| Subcribe via RSS

いいご縁

先日、新たな新築プロジェクト「屋外テラスと屋内テラスのある家」が始まりました。

 

今回のプロジェクトは、中山建設としてはめずらしく?都心の新築プロジェクトで、

東京都新宿区の狭小地に3階建ての二世帯住宅を建てる計画です。

 

 

新築プロジェクトが立ち上がると、ホームページに進捗を載せていくため、

さまざまな資料を見たり、お客さまとのやりとりの経緯や設計のコンセプトプランに関するお話を聞いて、

お客さまとの初めての接点から、設計契約を結ばせていただくまでのストーリーを知るということをしています。

 

今回は狭小地であることと、2世帯であることから、諸制約が厳しい上に、お客さまの要望は2倍!

坂や狭小地、変形敷地といった厳しい条件が多い横浜で家づくりを探求してきた古川設計士と中山建設。

最強とも言えるタッグで臨んでも、とても難しいチャレンジだったのではないかと思います。

 

次々に出てくる課題と要望。

一つ一つ丁寧に検討した上で作り上げても、残念ながらすべてを盛り込むことは出来ませんが、

要望になかった付加価値をも提案するプランを練り上げ、真正面からお客さまと向き合ったことにより、

お客さまとの良い関係が築かれていったように感じました。

まだまだ進化していくプラン、この先が楽しみです。

 

 

そうそう、3階にできたこの不思議な空間が気になるんですよね~(笑)

51255433_2039799259469043_581819260876095488_o_w900

この正体については、後々新築ホームページの進捗でご報告したいと思います!

 

よろしければ、新築ホームページの記事もご覧くださいませ。

ホームページはこちら>>

 

 

 

実は、初めてお宅にお伺いし、現地調査とヒアリングをさせていただいた後、

代表中山がFacebookにその日のことを投稿しているのです。

そこには、

『いいご縁になります様に!!
なりそうな気がする』

って書いてあります。

きっとこの日の時点で、いいご縁が決まっていたのでしょうね(^^)

 

このご縁を大切にしていきたいですね。

そして、この先どんなご縁が待っているのか楽しみです!

 

 

新築戸建ての家づくり。構造見学・お住まい見学

5月15日 16:40 新築戸建て

yamamoto
yamamoto

投稿:やまもとふみこ

 

おかげさまで中山建設はこの春で、会社の設立から12年目を迎えることが出来ました。

 

何で急にこんな話をしだしたのかと言うと、先日構造見学にご案内したお客様との車での移動中、楽しくお喋りをさせて頂く中で「 中山建設は設立して何年目ですか? 」と言うご質問を頂いてから、急にコレまでのことを振り返りたくなっちゃったからです。

 

思い返せば設立当初は、ご紹介できる施工事例も少なく、HPに掲載する写真一枚を選ぶのも苦労したし、まだショールームも整っていなかったので、夏は蚊だらけ、冬は極寒の工房でお話を聞いていただいたのでした。

そんな状況の中でも、中山建設に家づくりをお任せいただいたお客様方には本当にたくさんのご協力を頂き
一つ一つのお仕事を積み重ねてご紹介できる事例が増え
このブログやFB・instagram・新築戸建て専用のHPなど
様々な角度から私たちの家づくりが発信できるようになりました。

 

新築・リフォーム共にたくさんのお問い合わせを頂くようになり、これから家づくりを考えていらっしゃるお客様方に、HPの情報だけでなく、中山建設の家づくりをもっとわかり易く、実際に体感していただけるようにと、ご紹介の方法も変化してきました。

 

一番の大きな変化はやはり、見ていただける家があること。

 

IMG_4017

 

只今新築工事中の クラフトマンの家 では、いつでも構造見学をしていただくことが出来ます。

完成してしまったら見えなくなる壁の中や、普段過ごす中では気がつかないような細部に至るまで、大工をはじめとした職人達の仕事を見ていただける場所としてご好評を頂いており、家が完成したらよりたくさんの方に来ていただける場になると思います。

 

 

 

そして、これまでに完成した新築戸建てのご家族様にもお住まい見学のご協力を頂き、家だけではなくて暮らしの様子を見られるお住まい見学も、時々開催しています。

中でも ぐるっと回れる家 のご家族様には、「完成した家が見たいって方がいらしたら、いつでも来て下さいね」と、

本当に心強いお言葉を頂いておりまして、コレまでに見学ご希望のご家族をたくさんご案内させていただきました。

 

31491134_1653249271457379_4861119153767875118_n

お住まい見学の時には、ぐるっと回れる家のご主人や奥様が、この家をつくるきっかけや、家の性能、間取り・プランを進める中での設計のやり取りや、工事中の大工や職人達との会話などをお話してくださいます。

 

実際に家づくりを経験されたご家族のリアルで分かり易いお話が、参加された方々の家を建てるワクワク楽しい気持ちを盛り上げて下さって、家づくりについてのお話も弾み、毎回賑やかで楽しい見学会です。

 

思い返してみると、いまこうして見学会を開催できるのは、何も無かった頃にご協力下さったお客様や家づくりが終わった後も私たちを応援して下さる、これまでに出会ったお客様がいらしてくださったから。

とてもとてもありがたくて嬉しい強力なお力添えを頂き、たくさんの方に中山建設の家づくりをご覧いただけるようになりました。

ぜひ新築をお考えの際には、私たちの家づくりをご覧になりにいらしてくださいませ^^

 

 

横浜で25坪の家に住む

最近の事なのですが

お客様からのご依頼で2案件、25坪以下の住宅を計画しました。

25坪でも豊かに暮らせる工夫がたくさんあり魅力的な提案になりました。

見積もりまで作成して概算金額も積算済み。

小さな家の可能性を知ることが出来ました。

実現には至らなかったのですが、埋もれさせるにはもたいない。

せっかくなら

「マンションを購入するような価格帯で一軒家に住むことが出来ないか!」

プロジェクトに取り組みます。

古川都市建築計画の古川さんと共に

中山建設的、小さな家を提案していきたいと思います。

19821122_1057598924373677_977973453_o

19808012_1057598931040343_1464524210_o

(写真:古川達也)

本体価格 1900万台の価格設定。

基本スペックは高めておきたいと考えていますので

耐震等級 3

高気密・高断熱

無垢フローリング木の家

作りつけ家具

上記内容は外せないな!

