| Subcribe via RSS

大きなタモのテーブル

家具屋の五味です。

ここ最近は忙しかったのもあり季節を忘れ仕事に没頭しておりました。

いつの間にか春めいて桜の花が咲く季節になっていました。

昨日は久しぶりに平日休みを取り用事も兼ねてお花見をしてきました。

IMG_3914

例年よりも花が長続きしている気がします。

IMG_3926

9分咲きといったところでしょうか。春を満喫してきました。

 

さて3月に納品させて頂いた「大きなタモのテーブル」をご紹介します。

新規で設計事務所様から頂いたこちらのお仕事ですが

「大きな」とはどれくらいかと言うと、3600㎜×1350㎜という大きさです。

この大きさの板が入る家があるのかと思うところではありますが、

横浜の某会社様事務所に納品させて頂きました。

さすがに搬入と設置の都合上ハギの一枚板とはいきませんので

1800㎜の板2枚を現場でつないで3600㎜になる仕様となっております。

そして今回少し難しかった事があります。

何かと言いますと、長さ方向をつなげた時にハギ板の幅が

揃うようにとのご要望を頂きました。

自分にはこれが一番難しかったです。

その難しさはここでは割愛させて頂きますが、

同業種の家具屋さんがこれを聞いたらすごく大変だなと思う仕様だと思います。

ですが、チャレンジすることは悪い事では無いなと開き直り、

多少の苦労や緊張はしましたが無事に完成し納品することが出来ました。

 

工程順に行きますと、先ずは材料の使い方や大きさを決めて大まかに材料を削って製材する

木取りと呼ばれる作業です。

IMG_3618

ここで木の木目や表情の出し方、悪い部分を落としたりと最重要となる作業です。

IMG_3619

削りをして平面を出したり材料の形を整えます。

IMG_3665

削り後に木目を合わせたり材料を入れ替えながらハギ方を決めます。

ここまでが木取りです。

IMG_3621

 

次に板をハギます。ハギとはすなわち板と板を接ぐことを言います。

木取りで決めたとおりに接ぎ合わせます。

先ほども触れたとおりハギの通り幅を合わせなければならないので

作業としては難しかったです。

後に接いだ部分からハギ割れを起こさないように少し特別な技法でハギます。

IMG_3677 (1)

 

ここまできたら後は目をつぶってても出来ます。

作業の重要度の80%はクリアしています。

残る作業はジョイント金具の加工と両面仕上げです

IMG_3683

しかし、ここからは段取り勝負です。

通常では無い大きさの板で奥行きが1350㎜も有ると一人でひっくり返すことが出来ません。

昼間は1人での作業が多いので大工さんの帰ってくるのを待ったり朝大工さんが出かける前に声を掛けたりと実はここの気苦労が大変でもありました。

IMG_3689

ご覧の通りハギ幅もぴったりと合わせました。

 

加工と仕上げを終え残るは塗装です。

今回はご希望に添い「オリオ2蜜蝋タイプ」に濃い目の色を調色しました。

いわゆるウレタンオイルと言うものです。ある程度の耐水性を持ちつつ

オイル感の良さも兼ね備えてなおかつワックスを掛けたようなスベスベな仕上がりの

オールインワンという感じですね。

無事に完成しました。木目が浮き上がるようでタモ材と色との相性がいい感じです。

IMG_3704

納品はビルの中で少し重かったですがなんとか運び込みました。

今回テーブルの脚はリフォーム現場の大工さんが制作して下さいました。

もちろん綿密な打合せも行っておりますので据付もバッチリ予定通りです。

IMG_3738

 

この広い事務所によく合う大きさです。

事務所の雰囲気を一発で決める存在感です。

ここに10人座るのだそうです。

IMG_3741

据付も終わりこの仕事をやってて良かったって思える瞬間です。

奥の窓から海と船が見えての風景が絵画の様です。

お客様にもとても喜んでいただけました。

久しぶりに無垢を堪能しました。

五味

 

 

 

 

キッチン収納の製作。

家具屋の五味です。

今回はこだわりのキッチン収納のご紹介です。

天板はタモ無垢材を使い、剥ぎ板にて製作しました。

IMG_3609

本体側板はラワン合板にて、

中段の板と引き出しの前板は無垢を張ったフローリング材を使っております。

IMG_3612

随所に無垢材を使うことで重厚感が出て質感がグッと上がります。

今回はフローリング材を家具の材料として使うことで綺麗過ぎずラワン合板との相性がいいように思います。

本体側板にラワン合板を使用し全てを無垢材にしないことでコストコントロールもしています。

中段にはスライド棚をつけてあり機能面と見栄えにこだわりを入れております。

IMG_3610

裏側も一部分見えてくるので化粧を施しました。

IMG_3613

 

引き出しも蹴込みの部分まで収納になっており深い引き出しにすることが出来、収納力にも拘っています。

IMG_3611

 

こんなこだわりの特注キッチン収納はいかがでしょうか。

 

杜Cafe.Bの家具カウンターにはベルギー生まれのモールテックスが使われています。
様々な素材に対応して塗ることができ追従性、防水性があり強度もある左官材料なのでカウンターにも適しています。
家具カウンターに白いモールテックス。
どんな風になるのか楽しみです。

 

51251552_371896326722341_1583314456442568704_n

 

 

 

52115625_2293475104010172_1073440218511572992_n

 

いつもの無垢の木のカウンターとは違う表情になってきました。

51555028_2324122247825142_8206496460322111488_n

 

 

 

 
それにしても強度があって仕上げにペーパーサンダーで磨くのも一日がかり。
大変だ・・・

51710758_284743722203965_52412688503930880_n

最後は汚れ防止のオイルを塗って仕上がり。
仕上がりツルッツル。

52520500_347799759278091_979925844036157440_n (1)

