援に来てもらい、男2人で吊り上げてもギリギリの重さでした。

運び入れも順調に終わりまして次は家具を据え付けます。

製作前に事前調査に来て細かく収まりや寸法などを測っていたので、既存のカウンターの上にピッタリと計算通りにはまりました。

IMG_1133

 

きもちいい程ぴったりです。自分的には前日からかなりドキドキしていましたが上手くはまって本当によかったです。

IMG_1134

そして今回大工さんを連れてきた訳は建具の釣り込みが有ったからです。

ダイニングと階段の間の天井にレールを這わせて吊りの引き戸を付けます。

そのレールを吊るのに天井を補強しなければならないのです。

家具を入れる真上の天井を開口して補強材を入れます。

IMG_1149

さすがに大工さんは慣れたもので天井の補強も難なく終わりました。

無事に建具の吊り込みも終わり完成です。

IMG_1150

 

今回お客様のご要望で本棚に組み込むスライド棚を製作しました。

そのスライド棚を指定の位置で止めたいとのご要望です。

この家具をデザインした設計士さんと私とで試行錯誤した結果この様に成りました。

 

IMG_1122

 

IMG_1124

 

IMG_1125

これはかなり革命的なシステムだと思いますが、何が革命的かというとスライド棚を止めるスライドレールが

かなり限定的なものしかメーカーで開発されていないのです。

これは相当いい結果になりました。

お役様のご要望があって設計士様のアイデアに私の技術が乗っかって生み出された物でいい経験になりました。

ありがとうございました。

お客様にも大変喜んでいただけて一安堵です。

 

 

 

 

 

 

 

二級建築士の大工2人と二羽のちゃぼ。

投稿:やまもとふみこ

 

先日、秋に行われた二級建築士試験の合格発表がありました。

中山建設からは、秋元大工と杉山大工の2人が見事合格!!

 

25035211_1830767060364006_60755230_o

 

新たに二人が二級建築士の資格を取ったことで、全社員(9名)のうち3人が二級建築士!(あともう一人は社長の中山)

修ちゃんも杉山くんも、毎日忙しい仕事の合間に本当に一生懸命勉強していたので本当に良かった良かった。。(T^T)

合格の記念に会社の前で二級建築士が2人揃ってガッツポーズ!本当におめでとうございます!

 

お話し変わりまして、ブログではお久しぶりの 二羽のちゃぼさん’ズ

24993634_1568024406609386_6403201568054023727_n

 

左が かりん(通称りんりん) 右がかえで(通称かえちゃん)

7月の終わりに入社した時には、まだあどけなかったりんりんもかえちゃんもすっかり大きくなりました。

 

24991387_1568024376609389_8364569217716344317_n

手前がりんりん 奥がかえちゃんです。貫禄出たわね~

24774908_1568024373276056_5357433777094836517_n

二羽とも元気に大きく育ってくれて、最近では卵も産む様になったんです。

 

24899711_1568027396609087_7432937618416164543_n

 

そんなこんなで、二級建築士が増えたりちゃぼが卵産む様になったりと日々いろいろな変化のある中山建設なので、またHPの写真も差し替えたいなと思いまして、今日はいつもお願いしているアドブレイン塚本さんに社員みんなの写真を撮って頂きました。

なんかびっくりするくらいカッコよく撮れてうちの大工さんエグザイルかと思っちゃいましたよ(笑)

 

24989386_830232780471269_1776436845_n

後は、大工達のお仕事を紹介するようなシーンも欲しくて、鉋を研いでいる2人とか。

 

24899164_830232807137933_538663367_n

風見鶏になりきってる二羽とか。

今日撮った写真を頂きましたらまたHP等差し替えて行きますのでお楽しみになさって下さい^^

 

 

今日のブログ、一番のネタは二級建築士合格の2人にしようと思ったんだけど、気が付いたらちゃぼの写真のが多かった。。。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

