| Subcribe via RSS

心地よい風と緑のある家。ここ一か月の工事の様子。

投稿:やまもとふみこ

 

本日は心地よい風と緑のある家 新築工事の3月から4月までをまとめて(でも丁寧に♡)ご紹介しますっ!

ちなみに昨日の記事は 丘の上の平屋新築工事の進捗は、新築サイトでまとめてご紹介しています。プランからお引き渡しまでで 17話に及ぶ大長編っ!

時系列を遡りながら、家ってこうやってできて行くのか~と、ご参考にして頂けたら嬉しいです^^

 

心地よい風と緑のある家も様々な作業工程を経て、だんだんと完成が近づいてきましたよ。

3月の中頃には湘南建築センターによる建物の中間検査がありました。

この時期の検査では、梁や柱といった構造を繋ぐ金物が図面の通りに正しく施工されているか等を細かくチェックされます。

317

検査員の厳しい目つきに、ちょっとドキドキしつつも

屋根断熱の取り合いを見てポソッと漏れた「しっかり施行してるな~。。」の言葉に耳がダンボ(笑)

褒め言葉は聞き逃しません!!

3173

屋根にびっしりと入った断熱材は120mm 高性能グラスウール マグスーパーイエロー

321

どんなに高性能な断熱材を使っていても、施工がしっかりとされていなければ効果は発揮されません。

中間検査後の現場で、断熱材を隙間なくびっしりと詰め込んでくれたのは4月入社の新人大工見習いの高野くん。(この時はまだアルバイト)

簡単そうな仕事に思えるかも知れませんが断熱材を隙間なく入れ込むのも大切な技術です。先輩大工の技術指導の元、厚みを意識して根気強く断熱材を詰めていました。

 

室内の工事と同時進行で外壁工事もどんどん進みます。

 

451

外壁正面にアクセントとして採用した チャネルオリジナル ウィルウォール

天然木に防火機能を加えた認定商品なので、材料の価格は少し高めですが工事費全体として考えるとリーズナブルになる素材。

家づくりの中で色々な素材を知り、用途や目的を考えコストコントロールをしながら目指す完成のイメージに近づけていく過程が楽しいものなのです。

452

板金の職人さんがとっても気を使って作業を進めていた外壁のベース部分になるIGKOGYOの ガルブライトJフッ素 の施工も終わりガルバサイディングのフラットデザインと、アクセントウォールにレッドシダーをプラスして完成した外観がこちら。

 

4.122

足場とシートがとれた外観を見て、レッドシダーの男前な素材感にグッときました!とお施主様から嬉しいお言葉を頂きました^^

外観の工事と同時進行で、室内では内装工事が急ピッチで進んでいきます。

455

室内の床は杉の無垢フローリング15mm 毎度の事ですがフローリングの施工がはじまると現場がとってもいい香り。

思わず深呼吸したくなります。

411

 

階段も同じく杉材で。

材料は、杉が1820mm×910mm(3×6サイズ)の板になっている素材を使いました。

工房での加工が1日、現場での取り付けが1日。階段にかける工事の日数を短縮する為、これもコストコントロールの工夫の一つ。

細かな積み重ねですが、チリも積もれば何とやら。一棟の家が出来あがるまでの一つ一つの段階でアイデアと工夫を積み重ねています。

 

18033188_1287213678060942_3738657900187156315_n

 

大工工事が終わりに近づくと、クロスの施工。

追々お客さまが壁をセルフビルドで塗装する予定なので紙クロスの ルナファザー NO・20/75採用しました。

施行の担当は一家全員クロス職人のホームクリエイションから、藤原父さんとお兄さん。

いつも丁寧な施工をしてくれています。

 

17991984_1285366441578999_1674183685764767399_n

 

工房では家具職人の五味さんがレッドシダーの玄関ドアを作っていました。

お施主様から預かったhori のゴールドのドアノブもバッチリカッコよく付きましたよ!

