| Subcribe via RSS

キッチン納品

昨日はキッチンの納品をしてきました。

今回はリフォームでのキッチン製作となります。

形はI 型とアイランド型です。

 

天板はステンレスと無垢のタモ材の二種類を使っています。

IMG_4126

タモの天板にはウレタン塗装をしてありますので水に対しての耐水性もあります。

この様にシンクを埋め込むこともできます。

IMG_4132

左の奥にはコード穴があります。

IMG_4131

 

この様に引き出しの数も多くかなりの収納力が有ります。

IMG_4125

 

そしてアイランド型は両面使いとなっております。

片側は引き戸の収納です。

IMG_4128

 

 

反対側はシンクと食洗機とゴミ箱収納を兼ね備えたつくりになっています。

こちらにも引き出しが三杯付いているので収納力があります。

形が複雑な為製作はかなり難しかったです。

IMG_4129

 

以上です。

 

 

 

 

キッチン製作

今、工場ではキッチン一色です。

作っているのはi型キッチンとアイランド型キッチンです。

i型とは文字通り横に長いiの形をしたキッチンです。

アイランド型とは島の様に離れた場所にあるキッチンのことです。

IMG_4086

今回アイランドキッチンは大きさが大きい為、工場で組み立ててしまうと現場に搬入ができません。

その為、現場での組み立てができるノックダウン式になっています。

IMG_4085

アイランド型は両面使いだったり、四方面全てが見えるので構造はかなり複雑です。

 

抽斗の面材には光沢のあるメラミンを貼ります。

抽斗の数も多いので作りがいがあります。

IMG_4087

 

 

以上です。

五味

キッチン

今週は少し涼しい日もあり、その分暑い日が更に暑く感じると言うジレンマに襲われています。

相変わらず忙しい今日この頃ですが、いま工場はキッチン一色です。

キッチンは基本的には箱の組み合わせなので単調ではありますがやることは多いです。

IMG_3792

 

本体はランバー合板で出来ていますが、見付きに5mmの無垢を貼っているので無垢と合板のハイブリッドと言ったところでしょうか。やはり無垢材の雰囲気は良いですね。

IMG_3797

 

引き出しにはスライドレールを使用しておりスムーズに動きます。

 

IMG_3798

引き出しを入れて納品待ちのキッチン本体達です。

IMG_3794

なんとか間に合いました。

明日納品です。

五味

 

 

整理収納アドバイザーのオーダーメイドキッチン。

投稿:やまもとふみこ

 

今年のはじめころ、只今建設中の丘の上の平屋の第二回目塗装DIY作業を行っていただきました。

二回目ともなるとさすがに手慣れたもので塗装の作業はササッと終了。

そのまま工房の作業台でキッチンのお打合せ。

お施主様で整理収納アドバイザーでもある田中はるかさんが、キッチンにある物全てをリストアップして、設計士の薬師寺さんと一緒に使う場所や収納をするのに必要なサイズをまとめる作業をしていました。

16143095_1193550444093933_3431119654555086556_n

 

「とにかく収納たっぷりと!」と考えがちですが、無駄に収納を増やす事で必要のない物を溜めこんでしまったり 在庫を把握しきれず使いきれないままになってしまうのはもったいない。

暮らしに必要な物が必要な分だけ使いやすい場所にあることで、日々の暮らしがちょっと楽になって

そのちょっとの楽がたくさんつくる事が、暮らしやすい家づくりに繋がっていくのだなと思いました。

整理収納の他にも、薬師寺さんと田中さんお二人の主婦目線・女性目線での「使いやすい」を盛り込んだキッチンのプランが出来あがりました。

 

それから約一か月。

現場の進捗に併せていよいよ製作がはじまりました。

 

IMG_1231

 

フレームになる材料は杉の無垢ボード。厚さは24mmです。

IMG_1229

無垢材の中でも比較的安価で、家具に加工がしやすい素材なのでこれから多様の予感。。

質感も良く工房は杉の良い香りです。

IMG_1228

 

製作中のキッチンの写真を撮って、田中さんにお送りしたらとっても喜んでいただけました^^

近々ブログで詳しくご紹介して下さると思います。

ぜひ併せてご覧になって下さいね。

 

整理収納アドバイザー田中はるかさんブログ ととのえるおさめる

 

 

Tags: , , , , , ,

オリジナルキッチン製作中です。

投稿:やまもとふみこ

 

オーダーメイドのシステムキッチンって、凄く大層な物の様な気がしていたんですけどね。

 

「システムキッチンって、家具の中にシンクやコンロが納まっている物でしょ。家具作るのと変わらないじゃん」

と、代表の中山が言っていた事がありまして。

 

よくよく考えたらそうなんですよね。

要は家具を作るのと同じ。引き出しや開き戸の箱にコンロやキッチンを納めるだけの物なんです。

 

IMG_9565

 

高さや引き出しの数、付けたい設備を自由に選んで、家具を選ぶようにキッチンを選ぶ。

他の家具や内装と素材を合せるなんて事が出来るのもオーダーメイドならではのキッチン選びになります。

 

IMG_9590

 

さかさまのシンク。

シンクはさすがに木で作るわけには行かないのでステンレスの一体成型の物を使う事が多いです。

シンクの大きさ、深さはもちろん、洗剤やスポンジを置くところを作ったり等のカスタムもOK

 

IMG_9566

水廻りなだけに、お手入れの事を考えて扉の面材は水弾きの良いウレタン塗装に仕上げます。

IMG_9593

 

塗装ももちろん、一枚一枚丁寧に手作業です。

 

オーダーメイドキッチン承りますよっ!