 

モールテックスのカウンター家具すごくいい雰囲気になってます。

左官やさんの手仕事の雰囲気ってやっぱりいいですね。

 

コミュニティーの場をつくる

都築の杜プロジエクトもいよいよ「飲食の章」に突入しました。

数年前からスタートした物づくりのコミュニティー「都築の杜」

木工・革細工・彫金・デザイン・ワークショップetc

物づくりを楽しむすべての人々が楽しめる場になればとコツコツ活動、工房の一部を開放提供してきました。

最近では少しづつ少しづつ「都築の杜」も認知されてきて

工房で工作を楽しむお客様の姿を見る事が増えてきました。

ただ物づくりを本当に楽しむには、長時間滞在できるように

キッチンが必要だなとか、疲れた時はおいしいお茶が飲めたり出来る空間が必要だな、とか感じていました。

私達は家を作る仕事をしています。

豊かな一日の暮らしをご提案できる場所を作りたいという思いも重なり

いよいよ「都築の杜」食べるの部:杜カフェ・Bをオープンする事となりました。

天然酵母パン、地場野菜が食べられるオーガニックなお店になります。

庭や畑未完成な部分はコミュニティーの中から湧き出るアイデアで育てていきますので

是非遊びに来て下さい。

今後都築の杜コミュニティーを起点に、物づくりと食への広がりをさらに試みて、より地域に根ざす活動を進めてまいります。

52093907_2225703447746543_5982395088297263104_n

 

 

 

 

 

 

 

作りつけ家具をつくる

今、都筑区の工場では杜CAFEのオープンに向けて製作中です。

こちらはCAFEのキッチンに納める吊り棚です。

IMG_3508

両面側から見える為これまた気を使います。

今回のポイントはお客様から見える側は継ぎ目の無い様にしたことです。

通常は箱型の家具を作る際には縦に使う 「帆立」 と呼ばれる部材と

横に使う 「地板・天板」 と呼ばれる部材で構成されますが、

各板の厚みのラインが見えて来てしまうのが普通です。

その為に縦と横の継ぎ目が見えてしまいます。

今回は一手間加えて四方留めの様な作り方をしました。

IMG_3500

この方法のせいで木目の繋がりが途切れることが無くすごくスッキリしたデザインに見えます。

両面仕様の吊り棚でメープル材の白い色とシンプルな木目にはこの工法はピッタリな気がします。

気になる方はオープン後に杜CAFEまで見に来られてはいかがでしょうか?

いろいろな意味で杜CAFEのオープンが楽しみですね。

 

そんな中でも仕事の切りの良い場面では、お待たせ致しておりました本棚を製作しました。

ラワン合板で作った本棚がこちらです。

IMG_3474

ラワンの持つ独特の木目がとても良い雰囲気を出していると思います。

IMG_3533

塗装には色付きのオイルを施しています。

高野大工と納品に行ってまいりました。

実際にお部屋に取り付けると工場で見ていたのとは違う色や表情が見えてきてとても素敵だなと思いました。

 

 

そして一息つく間も無くCAFEの最終局面に突入です。

残りは建具と引き出しの面材ですがこの部分は無垢材で製作します。

要するに一番の見栄えになってくる部分でもあります。

IMG_3527

 

 

IMG_3528

建具は框組みでお得意のホゾで組みます。

ホゾ組みは自分の十八番なので苦も無く加工しちゃいます。

IMG_3520

やはり木工でこういう加工はやっていて楽しいですね~。

IMG_3532

IMG_3531

以上です。五味

 

 

勝手にスタッフ他己紹介!! ~大工・加藤さん編~

2月12日 20:42 家を創る人びと

takaashi
takaashi

さてさて、またこの企画がやってまいりました!

本日は、加藤大工を勝手に紹介しちゃいます。

 

「イケメン大工」の異名を持つ加藤大工。

言わずと知れた中山建設一のイケメンさんです。

私はよく知りませんが、ファンがたくさんいる模様です。

「無駄にイケメン」との声もちらほら聞こえてきますが、それは外野の嫉妬でしょうか(笑)

ただ、ある人がイケメン大工の座を狙っているとかいないとか・・

中山建設イケメン大工の座の争奪戦が水面下で起きている?? これからの動向に注目です(笑)

 

 

さて、せっかくの企画ですので、加藤大工の本当?の顔に迫っていきたいのですが・・・

なかなか自分の事は話してくれないのですよね~。

前にご紹介した雑誌インタビューの時も、言葉少なで、インタビュアーさん質問の仕方を変えたりしながらがんばって引き出していました(^^;

プライベートは謎?に包まれていますが

お仕事の方は、どんどん腕を上げているともっぱらの評判です。

マスタープラン一級建築事務所 小谷和也氏 が設計した物件の施工を担当したり、難しい物件をいくつもこなし、 めきめきとレベルアップしているそうで、頼もしい限りです。

そして、先輩大工として、後輩たちの指導にもあたっています。

社員大工さん同士で切磋琢磨、お互いに刺激しあいながらレベルアップしていける環境があるのは素晴らしいことですよね。

 

 

雑誌インタビューと言えば、そのインタビューの時に知ったのですが、

加藤大工は釣りが趣味だそうです。

私の中では、インドア派で船とか乗りたくないという勝手なイメージがあるので、とても意外でした。

こんど、釣りの様子を見てみたいなと思います。

ぜひ、そんな機会がありますように~・・

その時は、またご紹介しますね!!

 

IMG_9744

雑誌インタビューの時の写真撮影。

さわやかな笑顔~(^^)

 

DSC_4203

こちらは、ホームページリニューアルに向けたスタッフ紹介記事のためのインタビューの時。

質問すると、下を向いて「ん~・・・」と考え込む加藤大工です(笑)