| Subcribe via RSS

ステンドグラスのマホガニー扉。取り付けが完了しました。

投稿:やまもとふみこ

 

一番最初に工事をご依頼いただいたのは、約15㎡の個室にカリンの無垢フローリングを張る工事 でした。

それが丁度今から一年前の事になります。

 

タイトルなしのコラージュ (4)

この時に張らせて頂いたカリンの無垢フローリングをとってもお気に入り頂いて

リビングダイニング・玄関ホール・廊下・階段・寝室と家の中のほぼ全室をカリンの無垢フローリングに張り替える工事を少しづつ進め

2017年の春には階段と階段室にアイアンの手摺り  を  秋ごろにはカーテンを掛け替え  

布クロスの貼り替え 

 

年末にはトイレの内装を一新 したりと、ほぼ丸々一棟分の内装工事をさせて頂きました。

住まいながらのリフォームになるのでご負担にならぬよう、時にご協力を頂きながら工事を進め少しずつ、目に見えるものが全部大好き。日々使う物が全て使いやすい。そんなお住まいになっていきました。

 

マホガニーのステンドグラス入りの扉は、枠の工事やクロス工事が終わってからの取り付けになるので、一番最後の工事。

正にこれまでのリフォームのオオトリを飾る、家具職人の五味さんが作った扉です。


27540147_1625141214231038_4532888348370604400_n

 

この日は親子扉と他二カ所、合計4枚の建具を一日で吊り込む為、石谷大工と加藤大工のベテラン2人で作業を行いました。

総無垢でステンドグラス入り、計画から完成まで一年近く。

五味さんの知恵と技術力の結晶となった貴重なマホガニーの扉は、きっと想像以上にいろいろな重さを感じながらの搬入だったと思います。。

27655046_1625141254231034_5748314601478195216_n

吊り込みも慎重に丁寧に。

ドア枠を彫り込み、蝶番を取り付けドアノブやフランス落としを取り付けたらつり込み完了。

27544949_1625142857564207_4961352156983244886_n

そうして取り付けが完了した扉が目の前いっぱいにドーンって。(語呂が。。。)

これまで思い描いていたステンドグラス入りの建具が完成した事が嬉しくて嬉しくて、たくさん写真を撮り、ずっと眺めていました。

27073428_1625142944230865_5223359427724652288_n

楕円形のステンドグラスには、奥様のご希望で隠れ天使をデザイン入れました。

どうかこのお家を、ご家族皆さまを、末永くお守りくださいますように。

27459607_1625142854230874_8374599028793149209_n

親子扉に向い合せた部屋の扉も、同じくステンドグラス入り。

使っている素材やフレームの面は一緒なのだけど、リビングの親子扉はデザインの中に曲線を入れているので、柔らかく優しいイメージに。

こちらはご主人様のお仕事部屋になるので、二枚の長方形のステンドグラスでちょっと男性的なイメージになりました。

仕上がった扉をご覧いただいて、「想像以上でした。。」と嬉しそうにおっしゃって下さった笑顔がとっても嬉しくて

このお住まいの工事に関わった職人みんなに撮った写真をしつこいくらい見せて回ったのは内緒です。。。^^

きっと今一番ホッとしていて、写真を何回も見返しているんじゃないかな?なのは家具職人の五味さん。

今年の初夢にまで出てきちゃったマホガニ―扉の製作について五味さんが紹介しているブログも、是非ご覧ください。

 

Tags: , , , ,

お気に入りのクロスから考えるトイレのインテリアコーディネート。

投稿:やまもとふみこ

 

トイレのリフォームをお任せで!