 

18010641_1287213934727583_1018244813243134570_n

現場での取り付けも無事完了。

 

と、ココまでがこの一カ月くらいで心地よい風と緑のある家に起きた出来事。

日々猛スピードでめまぐるしく現場を進めながらも一つ一つ、丁寧に施工してあともうちょっとで完成です^^

 

完成まであともう一息!

気を引き締めて頑張りますっ!!

 

 

 

 

カリンの無垢フローリングにオイルを塗りました。

投稿:やまもとふみこ

 

15㎡ほどの個室に、カリンの無垢フローリングを張りました。

 

材料自体が貴重なので、無垢フローリングは確保したけれどカリンに似合う巾木が無いっ!!それなら作っちゃえ!!

って事で、巾木もカリンの無垢フローリングで製作しました。

固く加工がしづらいく施工もちょっと大変だったけれど、その分仕上がりの美しさは格別なハズ!!

これまでたくさん無垢フローリングを張って来たけれど、実はカリンを張るのは初めてで仕上がるのをかな~り楽しみにしていたのであります。

 

DSC_0011

で、張り終わったのがコチラ。

。。。?

イメージしていたカリンとだいぶ違う。。。なんか白っぽい。。。カリンってさぁ。。もっとこう。。赤くてツヤツヤしててさぁ。。。

わたしちゃんと カリン! って発注したはずだけど何か間違えちゃったのかな?いやいやそんなハズないちゃんとカリン頼んだし。

でも、オイル塗るだけで本当にあのカリンのイメージになるのかしら。。。?

ちょっと不安になりながらもオイル塗りの準備。

使用するオイルは純国産天然オイルのU-OILです。

 

フローリングの仕上げにはいろいろなオイルがあるけれど作り手の顔が見えて、製品ができるまでのストーリーをしっかりと紹介して下さっている事は、安心安全な素材を選ぶうえでとても心強いと思うんですよね。

DSC_0015

作り手の思いがしっかりとこもっているおかげか、蓋を開けたら泡が♡になっていました♡

やっぱU-OIL凄いなぁ。(きっと偶然)

DSC_0019

スポンジが付いたコテ刷毛を使います。

広い面を一気に塗れるし、オイルの伸びも良くて無駄に塗り過ぎる事も無いのでとってもおススメ。

さささ~っとオイルを伸ばしました。

DSC_0020

オイルを塗っただけでこの色!

思い描いてたカリンだっ!!やっぱり間違っていなかったっ!!

こうなると楽しくなっちゃってあっという間にオイル塗り完了。


DSC_0024

塗り終えた直後は つやつや と言うより ツヤッツヤ

ウエスを惜しみなく使って表面に残ったオイルを拭き取り馴染ませていきます。

DSC_0032

拭き上げ完了!

オイルの拭き取りに使ったウエスは自然発火する危険もあるので、しっかり水に浸してから捨てる様にしましょう。

DSC_0028

なんて綺麗な木目なのでしょう。。。うっとり。

名称未設定

いろいろな無垢フローリングがあって、それぞれオイルを塗った後の仕上がりは本当にきれいなのだけど、カリンほど塗る前と塗った後のギャップが大きい樹種はあまり無いかも知れないです。ギャップ萌え♡

春先にかけての工事で玄関ホール・廊下・階段・LDKと、広範囲でカリンの無垢フローリング張りの工事を予定しています。

広い空間でも圧倒的な存在感を醸してくれるであろうカリンの仕上がりがとても楽しみです^^

Tags: , , , , , ,

33枚の留めのテーブル。

投稿:やまもとふみこ

 

ぶばーっ! とか

ぎゅぃいーん!! とか

ばりばりばりーっ!!! とか。

大きな機械が動いていで木材の加工をしている時は工房中に爆音が響き渡ります。

 

固い木を加工している時などは特に凄い爆音で、事務所内での会話も大きな声で滑舌よく話さないと聞こえなかったり、電話の声も聞こえづらかったりと、少し不便も感じるけれど工房が静かだとそれはそれで何だか落ち着かない気もするんですよね(笑)

 