敷地を読み解き

住まう方にとって居心地の良い家。

クライアントにとって唯一無二スペシャルな家を作りたいので

当然自由設計です。

始めてみます。

 

住宅の性能についてZEH

6月29日 22:23 新築戸建て

Nakayama
Nakayama

 

現在工事中の「ぐるっと回れる家」は

BELS最高ランクを取得しました。

BELS(ベルス)とはガイドラインに基づき建築物省エネルギ-性能表示制度です。

ようするに建築物のエネルギー消費性能の見える化。

IMG_4410

また

「住宅の高断熱化と高効率設備により省エネルギー化をして

太陽光発電などのエネルギーを作ることで

一年間で消費する住宅の一次エネルギー消費量の収支がゼロになる住宅を

ZEH住宅といいます。(ゼロエネルギーハウス)」

「ぐるっと回れる家」は

もともとお住まいの屋根についていた太陽光発電を再利用することで

費用や廃棄物をへらす計画。

当然のストーリーとしてZEH取得しました。

IMG_4411

中山建設ではどの建物も断熱性能を可能な限り高めます。

それは少しの工夫と、少しの費用負担で高性能化できるから。。

暖房費・冷房費が年間を通してさがり

お客様のメリットになるから。

ただZEHに関しては初期投資の費用負担が大きい事と

横浜のような建物が込み合った土地では

なかなか太陽光発電を

屋根に載せるのは難しいですね。

基本は暮らしが一番であり

気持ちよく暮らせる工夫のある家を

常に高い志で目指しています!

 

 

熊本地震に耐える木の家。夏の家づくりのセミナーを開催します。

投稿:やまもとふみこ

 

ちょっと前の事なのですが、只今基礎工事中の「ぐるっと回れる家」の

中山建設 代表の中山

意匠設計の古川さん

構造設計の宮崎さん

三者でのお打合せに同席させて頂きました。

 

DSC_7962

新築工事の設計に関して私は全くの素人なのでお打合せしている様子を聞いていてどんな事を感じるかなぁ?と思いながら聞いていたのですが

 

窓の位置一つ、階段の横幅や位置の数センチにも、一つ一つに理由があって、その一つ一つが家のストーリーになっていると言う古川設計士のお話しを聞いてから改めて間取りや模型を見てみると、更なるストーリーが垣間見え、意匠設計からの暮らしの作り方を知る事ができたり

 

構造計算をして下さる宮崎良子設計士が見せて下さった「wall stat」というソフトでの木造住宅の倒壊解析シミュレーションでは、地震のあの嫌な揺れが再現され建物が大きく歪む様子を目の当たりにし、全くの素人目で見ている私にはショッキングなものでもありました。

 

そして新築戸建の施工管理をしている中山は常々、素材の選び方、使い方や工房があるから出来るコストダウンの方法をフル回転で考えていて

意匠設計、構造設計の段階から施工者が入り三者で重ねているこのお打合せは、傍目から見ての感想を一言でまとめるとするならば

理想のライフスタイル実現する安心安全な家を手の届く価格でご提供する為の作戦会議! なのだと思いました。

 

そこで。

 

夏の家づくりセミナー 開催決定っ!タイトルは「熊本地震に耐える木の家」専門家三人のトークイベント。

日時 : 6/24(土)13:00~15:00 ※要事前予約

場所 : 都筑区池辺町1216 中山建設ショールームにて。

 

DSC_7974

 

施工管理 中山建設代表  中山

意匠設計 古川達也設計士

構造設計 宮崎良子設計士

 

 

間取りやデザインのお話しを古川さんのトークで楽しく

難しいと思われがちな構造計算のお話しを宮崎さんのシミュレーション画像で分かりやすく

家の値段の考え方や作り手の工夫などのコストのお話しを中山が正直に。

それぞれ専門家が質疑応答などを交えながら楽しくお話しさせて頂きます。

 

これから新築をお考えの方には是非ご参加下さいませ^^

 

お問合せ・お申し込みはこちらのフォームからどうぞ

 

 

 

Tags: , , , , , , ,

ぐるっと回れる家。構造計算

「ぐるっと回れる家」

構造設計者の宮崎さんと打ち合わせ。

細部納まりについて検討しました。

床下エアコン採用物件のため基礎形状もかなり重要。

空気の通りが良い様に立ち上がり部を減らします。

IMG_4165

 

また構造の検討結果を「wall stat」木造住宅倒壊解析ソフトにのせてシュミレートしてくださいました。

熊本地震・阪神淡路大震災等の地震周期

建築基準法による数百年に一度発生する地震

それぞれ3回シュミレート。

IMG_4163

 

ストレスのかかっている壁に黄色~オレンジ~赤と表示されています。

映像で見ても熊本地震が建物へ及ぼす影響はすさまじい物で

構造バランスがとても大事なことが映像から直感的に再認識されます。

まだ入力が完ぺきではなく紹介は出来ないのですが

何処かで見て頂けるようにしようとおもいます。