| Subcribe via RSS

横浜大工の勉強会

12月10日 21:58 代表ブログ 未分類

Nakayama
Nakayama

大工工務店4社の集まりによる「大工工務店の会。」

構造編が終わり設計編に突入しました。

田中敏溥さんによる講義。めちゃめちゃ楽しみにしておりました!

設計???大工さんは作るでしょう!

設計なんて関係がないのではと思われるかもしれませんが

家を作る上で欠かせない設計士さんが

どの様な事を考えて、何を大切にして家を設計しているのか。

知る事。思いを汲む。共同作業をするうえでとても大事なことだと思います。

大工さん達が真剣に話を聞く姿が印象的でした。

48056302_2099407743452244_3379567374171635712_n

 

会の発起人である濃沼さんも熱い思いを語っていました!

48364050_337197753740815_6563740545561133056_n

 

田中さんの著書にサインを頂きました!

48356503_921593994701110_5323349064148844544_n

 

木のマンションリノベーションオープンハウスのお知らせ

12月に入りましたね。

この時期にしては暖かい日が続いていて、季節感がまったくありませんが、

中山建設では年内お引き渡しを控えた物件がいくつかあり、皆さん大忙し。

師走感たっぷりです。

 

ここのところ、マンションリノベーションのお仕事やお問い合わせが増えております。

その中の一つ、中山建設で施工したお家のオープンハウスが開催されます。

 

木のリノベーション、間取り変更、断熱や遮音などなど、見どころいっぱいです。

マンションリノベーションをお考えの方、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

 

弘明寺の家オープンハウス

設計:マスタープラン一級建築事務所 小谷和也

施工:株式会社中山建設 加藤(大工担当) 五味(家具担当)

 

日時:2018年12月24日(祝)13時~17時

12月25日(火)10時~12時

場所:神奈川県横浜市南区 M邸

 

 

※完全予約制となっています。

詳細はFaceboookのイベントページをご覧ください。

イベントページはこちら>>

 

お問合わせ
メールnk@nakaken.info
TEL 045-941-5336

 

勝手にスタッフ他己紹介!! ~棟梁・石谷大工編~

11月29日 12:09 家を創る人びと

takaashi
takaashi

久しぶりの投稿となりました。

こちらのコーナーもお久しぶりですね(笑)

 

前回は中山社長の紹介でした。

若手の高野大工から見た中山社長。いかがでしたでしょうか?

 
今日は、棟梁である石谷大工をご紹介したいと思います!

 

初めて私が石谷大工とお会いしての第一印象は、「優しくて人が良さそうだな~」でした。

という話をしたら、そんなことはない!って仰った方もいましたが(^^;

実際はどうなのでしょう??(笑)
現場に出ていることも多いですが、最近は見積作業などで事務所にいることも比較的あり、私の中では話しかけやすい方No.1、2を争う人です!

これは間違いありません(笑)

 

石谷さんは、現場監督として現場の一切を仕切り、現場作業と現場監理の両方をこなす大事な位置にいます。

家を建てるためには、お客様と職人をはじめ関係するたくさんの職方さんたちと、様々な事を綿密に計画して積み上げていかなければなりません。

その過程は本当に大変だと思います。

しかも、いくつもの現場が同時進行していたら尚更ですよね。

色々と頭を悩ませることが多いのでしょうか、夜も遅くまでお仕事されているようですし、お疲れの様子が伺えます。

 

そんな事務所での姿から一転・・・

棟梁大工としての活き活きとした仕事っぷりを見たのは、「ミニコーナーのある家」の上棟の日のことでした。

そもそも上棟の様子を見るのも初めてで圧倒されましたし、棟梁として現場をまとめ、次々と柱を組み上げていく様子は、とてもカッコ良く頼もしい姿でした!

