| Subcribe via RSS

水栓の選び方・ボウルの形。造作の洗面台あれこれ。

投稿:やまもとふみこ

 

何だか最近、洗面台のコトを良く考えているんです。

インスタとかでも ♯造作洗面台 とか、良く見てるし。

いろいろな住設メーカーさんからも洗面化粧台は出ているのだけれど、やっぱり素材とか収納とか、自分の好みに合った物が欲しいっ!と思うと造作しちゃったほうが満足度も高いかな?と思うのです。

暮らし方やご家族構成によって洗面台の形もいろいろになると思うのですが中山建設でもこれまでに洗面台いろいろ作ってきたので、せっかくだからここで改めて造作の洗面台をご紹介してみましょうか。

 

24312385_1565953180149842_9118553660827786031_n

私が思い出す中で印象深い洗面台がこちら。

TOTOのSK106実験用シンクを使い洗面台としてだけでなく、手洗いの洗濯物をじゃぶじゃぶ洗ったり、キッチンに持っていく前の泥の付いた野菜や釣ってきた魚なんかの処理も出来ちゃう、洗面台の枠を超えた使い勝手の良い洗面台です。

フレーム部分はレッドシダーで素材感も良く、この洗面台の写真をご覧になった方からの造作洗面台のご依頼もたくさん頂く様になりました。

 

DSC06355

 

新築戸建、もう一つある家の洗面台は仲良く二つの洗面ボウルが並んでいます。

女の子が多いご家族なので、朝の支度で洗面台が混まない様にとの配慮で二つ並んだ洗面ボウル。前面に付けたミラーと収納もオリジナル製作です。

ボウルから水栓がにょきっと出ている仕様を ベッセル型 と呼ぶのですが、ベッセル型だと水栓から垂れた水はボウルの上に落ちるので、お掃除もしやすくて衛生的。

洗面ボウルが二つもあるのだからお掃除はラクな方が良いですよね^^

 

IMG_4840

こちらも同じく二個並んだ洗面ボウル。

カウンターの上に置いた流線型が綺麗な洗面ボウルと、ボウルの高さに合わせて選んだ水栓でスタイリッシュなイメージになりました。足元はオープンですが、右側に大きな収納と、洗面台には引き出しが付いているので細かな物等は引き出しに収納しておくことが出来る使いかったの良い洗面台です。

大きな置き型の洗面ボウルを選ぶ場合、必然的にカウンターの高さが下がるのでボウルとの高さのバランスもちゃんと考えておくことが大切です。

 

荳ュ螻ア蟒コ險ュ_繝槭Φ繧キ繝ァ繝ウ繝ェ繝弱・繧・AE2I5646

 

コーリーライトという曲げ加工が出来る人工大理石を使用した造作の洗面台。

中山建設=木 ってイメージが付いてるかと思うのですが、人大でもステンレスでも素材は何でもお選びいただけます。

木では出来ない一体型の洗面台の製作も得意ですっ!

 

IMG0022

 

最後はレッドシダーのカウンターに埋め込みでベッセル型の洗面ボウル。タイルをデザインに取り入れてちょっとエレガントな雰囲気の洗面台を作りました。

ボウルと水栓はアメリカから輸入した KOHLER(コーラー)社の物。

イメージを大きく左右するボウルや水栓は、選ぶ方の個性が出やすい場所だと思います^^

 

 

 

と、まぁこれまでに作った洗面台の中のほんの一例なのですが、今回洗面台についてあれこれ考えながら事例を見返してみたら、カウンターの形や素材、ボウルや水栓など一つ一つに個性や特徴があって見返していると、ひとつひとつお客様の顔がしっかり浮かんでくるのですよね。

そう考えると洗面台って、住まう方の個性がハッキリと出る場所なのかもしれません。

 

さて。

今度ご提案する洗面台はどんなデザインにしようかしら。

きっとまた今までにないオリジナルが出来るのだと思うと、プランも完成もとっても楽しみなのであります^^

 

 

 

 

 

 

マンションリノベーション

マンションリノベーション

クライアントと空間を共有するための模型を製作。

初回プレゼンようの、模型となるので

フィニッシュ模型ではありませんが

風の通り道や

隣り合う空間のつながりが分かりやすく

打ち合わせがスムーズになるメリットがあります。

IMG_5575

IMG_5573

マンション特有の閉鎖的な間取りから

回れる動線のあるプランニング。

風もまわる。光もまわる。

キッチン納品

昨日はキッチンの納品をしてきました。

今回はリフォームでのキッチン製作となります。

形はI 型とアイランド型です。

 

天板はステンレスと無垢のタモ材の二種類を使っています。

IMG_4126

タモの天板にはウレタン塗装をしてありますので水に対しての耐水性もあります。

この様にシンクを埋め込むこともできます。

IMG_4132

左の奥にはコード穴があります。

IMG_4131

 