と、インテリアコーディネーターとしては大変やりがいのあるお仕事をさせて頂きました。

全てをコーディネートするのでも構わないけれどせっかくだから、クロスは一緒にお選びしましょうとたくさんのサンプル帳を集めて一緒にお選びいただいたのは、マナトレーディングのカタログから、薄いラベンダー色にステンシルの様なお花柄が入った輸入の紙のクロスでした。

 

以前にご紹介した布クロス同様、施工の難易度が高い紙クロスですが、高級感があり国産のメーカーには無い、大胆な柄や色使いの物も多いのでインテリアにこだわりがある方には憧れのクロスでもあります。

 

26113792_1586854144726412_5138253085238664347_n

 

施工は今回ももちろん熟練のクロス職人である、ホームクリエイション藤原お父さんです。

 

日本で一般的に流通しているビニールクロスの幅は90cm。

海外製のクロスは女性でもDIYが出来るようにと、女性の肩幅に合わせて約60cm前後の物が多いので、クロスを貼る手間が増えるのと、薄い紙クロスは下地の凸凹を拾いやすいので、下地処理や柄合わせなどなど。難易度の高い施工になりました。

 

IMG_0163

 

素敵なラベンダー色のクロスに合わせて、トイレ内の手洗カウンターは装飾のある面をつけた框組。

もちろん自社の工房で、家具職人の五味さんが製作してくれました。 

白い塗装の仕上げは現場で行います。

 

 

25152329_1508968905885417_7368073321160470285_n

トイレの入り口の建具も同じく自社の工房で製作。

マホガニーの色合いを引き立たせる様に、蝶番やドアノブなどはゴールドを選びました。

なかなか日本製でイメージするドアノブが見つから無かった為、フランスからBOUVET(ブーベット)社の物を取り寄せました。

 

25498009_1515713321877642_8934233574651458237_n

仕上がったトイレの内装です。

カウンターは白く塗装、洗面ボウルと自動水栓はセラトレーディング。

大人の女性を意識して、カウンター部分は落ち着いた色味をセレクトしました。今まで使用されていたタオルホルダーやミラーは再利用したのでそれに合わせて、水栓や家具の取っ手等の小物はゴールドを選んでいます。

 25498484_1515713331877641_3476903756712094520_n

この空間に似合うトイレを探し回っていた頃、丁度良いタイミングでTOTOから発売の発表があったネオレストNX。

たまごの様なコロンとした形が良い意味で、トイレらしく無く上品な空間を作る事が出来ました。

 

25446273_1515713345210973_8374380971353986280_n

以前の増築で、窓の外に新しい部屋が出来たため機能をはたしていなかった窓には、LED照明とステンドグラスを入れ、自然な光が入り込んでいる様な演出。

窓枠もルーターで一本一本製作したオリジナルです。

25507792_1515713375210970_7856809540118136206_n

こうして出来上がったトイレは、今までの中山建設のインテリアコーディネートにはない事例になりました。

完成したトイレをご覧になったお施主様にもとても喜んで頂く事が出来てホッと一安心。

インテリアコーディネーターの学生だった頃、憧れていた設備や家具、壁紙が全部詰め込まれていて、あの頃は紙の上でしか表現できなかった空間が、完成したことが嬉しくて嬉しくて、何枚も何枚も写真を撮りました。

貴重な経験になるお仕事をお任せ頂き、こうして完成したことが、なんだか夢の様な気がしていて、撮りためた写真を見返しては夢じゃなかったんだよなぁ~と、思い返している今日この頃なのでした。

 

 

 

 

Tags: , , , , , , ,

布のクロス施工しています。

投稿:やまもとふみこ

 

布クロス。。。?

布を英語で言うとクロス=cloth だから直訳すると布布って。。?ちょっと意味がわからない言葉ですね。

 

現在の家づくりで主流になっているビニールクロスは、布の壁紙(布クロス)よりも安価で量産しやすく施工しやすい素材として一気に普及し、反対に布や紙のクロスは高価で施工も難しい事から、あまり使われる事が無くなってきました。

ビニールクロスと言う言葉も布の壁紙に変わる物として、新しく作られた言葉なのだろうなぁと思います。

 

現在では一般的でなくなった布クロス。

実は私も使うのが初めての素材なのでサンプル帳の小さなサンプル片を見ただけでも、織物の柔らかな素材感や上品な質感はビニールクロスとはやっぱり違うなぁと実感しました。

