| Subcribe via RSS

食洗機いる派?いらない派?

投稿:やまもとふみこ

 

家事を助けてくれる家電の中で、いる・いらないがハッキリ分かれそうだなぁと思うのが食洗機。

実はわたしも無くても困ってないし、お値段も高いし、あっても使っていないってお話しも良く聞くし、いらないかな~。。。

と、思っておりました。

 

の、ですが。

海外製食洗機への入れ替えのご相談を頂きまして、食洗機について実生活にあてはめて考えてみたのです。

 

わたしの暮らしのサイクルで行くと

家に帰ってお弁当箱を洗う。

お夕飯を作りながらフライパンだの使った器具だのを洗う。

ごはんを食べ終わった食器を洗う前に、洗いカゴのフライパンだの器具だのを片づける。

食器を洗う。たまに手が滑って食器を割る。落ち込む。

翌朝お弁当を作りながら使った物を洗う。

と、実は洗い物に結構な時間を掛けているのですね。

 

もし食洗機があったら一日分の食器はもちろん調理に使ったお鍋やフライパン、コンロの五徳なども寝る前に入れてスイッチぽんで朝には綺麗になっているし

こびりついた汚れもしっかりと落とす事も出来て手洗いに比べて節水にもなる。

 

食器洗いにかけている時間を、食洗機におまかせしてその分の時間を他の事に使う事が出来ると思うと、食洗機良いなぁ。。と、ちょっと考えが変わりました。

家族分の食器を毎日洗っているお母さんは、その時間を自分の為に使う事が出来るようになるのですから、一つの家事を減らせるって凄い事ですよね。

 

食洗機を付けるのはお母さんの有意義な時間を増やす為のリフォームなのだー!

と、考えるとがぜんやる気も増すのであります(笑)

 

IMG_9521

こちらのお宅で使われていらっしゃるのは、クリナップクリンレディのオプションで選択ができる国内メーカーの食洗機。幅は45cmの物でした。

お子様から目が離せない時期でもあることから、食洗機を使う事も多く大容量の物に変更したいとのご相談で、海外製の幅60cmの食洗機への入れ替えをする事になりました。

日本のシステムキッチンに多い高さ85cmのシステムキッチンに海外製の食洗機を入れるとなると、高さがカウンター内に収まらない事が多く、今回もキッチンを底上げする必要がありました。

IMG_9524

底上げする と一言で言うのは簡単ですが、いまついているキッチンを一度ばらす作業です。

大工さんと設備の職人さんが手際よく解体。

IMG_9530

食洗機用に新たに用意した200Vの電源と、給排水の位置を変更してキャビネットを少々改造。

IMG_9537

クリンレディの85cmのカウンターを5cmほど底上げしたので高さは90cmになりました。

コンロ側に開いた15cmの隙間は、点検口に加工をします。

あとは正面にクリンレディと同じ面材を取りつけて工事完了。

IMG_9539

取りつけた食洗機はスウェーデンの有名メーカーでASKO(アスコ)のD5556XXL フルオープンのカゴ型。

横幅60cmの食洗機は結構な迫力!

業界最大クラスの収納量ですが、お箸やスプーンなどを寝かせて収納できるカトラリーラックが付いていたり、カゴの深さもたっぷりとあるのでどんぶりや深いお鍋なども全部入れて一気に洗える高性能タイプ。

ASKOの施工は初めてで、実物を見るのも実は初めてでしたが質実剛健な作りながらも、痒い所に手が届いていて使い勝手も良さそう。

大家族で食器洗いの回数が多いお宅には是非おススメしたい機種だと思いました。

日本製のシステムキッチンに海外製の食洗機をいれるのだから、事前の下調べや部材の確認などを念入りに行う必要があり納まるかドキドキしながらの工事でしたが、無事終了。ほっ。

これまで食洗機に関わる機会と言えば、ショールームでシステムキッチンを選ぶ時に

「食洗機付けますか?いらないですか?」 くらいしか私からお話しできる事は無かったのですが、今回食洗機についてじっくり考える機会があったので、これからはご提案の幅も広げる事ができそうです^^