DSC_0027

今日の工房は大きな機械は一休みしていて、鉋(かんな)がしゃかしゃかする音が響き渡っています。

DSC_0032

家具職人の五味さんが作っているのは、改装中の店舗に納める33枚のテーブル。

表面メラミン化粧張りで、大手ラワン無垢留め加工。

留め は二本の木材の端を45°でカットしてくっ付けて、仕上がりを90°にする事を言います。

この二本を隙間なく、ぴったりと付けるのは実は結構難しい(らしい) 45°でカットした先端は細く尖るので、湿気や乾燥の影響を受けて隙間ができやすいのだそうです。

DSC_0035

鉋がけをしながらそんな話をしてくれるので、思わず厳しい目でしっかりぴったりくっついているかなって留めの部分を凝視しちゃいましたよ。。。

DSC_0036

33枚。綺麗にぴったりくっついていました。

普段何気なく見ている家具や、建具の隅っこだけど、ここがぴったりとくっついていないと全体として綺麗な仕上がりには見えない大切な箇所。

神々は細部に宿る と、昔の有名な建築家もおっしゃったように、細部にこそ職人の技と努力の結晶が詰まっているのですね。

Tags: , , , , , ,

縁側暮らしのある家。もうすぐ完成その前に。

投稿:やまもとふみこ

 

本日二本目のブログUPになりますが。

改めまして新年明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

さて。

年を跨いでのリフォーム工事になりました 縁側暮らしのある家

今月末にお引き渡しを控えて、工事もラストスパートです。

 

DSC_0038

 

室内は全室、湯布珪藻土の仕上げ。

左官屋さん3人掛りで養生や下地処理の作業をしていました。

工房では取り付け前の家具製作も進んでいるので、ココから一気に室内が仕上がっていくことになります。

 

DSC_0067

 

珪藻土が塗られる前の室内をぱちぱち。

壁や天井はまだ石膏ボードが貼られている状態で完成前なのですが、わたくしこの頃の室内を見るの大好きです。

完成したら見えなくなる石膏ボードのつなぎ目もビスの間隔も、とても綺麗に揃っていて思わずじっと眺めてしまうんですよね。

解体から始まって、耐震補強や断熱工事などなど。盛りだくさんの工程でしたがやっとココまで来たか~と。

珪藻土の仕上がりも楽しみだけど、今しか見れないこの様子もしっかり写真に撮っておこうと毎回思うのです。

 

と、そんな事を考えつつも 縁側暮らしのある家 のテーマでもある、庭のウッドデッキに繋がる大きな掃き出し窓を眺めながら

この大きな窓に似合う素敵なカーテンの妄想をしていました。

DSC_0057

キッチンから眺める庭。

DSC_0054

 

ダイニングから眺める庭。

明るく開放的で気持ちいい窓。

ウッドデッキと室内のイメージを遮らないようなカーテンが良いなぁ。と、思っていたトコロお施主様も

「ふんわりしてて優しい感じ」をイメージして下さっていたそうで、カーテンのショールームへ行きいくつかのサンプルを借りて参りました。

 

15894279_1183923171723327_7599581010498166701_n

ショールームで見るのと、実際の窓辺にかけて光を透したのとでは受けるイメージも違っていたのですが

ふんわり優しい感じのカーテン。 良い物を見つける事ができました。

15940863_1183923168389994_5495627796542500792_n

リフォームが完了して、窓辺にふんわり優しいカーテンが掛かるのが楽しみです^^

15826601_1183334975115480_2511741837597414200_n

 

一方。

こちらも年を跨いでの工事を行っております 丘の上の平屋

棟梁 修ちゃんの年初めに相応しいやる気みなぎる一枚(修ちゃんは超シャイ)が届きましたので、UPしておきます。

 

今年も一つ一つのお仕事を丁寧に。

ものづくりの愉しみを、皆さまと共有できるお仕事をして行きたいと思います。

どうぞよろしくお願い致します。

 

やまもと

 

 