 

今のクロス職人さんでは布クロスを貼ったことがある職人さんの数も少なく、特殊施工の部類に入ります。

と、言う事で クロスに自信あり!な、ホームクリエイション さんの重鎮で、元は経師職人(襖や障子、屏風などを貼る専門職)の 藤原お父さん の登場です。

経師職人についての詳しくはこちら

 

IMG_3636

 

「 布のクロスを貼るなんて前世ぶりかな~?思い出せるかな~? 」 なんて言いながらも久しぶりの布クロス施工を楽しんでいる様にも見えます(笑)

 

IMG_3637

 

ビニールクロスなら使う分のクロスに一度に糊付けをしておけるのですが、布のクロスは空気を通すので糊をつけて置いておくと、クロス同士がくっ付いちゃうし乾いてしまいます。

その為、壁に貼る前に一枚一枚糊付け。手間の掛かる理由の一つは、こういう事なのね。

IMG_3674

シワにならない様に、柄が綺麗に繋がる様に、布クロスを汚してしまわない様に、丁寧に丁寧に施工中。

IMG_3661

 

布の切断面が綺麗に出ないと柄も綺麗に繋がらないので、カッターの刃を何枚も使って、丁寧に丁寧に。

 

IMG_3677

 

 

熟練の職人であるお父さんの技を盗む為?お父さんの背中を見つつ藤原お兄さんも布クロス貼りに挑戦中。

「おやじみたいには進まないよ~布クロス難しいよ~」と言いながらも、お父さん仕込みの丁寧なお仕事で布クロスを貼っています。

布クロスを貼れる職人さんが今後も絶えないように若い職人さんもがんばっているんですね!

 

IMG_3664 (1)

 

と、布クロス施工の様子をお伝えしたくて写真をたくさん撮っては見たのですが。

クロス職人さんって基本的に壁に向かって作業しているでしょう?なのでお顔が写る写真が無いのですよね。

男前なイケメンクロス職人親子のお顔がしっかり撮れていないのがとても残念。

布クロスの施工はまだまだ続きます。

仕上がりに乞うご期待っ!!

 

 

 

 

Tags: , , , , , ,

壁紙の張り替え。ウィリアム・モリスのクロス。

投稿:やまもとふみこ

 

ウィリアムモリス ってご存知ですか??

ちょっとインテリアの歴史を勉強すると出てくる19世紀後半のアーツアンドクラフツ運動などを主導し活躍されたデザイナーで、草木花のデザインが有名な方です。

100年以上前にデザインされたウィリアムモリスの草木花柄のデザインは今の時代でも色あせる事無く斬新で素敵な物が多いのですが、白い壁が主流な日本の住宅にはなかなか馴染がないデザインなのですが、只今リフォーム中のお住まいでモリスのクロスを使ってのご提案の機会を頂きました。

 

さっそく壁紙のサンプル帳を取り寄せて~。。と思ったのですが、サンプル帳の時点で貴重な物なのでメーカーさんからレンタル。

 

19437231_1407850852626743_5521739706773943776_n

実際に届いたのは60cm角の立派なサンプル帳。

19396939_1407850882626740_100035194810612798_n

 

サンプル帳が大きな理由は中を開いて納得。

大きくて繊細なウィリアムモリスのデザインは、小さなサンプルじゃ伝わりきらないですよね。布の織もとっても綺麗で見ているだけで本当にワクワクします。

19420638_1407850922626736_1292459819925206801_n

ビニールクロスが主流になっている今の家づくりでは、ココまで大胆な柄物を使わせて頂ける事はあまりないけれど、せっかくの機会なので学生時代に戻った気分で楽しみながらコーディネートしてみたいと思います。^^

中山建設の事例としてはこれまでにないコーディネーションになるんじゃないかな??

