| Subcribe via RSS

横浜市旭区に新築中!クラフトマンの家構造見学会!

4月16日 17:19 新築戸建て

yamamoto
yamamoto

投稿:やまもとふみこ

 

日替わりで担当しているブログですがすみません!やまもとの連投が続きます!

次のお当番の五味さんはホットしているはず。

 

先週の土日で、只今旭区に新築工事中のクラフトマンの家構造見学会を開催しました。

 

構造見学やりますよ~とは言ったモノの、とっても人気の完成現場見学会と比べてなんだか難しそうで地味な印象のある構造見学会。

来ていただいた方にinteresting(興味深いほうの楽しい!)を感じていただけるにはどうしたら良いだろう。。?とずっと考えていたのですが当日は現場に棟梁の石谷大工、高野大工もいてくれたので、心強い助っ人二人の協力を頂きながらクラフトマンの家をご紹介することが出来ました。

 

IMG_4017

まずは外観!ガルバニウムサイディングのカッコいい外観が見えてきました。

ココでご紹介するのは家のスペックだけでなく、家を庭の関係性。

建物の完成後に作る前面部分の庭づくり計画は、今からみなさんとても楽しみにしてくださっているようでした^^

 

 

30768615_336452463545110_1321015293_o

室内でのお話しは、断熱と気密。

一部空けておいた仕上がる前の壁の内部を見ながら、外壁から室内までの壁がどのように作られているか、家の構造を長持ちさせる為に中山建設の家作りではどのようなことを考え、素材を選び、施工を行っているかをお話させていただきました。

これは家を作るためにはとっても大切なお話で、是非聞いておいて欲しいことなのだけれど、きちんとお伝えしようと思えば思うほど、どんどん難しくなって、よくわからなくなってしまうと言うループに陥るので、なるべくわかりやすく簡潔にを目標に資料を作り、棟梁の石谷大工からもわかりやすく説明していただきました。

 

IMG_3987

 

見学が済んだら、ご来場者様に向けてのサービスで大工の包丁研ぎ。

精度の高い仕事をするため大工さんは毎日の様にノミやカンナを研ぎ、刃物を大切に手入れしています。そんな大工さんのお仕事をちょっとでも垣間見れたらいいかな?と思って企画してみました。

包丁研ぎは、見習い大工の高野君!よろしくっ!!

 

IMG_3998

 

砥石で丁寧に包丁を研ぐ様子は思わずじっと見入ってしまいます。

IMG_4007

ご参加者様のお父さんも挑戦!コツがつかめるよう高野大工の熱血指導。

刃物の研ぎ方一つにしても、経験を積み重ねたからこそ備わったコツがあるのですね。

 

IMG_4012

ちなみに。

砥いだ刃物の切れ味は、腕毛を剃って確認するそうです。

注)お預かりした包丁ですがご了承いただいて腕毛を剃っています。

 

なので、高野君の腕毛はいつもツルツル。

細かな仕事を綺麗に仕上げられるのは、ノミやカンナの手入れが行き届いているから。

高野君の腕毛がいつもツルツルなのは、良い仕事するぞっ!!と言う意気込みの表れ。

高野君が中山建設の大工であるかぎり高野君の腕毛がボーボーになることはありません。

 

 

今回の構造見学会は構造も素材ももちろんなのだけど、

大工が誠実に仕事に向き合っています!ってことが、お伝えできていたら良いなぁと思ったのであります。

 

 

クラフトマンの家の構造見学は随時承っています♪

いつでもお気軽にご連絡下さいませ。

 

 

 

 

 

 

初めての位置だし

今回は壁に杉の無垢材を張っていく作業です。

普段床材に使っているようなサネのある材料を壁に張っていくのでやり方的には一緒です。普段は親方の皆さんがやっている作業の位置だしからすべてやらせてもらいました!