上棟してから

丘の上の平屋

上棟してから屋根の下地作業です。

IMG_0827

気密性、断熱性、通気性等々建物の性能にかかわるポイントを

大事に計画、打合せしてあります。

屋根の下地を組む段階で気密のためのフィルムも同時に施工しておきます。

この段階でフィルムを先張り施工することで気密の欠損対策しています。

IMG_0826

屋根の通気もしっかり計画。

大きな軒の出を支えながら屋根の通気も確保できるように

建て方前より事前に加工しておいた下地材を取り付け。

通気が滞らないように各箇所の納まりも打合せ済み。

IMG_0828 IMG_0843

屋根、外壁ができるまでの間にも建物内に雨が入らないように全面雨養生しています。

大事な建物を大事につくっていくために大事なことは惜しまず工事進行中です。

 

 【 中山建設の運営するホームページ一覧 】

中山建設のリフォームサイト

中山建設の新築サイト

無垢のマンションリノベーション ムクリノ

無垢フローリング施工専門店    キノユカ

無垢の一枚板・オーダー家具   ムクエミ

ものづくり工房 都築の杜

 

 

11月は完成現場見学会!12月はポトフ食べます!

投稿:やまもとふみこ

 

急に冷え込みが厳しくなりました。

つい先日まで暑さと工房に大量発生している蚊に悩まされていたのに。。。

今年ももうあと少し。

今年やりたかったことは全部やりきってしまおうと、11月に家作りのイベントを企画しました。

 

 

 

P6220272

 

 

「ハマ大工の家完成現場見学会」

開催日:2016年11月26日 土曜日
時間:10:00〜16:00
場所:横浜市旭区  最寄駅:相鉄線「西谷」徒歩5分

 

2011年竣工のハマ大工の家は、中山建設の新築戸建の設計を担当して下さっている古川都市建築計画古川達也さんの設計。

中山建設は施工協力として家づくりに参加しました。

杉の30mmの無垢フローリングや造作の家具・建具、構造材にこだわった家作りなど、これまでに横浜で多くの木造住宅を作り上げてきた大工さん自らが自分が作りたい家。家族と共に暮らしたい家を形にしたこだわりの住まいです。

ハマ大工の家施工事例ページ

 

今回お施主様のご厚意を頂き、築5年ほどの状態で見させて頂ける事になりました。

家の完成からその後の暮らしの様子、土地と建物の関係性を盛り込んだ設計プランなどをご覧頂く事ができます。

 

こちらも完全ご予約制で見学を承っております。

ご興味ございましたら是非ご覧にいらしてくださいませ。

 

「ハマ大工の家完成現場見学会」お申込みフォームはこちらからどうぞ。

 

 

 

ここ最近の寒さに怖気づいて、今期分のペレットを20袋ほど注文してしまいました。

 

IMG_0559

寒いのは嫌いだけど、ペレットストーブのある冬の暮らしはちょっと楽しくなる気がしています^^

そんなペレットストーブの炎を一緒に楽しめたらなと思いまして、ものづくり工房都築の杜としてこんなイベントも企画していますよ♪

 

1376650_434745856723321_7420167358910107959_n

 

 

「この冬のペレットストーブの初点火。自分で作った木のスプーンでポトフ食べよう」

開催日:2016年12月9日 金曜日
時間:10:30〜14:30
場所:中山建設ショールーム 都築の杜 横浜市都筑区池辺町1216

 

今年の初点火は、みんなで楽しみたいと思いまして^^

ペレットの火を眺めながらスプーンを彫って、そのスプーンでスープを食べる!なんてどうでしょう?

楽しくて美味しくて暖かい冬の楽しみをご一緒しましょう♪

 

「この冬のペレットストーブ初点火。自分で作った木のスプーンでポトフ食べよう」のお申し込みはこちらへどうぞ 

 

12802844_454952454702661_5529041307486162080_n

 【 中山建設の運営するホームページ一覧 】

中山建設のリフォームサイト

中山建設の新築サイト

無垢のマンションリノベーション ムクリノ

無垢フローリング施工専門店    キノユカ

無垢の一枚板・オーダー家具   ムクエミ

ものづくり工房 都築の杜

 

Tags: , , , , , , ,