どうぞお楽しみになさって下さい^^

 

 

 

 

 

Tags: , , , , ,

壁紙の貼り替え工事が始まりました:映画館になる家

投稿:やまもとふみこ

 

毎回壁紙の貼り替え工事が始まると、リフォームもそろそろ終盤に差し掛かったな~と、思います。



IMG_1620

 

壁紙貼り替え工事の担当は毎回お願いしている 職人の鈴木さん

主にリビングダイニングの天井部分と、水廻りのクッションフロアを担当して頂きます。

 

IMG_1623

リビングの天井に取り付けた物干し兼ぶら下がり棒は、オーダーメイドした一点物。

出来上がるまでの様子をfacebookページにてご紹介しているので、是非ご覧になってみて下さいね^^

名称未設定-1

わたしが言うのも何ですが、ものを作っている様子って見ているととっても楽しいと思うんです。

いつも現場に行くと、写真を撮ったり、作業の様子を眺めながら、職人さん達といろいろなお話をするんですけどね。

何気なしに仕上げている仕事一つ一つにも、丁寧なこだわりがあったり、見過ごしてしまう様な箇所にもいい仕事していたりと、会話の中から気が付く事がいろいろとあるんですよね^^

facebookページでは、職人さんのちょっとしたこだわりや、ものが出来上がるまでの過程などもお知らせしているので、ぜひこちらのブログと併せてご覧になってみてくださいませ^^

中山建設facebookページはこちら

お話は現場に戻りまして、ただ今鈴木さんは古い壁紙を剥がしている工程。

IMG_1629

ぺろ~んと綺麗に剥がれる様子は見ていても気持ちいい。。(笑)

新しく貼る壁紙を綺麗に仕上げるため、古い壁紙を綺麗に剥がしたり、パテで下処理をするのも大切な作業なんです。

そして壁紙を剥がすと、このお家のリフォーム履歴が分かるんです。

表面を剥がしても裏紙は綺麗さっぱりとは剥がれないので、裏紙の残り方で、これまでに何回貼り替えをしたかが分かると言うワケ。

鈴木さんの推理では、このリビングはこれまでに一度、貼り替えをしているらしいとの見解でした(笑)

IMG_1634

こちらはキッチン側の天井。 湿気や熱がこもりやすいキッチンはぺろーんとは剥がれない様で、ちょっとずつ剥がしながら作業を進めます。

天井部に付いていた収納を取り外したら古い壁紙が残っているのがわかりました。

なるほど。ここにあった収納は後から付けたものなのですね。。

こちらは残っている裏紙の様子から2回、貼り替えしているみたいでした。

3回目の貼り替えになる今回も、綺麗な仕上がり期待してますよ鈴木さんっ!!

Tags: , , , , , , , , , ,

クロス補修の様子。

ダイニングテーブルの上に吊るされるペンダントライトは、「きっちりテーブルの中心」 が良いですよね。

家をプランする際にはテーブルを置く位置や大きさ等を考慮して、ぴったりの位置にペンダントが下がるようにするのですが

模様替えの際に、テーブルの位置にあわせてペンダントを移動すると、天井のクロスの補修が必要になることもあるのです。

その様子がこちら。

ダイニングに合せて照明の位置を変えた為、元の照明の位置にクロスの補修が必要になりました。

分厚いサンプル帳から、同じクロスを探し出しその場所だけ新しいクロスを貼っていきます。

今回は全く同じクロスが見つかったので、一安心。

張り替えた後は、どこが新しく貼られたのか判らないくらい綺麗に仕上がります。

これでペンダントライトの位置の変更もおしまい。 パテ埋めの工程を含めると約2時間ほどで終了です。

全面張り替えるほどじゃないけど、一部分だけ補修なども承ります。お気軽にご相談下さい。

おまけ。

事務所の私の席には丁度西日が差し込んできます。

そういえば去年の秋も西日が眩しかったっけ。。。(=▽=)

まだ暑い日が続いているけど、夕日の傾きから秋の気配を感じました。

Tags: , , , ,

リフォーム