位置だしは全体をみて見栄え的にも作業的にもいい位置を見つけて出さなければなりません。ここでミスをすると後々大変なことになるので時間がかかってしまいましたがなんとかうまく位置の墨が打てました。DSC_0050

上の写真は位置だしが終わって張り終えた部分とこれから張っていく部分がみえるようになっています。写真だと見にくいのですが奥の板の手前あたりの壁に縦に一本墨があるのですがそれが基準の墨になります。

DSC_0051

収納の中はこのような感じになります。このあとカウンターの前にも同じように墨をだし張っていきました。

20180306_221702500

上の部分は見切りでまた違う仕上がりになりますが、下の部分はこのような仕上がりになります。極端に変な部材も入らずできてよかったと思います。

ステンドグラスのマホガニー扉。取り付けが完了しました。

投稿:やまもとふみこ

 

一番最初に工事をご依頼いただいたのは、約15㎡の個室にカリンの無垢フローリングを張る工事 でした。

それが丁度今から一年前の事になります。

 

タイトルなしのコラージュ (4)

この時に張らせて頂いたカリンの無垢フローリングをとってもお気に入り頂いて

リビングダイニング・玄関ホール・廊下・階段・寝室と家の中のほぼ全室をカリンの無垢フローリングに張り替える工事を少しづつ進め

2017年の春には階段と階段室にアイアンの手摺り  を  秋ごろにはカーテンを掛け替え  

布クロスの貼り替え 

 

年末にはトイレの内装を一新 したりと、ほぼ丸々一棟分の内装工事をさせて頂きました。

住まいながらのリフォームになるのでご負担にならぬよう、時にご協力を頂きながら工事を進め少しずつ、目に見えるものが全部大好き。日々使う物が全て使いやすい。そんなお住まいになっていきました。

 

マホガニーのステンドグラス入りの扉は、枠の工事やクロス工事が終わってからの取り付けになるので、一番最後の工事。

正にこれまでのリフォームのオオトリを飾る、家具職人の五味さんが作った扉です。


27540147_1625141214231038_4532888348370604400_n

 

この日は親子扉と他二カ所、合計4枚の建具を一日で吊り込む為、石谷大工と加藤大工のベテラン2人で作業を行いました。

総無垢でステンドグラス入り、計画から完成まで一年近く。

五味さんの知恵と技術力の結晶となった貴重なマホガニーの扉は、きっと想像以上にいろいろな重さを感じながらの搬入だったと思います。。

27655046_1625141254231034_5748314601478195216_n

吊り込みも慎重に丁寧に。

ドア枠を彫り込み、蝶番を取り付けドアノブやフランス落としを取り付けたらつり込み完了。

27544949_1625142857564207_4961352156983244886_n

そうして取り付けが完了した扉が目の前いっぱいにドーンって。(語呂が。。。)

これまで思い描いていたステンドグラス入りの建具が完成した事が嬉しくて嬉しくて、たくさん写真を撮り、ずっと眺めていました。

27073428_1625142944230865_5223359427724652288_n

楕円形のステンドグラスには、奥様のご希望で隠れ天使をデザイン入れました。

どうかこのお家を、ご家族皆さまを、末永くお守りくださいますように。

27459607_1625142854230874_8374599028793149209_n

親子扉に向い合せた部屋の扉も、同じくステンドグラス入り。

使っている素材やフレームの面は一緒なのだけど、リビングの親子扉はデザインの中に曲線を入れているので、柔らかく優しいイメージに。

こちらはご主人様のお仕事部屋になるので、二枚の長方形のステンドグラスでちょっと男性的なイメージになりました。

仕上がった扉をご覧いただいて、「想像以上でした。。」と嬉しそうにおっしゃって下さった笑顔がとっても嬉しくて

このお住まいの工事に関わった職人みんなに撮った写真をしつこいくらい見せて回ったのは内緒です。。。^^

きっと今一番ホッとしていて、写真を何回も見返しているんじゃないかな?なのは家具職人の五味さん。

今年の初夢にまで出てきちゃったマホガニ―扉の製作について五味さんが紹介しているブログも、是非ご覧ください。

 

Tags: , , , ,

水栓の選び方・ボウルの形。造作の洗面台あれこれ。

投稿:やまもとふみこ

 

何だか最近、洗面台のコトを良く考えているんです。

インスタとかでも ♯造作洗面台 とか、良く見てるし。

いろいろな住設メーカーさんからも洗面化粧台は出ているのだけれど、やっぱり素材とか収納とか、自分の好みに合った物が欲しいっ!と思うと造作しちゃったほうが満足度も高いかな?と思うのです。

暮らし方やご家族構成によって洗面台の形もいろいろになると思うのですが中山建設でもこれまでに洗面台いろいろ作ってきたので、せっかくだからここで改めて造作の洗面台をご紹介してみましょうか。

 