横浜で25坪の家に住む

最近の事なのですが

お客様からのご依頼で2案件、25坪以下の住宅を計画しました。

25坪でも豊かに暮らせる工夫がたくさんあり魅力的な提案になりました。

見積もりまで作成して概算金額も積算済み。

小さな家の可能性を知ることが出来ました。

実現には至らなかったのですが、埋もれさせるにはもたいない。

せっかくなら

「マンションを購入するような価格帯で一軒家に住むことが出来ないか!」

プロジェクトに取り組みます。

古川都市建築計画の古川さんと共に

中山建設的、小さな家を提案していきたいと思います。

19821122_1057598924373677_977973453_o

19808012_1057598931040343_1464524210_o

(写真:古川達也)

本体価格 1900万台の価格設定。

基本スペックは高めておきたいと考えていますので

耐震等級 3

高気密・高断熱

無垢フローリング木の家

作りつけ家具

上記内容は外せないな!

敷地を読み解き

住まう方にとって居心地の良い家。

クライアントにとって唯一無二スペシャルな家を作りたいので

当然自由設計です。

始めてみます。

 

設計士の古川さんから、素敵デザイン賞を頂きました♪

投稿:やまもとふみこ

 

先日上棟式の様子をお伝えした ぐるっと回れる家 では、本当にありがたいことに

「我が家を中山建設の広告にバンバン使っちゃってください!!」と、感涙もののお言葉を頂いておりまして、ありがたくお言葉に甘えさせて頂き、こんな看板を付けさせて頂いたり、お餅まきも盛大に宣伝させて頂いたりと、広報としてやってみたかった事を、とにかく色々やってみよう!って思っている現場なのです。

19702338_1359129894202653_6127771485515318774_n

もちろん私たちから、一方的に家づくりをアピールするだけでなくお施主様をはじめご近所の方々にも家づくりを一緒に楽しんでもらえるような工夫をいっぱい考えたいなぁと思っているのですが、そんなコトを考えている中で、先日のお餅まきの時に中山発案で用意したとあるモノが、ぐるっと回れる家の設計士古川さんの目に留まり、古川さんが素敵デザイン賞なる賞を授けてくれました。

19989651_1061880007278902_1965978693203833330_n

素敵デザイン賞 第1位 「現場の前のお知らせ黒板」  撮影:古川設計士

チョークでその日の職人紹介を書き込んだり、マグネットでお知らせを貼り付けたり。色々使える大きな黒板。

私が黒板を書いている時には、前を通りかかる車の方も「なにしてるんですか~?」なんて気軽に話しかけてきて下さって、ご近所の方とのコミュニケーションツールとしても楽しいなコレ。って思っていたのであります。

 

19990075_1061880010612235_3902310762992899263_n

素敵デザイン賞 第2位 「お餅まき用にちゃちゃっと作った仮設階段」 撮影:古川設計士

お餅まきでお施主様と一緒に外の足場に出るときに、腰窓を脚立で越えるんじゃ怖かろうって事で大工さん達がちゃちゃっと作ってくれた階段。

 

どちらも、コレがあったらこの場所がちょっと楽しくなるんじゃないだろうか?これがあった方が楽ちんじゃないかな?

と言う発案の元に作られた物ですが、設計士としてデザインに携わる古川さんの目に見初められこの度の素敵デザイン賞受賞の運びとなりました^^

 

古川さんがおっしゃるデザインとは、人に求められて生み出される物や、人々が楽しく過ごす為に考えられ生み出される物。

手に触れるもの、目に見えるもの、ちょっとした一つ一つを誰かが誰かの為を思って作った物であれば、ふとした時にそのデザインから作り手のメッセージが伝わるはず。

 

これまで何気なく用意していた物ですら、古川さんのお言葉を聞いて一つ一つを大切にして行こうと思う事が出来ました。

今回ぐるっと回れる家でさせて頂く情報発信も、誰かにちょっとした「楽しい」を感じてもらえるデザインになるよう、皆で考えてみようと思います^^