| Subcribe via RSS

丘の上の平屋。もうすぐ完成です。

投稿:やまもとふみこ

 

現場仕事もいろいろ大詰め。

あっちこっち超充実しておりますが、時間作ってどんどんレポ!

 

平塚に建設中の 丘の上の平屋 もうすぐ完成です。

薬師寺祥子さん設計、中山建設施工での新築計画ですが、着工前に「このお家に名前を付けるとしたら何にします??」って薬師寺さんとお話をした時

「高い所にあるから。。。崖の上の家。。。とか。。?」

「えっ?!薬師寺さんもうちょっと柔らかいニュアンスで行きましょうよ!崖。。?丘?!丘の上の平屋なんてどうです??」

って半ば強引に私が名前をつけた事を思い出しました。

 

家に名前を付けるだなんて、大層な事しちゃってよかったのかな。。?ってちょっと悩んだんですけど、

丘の上って事は景色も良いだろうし、気持ちよい風が通り抜けそうなイメージがするかな?平屋はこの家のコンセプトそのものだし。

って。実はじわじわ気に入ってたんですよね。

17211964_1249230508525926_2689647846409463351_o

だってこんなに素敵な景色のリビングが出来たんですもの。

平塚の平野を一望できて、新幹線が通る様子を眺められる景色。

大きな掃き出し窓は加茂木製サッシ組合さんの引き込み戸です。この木製サッシは全開口するので、この景色をそのまま室内から繋げて眺める事が出来ます。

 

17200962_1247629198686057_2670435204216178249_n

そして丘の上の平屋のもう一つのテーマであったお施主様積極参加での家作りも大詰めで左官屋さんご指導の元、珪藻土塗りのDIYも無事終了。

DIY ってなんだかカジュアルな響き。でも実際にやってみるとカジュアル感は少ない とは、お施主様のご感想。

職人に賃金を払ってお願いする仕事を自分達でやろうって事は、楽しいだけじゃなくって大変な事も多いんです。

 

でも、お手伝いに来てくれた方、教えてくれる職人たちと一緒にいっぱい笑いながら作った家。

上手い下手はあるかも知れないけれど我が家の壁は味のあるものになりました。この壁を見るたびにたくさん笑ったことを思い出すでしょう

と、DIYの家づくりを経験された方ならではの家への思い入れを感じて下さったそうです。

 

お施主様 田中はるかさんのブログにDIYのことや家づくりの事がご紹介されています。

是非ご覧になって下さいね。 田中はるかさんブログ ととのえるおさめる

 

17022334_1242192965896347_7807589292499769672_n

 

現場を仕切る棟梁の秋元大工(修ちゃん)を筆頭に、工房からは造作家具や建具をどんどん作ってバックアップ。

工房と現場とで煽ったり煽られたりしながらお引き渡しへ向けてのデッドヒート(?)が続きました。

 

納めるもの、使いやすい場所にこだわってオリジナルオーダーメイドで作ったキッチン。

DSC_0063

 

とっても素敵に仕上がって、現場への取り付けが終わりましたよ。

17362045_1258012650981045_6696430440808347010_n

 

日が長くなって来たけれど、まだまだ春の気候と呼ぶにはちょっと寒い時期。

リビングから見える平塚の町の夜景を眺めつつ、床の養生シートを剥がしたら、丘の上の平屋の完成ですね。

 

余談。

DSC_0070

 

 

全くの偶然のご縁なのですが、今回の平塚の現場はわたくしやまもとの実家のすぐ近くでして。

なぜか珪藻土塗りのDIYにはうちの父が紛れ込むという珍事も起きました(笑) その日の事もお施主様のブログでご紹介いただいています。

みんなに食べて欲しいから買ってきてっ!!って父に差し入れをお願いした平塚名物 「都まんじゅう」

一口サイズで、白あんがほっこり優しいお味♡ 小さい頃から大好きなおやつでした。今回みんなに食べてもらえて良かった良かった^^

平塚の町に行くことがあったらぜひ食べてみてください^^

 

 

Tags: , , , , , , , ,

新築戸建 『丘の上の平屋』気密測定でC値0.4c㎡/㎡

投稿:やまもとふみこ

 

住宅の性能を表す数値として良く使われるC値は、一言で言ってしまえば

家にどれだけの隙間が開いているかを表す数字。

 

中山建設の住まいの性能として、

高性能グラスウール天井(屋根):16K 105mm×2 210mm/壁:16K120mm /床:基礎断熱 *部屋内気密シート張り

で施行しC値(隙間面積)1.0c㎡/㎡ を目標に設計施工を行っています。

高気密高断熱で、年間を通じて室内を快適な空間に保つ住宅を作るためには性能の確かな素材を選ぶと共に、隙間風が入り込む隙間も無いほどに高い大工の施工精度が求められているのであります。

 

現在工事が進んでいる 丘の上の平屋 に正しく設計施工が行われているかどうかを確認する為、株式会社マツナガさんが気密測定に来て下さいました。

 

16422860_1210668842382093_1543493121746197946_o

 

良い笑顔で記念撮影。(笑)

ですが、測定はしっかりと。

16463386_1210668925715418_8953194676062052096_o

 

16422893_1210668969048747_2471149988174776852_o

 

窓に取り付けた大きな送風機で建物内の空気を強制的に外に排出し、室内側の圧力を下げ、出て行った空気の量と室内と外との気圧差を調べる事で、家にどれだけの隙間が開いているかを調べる事ができます。

どれどれ結果はいかがでしょう?