と声を大にして言えるくらいにキッチンの事例も増えてきまして、これからお引き渡しや着工をを控えている工事でも、オーダーメイドキッチンのご要望、沢山頂いております。

オーダーメイドキッチン施工事例のご紹介 

 

FotorCreated

 

今週末のマンションリノベの見学会でも、オリジナルオーダーメイドのキッチンをご覧いただく事が出来ます。

ご興味ございましたら是非☆

イベント詳細や申込みフォームは都築の杜のイベントにUPしてありますので、ぜひご覧くださいませ。

 

 

食洗機いる派?いらない派?

投稿:やまもとふみこ

 

家事を助けてくれる家電の中で、いる・いらないがハッキリ分かれそうだなぁと思うのが食洗機。

実はわたしも無くても困ってないし、お値段も高いし、あっても使っていないってお話しも良く聞くし、いらないかな~。。。

と、思っておりました。

 

の、ですが。

海外製食洗機への入れ替えのご相談を頂きまして、食洗機について実生活にあてはめて考えてみたのです。

 

わたしの暮らしのサイクルで行くと

家に帰ってお弁当箱を洗う。

お夕飯を作りながらフライパンだの使った器具だのを洗う。

ごはんを食べ終わった食器を洗う前に、洗いカゴのフライパンだの器具だのを片づける。

食器を洗う。たまに手が滑って食器を割る。落ち込む。

翌朝お弁当を作りながら使った物を洗う。

と、実は洗い物に結構な時間を掛けているのですね。

 

もし食洗機があったら一日分の食器はもちろん調理に使ったお鍋やフライパン、コンロの五徳なども寝る前に入れてスイッチぽんで朝には綺麗になっているし

こびりついた汚れもしっかりと落とす事も出来て手洗いに比べて節水にもなる。

 

食器洗いにかけている時間を、食洗機におまかせしてその分の時間を他の事に使う事が出来ると思うと、食洗機良いなぁ。。と、ちょっと考えが変わりました。

家族分の食器を毎日洗っているお母さんは、その時間を自分の為に使う事が出来るようになるのですから、一つの家事を減らせるって凄い事ですよね。

 

食洗機を付けるのはお母さんの有意義な時間を増やす為のリフォームなのだー!

と、考えるとがぜんやる気も増すのであります(笑)

 

IMG_9521

こちらのお宅で使われていらっしゃるのは、クリナップクリンレディのオプションで選択ができる国内メーカーの食洗機。幅は45cmの物でした。

お子様から目が離せない時期でもあることから、食洗機を使う事も多く大容量の物に変更したいとのご相談で、海外製の幅60cmの食洗機への入れ替えをする事になりました。

日本のシステムキッチンに多い高さ85cmのシステムキッチンに海外製の食洗機を入れるとなると、高さがカウンター内に収まらない事が多く、今回もキッチンを底上げする必要がありました。

IMG_9524

底上げする と一言で言うのは簡単ですが、いまついているキッチンを一度ばらす作業です。

大工さんと設備の職人さんが手際よく解体。

IMG_9530

食洗機用に新たに用意した200Vの電源と、給排水の位置を変更してキャビネットを少々改造。

IMG_9537

クリンレディの85cmのカウンターを5cmほど底上げしたので高さは90cmになりました。

コンロ側に開いた15cmの隙間は、点検口に加工をします。

あとは正面にクリンレディと同じ面材を取りつけて工事完了。

IMG_9539

取りつけた食洗機はスウェーデンの有名メーカーでASKO(アスコ)のD5556XXL フルオープンのカゴ型。

横幅60cmの食洗機は結構な迫力!

業界最大クラスの収納量ですが、お箸やスプーンなどを寝かせて収納できるカトラリーラックが付いていたり、カゴの深さもたっぷりとあるのでどんぶりや深いお鍋なども全部入れて一気に洗える高性能タイプ。

ASKOの施工は初めてで、実物を見るのも実は初めてでしたが質実剛健な作りながらも、痒い所に手が届いていて使い勝手も良さそう。

大家族で食器洗いの回数が多いお宅には是非おススメしたい機種だと思いました。

日本製のシステムキッチンに海外製の食洗機をいれるのだから、事前の下調べや部材の確認などを念入りに行う必要があり納まるかドキドキしながらの工事でしたが、無事終了。ほっ。

これまで食洗機に関わる機会と言えば、ショールームでシステムキッチンを選ぶ時に

「食洗機付けますか?いらないですか?」 くらいしか私からお話しできる事は無かったのですが、今回食洗機についてじっくり考える機会があったので、これからはご提案の幅も広げる事ができそうです^^

Tags: , , , , , , ,

キッチンリフォーム

  • カテゴリーなし