やっぱり、事務仕事より現場の方が楽しいのでしょうね(^^)

DSC_2811 IMG_8603

上棟の様子はこちらもぜひご覧ください。

 

そう言えば。。

以前、ご自分の自宅を建てた時のエピソードを聞いたことがあります。

杉の無垢フローリング、太~い梁や柱、木をふんだんに使ったダイナミックなお家です。

自分が大工としてやりたいことをやらせてもらったということですが、自分がやりたいことに費用がかかりすぎてしまったとか。。

その分、奥さまのご希望が叶えられなかったりしたのでしょうか(^^;

いい人なだけじゃないのかも!?とちょっと思ったエピソードでした(笑)

 

なんて冗談はさておき。

忙しい合間を縫ってやっととれたお休みには、お子さんを連れてねずみの国へ行くと言っていました。

ちゃんとご家族の事大事になさっています。

疲れたお父さんではなく、現場でも事務所でも家でも、活き活きとカッコいいお父さんでいてほしいですね(^^)

 

47178828_335954196959319_6454396957447159808_n

最後に。事務所でインタビューを受ける石谷大工。

机の周りが・・・なのでモザイクかけてます(笑)

お片付けお願いしますね♪

 

初の試み

中山建設では、毎週全スタッフが集まってミーティングをしています。

1週間、それぞれどんな仕事をしたのか、どんなことを感じたのか、

上手くいったこと、改善すべきこと、などなどを話し合い、

解決できることは解決し、次の仕事へつなげていくということを積み重ねています。

 

いつもは工房で開催しているこのミーティング。

先週は開催場所をお引き渡し直前の「ミニコーナーのある家」に移して、スタッフ全員で引き渡し前の最終チェックを行いました。

 

私にとっては、中山建設で働くようになって初めての新築物件です。

お引き渡し前のお家に入るのはドキドキわくわく。

最終チェックといっても、どんなことをチェックするのかな??なんて思いながら現地へ向かいました。

 

お家の中は新築のいい香り(^^)

そういえば、自分が家を買った時は、クロスの汚れやキズ、フローリングのキズなどをチェックして、

ここ直してください!って渡したな~。などと思い出しておりました。

大工さんたちがやるチェックは当然そんなレベルのものではないですよね(^^;

 

厳しい?目で各所をチェックしていく大工さんたち。

気になったところにはマスキングテープで目印を貼っていきます。

大工さんだからこその視点、チェック項目があるのでしょう。

 

IMG_0456

 

 

IMG_0454

 

IMG_0463

 

ズバリ、「どんな所をチェックしているのですか??」と聞いてみると・・

加藤大工から「すきま」というキーワードが返ってきました。

・・・

わかるような。。わからないような。。。(苦笑)

 

そして、今回新たな試みだったり、現場で苦労したところなどは、実際の現場を見ながら伝え合っていました。

言葉だけで説明するよりも、実際のものを見ながら説明した方が圧倒的に伝わりますよね。

この施工する時には、絶対ここを注意してやらないと!といった話も。

大工さんたちの知識や経験もそれぞれ違うので、こういった情報の共有はとても大切なことですね。

 

IMG_0485

最後は全員で気づいたことや感想などをシェア。

設計、大工、家具職人、木工作家、お客さま同等、と

役割や立場が違うメンバーがそれぞれの視点で気づいたり感じることは、やはり違いますし、

こんな視点で見ているんだな。ということがわかり、とてもいい機会になりました。

 

 

今回は会社から現場が近かったのもあり、実現したミーティングでしたが、

これからもこういった試みは可能な限り続けていけたら良いのではないかと思います。

 

「ミニコーナーのある家」は無事に引き渡しが終わりました。

竣工写真も撮影したので、出来上がりが楽しみです♪♪

 

新兵器導入!

昨日、ついに買っちゃいました。

憧れのあの道具を・・・

こいつは本当に便利なやつです!

無垢畑で育った自分はこいつを使うことは無いと思っていたこの道具・・・

買っちゃいました。。。

めちゃめちゃ高いんですよ!