16402932_1210669222382055_5081216639760690369_o

 

ここで測定されたC値0.4c㎡/㎡!目標数字の 1.0c㎡/㎡ を大きく上回る良い数字!

そしてココに家の延床面積をかけて 隙間面積を求めます。

 

丘の上の平屋は 延べ床面積108㎡×C値0.4c㎡/㎡  = 43.2c㎡

 

家全体で43.2c㎡の隙間が開いていると言う事がわかりました。

延べ床面積108㎡の戸建てに空いている隙間が名刺一枚分よりも小さい。これはなかなか良い結果が出ました^^

 

16422999_1210668422382135_1831608874235812796_o

 

棟梁の修ちゃんも満面の笑顔でVサイン!(笑)

大工にとって、自分の施工精度が数字で現れるというのは、きっともの凄いプレッシャー。

今回出た良い結果も、今後の施工にしっかりと繋げて行きたいと思います。

 

Tags: , , , , ,

ショーホーム「クラフトマンの家」つくります。

投稿:やまもとふみこ

 

ちょっと昔語り。

私が小学生の頃、父母が新婚の時に建てた平屋が手狭になった事から、家の建て替えを計画する事になりました。

父は普通のサラリーマンでしたがお休みの日には何枚も何枚も、広告の裏紙や方眼用紙に家の間取り図を描いたり、厚紙で模型を作ったり、お世話になった工務店の棟梁さんに相談をしに行ったりと、設計士さんの真似事をとても楽しんでいました。

そんな父のプランを広げて夜な夜な繰り広げられる家族会議。

『わたしのお部屋ここがいい~』 『二階建てのお家なんてすてきー』なんて、ワクワクそわそわの日々を多感なお年頃だった私はとっても楽しんでいました。

そうして家が建て替えられ、やまもと家のドリームハウスが完成。

今見るとフツーの家ですが、その当時のやまもと家全員の夢や希望、そして思い出を盛り込んだ大切な大切なお家なんですね。

 

なんでそんな昔語りをしたくなっちゃったかと申しますと

あの頃に経験した「もうすぐ自分達の家が出来るんだ~」って何ともワクワクそわそわした嬉しい感情が今また鮮明に蘇っているからなのかも知れません。

 

いまのワクワクそわそわの原因はコレ。

今年の夏頃完成予定で建築計画中のショーホーム「クラフトマンの家」です。 

 

IMG_7369-650x487

 

 

設計は、いつもおなじみの古川都市建築計画古川設計士にお願いしています。

一階部分は材料や道具、作品などを置く倉庫として使用し、二階部分に事務所や来客スペース、ちょっとしたお店なんかも開けるスペースになる予定です。

 

言ってしまえば私にとってココは職場になるのですが、

「事務所の移転」とか

「会社引っ越す」とか

そんな単純な気持ちじゃなくて「自分達の家が出来る!」って言う一大イベント!!

古川さんが作ってくれた模型の写真眺めてニヤニヤしたり、自分の席はどこにするか真剣に悩んだり、とにかくワクワクそわそわが忙しい!(笑)

古川さんが描いて下さるスケッチも、毎回妄想を膨らませて楽しんでいます。

e70a27c5ba19503f793cc0aa7663070a-e1485752062362

 

クラフトマンの家 は、家づくりを考えていらっしゃる方への情報発信の場、ものづくりを楽しむ人々が集う場所として様々なモノやコトが生まれてくる場所になるよう計画が進められています。

ここに来るすべての人にとって楽しい場所になる。

これが今の私のワクワクそわそわの一番の原因かも知れません。

 

「家をつくる」 を仕事にしている私たちにとって自分達の家を作る事は、その楽しさを今まで以上にリアルにお客様にお伝え出来る経験になるのだと思います。

今のワクワク楽しい気持ちを大切に温めながら、皆様に楽しんでいただけるショーホームになる様、プランや工事の進捗も丁寧にお伝えしていきますね^^

 

完成をどうぞお楽しみになさって下さい^^

 

設計士の古川さんも参加なさっている 建築家31会 のブログでクラフトマンの家の模型製作の過程をご紹介下さっています。

是非ご覧になって下さい。

 

 

 

 

丘の上の平屋。お施主様と工務店は家づくり仲間!の巻。

投稿:やまもとふみこ

 