Tags: , , , , , , ,

大工さんのお仕事の様子をずーっと、じーっと見てる動画。

投稿:やまもとふみこ

 

思わず じーーーー っと見てしまうんです。

 

IMG_0047

 

フローリングにオイルを塗ってる塗装職人さん とか

 

IMG_0724

扉を取り付ける細かな作業をしている建具屋さん とか

IMG_3429

壁にすいすい珪藻土を塗っている左官屋さん  とか

IMG_0270

IKEAの排水管の説明書読んで頭抱えてる設備屋さん とか。。。

誰かが何かをしている様子って、じっと見てしまいませんか?

私が現場にいると、ずーっとじーっと見られてるし、ちょこちょこ口出しするし、いきなり写真撮り出すしで、うちの職人さん達はさぞお仕事がしづらかろう。。。

と、いつも思うんですけど止める気はないんですよねぇこれが。。。

そこで。

今回は大工さんのお仕事の様子をずぅーっと、じぃーっと見てる動画が出来ました~。

Tags: , , , ,

栗無垢のマンションリフォーム。もうすぐ完成です

 

こんばんは。

やまもとです。

 

先日よりお伝えしておりました、栗の無垢フローリングのマンションリフォーム現場です。

 

お引き渡しが迫っているので、作業も大詰め。

今日だけでも  大工・電気工事・建具・設備  と4業種の職人達が現場入りし、それぞれの仕事の仕上げ段階へと進んでいきます。

作業の様子を動画に撮って来ましたので こちら からご覧くださいませ。

より臨場感のある、リフォーム現場をご覧頂く事ができます^^

本日のおまけ。現場で見つけたこんなもの。

クッキーみたいな木のパーツは、ぽこっと空いてしまう 節 を埋める為に使います^^

穴を開けたらボタンに出来そうだなぁ。。なんて思いました。

妙に可愛いです^^

Facebook更新中です♪

すっかりと日も長くなり暖かい日が続くようになって来ましたね。

 

ブログやSNSでは桜の写真がたくさんUPされていてネット上でも桜前線が北上中

これからUPされていく桜の写真はきっと、関東より北にお住まいの方々なんだろうなぁと。

そんな事を考えながら Facebook を見てみるのもなかなか楽しいものです^^

 

 

中山建設 Facebookページ も、一緒に更新してくれる職人さんたちがだんだんと慣れて来て

日々、いろいろな目線からの情報発信の場になっています。

 

 

 

中山建設STAFFだけではお伝えしきれない現場での事、それぞれの職種でのこだわりなどもお伝えできる

良い場所になったかなぁ? と思っています^^

 

 

これから始まる新築や、マンションのフルリフォームなどは、いろいろな職人さんたちがひとつの現場を仕上げて行く様子が

分かると思うので、さらに楽しくなる予感♪

ぜひチェックしてくださいませ^^

 

 

やまもと

 

中山建設 Facebookページ

 

 

 

 

facebookはじめました。

 

 

Facebookはされていますか??

実はこの度、中山建設とその仲間達でFacebook内にページを作成いたしました^^

 

小さなリフォームから家一軒の大きな新築まで。

普段、表立っては目立たないけれど、建設会社の仕事は沢山の業者さん達の協力なくしては成り立ちません。

Facebookでは彼らの誠実な人柄、生真面目な仕事、日々の仕事に取り組む姿勢などをお伝えできるよう、職人さんたち総勢9名でのリアルタイム更新を行っています。

 

 

是非ご覧になってくださいませ^^

 

中山建設 Facebookページ

 

 

 

やまもと

 

 

*せっかくFacebookページを作ったから、ブログにも いいね!ボタンを付けたいのですが

その方法がイマイチ良くわからず苦戦中です。。

近日中には必ず付けますので、是非 いいね! してくださいね^^

 

無垢なキッチン 記事のまとめ。

3月6日 10:28 家を創る人びと

yamamoto
yamamoto

*無垢なキッチン 製作の様子から完成までのブログをまとめて一つの記事にしています。

 

2012年2月12日

 

