| Subcribe via RSS

今年の目標

あけましておめでとうございます。

家具職人五味です。

今年の目標は「ミスなくスピードアップ」です。

これは永遠の課題と言ってもいいくらい難題でもあります。

もしもこんな完璧な人がいるとしたら仙人です。

さておき、仕事においてミスとスピードは相関関係があります。

特に忙しい時に闇雲に焦ってスピードアップを計ってもミスが増えるだけです。

そんな時ほど落ち着いて、予定をたて一歩ずつ歩みを止めず山を登って行くイメージが必要です。

そして実は逆にも言えることがあります。

それはミスをしなければスピードは自ずと上がると言う事。

つまりミスをしなければリカバリーする時間がなくなります。

そして何よりいい商品ができます。←ここを目指します!!

大事なポイントは前者の様に置かれた状況に焦らされるか、後者の様に自ら状況を作れるかの違いです。

私自身これを体感する境地に達してはいますが、まだまだ仙人の境地までは伸び代があると思っています。

実際、去年も忙しい時期に判断ミスをしてしまいリカバリーが発生した事が有りました。

ですが、最も大切な事はミスをした時です。ミスをきちんと謝罪し、もう一度チャンスを頂いて良い商品を納める事だと思っています。

こういう事を様々考えてしまうのも五味の一つの特徴です。また今年一年おつきあいください(汗)

ともあれ他の社員にも見本となれる様に気を引き締めて仕事に向き合って行く所存です。

今年もよろしくお願い致します。

IMG_9665

*今年の最初の仕事壁面本棚です。

 

 

今年もあと1ヶ月ですが、

家具職人五味です。

早いもので2023年最後の五味ブログとなりました。

今年印象に残ったのは造作家具はもちろんの事、テーブルやベッドなどの置き家具を作る事が多かった気がします。新築ではキッチンもかなり製作しました。

中山建設では完成見学会を頻繁に行っています。その様な場で実際に家と家具の出来を見て頂き、信頼してお任せ下さるのは家具職人として大変嬉しくやり甲斐も有ることだと思います。それと同時に、期待を裏切らぬ様に毎回気を引き締め直して製作にあたっております。特に置き家具と呼ばれるテーブルやベッドなどは、良い意味でごまかしがきかない家具です。堅牢さ、質感、艶感、手触り、木目の美しさ、コストまで様々な事を求められますが、これらの事をバランス良く製作していきたいと思っております。そして家具に関しては他の誰よりも自分が一番厳しいジャッジをしていると自負しております。

IMG_8738 IMG_8728

IMG_9158IMG_9162

IMG_8908

IMG_9373

FullSizeRender

IMG_8490IMG_8450

 

IMG_8654IMG_8718

IMG_8540IMG_8523IMG_8935

最後になりましたが、お世話になりましたお客様、協力業者様、会社スタッフ、このブログを見てくださっている方々に今年一年のお礼を申し上げたいと思います。

寒くなりましたのでお風邪など引かぬようご自愛下さい。

それではまた来年!

夏休みのイベント

8月18日 21:20

takaashi
takaashi

昨年から始めた夏休みのお子さま向けイベント。

今年も開催し、無事に終了いたしました!

 

昨年の反省をもとに、欲張りすぎず、でも、なるべくたくさんのお子さんにたくさんのことを体験させてあげたいというおもいで、

通常業務終了後にスタッフ・大工さんが集まって企画を検討。

木工教室とカフェ体験を基本に、追加で大工体験ができるラインナップとしました。

 

木工教室は、椅子づくり。

カフェ体験は、天然酵母生地のピザ焼き+保護者の方へのドリンクサーブ体験。

大工体験は、それぞれが自由に端材を使い、カンナや電動工具を体験したり、ものを製作してもらうことに。さらに、小さいお家の上棟体験とお菓子まきも!

 

お子さまのキラキラした笑顔や、真剣な眼差し。

初めての体験に驚いたり、歓声をあげたりと、とても活き活きした姿をみることができました。

一緒に楽しい1日を過ごせて、嬉しかった♪♪

我々スタッフや大工さんも、楽しく刺激的な思い出に残る1日となりました。

 

IMG_2822

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2777

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2860

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2770

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2832

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2837

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2851

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2854

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2873

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2884

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2914

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_2926

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4089

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もうひとつの夏休みのイベント!

杜カフェ『なかよしガーデン』の草のよしだやさんによる多肉植物ワークショップもありましたよ♪

お子さまはもちろん、大人もついつい夢中になる多肉植物の寄せ植え。

かわいい多肉ちゃん

選ぶところから楽しいですよね。

そして、出来上がった寄せ植えは、それぞれ個性が出ていてどれも素敵!!

夏休みのものづくり体験に、皆さん楽しんだようです。

 

写真は草のよしだやさんにいただきました。

夏休み以外も開催されるかもしれませんので、

今回逃した方も、また参加したい方も、杜カフェのInstagramをチェックしてくださいね!!

 

367418124_297852712925202_6126646294427233328_n

 

 

 

 

 

 

 

 

367387412_1381783539094277_5729601769256370715_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

367423028_705047258302400_6042684065981498880_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そろそろ秋の風が吹き始めましたね。

楽しい夏の1ページをありがとうございました!

 

また来年、笑顔でお会いしましょう♪♪♪

 

 

 

框戸(かまちど)

家具職人五味です。

今回はしっとりと框戸についてです。

 

框戸とは枠で組んだ無垢の扉の事を言います。

建具を吊る場所によって、ガラスやポリカーボネートなどの

様々な素材を入れる事により用途を使い分ける事ができます。

新築やリノベーションなどで主に家の中心となる場所の入り口に提案させて頂く事が多いです。

IMG_8696

建具を構成する4本の木材ですが、目通りの良い高級な柾目材を使用しています。

柾目は目切れが無く見た目が良い事に加えて、木材の質としては最も狂いの少ない素材です。

四本の枠だけで構成される框戸にとって材の狂いは致命的な捻れとなって現れることとなります。

捻れた建具は上端と下端がの位置が10mmも20mmずれてしまう事になりかねません。

 

框戸の加工で部材の接合は「ホゾ構造」で組んでいます。

ホゾは強度が有り捻れを抑えたり、框戸との相性が良いのですが多少の技術を求められるので、

昨今では建具屋さんでも敬遠される事が多いです。慣れてしまえば基本的な楽しい木工技術の一つです。IMG_8682IMG_8683IMG_8685

ホゾに変わる加工としてはダボ構造やドミノなどが有りますが長期的な強度に欠点が有り、後に剥がれて脱落するなどの事例を沢山見てきました。建具に限って本質的にはホゾに変わる構造は無いものと思っております

IMG_8693IMG_8692

 

少し専門的な話しでしたが、普段どんな事を考えて木工をしているかを少しお話ししてみました。

 

 

 

 

Tags:

ラストスパート

家具屋の五味です。

 

「二つの寄棟からなる平屋」は昨日、完成見学会を無事に迎える事が出来ました。

あとはお引き渡しに向けて最後の仕上げです。

見学会の時の写真と家具取り付け時の写真を織り交ぜながらお伝えしたいと思います。

IMG_8349IMG_0068

 

 

寄棟造りという平屋の屋根を二つ連ねた形が、特徴的な外観と間取りを産み出していると思います。中に入る前からワクワクしますね。軒の形がなんとも素敵ですね。

 

 

IMG_8363 IMG_8365

最初に玄関収納、奥の手洗を含めると間口3600mm もありかなり奥行きが有ります。

IMG_0075IMG_0076

玄関を上がると先ずはこのなぐり床がお出迎えしてくれます。足触りがモコモコすべすべしてとても気持ちいいです。

IMG_0067IMG_0072IMG_0071

リビングには大きな造作ソファーを設置しました。

小窓が素敵です。

IMG_8359

定番のテレビ台もお作りしました。

IMG_0074IMG_0077

 

IMG_0078IMG_0079

 

IMG_0069IMG_8357

 

ダイニングキッチンも全て造作でお作りさせていただきました。

特徴的なのが、キッチンの作業スペースが180mmほど床が下がっています。

(キッチン自体の高さは850mmで標準範囲です)

これによりキッチンとつながるダイニングテーブルの高さを下げ、家具の圧迫感をかなり少なくさせ、窓の開放感を引き立てているなと思いました。(家具屋の個人的な見解です)テーブル高さを下げた分、椅子の脚は高さを詰める予定です。

テーブル部分も本格的に造り込んであるので裏側も見せられますよ。

写真でもお分かりになりますように周りの環境が全て緑に覆われていて、緑の切れ目に富士山が見えるとっても素敵なロケーションのキッチンです。本当に羨ましいです。

IMG_8373IMG_8422

 

 

仏壇収納や子供室の家具。

IMG_8369IMG_8370

洗面台と三面鏡の収納棚。

IMG_8413IMG_8424

建具の製作風景です。

あと少しで取り付けです。

ラストスパートきっちり納めたいと思います。

 

 

 

 

テレビ台、プリンター収納棚

家具職人五味です。

今回は、タモ材フルオーダーのテレビ台とプリンター収納棚をご紹介します。

○ テレビ台

AE2EF45C-94DF-42A5-9B9B-675D30F275E5 5C642164-6D98-4B38-A9BF-2832C2CB1605

9B07F5BF-460C-45C3-B61F-F47B2F254A22

 

○プリンター収納棚

68DAD3A7-9993-4B22-9067-2CCB79520CB0 3C458FE5-CE50-49F7-A135-3924EA02F38F 9C18FCDE-B95C-421D-854E-BB4AEA46AA82

どちらも横格子の建具が特徴的なデザインとなっております。

 

テレビ台は壁いっぱいに収まる間口サイズで、

格子扉に関しては、HDD機器のリモコンが効く様に実用性とデザインの統一感を持たせました。

扉内部に引き出しを隠してスッキリさせました。

 

プリンター収納は天井高いっぱいの収納と、上の飾り棚は格子が引き戸になっています。

下の扉内部棚は手前可動式になっておりますので、プリンターの使い勝手が良いです。

どちらも配線が煩雑になりがちな機器ですが、それを隠す事が出来て部屋もスッキリとして見えます。