現場での工事が進行しております新築戸建、丘の上の平屋 

外部に使用するウッドサイディングの塗装工事をお施主様のDIYで行う事になりました。

お施主様ご夫婦とお友達、そして設計士の薬師寺祥子さんの4名で家一軒分の木材塗装をします。

DSC_0392

冬の厳しい冷え込みがちょっと緩んだ温かい日。工房内に養生シートを広げて木材にキシラデコールという塗料を塗る作業。

お手伝いは材料のご説明と場所を作るくらいで気が付いたらみなさん手分けをしてテキパキと作業をこなしていらっしゃいました。

DSC_0403

午前中の作業のキリが良い所でお昼休憩。

私も一緒にお弁当を食べながら、家づくりの事だけでなく色々なおしゃべりをしながらのお昼。とても楽しかったです^^

DSC_0404

設計士の薬師寺さんが手作りの小豆の蒸しケーキをおやつに持ってきてくださいました。。これ大好き♡

とっても美味しゅうございました。

DSC_0425

 

お昼を食べたらまたひたすら作業に打ち込みます。

4人掛りで丸一日。中腰での作業や材料を運んだりも多いので、夕方にはだいぶ腰にお疲れが出ていたと思いますが一日で終わらなかった時の予備日として二日間のDIY予定分は一日で無事終了。

チームワークが良く作業も無駄なくスピーディーに進みました。

塗装仕上げをして頂いた材料は大工がお預かりし、丘の上の平屋にバッチリ取り付けさせて頂きたいと思います!

家が完成したら是非「ここの木、自分で塗ったんだ~」って、自慢しちゃってくださいね^^

 

DSC_0431

 

夕方頃、お打合せから戻ってきた中山もいつの間にか作業のお手伝い。

こうして作業や休憩を一緒にさせて頂くことで、お施主様と工務店という関係だけでなく、良い家一緒につくる仲間になれた気がします^^

今回塗装した材料が取り付けられる日をどうぞお楽しみになさって下さいませ^^

 

 

丘の上の平屋のお施主様で、整理収納アドバイザーをされている田中はるかさんのHPブログで、家づくりのレポをして頂いています。

お施主様目線で家が出来あがっていく様子も是非ご覧になって下さい。

 

田中はるかさんHP ととのえるおさめる

 

 

上棟してから

丘の上の平屋

上棟してから屋根の下地作業です。

IMG_0827

気密性、断熱性、通気性等々建物の性能にかかわるポイントを

大事に計画、打合せしてあります。

屋根の下地を組む段階で気密のためのフィルムも同時に施工しておきます。

この段階でフィルムを先張り施工することで気密の欠損対策しています。

IMG_0826

屋根の通気もしっかり計画。

大きな軒の出を支えながら屋根の通気も確保できるように

建て方前より事前に加工しておいた下地材を取り付け。

通気が滞らないように各箇所の納まりも打合せ済み。

IMG_0828 IMG_0843

屋根、外壁ができるまでの間にも建物内に雨が入らないように全面雨養生しています。

大事な建物を大事につくっていくために大事なことは惜しまず工事進行中です。

 

 【 中山建設の運営するホームページ一覧 】

中山建設のリフォームサイト

中山建設の新築サイト

無垢のマンションリノベーション ムクリノ

無垢フローリング施工専門店    キノユカ

無垢の一枚板・オーダー家具   ムクエミ

ものづくり工房 都築の杜

 

 

新築戸建『丘の上の平屋』もうすぐ着工です。

投稿:やまもとふみこ

 

中山建設のすぐご近所に住まわれている建築士 薬師寺祥子 さんと、とあるご縁がありまして。

もうすぐ薬師寺さん設計の新築戸建を着工させて頂く事になりました。

IMG_9785

今回の計画は平塚の町が一望できる小高い丘の上に建つ平屋のプランです。

 

薬師寺さんのご自宅へ伺って模型や図面の写真を撮らせて頂きながら、プランのお話しを伺いつつも。。

IMG_9817

窓の外の景色に思わず見入っちゃったり。。。

IMG_9803

 

キッチンがとっても素敵だなぁ。。。と思ったり。

IMG_9788

 

土間と薪ストーブのある暮らしって素敵ですね。なんてお話がそれたり。。。

IMG_9794

 

まるでおばあちゃんの家に来たみたいな懐かしい優しいお家で、この家を作った時の事。暮らし方の事。いろいろなお話を聞かせて頂く中で、これまでの私たちがしてきた家づくりと通ずる想いや、考え方などの接点や答えが見つかった様な気がして、今回のご縁があったのも偶然ではなくて、引き寄せあっていたのかも知れないなぁなんてことを思いました。

IMG_9765

 

薬師寺さんのお住まいや暮らし方、お人柄に共感されたお施主様からのご依頼を受けての新築計画。

これまで大切に温めてきた家づくりに施行という形で参加させて頂ける以上、確かな技術でしっかりと形にしていきたいと思います。

IMG_9777

もうすぐ着工の 丘の上の平屋 施行の様子から完成までどうぞお楽しみになさって下さいませ^^

 

Tags: , , , , ,

photo gallery