24312385_1565953180149842_9118553660827786031_n

私が思い出す中で印象深い洗面台がこちら。

TOTOのSK106実験用シンクを使い洗面台としてだけでなく、手洗いの洗濯物をじゃぶじゃぶ洗ったり、キッチンに持っていく前の泥の付いた野菜や釣ってきた魚なんかの処理も出来ちゃう、洗面台の枠を超えた使い勝手の良い洗面台です。

フレーム部分はレッドシダーで素材感も良く、この洗面台の写真をご覧になった方からの造作洗面台のご依頼もたくさん頂く様になりました。

 

DSC06355

 

新築戸建、もう一つある家の洗面台は仲良く二つの洗面ボウルが並んでいます。

女の子が多いご家族なので、朝の支度で洗面台が混まない様にとの配慮で二つ並んだ洗面ボウル。前面に付けたミラーと収納もオリジナル製作です。

ボウルから水栓がにょきっと出ている仕様を ベッセル型 と呼ぶのですが、ベッセル型だと水栓から垂れた水はボウルの上に落ちるので、お掃除もしやすくて衛生的。

洗面ボウルが二つもあるのだからお掃除はラクな方が良いですよね^^

 

IMG_4840

こちらも同じく二個並んだ洗面ボウル。

カウンターの上に置いた流線型が綺麗な洗面ボウルと、ボウルの高さに合わせて選んだ水栓でスタイリッシュなイメージになりました。足元はオープンですが、右側に大きな収納と、洗面台には引き出しが付いているので細かな物等は引き出しに収納しておくことが出来る使いかったの良い洗面台です。

大きな置き型の洗面ボウルを選ぶ場合、必然的にカウンターの高さが下がるのでボウルとの高さのバランスもちゃんと考えておくことが大切です。

 

荳ュ螻ア蟒コ險ュ_繝槭Φ繧キ繝ァ繝ウ繝ェ繝弱・繧・AE2I5646

 

コーリーライトという曲げ加工が出来る人工大理石を使用した造作の洗面台。

中山建設=木 ってイメージが付いてるかと思うのですが、人大でもステンレスでも素材は何でもお選びいただけます。

木では出来ない一体型の洗面台の製作も得意ですっ!

 

IMG0022

 

最後はレッドシダーのカウンターに埋め込みでベッセル型の洗面ボウル。タイルをデザインに取り入れてちょっとエレガントな雰囲気の洗面台を作りました。

ボウルと水栓はアメリカから輸入した KOHLER(コーラー)社の物。

イメージを大きく左右するボウルや水栓は、選ぶ方の個性が出やすい場所だと思います^^

 

 

 

と、まぁこれまでに作った洗面台の中のほんの一例なのですが、今回洗面台についてあれこれ考えながら事例を見返してみたら、カウンターの形や素材、ボウルや水栓など一つ一つに個性や特徴があって見返していると、ひとつひとつお客様の顔がしっかり浮かんでくるのですよね。

そう考えると洗面台って、住まう方の個性がハッキリと出る場所なのかもしれません。

 

さて。

今度ご提案する洗面台はどんなデザインにしようかしら。

きっとまた今までにないオリジナルが出来るのだと思うと、プランも完成もとっても楽しみなのであります^^

 

 

 

 

 

 

強くなりました!

1階の柱や梁が組みあがりました。まるで家の中に家が建ってるみたいになってきました。

DSC_0438[1]

ここまで補強工事が終われば倒れることはないかなと思いますね!

この後は真壁のようなので柱の内側に下地をまわし、断熱材をしっかり入れていきます。

DSC_0441[1]

DSC_0449[1]

断熱材を入れた後、構造用面材を張ってさらに強固にしていきました。

DSC_0453[1]

内装屋さんが入るそうなので1階は構造補強工事で終わりです。次回からは2階を進めていきます。

2階も同じような工事になるのですが多少違いもあります。しっかりやっていきたいです。

終わりに近づき!

新築の進捗状況ですが大まかにボードが張り終えてきました。まだもう少し細かいところは残っていますがまもなく完了です!

DSC_0350

DSC_0351

1階は写真のようにまだですが2階はパテまで入っています。

 

 

さて先日ですが配線が壁より外側にある部分をやらせてもらいました。

DSC_0345

 

このような配線を囲う箱を作るのですが下地がしっかりとまっていないと仕上げの珪藻土が割れてしまうのでしっかり固定しました。

DSC_0346

 

天井が勾配天井なので下地も斜めに加工する必要がありました。

このあとボードもしっかりおさまりました。

写真がぼやけてしまって完成後の写真が上げられないのは申し訳ないです。。

photo gallery