この様に引き出しの数も多くかなりの収納力が有ります。

IMG_4125

 

そしてアイランド型は両面使いとなっております。

片側は引き戸の収納です。

IMG_4128

 

 

反対側はシンクと食洗機とゴミ箱収納を兼ね備えたつくりになっています。

こちらにも引き出しが三杯付いているので収納力があります。

形が複雑な為製作はかなり難しかったです。

IMG_4129

 

以上です。

 

 

 

 

1Fフルリノベーション「音楽室のある家」

1階フルリノベーション「音楽室のある家」始まりました。

ピアノ演奏が大好きなお母さん。

オーディオが製作、音楽鑑賞が趣味のお父さん。

もっとお友達を呼んで音楽を楽しみたい。

そんなご要望から始まりました。

1期  リビングダイニング工事

2期  和室・ユニット・脱衣所工

3期  音楽室工事

お客様の不便を最小限に押さえながながらの工事になりますので

3期にわたる工事を組みました。

まずは廊下に仕切られていたリビングダイニングを

たくさんのお友達やお孫さんを呼べるように間取りを変更していきます。

解体工事は順調に進み

本日は日本ボレイトさんによるホウ酸防虫工事。

壁の中に埋まってしまうような木部箇所は

水にぬれない限り、防虫効果が持続するホウ酸処理は効果的です。

20952094_1727218914052155_1836541918_o

一階の内部リノベーション。

せっかく大きく開口したのだから

出来るだけ耐震化させたい。

宮崎構造設計の宮崎さんに現場確認して頂きました。

建物の肝となる部分の念密な打ち合わせが出来ました。

1Fのみのリノベーションとなるので

出来る事は限られてくるのですが

解体されたあらわになった構造を確認して

計画を微調整し、費用対効果の高い方法をさら探します。

20961095_1727219274052119_2101372219_o

20931020_1727219190718794_427582113_o

マンションに無垢フローリング

「無垢ウォールのいえ」

計画中のリフォーム工事「無垢ウォールの家」

一部、無垢フローリング工事に伴う申請に必要な

フローリング工事承諾書なるものに判子を頂くため、8戸の住戸を回っています。

当然なのですが不在の方も多いので一回では終わりません。

本日2回目も空振りでした。

だけども頑張ります!

無垢フローリングを貼るために!

今回使用するアカシアフローリング!

19022555_1656218697818844_854775141_o (1)

中々ワイルドな表情をしていて

濃淡がハッキリ出るかっこいいフローリングです。

また一部壁面には

杉ラフ仕上げ材

水性ホワイト

オイルフィニッシュ。

DSC_0894

(サンプル)中山製作!

こちらもかなりワイルドな表情になりました。

少しの無垢を暮らしに加えるだけで「こんなに変わるのか!」

というリフォームになります。

 

Tags: , , , ,

自在のある家。現場見学会をさせて頂きました。

9月13日 18:16 リフォーム

yamamoto
yamamoto

投稿:やまもとふみこ

 

先週末の土曜日曜と、お引き渡し前のマンションリノベーション「自在のある家」にて完成現場見学会をさせて頂きました。

暑い土曜日。雨の日曜日。と、両日ともに厳しい天候の中ご来場くださいました皆さま。

本当にありがとうございました。

 

IMG_9699

 

お引き渡し一週間前の見学会と言う事で、一部建具が入っていなかったり、仕上げ前の箇所があったり致しましたがほぼ完成の状態でご覧頂く事が出来て私たちもほっと一安心。

見学会の朝、お片づけが済んだ室内をダイニングに座って眺めている様子をパチリ。

土曜日は暑い日でしたが、室内を通る風が涼しくてエアコンいらずの見学会になりました。

 

IMG_9718

 

ダイニングテーブルを反対側からパチリ。

オリジナル造作のキッチンをはじめ、造作家具がふんだんに盛り込まれた室内は、統一感のあるスッキリとしたインテリアに仕上がりました。

これから住まわれる方のご趣味や暮らし方に合わせて、雑貨を足したり小物が増えたり。どんどん素敵に変化していくのでしょうね。

 

IMG_9727

 

南北に伸びた間取りは、引き込み窓で一直線に風が抜けるよう設計致しました。

風が通り抜ける事で涼しく、通路に行き止まりが無いので動きやすく、間仕切り家具で自在に変化させることが出来る大きな間取りに詰め込んだ工夫などなど。

いろいろとご紹介したい事があり過ぎて、ご来場頂いた皆さまに暑っ苦しいほどの熱弁!!をしてしまいましたが興味深く聞いて頂けた(と思います)。

 

これまであまり現場見学会をする事は無かったのですが、こうして完成したお住まいを見て頂く事で自分たちの仕事をより分かりやすくお伝えする事が出来るのかな?と思うと、完成現場見学会これからもう少し回数増やしていこうかな~?なんて事を思う初秋なのであります。

 

 

 

 

リフォーム