高くてなかなか買えないこの道具・・・

 

これだ!

ドーン!!

44929658_342517816297450_658139000069947392_n

 

ラメロP-システムです!44842591_290357438467747_8042392893882630144_n

ノックダウン金具の王様的なものだと自分は思っています。

44937187_693310277719630_3736967653164580864_n

 

一見するとビスケット加工機と似ていますが、

それもそのはずラメロ社は初めてビスケット加工機を開発した会社なんです。

44853531_2088503341460429_2330711131850539008_n

この機械は刃物が特殊な形をしており機械も刃物を上下に震動させる機構がついている特殊なものです。

43612901_2244937638913424_3372960675088302080_n (1)

主に箱などを組み立てる際に最適で、

プラスチック製のビスケットのような形の金具で板同士を引き寄せあい強度を出します。

44828994_1835562303223622_4537501917361733632_n

金具も用途によって様々なタイプの物があり汎用性に富んでいます。

44922675_2014040345561751_8861439772795600896_n

44872082_346958555852765_3712450656989085696_n

 

加工の様子です。

 

先ずは位置出しです。

 

端から60mmの所に板2枚に墨出しをします。

44913595_283411782285266_6355891362822356992_n

墨だしした材料に機械をあてがい刃物を入れます。

43682935_516163038857920_3404354051343646720_n

加工した形がこちらです。

穴が特殊な形をしているのが分かります。

44943403_2223735171241136_1286677343233900544_n

この加工後ロックをかける為のサービスホールの穴を空けます。

これにも治具がありとても簡単に加工できます。

44852256_314360442710651_3629538688456720384_n

 

44827984_503864843453764_3112715554218049536_n

 

44870741_460059851067585_2594159460804984832_n

44927079_1990722580949240_8543973674519101440_n

そして金具を差し込みます。

44932768_479619445880244_2143064126652416_n

 

44904033_1972953273002632_2510997731334422528_n

 

 

半円を描くように差し込んでいきます。

44964324_1806333899465846_6111768526979072000_n

44946005_186087875646322_9195722493397041152_n

板同士を直角に接合します。

44826469_1151261681714463_4844349679661481984_n

先ほど空けたサービスホールから工具を差込み金具をロックします。

組み立てはこれで終わってしまいます。

 

43672059_340726759827137_3208265403889352704_n44831603_247883565905366_9139689302081404928_n実際にこの金具を使った組みたては現場で行うことが多いと思いますが、

作業性と強度が極めて高いです。

 

この機械を導入した訳はマンションなどに大型な収納等を設置する際に

組み立てて運べない物がほとんどですだからです。

現場で容易に組み立てられ、強度が強く見栄えにも影響を与えないこの金具はまさにノックダウン金具の王様といったところですね。

今後、益々仕事の幅も広がると思います。楽しみです!

 

 

 

 

 

 

 

 

いよいよ加藤大工掲載の雑誌発売です!!

先月、イケメン加藤大工の雑誌取材についてお伝えしましたが、

いよいよ雑誌が出来上がり、発売となりました!!

 

44225029_899506390242506_8311437741317423104_n

改めて。。

加藤大工の特集が掲載された雑誌は

Musashi Mook 「&home(アンド・ホーム)」

です。

 

加藤大工のファンの方はぜひお一人一冊ずつご購入ください!(笑)

当然、中山建設の面々も・・・(笑)

 

それでは特別に写真だけチラッとお見せしちゃいましょう♪

carpenter'sFile

 

普段、なかなか多くを語らない加藤大工。

これまでの経緯や仕事に対する思いなど語っております。

 

ぜひぜひお手に取っていただき、加藤大工のことをもっと知ってください!

加藤大工の魅力が伝わるといいなぁ。。

 

そして、大工さんのこと、もっと皆さんの身近に感じていただけると嬉しいです♪♪