日が伸びてきたことを感じる今日この頃です。

このところの工房はといいますと

来週からダイニングのリフォームがスタート。

そこに鎮座する、オーダーキッチンを製作しております。

各パーツにIKEA部材を使用しています。

場所柄(港北IKEAが近い)今後お客様がパーツ加えるのも簡単ですから。

使用材はパイン集成材。

オイルフィニッシュ。着色。

ここでも部材の選び方で、細やかなコストコントロールをしています。

 

傍ら・・・・・

お休み中の大工さん。

何やら作っています。

四方転びのイスの製作。

仕事が終わる夜と休日。休まず職業訓練校に通っています。

それの宿題だそうです。

技術を覚えるのは大変なことなんですよ。

 

 

 

2012年2月15日

 

 

 

築約30年の団地のキッチンリフォームが始まりました。

 

 

独立型のキッチンスペース(約8帖ほど)は、LDKの間取りが主流になる前の日本の住宅事情を思わせます。

別角度からもう一枚。

フローリングも、以前のリフォームで張り替えていたようですが、傷や劣化などが気になる頃。

オススメした無垢の杉フローリングをとても気に入っていただけたので、今回はキッチン設備入れ替えと、床の張替えの工事です。

 

お施主様のご希望は

*扉や引き出し、上部吊り戸棚などの収納は不要。

*とにかくシンプルでお掃除がしやすいキッチンに。

との事でした。

 

各キッチンメーカーさんでは、省スペースで大容量の収納をうたっている商品が多く

扉を付けないシンプルなキッチンとなると、オールステンレスの業務用など、選べる範囲に限りが。。。

 

 

そこで。

 

完全自社製作!

次は完成の様子をご紹介しますね♪

 

 

 

2012年2月21日

 

 

先日お伝えいたしました、オリジナルデザイン製作のキッチンリフォームが

本日完了致しました。

 

まずはbefor。

 

そしてAfter

 

 

 

この二枚の写真を並べたいが為に、同じアングルから撮ることを忘れないように。。。と、ここ一週間ずーっと考えていました。

忘れずに撮れて一安心です^^

 

床は杉の無垢材

キッチンは全て自社にてデザイン製作したオリジナル。

金具や小物などIKEAの物を取り入れています。

 

 

「 リフォームが終わったら掛けようと思って買ってきたの♪ 」

と、お客様が嬉しそうに新しいカーテンをつけていました。

工事が終わり、まっさらだったキッチンが少しづつお客様の暮らしに馴染んでいく様子を見ていると、なんだか私たちまで嬉しくなります^^

 

 

 

 

 

こちらの窓からは春には満開の桜が見られるそう。

春風がそよぐキッチンでするお料理は、これまで以上に楽しいでしょうね。

このキッチンが年月を経て、味わい深くなっていく様子もまた楽しみです^^

 

 

 

2012年3月1日

 

 

先日からお伝えしておりますこちらのキッチンのお話。

もうちょっとだけさせてください。

出来あがったキッチンの写真見ての感想を、チームイエスタ の設計士、古川さんから頂ました。

いろいろと伺ったお話の中で古川さんが一言。

「このキッチンは床も本体もワークトップも全て無垢なんだね。」

 

と言った言葉がとても印象的でした。

普段木に関わるお仕事ばかりで、 無垢=木  と思い込んでいる節がありましたが

そもそも無垢の意味って

 仏語。煩悩のけがれを離れて、清浄であること。
 けがれがなく純真なこと。うぶなこと。また、そのさま。
 金・銀などがまじりけのないこと。
 和服で、表裏同色の無地の共布で仕立てた長着。

=goo辞書から=

と言う様に、混じりけの無いもの全てを指す言葉なのですよね。

床は杉板だし、キッチン本体はパインの無垢材、ワークトップもステンレスで作られているので、これも立派な無垢の金属。

木と金属

全くの異質な物同士であっても、こうして一つの空間に馴染むのは、それぞれが 無垢 な素材であるからなんだろうな。。。

なんて事を、古川さんとのお喋りの中で感じたのであります。

 

 

 

 

Tags: